社会人のアメリカ留学。お勧め都市とお勧め英語上達法

留学は学生の間だけではありません。今は社会人の方も、一旦お仕事の区切りをつけて念願の海外留学へ、というかたが多いですよね。留学先も様々ありますが、アメリカは人気の国。ワーキングホリデーはありませんが、短期留学、長期留学、大学など選択はいろいろあります。自分のスケジュールに合わせて、希望にかなうアメリカ留学の夢を叶えませんか?

アメリカ人気の留学先は?

アメリカ人気の留学先は?

image by iStockphoto / 87752797

広大な国、アメリカ。
自然でいっぱいの街、大都会の喧騒を感じられる街、スポーツなどアクティビティを楽しめる街、それぞれの都市で違った顔があり、興味深くとても魅了的な国がアメリカ。
どの街に興味がありますか?

お勧め都市その1、シアトル

お勧め都市その1、シアトル

image by iStockphoto / 64363743

アメリカ西海岸のカナダの国境にすぐ近くの都市シアトル。
穏やかな気候と雰囲気で住みやすいと評判の街。
マリナーズの街、そしてスターバックスでもおなじみですね。
街にはこういったカフェが点在していて、歩きやすく美しい街。
観光地としても脚光を浴びています。
留学生の数も多く、この恵まれた環境の中で、たくさんの学生が学んでいます。

お勧め都市その2、ロスアンゼルス

お勧め都市その2、ロスアンゼルス

image by iStockphoto

西海岸を代表する都市といったらここ、ロスアンゼルス。
年中温暖で過ごしやすいことと、ユニークなアート、ファッションの発信地でニューヨークと並んで人気がある街。
広大で乾いた大地も魅力的。
ここにもたくさんの語学学校、大学があり、学生にとっても選択の幅があり学びやすいところ。
そしてここにはハリウッドらしく、映画関連のことを専門に学べる学科もあるところが特徴的。

お勧め都市その3、シカゴ

お勧め都市その3、シカゴ

image by iStockphoto

アメリカ大3の都市、シカゴ。
近代的なビルが立ち並ぶダウンタウンの街の喧騒は大都会を思わせます。
音楽などのエンターテイメントを楽しめるところでもあり、また五大湖に広がる都市は、自然にも恵まれているのが特徴。
冬は厳しいことでも有名。
ウインディシティとの愛称もあるほど。
風が強く凍てつくような寒さですが、経験してみる価値もあるかも。

お勧め都市その4、ボストン

お勧め都市その4、ボストン

image by iStockphoto

街全体が落ち着いた雰囲気がある街並みが特徴のボストン。
気候も穏やかで住みやすく、また有名大学があることから留学生の数も多く人気の都市。
アメリカ最大の漁港があることから、シーフードも美味しく、ロブスターが特に有名。
街も歩きやすく、地下鉄などの交通網も発展しているので、快適な生活ができる街。

お勧め都市その5、ニューヨーク

お勧め都市その5、ニューヨーク

image by iStockphoto

アメリカと言ったらニューヨーク、そしてニューヨークと言ったらマンハッタン。
誰でも一度は見たことのあるアメリカの景色と言ったらここニューヨーク、マンハッタンではないでしょうか?エンターテイメント文化の中心地、ここへ来たらなんでも楽しめてしまえそうな、とても魅力のある街。
冬はかなり寒く雪も多いですが、雪景色もまた美しい街。
大学、語学学校の数ももちろん多く選択の幅もあります。

お勧め都市その6、ハワイ

お勧め都市その6、ハワイ

image by iStockphoto

日本人に一番馴染みのある街、ハワイ。
温暖な気候は住みやすく、マリンスポーツなどのアクティビティーも満喫できる美しい島。
語学学校はオアフ島に集中しています。
太陽の日差しをたっぷり浴びれる日中と、美しいサンセットを見れる夕暮れ。
語学学習とリゾートへの旅行気分を同時に楽しめるのがハワイ。

留学の種類はどんなものがあるの?

アメリカへの留学、どのような種類があるか、どれくらいの期間から学べるかをご紹介いたします。

長期でも短期でも学べる語学留学

長期でも短期でも学べる語学留学

image by iStockphoto

語学学校に入学しての留学が人気で、また一般的でもあります。
こちらは短期でも長期でも選べるというのがポイント。
短期留学だったら1週間からあります。
1週間から3ヶ月までを短期留学と言われています。
短期留学は、仕事や休みを利用して留学したいという社会人にはぴったりのコース。
様々な学校がありますが、登校日にレベルチェックがあり、細かくクラス分けされるのでレベルにあったクラスで安心して学ぶことができます。
学校によりますが、エクスカーションやイベントも計画されているので、自分のクラス以外の生徒とも接する機会が多く、より多くの友人も作れます。
クラスは、フルタイムで9時から4時までがほとんど。
学生生活のルーティーンをまた体験できるなんて、それ自体が、興味深い体験に。

長期留学も内容は同じですが、長く滞在できるのでそのぶん英語の力も伸びていきます。
大体3ヶ月ぐらいで、言っていることのフレーズが理解できるようになり、6ヶ月できちんと答えられコミュニケーションが取れるようになってくると言われています。
滞在できるのであれば、やはり長期がお勧めですね。

大学で専門的なことを学ぶ

大学で専門的なことを学ぶ

image by iStockphoto

より専門的なことを学びたい方には大学への留学が人気。
大学では、語学だけでなく、音楽、美術、ファッション、ダンスなどアートを学ぶためにここへ訪れる人も世界中からやってきます。
大学入学には、最低でも1年以上の準備期間と英語力がより問われますが、真剣に考えているのなら、早速準備に取り掛かりましょう。
自分の学びたい学校はどのくらいの英語力が必要なのか、またどの学校であれば自分のレベルに合うか、しっかりチェックしておく必要があります。
入学するまでも難しいですが卒業するのも難しいのがアメリカの大学。
でもこれをやり遂げた後の達成感は何事にも代えがたいものになりますね。

留学前にしておくことは?

