マケドニア観光なら次はここ!「オフリド」で見たい絶景10選

旧ユーゴスラビアの最南端国であるマケドニア。その南西部に位置するオフリドは、アルバニアとの国境でもある大きなオフリド湖とコラブ山をはじめとする高峰を連ねる自然豊かな町です。その美しい自然と多くの文化遺産を有し、マケドニアを代表する観光地となっているオフリドについてご紹介いたします。

マケドニアってどんな国?

マケドニアってどんな国?

image by iStockphoto

マケドニアは、旧ユーゴスラビアでいう最南端の国。
その人口は、200万人程の小さな小国で、半数がマケドニア人、アルバニア人、トルコ人と複雑な民族構成となっています。
その民族構成や歴史から、東方正教徒のマケドニア人、アルバニア人とトルコ人のほとんどがイスラム教を信仰しています。
そのため、モスクも多くヨーロッパでありながら、アジアの雰囲気をも感じられるかもしれませんね。

オフリドへのアクセス

オフリドへのアクセス

image by iStockphoto

飛行機の場合、スイスのチューリッヒまたは、オーストリアのウィーンから週1便。
夏期には、ヨーロッパの主要都市からも運行されます。

バスの場合、スコピエから1日10便運航。
所要約4時間。

飛行機の国内線、スコピエ~オフリド間の鉄道路線は運航されていません。

世界遺産の町オフリド

世界遺産の町オフリド

image by iStockphoto

マケドニアの南西部に位置するオフリド。
面積348k㎡のオフリド湖を有し、この湖が隣国アルバニアとの国境ともなっているのです。
透明度の高い美しい湖の湖畔には、標高2764mにそびえるコラブ山などの山々と古くからの教会が残るロマンチックな町並みが望めます。
豊な自然、多くの文化遺産を保持するこの町がユネスコ世界遺産に登録されたのは1979年のことです。

オフリドの住所・アクセスや営業時間など

名称 オフリド
名称(英語) Ohrid
住所 Ohrid, Macedonia
営業時間・開場時間
利用料金や入場料
参考サイト http://www.ohrid.com.mk/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

オフリド屈指の絶景ポイント サミュエル要塞

オフリド屈指の絶景ポイント サミュエル要塞

image by iStockphoto

オフリド旧市街北側にあるサミュエル要塞。
10世紀末から11世紀の初め頃に、かつてブルガリア帝国の皇帝であったサミュエルが、オフリドを首都に定めた際に建てたものです。
この要塞は、マケドニアの中でも最も保存状態の良いものなのだとか。
丘の上に建ち、ここからは旧市街全体とオフリド湖を見渡せる絶景スポットとなっています。

サミュエル要塞の住所・アクセスや営業時間など

名称 サミュエル要塞
名称(英語) Car Samoil\’s Fortress
住所 Kuzman Kapidan, Ohrid 6000
営業時間・開場時間 9:00−18:00 月曜定休
利用料金や入場料 30マケドニア・デナール
参考サイト http://travel2macedonia.com.mk/tourist-attraction/samoil-fortress-ohrid
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

夏期にはコンサートも開かれる古代劇場

夏期にはコンサートも開かれる古代劇場

image by iStockphoto

サミュエル要塞から東へ400m程の所にあるのが、古代劇場。
紀元前2世紀に造られたという円形劇場で、古代ローマ時代には剣闘士たちによる凄まじい戦いが行われていたという場所です。
現在では、夏期にオフリド中が賑わう舞踊・音楽の祭典「オフリド・フェスティバル」の会場の一部として使われています。

古代劇場の住所・アクセスや営業時間など

名称 古代劇場
名称(英語) Ancient Theatre of Ohrid
住所 Ilindenska, Ohrid 6000
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.macedoniaholidaysandtours.com/41/38/Ohrid_Ancient_Theatre.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

圧巻のフレスコ画が見られる 聖クリメント教会

圧巻のフレスコ画が見られる 聖クリメント教会

image by iStockphoto

聖書の場面が教会内部の壁面いっぱいに描かれ、良い保存状態で残されているのが聖クリメント教会。
元々は、聖マリアのに捧げられた教会でしたが、886年からオフリドでキリスト教文化の発展に貢献した聖クリメントの遺骸がここへ移されたため、聖クリメント教会と改名されました。

