カナダ留学するならここ!お勧め都市と過ごし方

カナダは、留学先として最近特に人気。カナダの魅力は、何と言っても美しい自然と共存している都市、そして安全で住みやすい街が多いことではないでしょうか?選ぶポイントしても重要ですね。そして短期留学から、長期留学、ワーキングホリデー、大学で学ぶ、など選択の幅も広いこと。皆さんはどんな留学をお考えですか?今回はカナダ留学について役立つ情報をご紹介いたします。

カナダはどんな国?

カナダはどんな国?

image by iStockphoto

どの時期がお勧め?冬の寒さはどれくらい?

どの時期がお勧め?冬の寒さはどれくらい?

image by iStockphoto

カナダは日本と同様四季があり、日差しを十分に感じる春、夏、そして一気に空気の冷えを感じる秋、そして長い冬という感じに分かれています。
夏から秋にかけては比較的過ごしやすく、寒いのが苦手な方はこの時期がおすすめ。

とにかく冬は寒いというイメージのカナダ。
たしかに寒い都市、トロントやカルガリーはマイナス20℃になるようなところも。
冬に行くなら帽子、手袋、コートの最大限の防寒具の用意は当たり前。
凍てつくような寒さに。
ただし、部屋の中は一日じゅう暖かく快適。
そしてダウンタウンは、地下街が発達しているので、かなり広い範囲で外に出ずに買い物したりすることができますよ。
そして寒い冬を乗り越えると、みんな開放的に外で過ごすようになります。
街のカフェやレストランもテラス席がいっぱい。
太陽の光を浴びて食事やブレイクタイムを、とことんエンジョイします。
秋もメイプルリーフの紅葉がとても美しく、カナディアンも近くの公園や、郊外にドライブしたりして紅葉狩りを楽しみます。
一方、西側のバンクーバーなどは雪も少なく比較的温暖で住みやすい都市。
留学生の数も多く人気のあるのも納得。
長く滞在する予定なら、是非カナダの様々な都市へも出かけてみましょう。

カナダの物価は?どんなものが高い?やすい?

カナダの物価は?どんなものが高い?やすい?

image by iStockphoto

気になる物価。
長期滞在の予定の方は特にチェックしておきたいところ。
物価は日本と同じくらいか、都市によってはそれより高いところも。
一番高いのが家賃。
例えば、バンクーバーは年々地価も高騰して、アパートも探しにくいというのをよく聞きます。
カナダ第一の都市トロントも同様。
そして食品、野菜やフルーツ類は日本よりやや安く、酒類、タバコなどの嗜好品やペーパー類、チョコ菓子やチョコレートなどの加工品なども、日本に比べて高く感じるかも。
意外にファーストフードが安かったりします。
それからカナダでも、レストラン、バー、美容院、ネイルサロンなどはチップを払うの習慣。
カナダには消費税があり、例えばトロントが13%、バンクーバーが12%で全ての買い物にかかります。

留学先としてどの都市に興味がありますか?人気なのは?都市の特徴は?

留学先としてどの都市に興味がありますか?人気なのは?都市の特徴は?

image by iStockphoto

根強い人気のバンクーバー

根強い人気のバンクーバー

image by iStockphoto / 31730720

留学先として常に人気の都市。
近年アジア人率が高い都市でもあります。
世界で最も住みやすい都市でも上位にランクインするほど、気候も快適で、都会ということが人気の秘密でしょう。
目の前にハーバーが、そしてちょっとドライブすれば美しい山々が、という最高の立地条件。
ワーキングホリデーでも比較的仕事も見つけやすい都市。
生活圏内を歩いて過ごせる程よい大きさと、海が近いことから、魚介など食べ物も美味しいところは魅力的。
留学生も多いところから、語学学校の数もかなりあり、選択の幅も結構あるところも嬉しいポイント。

