赤ちゃんも一緒に楽しめる!ディズニーランドのパレードを見よう

ディズニーランドと言えばやっぱりパレードですよね。ダンサーによる圧巻のパフォーマンスとキャラクター達の可愛い仕草に心ときめきます。イベント限定の個性豊かなパレードや、長年愛され続けている伝統のパレードなど、これを見ずに帰ることはできません。今回は赤ちゃんと一緒に楽しめるおすすめ鑑賞エリアや注意点などをまとめてご紹介。

【ディズニーおすすめ記事はこちら♪】
これで完璧!ディズニーランドのお土産徹底ガイド
凝縮!全パターン網羅!ディズニーのペアルック30案

ディズニーランドで赤ちゃんと一緒に楽しめる5つのパレードをご紹介!

ディズニーランドでは昼間に開催される「デイパレード」と夜に開催される「ナイトパレード」があります。
そのほか、通年開催している「レギュラーパレード」や季節のイベント限定で開催される「季節パレード」なども。
ここからは、レギュラーから季節パレードまで、ランドで人気のパレード5つをご紹介していきます。

1. ランド開園30周年を記念したメインのデイパレード【ハピネス・イズ・ヒア】

ディズニーランドのパレードには種類が二つあります。
パレードルートを走行中に、ゲストの前でフロートが止まり、ダンサーやキャラクター達がパフォーマンスを繰り広げる「停止型パレード」と、止まることなくパレードルートを進んでいく「通過型パレード」の二つ。

季節イベント限定のパレードは停止型パレードが多く、通年開催するレギュラーパレードは、通過型パレードが多いです。

「ハピネス・イズ・ヒア」は、東京ディズニーランド開園30周年を記念してスタートした、昼間に開催されるレギュラーパレード。
“ハピネス”をテーマにしており、パレードのフロートは「メリーゴーランド」がモチーフになっています。

実はディズニーランドの創業者である「ウォルト・ディズニー」は、娘を遊園地のメリーゴーランドに乗せて遊ばせていた時に、親子で楽しめる遊園地があれば良いと思いつき、子供から大人まで楽しむことができる「ディズニーランド」の創設をひらめいたのです。
メリーゴーランドは、ディズニーランドにとって思い入れの深いもの。
開園30周年のパレードにピッタリですね。

ミッキーをはじめ様々なキャラクター達が次々に登場。
ランドのメインパレードにふさわしい豪華なパレードです。
色合いはとてもカラフルで好奇心旺盛な赤ちゃんたちは、目をくぎ付けにして見ること間違いありません♪

2. パーク中を光の魔法で包み込む【エレクトリカルパレード・ドリームライツ】

ディズニーランド開園から長年愛され続けているナイトパレード。
開園の1985年から1995年までのおよそ10年にわたり開催されていた「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード」のリニューアル版として、2001年に復活した人気のパレードです。

軽快な電子音ミュージックと輝くLEDライトが夜のパークを華やかに彩り、子供達のみならず、大人まで心ときめかせてくれます。

キラキラ光るものが大好きな赤ちゃんにとって、目の前に現れるカラフルな電飾に大興奮すること間違いありません。
一度聴いたら耳にずっと残るあのメロディーは、自然とママやパパも身体がいつの間にか、リズムをとってしまうことでしょう♪

3. 春のイースター限定!ノリノリダンスで心ウキウキ♪【うさたま大脱走!】

ディズニーランドでは毎年、4月初旬から6月中旬にかけて「ディズニー・イースター」がスタートします。
パーク中がうさぎとエッグのキャラクター「うさたま」に溢れかえる春の人気イベント。

イースターイベント中に開催される「うさたま大脱走!」は、ミッキーたちが脱走したうさたまを捕まえる、愉快で元気いっぱいな可愛らしいパレードです。
停止型パレードのため、キャラクターやダンサーの素敵なパフォーマンスにもご注目。

鑑賞エリアによって、キャラクター達の停止位置が異なります。
大好きなキャラクターの停止場所で鑑賞したい場合は、ネットで情報を調べてから、どこで鑑賞をするのか決めると良いでしょう。

パレードがスタートする前に「うさたまのポーズ」の振付をキャストから教わります。
振付をマスターして、赤ちゃんと一緒にノリノリにダンス♪親子で楽しくパレードを鑑賞してみましょう。

4.ポップス、ラテン、ロック、多彩な音楽で秋の収穫を祝おう【ハロウィーン・ポップンライブ】

9月~10月の「ディズニー・ハロウィーン」イベント中に開催される限定パレード。
停止型パレードの平均停止回数は3回ですが、なんとこちらはその3倍の9回も停止してくれます!