聖クリメント教会の住所・アクセスや営業時間など

名称 聖クリメント教会
名称(英語) Church of St. Clement
住所 Dimche Malenko, Ohrid 6000
営業時間・開場時間 10:00−14:00,18:00−21:00
利用料金や入場料 50マケドニア・デナール
参考サイト http://www.mpc.org.mk/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

イスラム寺院に転用されたこともある 聖ソフィア教会

イスラム寺院に転用されたこともある 聖ソフィア教会

image by iStockphoto

旧市街南側の丘の麓に建つのは、聖ソフィア大聖堂。
11世紀に建てられたオフリドを代表する大聖堂でしたが、オスマン朝がこの地を支配していた時代には、イスラム寺院として転用され、内部のフレスコ画は全て塗りつぶされてしまいました。
第二次世界大戦後、再びキリスト教へと戻り、復旧作業によってフレスコ画も元の姿へと戻されました。

聖ソフィア教会の住所・アクセスや営業時間など

名称 聖ソフィア教会
名称(英語) Saint Sophia
住所 Tsar Samoil, Ohrid 6000
営業時間・開場時間 8:00−20:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.dke.org.mk/index.php/crkvi/2015-02-09-22-43-57
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

オフリドを代表する 聖ヨハネ・カネヨ教会

オフリドを代表する 聖ヨハネ・カネヨ教会

image by iStockphoto

旧市街の西端、岬の突端に建つ聖ヨハネ・カネヨ教会。
残念ながら、内部のフレスコ画の保存状態はあまり良くはないのですが、小さく可愛らしい外観がオフリドを代表する景色で、絵ハガキなどにもよく使われているそうですよ。
ここからのオフリド湖の眺めも素晴らしく、岬の真下から出ているクルーズ船に乗って、教会を見上げるように眺めるのもおすすめ!

聖ヨハネ・カネヨ教会の住所・アクセスや営業時間など

名称 聖ヨハネ・カネヨ教会
名称(英語) Church of St. John the Theologian -at Kaneo
住所 Kaneo Plaosnik Pateka, Ohrid 6000
営業時間・開場時間 8:00−20:00
利用料金や入場料 100マケドニア・デナール
参考サイト http://www.dke.org.mk/index.php/crkvi/2015-02-09-22-46-06
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

石造りの可愛らしい教会 聖パンテレモン教会

石造りの可愛らしい教会 聖パンテレモン教会

image by iStockphoto

スラブ地域最古の教会ともいわれている聖パンテレモン教会。
比較的新しく、可愛らしいお城のようにも見えるのは、ごく最近に修復が行われたとのこと。
教会の周りでは、遺跡の跡もあり現在でも発掘作業が進められているようです。

聖パンテレモン教会の住所・アクセスや営業時間など

名称 聖パンテレモン教会
名称(英語) Saint Pantelejmon
住所 Plaoshnik, Kuzman Kapidan, Ohrid 6000
営業時間・開場時間 8:00−20:00
利用料金や入場料 100マケドニア・デナール
参考サイト http://www.dke.org.mk/index.php/manastiri/2015-02-09-23-03-32
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

伝統的な家屋にも注目したい

伝統的な家屋にも注目したい

image by iStockphoto

出窓が大きく道路川にはみ出しているのが、オフリドの伝統的建築物の特徴です。
そのような形の建物を博物館として開放しているのが、旧市街に入ってすぐの所にある国立博物館。
内部には、ギリシア・ローマ時代の発掘物や、中世のイコンやコインなどのコレクションが展示されています。

国立博物館の住所・アクセスや営業時間など

名称 国立博物館
名称(英語) Robev Family House
住所 Цар Самоил 66, Ohrid 6000
営業時間・開場時間 10:00−14:00,18:00−21:00 月曜休館
利用料金や入場料 100マケドニア・デナール
参考サイト http://www.ohrid.com.mk/culture/culture.asp?ID=384
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

素朴な温かさを感じるオフリドの町

世界遺産に登録されていながらも、ヨーロッパ特有の派手さはなく、素朴な雰囲気が居心地の良さを感じさせてくれるオフリド。
それは、旧ユーゴスラビア時代からマケドニア人のホスピタリティの高さは有名だったようです。
観光客の受け入れ体制や設備も整いつつあり、今後より旅行もしやすくなっていくことでしょう。
photo by iStock