【美濃を制するものは天下を制す】戦国武将ゆかりの地!岐阜県の歴史的観光スポット12選

うつけ者と呼ばれた織田信長に蝮の斎藤道三、今川氏と織田氏の争いに巻き込まれた徳川家康、大垣市に一夜城を作った秀吉と、岐阜県の歴史を辿ると、戦国時代のそうそうたる面々が名前を連ねます。そんな、激動の歴史を持つ岐阜県の歴史的観光スポットって気になりませんか?今回は、岐阜県の歴史的観光スポットをご紹介したいと思います。ぜひ、参考にしてくださいね。

岐阜県ってどんなところ?

岐阜県ってどんなところ?

image by iStockphoto

岐阜県って知名度が低いですよね。
近くに超有名な名古屋があるからかな?実は、岐阜は世界遺産の白川郷や水力エネルギー量全国第一位という素晴らしい実績を持つ地なんです。
古くは美濃国と飛騨国の2つの国によって構成されていました。
日本の中心に位置しており、歴史上重要な戦いを繰り広げています。
672年の壬申の乱から始まり、稲葉山城の戦い、関ケ原の戦いも岐阜県で起こったことです。
歴史小説家の司馬遼太郎氏は、かつて「美濃を制するものは天下を制す」という言葉を残しています。

岐阜という地名は、織田信長が命名したとの説があるんですよ。
名物だって、栗きんとんに富有柿、飛騨牛に五平餅、他にも美濃和紙に関の刃物、有名人にはQちゃんこと高橋尚子や野口五郎、伊藤英明など他にもたくさん輩出しています。
新穂高に下呂温泉に養老の滝、映画『君の名は。
』では飛騨市が大注目を浴びるなど観光名所もたくさんあります。
名古屋の陰に隠れて知名度が低いですが、隠れた魅力は名古屋以上かも?

#1 もう知らない人はいない!岐阜の美しい世界遺産の白川郷

もう知らない人はいない!岐阜の美しい世界遺産の白川郷

image by iStockphoto / 87352959

日本有数の豪雪地帯として知られる白川郷は伝統的集落として、1995年に世界遺産に登録されました。
この厳しい自然環境を凌ぐために急こう配の萱葺屋根が考えられました。
これを合掌造りといい、強風を受け流し、雪が滑りやすいよう考えられています。

国の重文に指定される和田家はとくに有名で、白川郷に残る100棟の中で最も規模が大きいものです。
集落に降り積もる雪とライトアップされた家々は写真でも有名ですね。

#2 織田信長が天下統一の拠点と定めた城!岐阜城

織田信長が天下統一の拠点と定めた城!岐阜城

image by PIXTA / 29515636

岐阜城は難攻不落の城とされ、戦国時代は蝮と恐れられた斎藤道山の居城でした。
道山は、『国盗り物語』の主人公としても有名です。
永禄10(1567)年に織田信長がこの城を攻略して、我が物としました。
この時に、稲葉山城を岐阜城と改名したようです。

その後は、織田信長が天下統一の拠点としました。
現在は、鉄筋コンクリート造りの3層4階建てのお城として再建しており、展望台からの絶景も見逃せません。

#3 全国でここだけ!江戸幕府の陣屋も残る高山の古い街並み

全国でここだけ!江戸幕府の陣屋も残る高山の古い街並み

image by PIXTA / 27873880

飛騨高山エリアでも大変人気のある観光スポットです。
城下町の中心や商人の町として発展した上町、下町を合わせて古い街並みと呼ばれています。
出格子の連なる軒下には用水が流れ、町家の大戸や老舗の暖簾が軒を連ねています。
造り酒屋の軒下にある杉の葉を玉にした「酒ばやし」も見逃せません。

風情ある町屋も軒を連ね、造り酒屋や味噌屋、雑貨店があり、カフェやレストラン、土産物屋もあり、飛騨牛の串焼きや大きな醤油せんべいを食べ歩きするのも楽しいですよ。

#4 ここはまるで江戸時代?中山道木曽路といえば馬籠宿

ここはまるで江戸時代?中山道木曽路といえば馬籠宿

image by PIXTA / 17666407

ミシュラングリーンガイドで1つ星を獲得した宿場町です。
急峻な石畳の階段が約600mも続き、江戸時代の風情を残しています。
文豪・島崎藤村の生家跡があり、石畳を登り切った先には、小説「夜明け前」の主人公が見た景色が広がります。

また、馬籠宿から妻籠宿までの風情ある道のりは、かつて難所だった馬籠峠。
現在は格好のウォーキングスポットとなっています。
ここを歩くと、かつて、この道を通った旅人の息遣いが聞こえてくるようです。

#5 朝霧に浮かぶ!奥美濃にある天空の城 郡上八幡城

朝霧に浮かぶ!奥美濃にある天空の城 郡上八幡城

image by iStockphoto / 100165007

戦国時代末期の永禄2(1559)年に、遠藤盛数が砦を築いたといわれるお城です。
2015年の「行ってよかった!日本の城ランキング」で、20位にランクインしています。
戦前に再建された木造天守が残っており、建物の城壁と新緑のつつじ、面影ある石垣のコラボが素敵なお城です。

廃藩置県になった後、石垣を残し取り壊されましたが、昭和8(1933)年に大垣城をモデルとして木造で作られました。
立ち込める霧の中に佇む姿はまさに「天空の城」と呼ぶのにふさわしく、幻想的な姿を見ることができます。

#6 関ケ原の戦いゆかりの地!大垣城

関ケ原の戦いゆかりの地!大垣城

image by iStockphoto

天下分け目の関ケ原合戦で、西軍の石田三成の本拠地となった城です。
国宝に指定されていた天守は残念ながら、大垣空襲の際に焼失してしまいました。
昭和34(1959)年には外観が復元され、館内は関ケ原の戦いの資料館となっています。

