原宿の絶対外さないスイーツ&雑貨のお土産10選

東京観光で「原宿」を選ぶ方も多いはず。若者文化の代表格である原宿には、地元に持って帰って自慢したいお土産もたくさんありますよ。スイーツや雑貨から、おすすめのお土産を10点ご紹介します。

原宿ってどんなところ?

 

原宿ってどんなところ?

東京都渋谷区にある原宿の街。
主に原宿と呼ばれるのは、駅周辺から表参道周辺までの事。
ポップでキュート!個性的で可愛いお店が多く並び、若者の街として知られていますね!若者が多く、ちょっと遊びに行きにくい…なんて感じてしまう大人も多いかもしれませんが、可愛いだけではなく、お洒落なカフェなども多いので、大人でも意外に楽しめるはず!

#1 微熱山丘 SunnyHills「パイナップルケーキ」

 


表参道駅から少し行ったところにある「微熱山丘SunnyHills」で売られているパイナップルケーキは、お土産に大人気!完熟したパイナップルを使用したパイナップルケーキは、素朴ながらも美味だと好評です。
パッケージもシンプルながらもオシャレなので、お土産にぴったり!

微熱山丘SunnyHillsの住所・アクセスや営業時間など

名称 微熱山丘SunnyHills
住所 東京都港区南青山3丁目10−20
営業時間・開場時間 11:00−19:00
利用料金や入場料 パイナップルケーキ(5個入) 1,500円〜
参考サイト http://www.sunnyhills.com.tw/index/ja-jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#2 DOMINIQUE ANSEL BAKERY JAPAN「日替わりスイーツ」

 


ドミニクアンセルベーカリーは、表参道にあるスイーツ店。
若い人を中心に人気で、原宿土産としても定番。
中でも「クロナッツ」という商品のフレーバーは、1種類のみ。
毎月変わるフレーバーですが「同じフレーバーは二度と作らない!」というのがこちらのお店の特徴!そのため、何度行っても飽きが来ないのでおすすめ!

View this post on Instagram

Nomnomnom!!! ???

A post shared by Gela Laurel Stehmeier (@gelalaurel) on


DOMINIQUE ANSEL BAKERY at OMOTESANDOの住所・アクセスや営業時間など

名称 DOMINIQUE ANSEL BAKERY at OMOTESANDO
住所 東京都渋谷区神宮前5丁目7−14
営業時間・開場時間 10:00−19:00
利用料金や入場料 クロナッツ 1個648円
参考サイト http://dominiqueanseljapan.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#3 日本初の新感覚スイーツ!anovan「生ブッセ」

 


メレンゲを使用したふんわりブッセが大人気な生ブッセ専門店「anovan」は、日本で初めての生ブッセ専門店。
1つ1つ手作業で作られた生ブッセは、優しい甘さ、口どけの良さは抜群!お土産にすると喜ばれる一品です!


anovanの住所・アクセスや営業時間など

名称 anovan
住所 東京都渋谷区神宮前4-26-22
営業時間・開場時間 11:00−20:00
利用料金や入場料 生ブッセ 1個300円〜
参考サイト http://anovan.tokyo/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#4 焼きたてが食べられる!PABLO表参道「チーズケーキタルト」

 


カフェが併設されている、チーズケーキタルト専門店「PABLO表参道店」では、季節ごとに食べられる限定のタルトもあり、お土産としても大人気!見た目もオシャレなので主に女性を中心として人気なようですね!センスの良いお土産を探しているならおすすめの一品です。

PABLO 表参道店の住所・アクセスや営業時間など

名称 PABLO 表参道店
住所 東京都渋谷区神宮前1丁目14−21
営業時間・開場時間 10:00−21:00
利用料金や入場料 焼きたてチーズタルト 850円
参考サイト http://www.pablo3.com/shop/detail/?seq=12
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#5 トッティキャンディファクトリー原宿店「綿菓子」

 


とっても大きくてカラフルな綿菓子が有名なキャンディーファクトリーは、思わず可愛い!と声が出てしまいそうなポップでキュートなキャンディーが沢山!目移りしてしまう事間違いなし!原宿に行ったら、絶対買いたい!



トッティキャンディファクトリー 原宿店の住所・アクセスや営業時間など

名称 トッティキャンディファクトリー 原宿店
住所 東京都渋谷区神宮前1丁目16−5
営業時間・開場時間 10:30−20:00(土日祝は9:30から,平日冬季は19:00まで)
利用料金や入場料 TOTTI 3色わたあめ 600円
参考サイト http://www.totticandy.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#6 食べるのが勿体ない?!HUGO & VICTOR「チョコレート」

 


ユーゴ・アンド・ヴィクトールで売られているチョコレートは芸術的!食べてしまうのが勿体ない!と思うほどの芸術的な見た目のチョコレートが人気のHUGO & VICTOR。
見た目もよいのでお土産だけでなく、贈答品としても人気!