留学前にしておくことは?

image by iStockphoto

留学が決まったら、準備や持ち物、そして、ぜひこれはしておくべきことをご紹介いたします。

どんな準備が必要?

どんな準備が必要?

image by iStockphoto

航空券、ビザの取得、滞在先、学校の入学証明書などの必要書類、保険と事前に必ず必要なものがあります。
ビザは3ヶ月以内の滞在であれば必要なし。
これらは自分で手配することも可能ですが、手数料はかかりますが、留学エージェントに手配してもらうことをお勧めします。
手配漏れの防止と安心感がありますね。
例えば航空券だけは自分で手配するようにするだけでも若干手数料はやすくなります。
エージェントを通じて申し込むと、現地の情報をより正確に的確に教えてくれるということと、自分の聞きたいことも気軽に聞くことができるので、で安心感があります。
出発前は特に不安になるもの。
できるだけ不安を解消できる形で準備していきましょう。

持っていくと便利なもの

持っていくと便利なもの

image by iStockphoto

自分の日常的な愛用品、例えば文具類。
日本のものは機能も質も良、くアイデア豊富なものがたくさんあります。
ノートやファイルの紙質もかなりいいです。
ただし、アメリカではバインダーは3つ穴が主流なので、日本のものとは合わないということも。
また、サイズも若干違って、日本ではA4サイズが主流ですが、アメリカではレターサイズ。
少し短く横長なので、バインダーは現地で買うことおおすすめします。
また、日本の文化や名所を紹介した本も話題つくりになっていいと思います。
写真もスマホにたくさん入れておけば、会話のトピックになってコミュニケーションをとるのに役に立ちますよ。

出発前の勉強方法は?学校に通った方がいい?

出発前の勉強方法は?学校に通った方がいい?

image by iStockphoto

出発前はどんな勉強をしたらいいか、悩めるところです。
ここでそのアイデアをご紹介いたします。

英会話学校に通ってしっかり準備をする

英会話学校に通ってしっかり準備をする

image by iStockphoto

準備として英会話学校に通うこともお勧め。
留学を決めたものの、心配になってくるのは語学力。
目的や内容に沿って、的確なアドバイスを受けられるし、英語のブラッシュアップになります。
特に何を勉強していいかわからないというかたにはいい方法。
学校によってクラスや料金も様々ですが、金額的に高いことが多いことも。

忙しい方にはスカイプレッスンという方法も

忙しい方にはスカイプレッスンという方法も

image by iStockphoto

なるべくコストを抑えながら、しかも英語は勉強しておきたい方にはスカイプレッスンがお勧め。
忙しい社会人にも時間の融通がきくこのレッスンは最近人気でもありますね。
特徴は、完全にプラベートで学べるということや、学校に通う煩わしさがないこと、そして金額もかなりリーズナブル。
フィリピン人講師のレッスンも多いですが、英会話初心者でしたら、日本人講師がレッスンを提供しているコースが断然お勧めです。
ここで聞きたいことなどアドバイスを受けながらレッスンをして準備しておけば安心。

自分で勉強するときの勉強法

自分で勉強するときの勉強法

image by iStockphoto

なにをやったらいいかわからないという方も多いと思います。
まず、留学も英語も初めてという場合は、留学英語に関するものをチェックしてみましょう。
生活に必要な会話の紹介を見てみるだけでもかなり参考になります。
今は、英語に関するアプリも充実しているので、毎日ちょっと聞けるものやトライできるアプリを探してみて、続けてみるようにしましょう。
単語やフレーズをまとめてノートしておくことも大事です。
そして書き留めたものは、毎日必ず見て覚えていくこと。
大変ですが、単語の量を増やすには暗記することが重要。
一気に暗記すると意外とすぐに忘れてしまううので、少しずつでいいのです。
そして毎日コツコツと学習することで、必ず力になります。
週に一回1時間勉強するなら、毎日5分の方が圧倒的に効率がいいものです。
通勤時間もとても有効な時間。
意外に集中できる移動時間で、アプリの会話を聞いたりして練習して見ましょう。

勉強するときは辞書を積極的に活用

勉強するときは辞書を積極的に活用

image by iStockphoto

いつでもどこでも辞書を活用しましょう。
電子辞書も便利な辞書ツールですが、最近はスマホのアプリにも入っているので、いつもでもすぐにチェックできますね。
これは英語でなんていうのかな?とか、この意味なんだっけ?と思ったらすぐにチェックして、ボキャブラリーを増やしていきましょう。
もちろんこれは留学前も、留学中もそして留学後もずっと続けるべきこと。

社会人だからこそ楽しめる語学留学

ずっと留学を考えていたのなら、再び思い立った時がチャンスです。
憧れだった街、一度訪れたけれど今度は住んでみたい、と思っているところがあったらぜひ行動に移してみましょう。
かけがえのない経験をアメリカ語学留学で作ってみませんか?
photo by iStock