城を囲むように大きな公園が造られ、このお城は城下町大垣のシンボル的存在となっています。
夜にライトアップされた大垣城天守が闇夜に浮かび上がる姿は幻想的です。
先ほどご紹介した郡上八幡城が再建された時に、この大垣城がモデルとされました。

#7 かつて天下分け目の激戦を繰り広げた!関ケ原古戦場

かつて天下分け目の激戦を繰り広げた!関ケ原古戦場

image by PIXTA / 23920474

今でも徳川家康派と石田三成派に分かれて激戦が繰り広げられ、関ケ原の合戦を彷彿とさせる古戦場です。
竹矢来・馬防柵が復元されており、東西2ヶ所の残る戦死者を葬った首塚、笹尾山には展望図があり合戦の様子をつぶさに感じられます。

家康の陣跡近くには、関ケ原町歴史民俗資料館もあるので合わせて訪れたいスポット。
点在する古戦場をレンタサイクルで巡ったり、歩いて点在する石碑などを見て回ったりするのもおすすめです。
また、「決戦コース」、「天下取りコース」などの散策コースも多数用意されています。

#8 直虎以外にも女城主がいた!日本三大山城の一つ岩村城

直虎以外にも女城主がいた!日本三大山城の一つ岩村城

image by PIXTA / 17884779

岩村城跡は、日本三大山城のひとつで、「日本百名城」に選定されています。
本丸周辺の石垣は「東洋のマチュピチュ」と呼ばれています。
NHK大河ドラマの女城主直虎の影響により、もう一つの女城主がいたお城としてクローズアップされています。

激動の戦国を生き抜いた、悲劇のヒロイン女城主「おつや」の歴史も垣間見られるスポットです。
また、標高717mのところに築かれており、朝霧の頃はまた神秘的な雰囲気に包まれます。
このお城は、深い霧に包まれることから別名「霧ヶ城」とも呼ばれています。
この霧に纏わる伝説など、いろいろな伝説を探ってみるのも面白いスポットです。

#9 日本三大大仏の一つ!岐阜大仏

日本三大大仏の一つ!岐阜大仏

image by PIXTA / 3359559

日本三大大仏ってご存知ですか?有名な奈良県の東大寺にある大仏と鎌倉市の鎌倉大仏。
もう一つ大きな仏様が、岐阜にいらっしゃいます。
岐阜城の麓近くにある、正法寺にいらっしゃる別名「かご大仏」といわれる大仏様です。
1832年に建設がはじまり、38年もの歳月をかけて作られました。
高さ13.7mあり、乾漆仏としては日本一の大きさを誇っています。

お堂に入ると穏やかなお顔をされ微笑んでおられる大仏さまが、鎮座しておられます。
木と竹と粘土で作った骨組みに、経典が書かれた和紙が貼られ、漆と金箔で仕上げられています。
特別な技法見ると、何だか利益が倍増しそうですね。

#10 奥の細道は岐阜が終焉の地だった!奥の細道むすびの地と住吉燈台

奥の細道は岐阜が終焉の地だった!奥の細道むすびの地と住吉燈台

image by PIXTA / 13845222

この地は、松尾芭蕉が「奥の細道」の最後の句を書き、旅を終えた後、伊勢に向かって船出した場所です。
江戸時代後半に建てられた住吉燈台が残っており、ノスタルジックな雰囲気を感じられます。

また、芭蕉も下った水門川は、かつて人や物流が盛んな港で、昭和初期には、年間1万もの船が往来していました。
国指定の名勝となっており、美しい景色を堪能できる場所としても有名です。
この美しい景観を見ていると、芭蕉がこの地に描いたイメージと重なってくるような気がします。

image by PIXTA / 9415261

#11 江戸時代の風情を色濃く残す うだつの上がる町並み

江戸時代の風情を色濃く残す うだつの上がる町並み

image by PIXTA / 22252206

江戸時代中期から明治初期に建てられた、うだつの上がる家を中心とした古い街並みを残す観光スポットです。
屋根の両端にある防火壁のことを「うだつ」と呼び、切妻平入りの両端の妻を一段高くして作られていました。
店を構えなければ取り付けられず、豪商たちは、富と粋の象徴として意匠も競いあったようです。

街並みの景観はとても美しく、国の重文として指定される家もあります。
1300年の歴史を誇る「美濃和紙」とうだつの上がる街並みの活性化を目指し、夜に和紙の明かりを灯す美濃和紙あかりアート展が開催されます。

#12 街そのものが大正時代!日本大正村

大正時代にタイムスリップしたような雰囲気を醸す、街全体を大正時代のように作った一つのテーマパークです。
このテーマパークは、明智町という小さな町で、町おこしの一貫として、ボランティアの方が運営しています。

趣ある裏路地や建物は見るからに大正時代そのものです。
この村の中には、織田信長を討った明智光秀にまつわる史跡などを巡る、歴史を探訪するコースも作られています。
のんびり大正時代の雰囲気を味わいながら、町の歴史に触れてみませんか?

歴史的観光スポットの宝庫、岐阜県に訪れてみませんか?

存在感の薄い岐阜県の歴史が、こんなに凄かったなんてちょっとびっくりですね。
世界に誇るバラ園が素敵な「花フェスタ記念公園」や日本一熱い街として有名になった多治見市には永保寺という美しいお寺があり、日本一大きい国営公園の木曽三川公園、日本三名泉の一つ下呂温泉など、色々な観光地を持っています。
ぜひ、歴史的スポットと合わせて観光してくださいね。
photo by PIXTA and iStock