都会好きには魅力的なトロント

都会好きには魅力的なトロント

image by iStockphoto / 70459487

カナダ第一の都市トロント。
日本人はもちろん、世界各国からの留学生の数も多い大都市です。
カナダのエンターテイメントの中心。
移民を積極的に受け入れているカナダの中で、一番異文化率が高い都市。
最大コミュニティーチャイナタウンを始め、イタリアン街、コリアンタウン、グリークタウンなどそれぞれの国の文化を感じるエリアがたくさんあります。
語学留学、ワーキングホリデーで訪れる人も多く、語学学校など学びたいことのチョイスも幅広いのが特徴。
都会派にはトロントがおすすめ。

美しく色鮮やかな花に囲まれているビクトリア

美しく色鮮やかな花に囲まれているビクトリア

image by iStockphoto

バンクーバーのハーバーから、2時間ほどのフェリーの旅でいけるビクトリアアイランドも人気。
こちらはゆったり、こじんまりとした都市で、のんびりとしていますが、とにかく花々、木々が街中に溢れていてとても美しい街。
島には、ブッチャードガーデンという大きなガーデンがあり、ここが有名観光地。
丁寧に管理された広大なガーデンは圧巻。
街のメインストリートにはモールやドラッグストア、そして語学学校もこの通りに並んでいます。
数はそんなにありませんが、アットホームな学校と雰囲気の中で学べる環境。
街の中でスローライフを送ってみたいという方にはぴったり。
ここなら春から夏の終わりまでが特にお勧め時期。

洗練されたおしゃれな雰囲気モントリオール

洗練されたおしゃれな雰囲気モントリオール

image by iStockphoto

カナダには英語とフランス語の2つの公用語があり、ここモントリオール、ケベックで話されています。
カナダの人口の割合にすれば2割ほどですが、モントリオールでは7割ぐらいがフランス語。
街の雰囲気もどことなくヨーロピアンな落ち着いた雰囲気で、街のサインも英語、フランス語どちらも見受けられます。
もちろんレストランやカフェのメニューも。
英語もフランス語も学びたいという方にはちょうどいいですね。
ケベックに行くと100パーセントフレンチになります。
とてもユニークなカナダの一面を体験できますよ。
フランス語にも興味がある方、ここで両方学んでみませんか?

英語環境が作りやすい都市カルガリー

英語環境が作りやすい都市カルガリー

image by iStockphoto

トロント、バンクーバーと比べると、日本人留学生率も少なめ。
なので、授業が終わって街に出てしまえば、周りはほとんどがカナディアン。
カナダ人と触れ合う機会が多く、英語環境が作りやすい街と言えます。
大都会のドライな感じと異なり、フレンドリーでのんびりとした地元の人とたくさん知り合えるチャンスがあるかも。
物価も他の都市に比べると比較的安く、費用を安く抑えられるという利点も。
語学学校もアットホームな雰囲気で、英語を学ぶ環境としてはいい条件が揃っているのがカルガリー。
ロッキー山脈に囲まれた壮大な自然。
自然が大好き、密度を濃く学習したいと言うかたにはお勧めです。
ウインタースポーツを楽しみたいのならここかも。

長期?短期?カナダ留学の種類はどんなものがあるの?

長期?短期?カナダ留学の種類はどんなものがあるの?

image by iStockphoto

語学学校で、短期または長期で学ぶコース

語学学校で、短期または長期で学ぶコース

image by iStockphoto

カナダ留学方法として、一般的、そして人気なものの一つが、語学留学に入学して学ぶという方法。
それぞれの都市にたくさんの語学学校があり、クラスもフルタイム、午前中だけなど選べます。
フルタイムは朝9時か4時ぐらいまでが一般的。
語学学校留学の利点は、短期でも学べること。
1週間のコースからあるので、旅行に行くのとほぼ変わらないスケジュールで留学体験をすることができます。
もちろん長期でも。
こちらは大学のクラスと違って、クラスは少人数なので、アットホームな雰囲気の中で学ぶことが。
友達も作りやすいですよ。

