セルビア観光なら次はここ!「ベオグラード」で見たい絶景10選

バルカン半島の中心部に位置し、西をディナル山脈、東にカルパティア山脈に囲まれた山あいの国セルビア。連なる山々とその間に生まれた渓谷などの自然が美しく、文化的な史跡も多く残ることから、ユネスコ世界遺産の物件が4ヶ所存在しています。今回は、多くの旅行者にとって未知の国とも言える、セルビア・べオグラードをご紹介いたします。

ベオグラードってどんなところ?

ベオグラードってどんなところ?

image by iStockphoto

セルビアは中央ヨーロッパの南側で、東にはブルガリアとルーマニア、西にクロアチアとボスニア・ヘルツェゴヴィナ、南にマケドニアとモンテネグロ、コソヴォ、そして北はハンガリーと多くの国に囲まれた内陸国です。
その首都であるベオグラードは国土の中央に位置し、ドナウ川とサヴァ川が交わるバルカン半島の交通の要衝となっています。

ヨーロッパ最古の町の一つとされているベオグラード

ヨーロッパ最古の町の一つとされているベオグラード

image by iStockphoto

紀元前4500年ほど前から、ケルト人、ローマ人、スラヴ人などの様々な民族がこの地に住み、文明を築いてきたヨーロッパ最古の町ベオグラード。
交通の要衝であったがゆえに、第1次、第2次世界大戦、セルビア共和国とのコソヴォの自治権をめぐる紛争など、多くの戦闘の舞台ともなった町でもあります。
そのため、長い歴史を持つ建造物や史跡などはほとんど残っていませんが、セルビア共和国の首都として新たな道を進んでいるのです。

ベオグラードの住所・アクセスや営業時間など

名称 ベオグラード
名称(英語) Belgrade
住所 Belgrade, Serbia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.tob.rs/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

見晴らしの良いカレメグダン公園

見晴らしの良いカレメグダン公園

image by iStockphoto

ベオグラードの中で、最も古い建造物とされているカレメグダン公園。
ドナウ川とサヴァ川が合流する丘の上にあり、紀元前4世紀には既に要塞が出来上がっていたといいます。
丘の頂上部であるゴルニー・グラードには、オスマン朝のダーマト・アリ・パシャの墓や勝者の記念碑があり、ここからはベオグラードの町並みを一望することができます。

image by iStockphoto

公園内には、城壁を利用した動物園、トルコ風浴場施設、聖ルジツァ教会、聖ペトカ教会など1ヶ所で様々な建造物を見学することができますよ。
聖ルジツァ教会の内部には、1915年に収集された弾丸で造られたシャンデリアが飾られています。
これは平和へのメッセージとされているもので、ここを訪れたら見ておきたいもののひとつです。

カレメグダン公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 カレメグダン公園
名称(英語) Belgrade Fortress
住所 Terazije 3 / V 11000 Belgrade
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.beogradskatvrdjava.co.rs/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

現在も建築中の聖サヴァ教会

現在も建築中の聖サヴァ教会

image by iStockphoto

町の中心部を外れ南側に建つのが、聖サヴァ教会。
東方正教系教会の中では、世界最大の規模ともいわれ、セルビア正教の中心的な教会となっています。
セルビア正教会の創立者であった聖サヴァの遺体は、南西部のミレシェヴァ修道院に納められた後、オスマン朝の支配時代にこの教会が建つ場所で焼かれたそうです。
夜のライトアップ時には美しい外観を見せる教会ですが、資金不足にため完成しておらず、内部の壁や天井が未だむき出しになっている状態が続いています。

聖サヴァ教会の住所・アクセスや営業時間など

名称 聖サヴァ教会
名称(英語) Temple of Saint Sava
住所 Krušedolska 2a, Beograd
営業時間・開場時間 8:00−20:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://hramsvetogsave.rs/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

空爆被害を風化させぬために

空爆被害を風化させぬために

image by iStockphoto

官公庁などの建物が多く建ち、ベオグラードの主要な通りのひとつであるクネズ・ミロシュ通り。
別名「空爆通り」と呼ばれているのは、1999年に起きたNATOによる空爆の際に、この周辺の建物が標的となったことに由来します。
現在でも空爆による生々しい跡が残されています。

