「須磨浦山上遊園」で絶景とアトラクションを楽しもう!

さまざまな遊びと絶景のスポットが待ち受けるバラエティ豊かな場所、兵庫県。今回はそんな兵庫県発の大人から子どもまで楽しめてしまうスポット「須磨浦山上遊園」をご紹介します。果たしてこの場所の雰囲気は?そして見どころは?
案内人は、関西専門観光ライターの賀川奈伸雄です。

須磨浦公園駅を降りてロープウェイですぐ

98301:須磨浦公園駅を降りてロープウェイですぐ

撮影/賀川奈 伸雄

JR大阪駅から神戸線、そして山陽電気鉄道本線を経由して須磨浦公園駅へ。

途中、山陽電気鉄道本線に通じている山陽須磨駅へ行くためには、須磨駅で一旦降りる必要があるのでご注意を。

新快速だとそのまま乗り過ごしてしまいますよ。

98302:

撮影/賀川奈 伸雄

ロープウェイ乗り場へ到着。

片道450円、往復900円を支払って空中散歩としゃれこみましょう。

98303:

撮影/賀川奈 伸雄

というわけでやってきました須磨浦山上遊園。

出入り口付近から眺める海原が澄んでいます。

須磨浦山上遊園の住所・アクセスや営業時間など

名称 須磨浦山上遊園
住所 兵庫県神戸市須磨区一ノ谷町5−3−2
営業時間・開場時間 10:00−18:00(4月-10月) 10:00−17:30(3月,11月) 10:00−17:00(12月-3月) 火曜休園
利用料金や入場料 須磨浦ロープウェイ:大人往復900円 小人往復450円
参考サイト http://www.sumaura-yuen.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

カーレーターに乗って上へ

とはいえ、ここはまだ入り口。

園の中心へ行くにはある乗り物を利用しなければなりません。

98304:

撮影/賀川奈 伸雄

その名も「カーレーター」。
ここでしか稼働していない非常に珍しい乗り物なのです。

ソファのような形をしているので乗り心地はさぞ良いかと思いきや、実はあまりよくありません。

98305:

撮影/賀川奈 伸雄

ベルトコンベアのような構造で昇降を行うので、乗っている最中はかなりの振動が。

おまけに「ガッコン、ガタガタ」という音がかなり響きます。

ですが、この乗り心地の悪さこそが実は人気の秘密なのだとか。

あの有名司会者であるタモリさんも、カーレーターの面白さに太鼓判!

そうしてガタゴトとカーレーターに揺られながら山上へ行くこととなります。

乗り物酔いが心配な方は、そばにある脇道を使いましょう。

カーレーターの住所・アクセスや営業時間など

名称 カーレーター
住所 兵庫県神戸市須磨区一ノ谷町5−3−2
営業時間・開場時間 須磨浦山上遊園に準ずる
利用料金や入場料 大人往復300円 小人往復300円
参考サイト http://www.sumaura-yuen.jp/facilities/facilities02.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

回転展望台でランチを

98306:回転展望台でランチを

撮影/賀川奈 伸雄

では、ここでランチといたしましょう。

向かうのはこちらの「喫茶コスモス」。

98307:

撮影/賀川奈 伸雄

なんとこの場所は回転展望台となっており、食事をしながら須磨浦の景色を360°あますところなく楽しめてしまうのです。

床が常に動いている状態なので、バランスを崩さないように注意してください。

98308:

撮影/賀川奈 伸雄

私が注文したのはオーソドックスなカレーライス。

定番の福神漬けもついてます。

98309:

撮影/賀川奈 伸雄

観光地のカレーって、なんでこんなにおいしいのでしょうか。

98310:

撮影/賀川奈 伸雄

喫茶店の1階下のフロアにはゲームセンターも完備。

懐かしめの筐体がたくさん置かれていて、まるで歴史ある温泉旅館のような雰囲気。

98311:

撮影/賀川奈 伸雄

なんと、昔なつかしのインベーダーゲームも発見。

これ、非常にレアなのでは?

