【留学経験者が伝授】大学を休学して留学する方法とは?

大学に入学してから、夏休みや冬休みなどの休暇期間だけでなく、もっと長期間留学をしたいという方には、交換留学や、大学を休学して留学に行くという方法があります。大学を辞めることなく、長期留学ができ、より深く英語や、専門分野を学べるのが休学留学のメリット。この記事では大学を休学して留学する方法についてご紹介します。

休学留学の仕組みとは?

休学留学の仕組みとは?

image by iStockphoto

大学生が休学をする場合、学期単位で休学することができます。
休学ができる期間は最長4年まで。
ですが、平均的な休学期間は、半年から2年ほどの場合が多いです。
休学して留学することで、海外の語学学校や大学を経験した後、日本の大学に戻ることができますよ。

休学中の学費は?

休学中の学費は?

image by iStockphoto

公立の大学の場合、休学時の授業料の支払いは必要ありません。
ですが、私立の大学の場合は、大学によって休学中も休学費や、休学在籍料などを徴収する学校も。
大学を休学して留学に行く場合は、自分の通う学校が休学するのにどのような書類が必要なのかや、いくらぐらいの休学費用が掛かるかなどを確認しておくと良いでしょう。

交換留学と休学留学の違いとは?

交換留学とは?

交換留学とは?

image by iStockphoto

大学によっては、海外に提携の大学があり、交換留学ができる場合もあります。
交換留学は、日本からの留学生を受け入れてもらう代わりに、海外から日本への留学生も受け入れるというシステム。
協定のある大学で学ぶメリットは、留学先の大学で学んだ単位がそのまま反映されるので、大学を4年で卒業できるということ。
また、日本の大学にそのまま学費を支払い、留学先の学校に授業料を払う必要がない場合もあります。
ですが、交換留学の場合、ある程度の成績と、英語力の証明が必要となるので、留学を希望する全ての学生が行けるというわけではありません。

休学留学とは?

休学留学とは?

image by iStockphoto

休学留学は、自分が通う大学の提携がある学校以外の学校でも、自分が行きたい国、学校に留学ができるので、より自由度の高い留学ができます。
また、英語力が海外の大学で学ぶのに満たない場合でも、まず語学学校で学び、その後大学で学ぶということもできるので、成績が良い悪いにかかわらず、留学することができますよ。

休学して留学する方法はどんなものがあるの?

認定留学ってどんなもの?

認定留学ってどんなもの?

image by iStockphoto

留学に行ってみたいけれど、大学は4年で卒業したいという方もいるのではないでしょうか。
海外の大学で履修した科目を、日本の大学の単位として移行できるのが認定留学。
ですが、学校や、取った科目によって認定される場合とされない場合があるので、日本の大学と留学先の大学に確認が必要となります。

休学して語学学校に行く場合の方法とは?

休学して語学学校に行く場合の方法とは?

image by iStockphoto

留学して英語を集中的に学びたいという人には、大学を休学して語学学校で英語を学ぶという方法があります。
留学エージェントなどを通せば、自分の行たい国、伸ばしたいスキルなどに応じて自分に合った留学先を探してもらえることも。
休学留学では、留学期間も自分で選べるので、どのくらい留学したいのか、または、どのくらいの期間学べば必要な英語レベルに達することができるかなどによって、留学期間を決めると良いですね。

ワーキングホリデーを利用した休学留学とは?

ワーキングホリデーを利用した休学留学とは?

image by iStockphoto

大学在籍中にワーキングホリデーを利用して留学、海外経験をする人もいます。
ワーキングホリデービザでの滞在なら、留学先で働いたり、語学学校に通ったり、観光したりと、より自由度の高い留学をする事が可能。
ワーキングホリデーができる国も、カナダ、オーストラリア、イギリスなど様々な国から選ぶことができるので、自分に合った国を探して留学することができますよ。

語学学校プラスα留学とは?

語学学校プラスα留学とは?

image by iStockphoto

休学期間を利用して、語学学校終了後にインターンシップやボランティア活動に参加できるプランのある学校や、留学エージェントも。
将来働きたい業界での職業体験や、環境保全やチャイルドケアなどでのボランティア活動は、就職前の良い経験になりますし、英語を実際に使える良い機会になります。
インターンやボランティアプログラムは学校やエージェントによって様々。
留学に行く前に、エージェントに相談してみると良いですよ。

語学留学プラス資格取得留学とは?

語学留学プラス資格取得留学とは?

image by iStockphoto

半年から1年ほど留学するのなら、英語を学んだという証明があると良いですよね。
英語力を証明する資格は、英語検定だけでなく、TOEICや、IELTS、ケンブリッジ英語資格など、国際的に通じる資格もあります。
多くの語学学校では、このような試験で高得点を取るためのトレーニングができるコースがある場合も。
長期間の語学留学を計画するのならば、このような資格が取れるコースを選ぶのもおススメです。

休学留学のメリットとは?