クネズ・ミロシュ通りの住所・アクセスや営業時間など

名称 クネズ・ミロシュ通り
名称(英語) Kneza Milosa Street
住所 Kneza Miloša, Beograd
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Knez_Mihailova_Street
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

バルカン・セルビア様式のお屋敷

バルカン・セルビア様式のお屋敷

image by iStockphoto

第二次セルビア蜂起の指導者で、オスマン朝からセルビアの自治を獲得したミロシュ・オブレノヴィッチの屋敷は、1832年に建てられました。
リュビツァ妃の屋敷と冠していますが、ミロシュ公自身もここで生活をしていたようです。
ミロシュ公は都市計画にも力を注ぎ、トルコらしい雰囲気の町並みをヨーロッパ調へと変化させました。
屋敷内部では、彼らの部屋もそのように内装を変えた様子も展示されているようですよ。

リュビカ王女の館の住所・アクセスや営業時間など

名称 リュビカ王女の館
名称(英語) Konak Kneginje Ljubice
住所 Kneza Sime Markovića 8, Beograd 11000
営業時間・開場時間 [火−金]10:00−17:00(木は18:00まで) [土]12:00−20:00 [日]10:00−14:00 月曜休館
利用料金や入場料 一般200セルビア・ディナール 減免100セルビア・ディナール
参考サイト http://www.mgb.org.rs/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

白壁の美しいセルビア正教大聖堂

白壁の美しいセルビア正教大聖堂

image by iStockphoto

リビュツァ妃の屋敷の向かいにあるのは、セルビア正教大聖堂。
ミロシュ・オブレノヴィッチにより、現在のようなバロック風の塔のある教会へと建て替えられたもの。
ヨーロッパでは、プロテスタントやカトリックの教会・大聖堂が多い中、趣の異なるセルビア正教の建物は貴重な存在です。

セルビア正教大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 セルビア正教大聖堂
名称(英語) Cathedral of the Holy Archangel Michael
住所 Kneza Sime Markovića, Beograd
営業時間・開場時間 7:00−20:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.saborna-crkva.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

セルビア正教の聖マルコ教会

セルビア正教の聖マルコ教会

image by iStockphoto

国会議事堂近くにある聖マルコ教会。
赤レンガと白壁が交互に積まれた可愛らしい外観が目印。
内部はとてもシンプルですが、地元の人々が通勤や通学の途中に立ち寄るような身近な存在のようです。
夜にはライトアップがされ、昼間とはまた一味違った印象に映ることでしょう。

聖マルコ聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 聖マルコ聖堂
名称(英語) Crkva Svetog Marka
住所 бр. 17,, Bulevar kralja Aleksandra, Beograd
営業時間・開場時間 8:00−19:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.crkvasvetogmarka.rs/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

夏期限定の貴重な王宮見学ツアー

第二次世界大戦までユーゴスラヴィアで王制を敷いていたカラジョルジェヴィッチ家の宮殿で、現在もその子孫が住んでいるという王宮。
基本的には、セルビア・ビザンチン様式で建てられていますが、内装はロシアの建築家によって手掛けられ、モダンな内装となっている部屋もあるのだそう。
夏期の間の土日のみ、各回50人限定のツアーに参加してその豪華な王宮内を見学してみてはいかがでしょうか。

セルビア王宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 セルビア王宮
名称(英語) The Royal Palace
住所 Pivljanina Baja, Beograd
営業時間・開場時間 11:00, 14:00(4月−10月の土日)
利用料金や入場料 450クロアチア・ディナール
参考サイト http://www.royalfamily.org/palaces/visits-to-royal-palace/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ベオグラードへのアクセス

日本からセルビアへの直行便はなく、ウィーン、フランクフルト、ミュンヘンなどでの乗り継ぎが必要です。
フライト時間の目安は、16~20時間。

列車…オーストリア・ウィーン、ハンガリー・ブダペスト、クロアチア・ザグレブなどから直通列車が1日に1~4便。
所要約6~11時間半。

バス…クロアチア・ザグレブ、スロヴェニア・リュブリャナ、ノンテネグロ・ポドゴリツァなどからの長距離バスが1日に3~10便。
所要約6~11時間半。

photo by iStock