将軍以外は入れなかった女の園!大奥の歴史は女同士の対立の連続だった

大奥は、将軍のお子をなす場として、重要な役割を持つ場所でした。ドラマや映画で脚光を浴びた「大奥」や大河ドラマの「篤姫」が放送され、ちょっとしたブームを巻き起こした大奥は、どんな歴史を持っているのか気になりませんか?今回は、江戸城に作られた女の園、大奥の歴史に少しだけ触れてみたいと思います。

大奥ってどんなところ?

1603年に征夷大将軍になった徳川家康が、江戸城と城下町を大改修したのは有名ですね。
その生まれ変わった本丸には、政治を行う幕府政庁の「表」、将軍が執務をする「中奧」、そして、将軍の私的な生活の場として「大奥」が造られました。
表と中奧は続きでしたが、大奥は重厚な銅塀で遮られ、中奧と大奥の間には「御鈴廊下」が造られていました。

大奥の面積は6000坪あり、部屋数は約600部屋あったようで、その中で働いていた女中の数は最大で約2000人もいたとか。
大奥では年間に160億円ものお金が投資され、これは江戸城の予算の25%に及んだそうです。
この大奥で、権威を奮った春日局や大奥で後世まで伝わる大スキャンダルの「絵島・生島事件」など、さまざまなドラマが繰り広げられました。




統制のとれなかった初期の大奥

 

実は、初代将軍の徳川家康は、天正7(1579)年に正室の築山殿を亡くしていました。
ということは、大奥には取りまとめ役の御代所がいなかったのです。
家康自身が忙しく手が回らなかったため、表と奧の2つしかありませんでした。
元和4(1618)年に2代将軍秀忠が先ほどお話しした、表、中奧、大奥の3つに分けました。

やはり、女の園を大改革するのには男性では役不足。
大将軍家光の乳母「春日局」の登場です。
春日局といえば、家光を育てる際に、秀忠の正室「お江の方」との後継ぎ争いにおける確執は有名な話ですね。
竹千代(後の家光)は、幼い頃吃音であまり格好よい方ではありませんでした。
大奥では、子供は乳母が育てることになっており、千代松はお福(春日局)に育てられました。
後に、家康直々に千代松が世継ぎだということを、皆の前で証明させ、お江の方が溺愛した神童の次男「国松」を後継ぎから退けました。




春日局が作った大奥

 


春日局は、家康を動かすほどの破天荒なことができる人物だったようです。
元和4(1618)年にはじめて、「大奥法度」を定めました。
寛永3(1626)年にお江の方が亡くなると、それまではお江の方が治めていた大奥を、お福(春日局)が取り締まることになりました。
女性を中心とした、秩序と独特の文化、慣習や年中行事など、大奥における体制の礎を築いたのです。

お福は、自分が育てた家光のために、楚々とした女性を何人も大奥入りさせました。
しかも、老中をはじめ誰一人お福に大奥のことで口出しすることは、ご法度いう暗黙の了解があったほどです。
そんな実力の持ち主のお福の名は朝廷にまで知れることとなり、寛永6(1629)年に後水尾天皇(ごみずのお)から、「春日局」との名前が与えられました。
でも、お福が千代松の乳母になったのは、教養に優れていたので家康が自ら選んだといわれており、もともと信頼関係があったようです。

大奥で起こっていた対立

 

大奥で起こっていた対立

将軍家を大奥から支えていた、ゴッドマザー的な存在の春日局をはじめ、大奥ではさまざまな対立が起こっていました。
先ほどお話しした、家康に長男の竹千代を世継ぎにと進言し、江戸城で竹千代を上段に、国松を下段に座らせ、後継ぎとそうでないものと諭しました。
お福とお江の方の対立は先ほどお話しした通り、お福の勝利でした。

家康が亡くなり、兄弟共に17歳と15歳で元服、20歳になった家光(竹千代)は元和9(1623)年に三代目将軍になりました。
でも、この兄弟の仲は険悪でした。
でも、20歳になった家光は、勇猛で聡明な名君へと成長していました。
でも、幼いころから母親に可愛がられなかった家光は、凶暴な一面も持っており、寛永8(1631)年に忠長の乱行を理由に甲府へ蟄居を命じています。
たぶん、母親の愛情を独り占めしたかった忠長が、憎らしかったのでしょう。

次のページを読む >>
 

今日のおすすめ記事

この記事のカテゴリ

国内旅行