喫茶コスモスの住所・アクセスや営業時間など

名称 喫茶コスモス
住所 兵庫県神戸市須磨区西須磨 須磨浦山上遊園
営業時間・開場時間 須磨浦山上遊園に準ずる
利用料金や入場料 入場料100円 カレーライス600円
参考サイト http://www.sumaura-yuen.jp/facilities/facilities11.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

リフトに乗って西エリアへ

98312:リフトに乗って西エリアへ

撮影/賀川奈 伸雄

それでは、散策を再開しましょう。

園内は今いる東エリアと西エリアに別れていています。

西エリアに行くのであれば、観光用のリフトで園内を移動する必要があるのです。

98313:

撮影/賀川奈 伸雄

座席は小さくて少々不安定ですが、空中を移動する感覚はなかなか爽快なもの。

持ち物を落としてしまわないようしっかり掴まっていてくださいね。

98314:

撮影/賀川奈 伸雄

西エリアでは子ども用のアトラクションが盛りだくさん。

「ミニカーランド」や「サイクルモノレール」など、実際に乗って楽しめるものばかりなので楽しさもバツグン。

お子さまと一緒に遊ぶなら、この周辺が最適ですね。

観光リフトの住所・アクセスや営業時間など

名称 観光リフト
住所 兵庫県神戸市須磨区西須磨
営業時間・開場時間 須磨浦山上遊園に準ずる
利用料金や入場料 往復600円
参考サイト http://www.sumaura-yuen.jp/facilities/facilities04.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ふたつの展望台から異なる絶景

では、このエリアの端にある西部展望台へと向かいましょう。

98315:

撮影/賀川奈 伸雄

ここからは、須磨浦山上遊園が誇る絶景が堪能し放題。

日本一の陸橋として有名な明石海峡、そして和歌山県の友ヶ島、四国の小豆島までも見渡すことができてしまうのです。

98316:

撮影/賀川奈 伸雄

せっかくなのでここで記念撮影。

逆光が強くなりがちな場所なので、対策をしっかりしておきましょう。

98317:

撮影/賀川奈 伸雄

展望台はここだけではありません。

先ほど通りすぎた東エリアにも、実は設置されているのです。

ここからは、神戸ポートアイランドや六甲アイランドといったレジャー施設、そして広い大阪湾を行くフェリーやタンカーを眺めることができます。

どちらの展望台からの景色がよいか、決めがたいですね。

東部・西部展望台の住所・アクセスや営業時間など

名称 東部・西部展望台
住所 兵庫県神戸市垂水区塩屋町
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.sumaura-yuen.jp/facilities/facilities10.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

須磨に散った若武者の墓

これにて須磨浦山上遊園自体の見どころ紹介は終わりですが、もう一カ所立ち寄っていただきたいスポットがあります。

98318:

撮影/賀川奈 伸雄

それは、須磨浦公園駅から東に徒歩3分のところにある「敦盛塚」。

敦盛というのは平家方の武将平敦盛のこと。

その非業の死を描いた「平家物語」の一場面は国語の教科書にも採用されているので、ご存じの方も多いでしょう。

若くして敵将熊谷直実に討ち取られてしまったその魂を供養すべく建てられたのが、この塚なのです。
 

この須磨は、源平合戦の中でも激戦として知られる「一の谷の合戦」の舞台となった場所。

所々にこうした源平ゆかりの史跡が遺されているので、歴史にご興味のある方は周辺を散策してみるのもよいでしょう。

敦盛塚の住所・アクセスや営業時間など

名称 敦盛塚
住所 兵庫県神戸市須磨区一ノ谷町5丁目4−18
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.suma-kankokyokai.gr.jp/modules/gnavi/index.php?lid=3&cid=10
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

渚のカフェテラスで絶品スイーツ

98319:渚のカフェテラスで絶品スイーツ

撮影/賀川奈 伸雄

さて、最後は甘いもの大好きな方のお待ちかね、付近のスイーツスポットのご紹介です。

今回おすすめするのは、須磨浦遊園駅近くのお店「Tooth Tooth」。

白を基調としたデザインが清楚でいい感じ。

98320:

撮影/賀川奈 伸雄

おいしい素材をふんだんに使ったガトーフレーズは、ほっぺがとろけそうになるほどの甘み。

食べ尽くしてしまうのがもったいなくなってしまうほどです。

これをチョコレートの風味と香りがうれしいショコラティーでいただくのですから、スイーツ愛好家にはたまりませんね。

須磨浦山上遊園での遊び疲れをどうぞお癒しください。

TOOTH TOOTH Sea Side Cafeの住所・アクセスや営業時間など

名称 TOOTH TOOTH Sea Side Cafe
住所 兵庫県神戸市須磨区一ノ谷町5丁目3−32
営業時間・開場時間 11:00−20:00
利用料金や入場料 ガトーフレーズ 590円
参考サイト http://www.toothtooth.com/patisserie/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

須磨山上遊園で、大人も子どもも遊び倒そう

源平合戦の歴史が眠る須磨の地も、今では大人も子どもも楽しめる一流娯楽スポット。

何せ駅から歩いてすぐなので、道に迷う心配もありません。

「須磨温泉 寿楼」や「シーパル須磨」など宿泊施設もたくさんありますので、利用のしやすさバツグンです。