パレードのテーマは「ミュージックフェスティバル」。
ミッキーやミニー、ドナルドなどの愉快な仲間たちが、それぞれの音楽に合わせて、ダンスを披露してくれます。
クラブミュージックやジャズ、ラテン、ロック、ポップスなどバラエティに富んだ音楽パフォーマンスは、大人も楽しめるハイクオリティです。

ヴィランズ(悪役)が主役のシーのハロウィーンと比べて、ランドは明るく秋の収穫祭を祝うハロウィーンなので、赤ちゃんや小さな子供も怖がることなく、楽しむことができますよ。

5.【ディズニー・クリスマス・ストーリーズ】

11月初旬~12月25日まで開催されるイベント「クリスマス・ファンタジー」に合わせ、クリスマスをお祝いするのにピッタリの夢溢れるパレード「ディズニー・クリスマス・ストーリーズ」が開催されます。

このパレードのテーマは「絵本の世界」。
各キャラクターがクリスマスの幸せな物語をそれぞれ描いていきます。
こちらのパレードも3回に分けて停止していき、ディズニーキャラクター達が満面の笑みでゲスト達に挨拶。

ちなみにナイトパレードの「エレクトリカルパレード」も、こちらのイベント中は、クリスマスバージョンに!キャラクター達の衣装や音楽がクリスマス仕様になっています。

赤ちゃんと鑑賞するならどこがおすすめ?3つのパレード鑑賞エリアのメリット・デメリットご紹介

パレードルート沿いに広がる鑑賞エリアには、それぞれ特徴があり、どこで鑑賞するかによって、パレードの背景や利便性などが大きく変わります。
ここからは3つの鑑賞エリアのメリット・デメリットをご紹介していきます。

1.ファンタジーランド&ウエスタンランドエリア

こちらの鑑賞エリアは、最もいち早くパレードを鑑賞することができる場所です。
パレードのスタート地点は「ホーンテッドマンション」横の大きな扉から。
そこから出発した後は、左回りでパーク中をめぐっていきます。

こちらの鑑賞エリアのメリットは、ドリンクやフードなどの買い物がしやすく、最も早くパレードを見ることができるため、帰る時もいち早く退園できること。
またこの辺りには、ピザやスモークターキーレッグ、ポップコーンワゴンなど、持ち歩きフードの種類が充実しており、パレードが始まるまでの時間に、こうしたグルメを味わうことができます。

またナイトパレードの場合「ウエスタンランド」にある「カントリーベアシアター」周辺の鑑賞エリアで鑑賞すると、パレードルートを避けて、エントランスに向かうことができ、パレード後の帰宅ラッシュに巻き込まれる事なく、スムーズに退園することができます。

デメリットとしては、期間限定の停止型パレードの際、人気キャラクターの停止位置が混み合い、すぐに場所取りされてしまいます。
そのため確実に確保するには、1時間前から待つ必要が。

2.シンデレラ城周辺エリア

シンデレラ城のまわりを取り囲む鑑賞エリア。
こちらのメリットは何と言ってもお城とパレードのコラボレーションが楽しめること。
ディズニーランドのシンボルであるシンデレラ城をバックにフロートを撮影。
SNS映えする素敵なショットが狙えます。
また、このエリアはベンチが多いため、だっこの赤ちゃんと一緒の際は、とても使いやすく便利です。

デメリットとしては、大きなトイレが近くになく、少し離れたところまで行かなくてはならないこと。
またプラザ内(シンデレラ城周辺)にもドリンク&フードショップがありますが、規模が小さく混み合います。
トイレやお買い物を済ませてから、スタンバイすると良いかもしれません。

3.トゥーンタウンエリア

こちらの鑑賞エリアがパレードの最終地点です。
「トゥーンタウン」はディズニーキャラクター達が暮らす愉快な街。
キッズ向けのアトラクションや広場があり、赤ちゃんと一緒でも、楽しくパレードの時間まで過ごせることが大きなメリットです。

また、トゥーンタウンの鑑賞エリアは特殊で、ゲストが集まる鑑賞エリアの反対側は、植木になっています。
そのためキャラクター達は、この鑑賞エリアの方だけを向いてくれるので、時間たっぷりキャラクター達と目を合わすことがきるのです。

デメリットとしては、1番最後に到着する鑑賞エリアのため、パレードを見終わった時には、乗り物もレストランも全て混雑してしまうということ。
その代わりパレードがスタートしてしまった後でも、鑑賞スペースが比較的空いています。

赤ちゃんとパレードを楽しむ際に知っておきたいこと

赤ちゃんと一緒に楽しむ時は準備満タンに!まず場所取りは、パレードがスタートする1時間前からOKです。
レジャーシートを必ず忘れないように。
また持ち運びに便利な携帯クッションがあれば、お尻を冷やさずに済みます。
ベビーカーは後ろのゲストに迷惑がかかるため、畳まなくてはいけません。
そのため他のグループよりも少し広さが必要になります。

平日であれば30分前に行けば、2列目までは余裕で座ることができます。
小さい赤ちゃんに最前列で楽しんでもらうためには、1時間前から場所取りする必要があります。
ミルクのお湯や離乳食、おやつ、暇つぶし用のおもちゃなどを、多めに準備しておきましょう。

パレードがスタートするまでに場所取りができなかった場合は、ママとパパ交代でだっこをしながら鑑賞。
肩車は禁止ですのでご注意を。

パレードデビューは1歳半~がおすすめ

何歳からディズニーのパレードを楽しめるようになるのか気になりますよね?赤ちゃんの時期は寝る時間もまだ不規則で、大きな音や刺激を受けると、夜泣きの原因にもなってしまいます。
おすすめは1歳半を過ぎてから。
ねんね期の赤ちゃんには刺激が強いので、よちよち歩きができるようになる頃が良いですね。

筆者の娘は生後6か月と1歳の時にディズニーへ遊びに行ってみましたが、6か月の頃はパレードがよくわからない様子ですぐに飽きてしまいました。
音楽やダンスにはまりだす頃にパレードデビューさせてみてはいかがでしょう。
その子の性格を考慮して、親子みんなでパレードを楽しみましょうね♪

photo by PIXTA , iStock and so on.