自由度の高い留学ができる

自由度の高い留学ができる

image by iStockphoto

休学して留学に行く場合、留学の期間、行く学校、留学先の国も、自分で自由に決めることができます。
英語力を伸ばすことを重視しての留学なら語学学校で1年間学ぶこともできますし、就職を考えての留学ならば、資格を取ったり、インターンを体験することも。
休学留学は、休学期間中を自由に使える留学と言えるでしょう。

成績に関係なく留学ができる

成績に関係なく留学ができる

image by iStockphoto

英語力がないからという理由で留学をあきらめてしまう人もいるのではないでしょうか。
交換留学では、英語力の証明や、成績証明が必要となりますが、休学留学なら、留学前の成績や英語力が悪くても留学できます。
海外の大学で学ぶには高い英語力が必要となりますが、語学学校で学ぶのなら、初級コースから開設されている学校がほとんどなので、英語力に自信がなくても大丈夫。
英語力がどこまで伸びるかは、自分の頑張り次第となりますよ。

大学在学中に留学ができる

大学在学中に留学ができる

image by iStockphoto

就職して仕事についてからは、長期の留学に行くということは、とても難しくなっていきます。
大学在学中は、自分の時間を自由に使える期間。
もし海外で学んでみたいという思いがあるのなら、ぜひ行動に移してみてください。
休学しての留学ならば、日本の大学を辞めることなく留学できますし、留学終了後もまた大学に戻ることができます。
半年や1年卒業が伸びたとしても、新卒採用の機会を逃すことなく、就職活動ができますよ。

休学留学のデメリットとは?

留学プランを自分で立てなければならない

留学プランを自分で立てなければならない

image by iStockphoto

交換留学の場合、学校指定の学校に行き、留学に必要なサポートも大学のスタッフから受けることができます。
ですが、休学留学の場合は、どのような学校に行くか、ビザの申請には何が必要か、留学エージェントはどのエージェントを使うかなど、自分で決めなければいけないことはたくさん。
留学エージェントが決まってしまえば、多くのサポートが得られるので安心ですが、エージェントによっては自分が期待していたサポートが得られない場合もあるので、注意が必要。
留学準備は大変ですが、充実した留学生活を送るためにも、根気強く準備をしましょう。

4年で大学を卒業できない

4年で大学を卒業できない

image by iStockphoto

大学を4年で卒業できないというのが、留学に行く最大のデメリットだと考える人も少なくありません。
一緒に学んできた同級生と一緒に卒業できなかったり、就職の際に不利になるなど、様々な考えがあります。
ですが、留学して、英語力を身に着け、英語力を証明するものがあればで、4年で卒業できないということがマイナスになることはありません。

留学費がかかる

留学費がかかる

image by iStockphoto

交換留学の場合、学校と提携している大学なので、留学先での授業料や海外で学んでいる間の休学費などがかからない場合がほとんどです。
ですが、休学留学では、すべて自己負担となるので、留学先での授業料から、滞在費、生活費など、すべて自分で払わなければなりません。
もちろん、高額なお金を払ったとしても、留学経験で得られるものは多いです。
自分がどれだけの予算があるのかなどによって、留学期間や学校を決めると良いかもしれませんね。

休学留学に行くと本当に4年で卒業できないの?

休学留学に行くと本当に4年で卒業できないの?

image by iStockphoto

休学して留学に行く場合、4年で大学を卒業できないという場合がほとんどですが、休学しても4年で卒業できる方法もあるんです。
それが早期卒業を利用した留学。
卒業に必要な単位を取ってしまえば、4年間大学に行くことなく、3年や3年半での卒業が可能な学校もあります。

私自身も、大学3年間で卒業に必要な単位をほぼ履修し、4年次の半年間休学し、留学しました。
留学を終え、秋学期に大学に戻り、残りの必要な単位を履修し、無事に一緒に学んできた同級生とともに卒業することができました。
学校によっては、早期卒業ができる学校とできない学校もありますが、留学をしても、4年で大学を卒業できる道はありますよ。

休学は就職に影響する?

休学は就職に影響する?

image by iStockphoto

大学在学中に休学して留学に行く一番の心配は、就職活動に影響するかどうかということではないでしょうか。
特に、大学を5年かけて卒業したとなると、そのことについて面接で詳しく聞かれることも。
ですが、大学の休学理由が留学であり、英語力を証明することができれば、留学がデメリットになるとは限りません。
留学したという経験と英語力を評価してくれる企業もあるはずです。

留学をして自分の夢を叶えよう

大学在学中は自分のやりたいことに集中できる貴重な期間。
就職してしまうと、自分がやりたいことや、学びたいことに没頭するということは難しくなってきます。
大学在学中なら、短期留学や長期留学など様々な方法で留学することが可能。
今回ご紹介した休学留学もそのひとつ。
自由な長期留学をしたいのならば、休学留学はおススメです。
自分に合った留学方法を選んで、留学に行く夢を叶えてください♪
photo by iStock