HUGO & VICTOR 表参道ヒルズ店の住所・アクセスや営業時間など

名称 HUGO & VICTOR 表参道ヒルズ店
住所 東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ本館1F
営業時間・開場時間 11:00−21:00(日曜は20:00まで)
利用料金や入場料 カルネ・シ・ショコラ(6個入) 2,592円
参考サイト http://hugovictor.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#7 売り切れる前にゲットしたい!HIGASHIYAman「大福」

 


HIGASHIYAmanで売られている豆大福は、午前中には売り切れてしまうという人気の一品。
もっちもちの皮に包まれた程よい甘みの粒あん、一口サイズで食べやすいこともあり、老若男女に人気がありお土産にするにはぴったり。

HIGASHIYAmanの住所・アクセスや営業時間など

名称 HIGASHIYAman
住所 東京都港区南青山3-17-14
営業時間・開場時間 11:00−19:00
利用料金や入場料 豆大福 189円
参考サイト http://www.higashiya.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#8 大坂で人気の雑貨店asokoの「雑貨」

 


オープンした時には、テレビや雑誌で多く取り上げられた、大阪南堀江にある雑貨店「ASOKO」が原宿にもオープンしたことにより、今では原宿土産としても定番となりつつあります。
個性あふれるデザインの商品は、若者に人気。
カラフルでポップ、尚且つ、斬新なデザインの商品が多く、見ているだけでも楽しい!お値段もお手頃なので、ばらまきのお土産に最適!人とは違うお土産をお求めの際はぜひおすすめです!


https://www.instagram.com/p/BP44FXThsxa

ASOKO 原宿店の住所・アクセスや営業時間など

名称 ASOKO 原宿店
住所 東京都渋谷区神宮前6丁目27−8
営業時間・開場時間 11:00−20:00
利用料金や入場料 FACE MUG 324円
参考サイト http://www.asoko-jpn.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#9 選べるフレーバー!NUMBER SUGAR「キャラメル」

 

https://www.instagram.com/p/BfKXnbZHofp
NUMBER SUGARで売られているキャラメルのフレーバーは全部で8種類!香料・保存料を一切使っていないNUMBER SUGARのキャラメルは、パッケージもシンプルでお洒落、お土産に喜ばれます。
お気に入りのフレーバーだけ買うもよし、様々なフレーバーを詰め合わせるもよし、お好みで買う事が出来るのも嬉しい!

View this post on Instagram

✔️ 先日主人が結婚式の二次会で頂いて来たプチギフト。 良くみたら食べたかったキャラメル! さっそく巻き上げました← #欲を言えばNo.5のラズベリーが食べたかった 話は変わりますが、昨夜寝る間際のこと。 電気も消して本当に本当に寝る間際、息子が急に"お腹の中にいるときね〜楽しかったよ〜 1人で体操してたの。あとね〜ち◯ち◯からおしっことる機械があったんだよ〜" と。そして寝ました… え!何それ?!本当のこと?すっごく問いただしたかったけど寝ちゃったし。 後半は意味不明だけど、記憶あるのかな? やっぱり子供って不思議だなぁ #この前はご飯作ってるとき見てって言うから見たら壁に向かって逆立ちしてた #いつそんなこと出来るようになったんだ #びっくりすることばかり #numbersugar #キャラメル #息子 #4y11m #もうすぐ5歳

A post shared by A (@take_it_easy22) on


NUMBER SUGARの住所・アクセスや営業時間など

名称 NUMBER SUGAR
住所 東京都渋谷区神宮前5丁目11−11
営業時間・開場時間 11:00−20:00 火曜定休
利用料金や入場料 キャラメル 1個108円
参考サイト http://www.numbersugar.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#10 優雅なお土産を求めるなら…南青山雲月「わらび餅」

 


お土産だけでなく、贈答品にも喜ばれること間違いなしなのが、南青山雲月のわらび餅。
京都の料亭でも出される上品なわらび餅が食べられるとあって、贈って喜ばれないわけがない!ただし!こちらのわらび餅は、京都からの直送品となっており数量限定。
どうしても手に入れたい!そんなときはお店に問い合わせてから行く事をおすすめします!

南青山雲月の住所・アクセスや営業時間など

名称 南青山雲月
住所 東京都港区南青山3丁目44
営業時間・開場時間 10:30−18:30
利用料金や入場料 わらびもち 700円
参考サイト https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130603/13135536/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

さあ!ぴったりのお土産探しの旅に出かけよう!

 
若者が集まる原宿で人気のお土産は、ポップでキュートな可愛らしいものが多いんですね!男性向けというよりは、主に女性に喜ばれるお土産が多い印象。
ご紹介した通り、原宿で人気のお土産は、主にスイーツが多いので、持ち帰りの際には十分ご注意くださいね!また、今回はご紹介しませんでしたが、若者向けの激安アクセサリー店など、可愛い雑貨を取り扱うお店も多く、女性同士で遊びに行くと楽しそう!

photo by PIXTA