カナダでも大人気の、ワーキングホリデー

カナダでも大人気の、ワーキングホリデー

image by iStockphoto

ワーキングホリデーも、大変人気の留学方法。
都市によっても異なりますが、割と仕事も見つけやすいことも選ばれるポイント。
毎年たくさんの日本人が学んで、仕事もしてという、より生活に密着しながら学んでいます。
カナダでは30歳までであれば応募できるので、チャンスがある方は応募してみては?こちらは、フルタイムで学校に通うことはできませんが、集中的に英語を学んで、その後仕事を探す、または仕事をしながら学校にもということもできます。
語学力をしっかり身につければ、より自分の希望にあったもの、そして選択の幅が広がります。
仕事も慣れれば貯金もできちゃいます。

大学留学でさらに専門的に学びたい

大学留学でさらに専門的に学びたい

image by iStockphoto

社会人の方でも、現在学生の方でも、さらに専門的なことを学びたい、将来のキャリアアップにつなげたいという方で、大学への留学を目指す人も多いですね。
留学するまでの準備はかかりますが、しっかりとした目的意識があって、達成感も高いのが大学留学の利点でしょう。
TOEFLのスコアを取得することが必須条件、そして資金もそれなりにかかりますが、大学のキャンパスで学べるというのはなんとも言えない充実感を味わえるでしょう。
スコア至徳を含めて、1年以上前から準備することをお勧めします。

カナダ人のライフスタイルは?

カナダ人のライフスタイルは?

image by iStockphoto

基本は、都会に住んでいてもナチュラル志向のカナダ人。
自然をこよなく愛します。
お天気のいい休日には、外に出てアウトドアライフを楽しむ人が多いです。
街には日本では考えられないほどの大きな公園がたくさん。
週末には街の各地で行われるイベントに訪れたり、お金を使わず上手に楽しむのがカナディアンスタイル。
あなたも自然派志向になるかも。

メープルシロップ以外のカナダの名物は?

メープルシロップ以外のカナダの名物は?

image by iStockphoto

プーティンを是非食べてみて!これはカナダ、ケベック発祥の食べ物で、フライドポテトにたっぷりのグレイビーソースとチーズをのせたもの。
かなりハイカロリーな食べ物ですが、カナダにきたら食べていただきたいカジュアルフード。
ビールとの相性も抜群。
カナダディアン気分を味わうにはまずはこれ。

スポーツするのも、観戦するのも人気

スポーツするのも、観戦するのも人気

image by iStockphoto

ダントツで人気なのがアイスホッケー。
カナダ人のホッケー愛は深いです。
ここに来て改めてホッケーの楽しさをわかる人も。
ゲームはかなりスピーディーで見ごたえがありますよ。
そしてもちろん野球、バスケも地元チームの試合があるときはスタジアムに駆けつけて応援します。
そしてカナダ人も冬には、スケート、スキーなどのウインタースポーツを楽しみます。
街には外に作られる大きなスケートリンクがあり、ネオンの美しい中でエンジョイします。
とてもロマンティックですよ。

そのほか知っておきたいこと

そのほか知っておきたいこと

image by iStockphoto / 88092277

ビザは必要?

ビザは必要?

image by iStockphoto

条件によって異なります。
基本的に半年以内の滞在はビザなし、学生ビザは、6ヶ月以上の滞在で入学許可証で申請します。
この場合は仕事は許可されません。
ワーキングホリデービザは、1年の有効期限。
アルバイトという形の仕事をすることができます。

留学準備はどうやって始めたらいい?

留学準備はどうやって始めたらいい?

image by iStockphoto

留学エージェントを通じて準備をしていくことをお勧めします。
プロのしっかりとしたサポートで、安心して出発することができます。
学校、ビザの手配、必要書類、ホームステイ先、などを自分で行うにはかなり手間も時間もかかるものを代わりに行なってくれます。
手数料はかかりますが、特に初めての方、大学など長期でお考えの方にはこちらがいいでしょう。

興味のある都市は見つかりましたか?

カナダは、街それぞれに違った趣があり、とても興味深いということをお分かりいただけたかと思います。
短期で行きたいか、長期で行きたいか、どんな季節に行ってみたいかなど、もう一度自分の気持ちと向き合ってみるといいですね。
カナダはその広大な土地と同様に、心も広大でフレンドリーなカナダ人の人々が温かく受け入れてくれますよ。
photo by iStock