神戸の「五色塚古墳」周辺は歴史と遊びがいっぱいだった!

港と中華街、そして大都市の街神戸を有する兵庫県。都会的な場所だと思われがちではありますが、実は歴史的なスポットもたくさんあるのです。たとえば、日本の古代史を解き明かす上でキーとなる史跡である古墳、これも見応えのあるものがしっかり揃っています。今回は、兵庫県内における古墳のひとつである「五色塚古墳」および周辺の見どころを、関西専門の観光ライターであるこの賀川奈伸雄が案内していきます。

垂水駅を降りて五色塚古墳へ

JR大阪駅から神戸線に乗り、垂水(たるみ)駅まで直行。

同じホームから宝塚線も出ていますので、大阪駅から行こうと考えている方は乗り間違えのないようご注意を。

また、垂水駅は快速が停車するものの、新快速はそのまま通過してしまうので、その点も覚えておいてください。

98783:

撮影/賀川奈 伸雄

垂水駅に到着したので記念写真。

五色塚古墳はここから歩いて10分ほどです。

坂道が多いので、体力に自信のない方は適度に休憩を挟みながら移動していきましょう。

道中にある公園なども利用してください。

98784:

撮影/賀川奈 伸雄

少々道に迷ってしまいましたが、五色塚古墳に到着しました。

この古墳は前が丸型、後ろが四角い形をしたいわゆる「前方後円墳」。

その大きさは194メートルと、兵庫県に遺されている古墳の中ではもっとも巨大なものになります。

この五色塚古墳、いったい誰が埋葬されていたのか、具体的には明らかにされていませんが、その古墳の大きさや発掘された大量の埴輪などから判断して、この一帯を支配していた豪族のものではないかと推測されています。

五色塚古墳には見どころいっぱい

この場所は他の古墳とは異なるさまざまな特徴を有しています。

たとえば、従来の古墳はその保存のため、上にのぼったりすることができないようになっておりますが、この場所は例外なのです。

98786:

撮影/賀川奈 伸雄

というわけで、古墳の上で記念写真を撮ってみました。

ちなみに、周囲に並べられた埴輪は、発掘調査の際出土したものを忠実に復元したものだそうです。

98787:

撮影/賀川奈 伸雄

古墳の上から垂水の町並みを眺めてみました。

はるか昔に作られたはずの古墳が現在でもその形を留め、こうしてビルや民家と共に存在しているというのは、一見当たり前でありながらよく考えてみると不思議な話ですね。

98788:

撮影/賀川奈 伸雄

すぐそばにある記念館では、発掘調査の際に発見された土器や埴輪のほかに、当時の人々が遺した足跡の化石といった変わり種も展示されています。

こちらも古墳同様必見ですよ。

舞子の眺めを楽しみながらマリンピアで遊ぼう

古代史ロマンを感じさせる古墳の雄大な眺めを堪能した後は、周辺の面白いスポットを巡るといたしましょう。

まずは、五色塚古墳の向かい側にある「舞子東海浜公園」へ。

98789:

撮影/賀川奈 伸雄

舞子といえば、海の景色が美しいことで知られる景色。

この公園ではそれを存分に楽しむことができます。

98790:

撮影/賀川奈 伸雄

あそこに見える大きな鉄橋は、ご存じ明石海峡大橋。

夜のライトアップされた景色が有名ですが、昼でも十分見応えがありますね。

98791:

撮影/賀川奈 伸雄

次は、大型娯楽施設であるマリンピア神戸へ。

この場所にはさまざまなお店が軒を連ねており、遊ぶための施設やスイーツショップなど、楽しめるお店が用意されています。

クレープを食べながらいろいろなところを周ってみてください。

すてきな洋服を買うこともできますよ。

神戸とインドの意外なつながりを料理で知る

ひととおり中を見てまわった後はランチといきましょう。

ちょうどよい時間になりましたしね。

今回訪れたのは、インド料理のお店「ゲイロード」。

「神戸なのにインド?」と思われるかもしれませんが、実は神戸というのはインドの方々がたくさん移住しており、非常に関係の深い土地柄なのです。

98792:

撮影/賀川奈 伸雄

注文したのは「おすすめコース」。

チキンティッカふたつに大きなナン、それに加えて日替わりカレーと飲み物がついた大変お得なコースです。

ちなみに、本日の日替わりはチキンカレーでした。

98793:

撮影/賀川奈 伸雄

6月波止場の暑い日差しで食べるなら、ピリリと辛いインドカレーがうってつけ。

香辛料パワーでスタミナアップです。

さかなの学校で海の勉強を

98794:さかなの学校で海の勉強を

撮影/賀川奈 伸雄

マリンピア神戸を楽しんだ後は、そのすぐそばにある「さかなの学校」へ向かいます。

ここでは海の生き物たちに関するさまざまな事柄を、子どもたちと一緒に勉強することが可能。

人工の塩を作るコーナーや昔なつかしヨーヨー釣りコーナーなど、遊べるコーナーも充実!

何も知らない子どもたち向けに、スタッフが親切に指導してくれます。

98795:

撮影/賀川奈 伸雄

さらにはカレイやヒラメの赤ちゃん、絶滅危惧種とされるニホンウナギの生態展示なども見ることができる隠れた面白スポット。

子どもに海の楽しさや不思議、面白さを教えたいお父さんお母さんにはうってつけのスポットといえるでしょう。

入場料は無料なのでご安心を。

最後は温泉で〆!

98796:最後は温泉で〆!

撮影/賀川奈 伸雄

気づけば日も暮れるころ。

いろいろなところを歩き回ってもう足がくたくた。

その疲れを癒すために最後に訪れたのは、こちらの「太平の湯」。

兵庫県といえば温泉の名所有馬。

この場所では、そんな有馬温泉同様にすてきなお風呂が楽しめてしまうのです。

その種類は非常に豊富。

電気風呂にジャグジー、薬草の湯に美男美女の湯と、一度でいいから浸かってみたくなるような名前のお湯がたくさん。

入浴して疲れと垢を落とした後は、特性フルーツジュースやビールをググッといけば気分爽快です。

旅の終わりを温泉で締めくくる、なかなか味わえない贅沢といえるのではないでしょうか。

兵庫の面白さはここだけじゃない!

さまざまな場所にたくさんの楽しみが待っている場所、兵庫県。

今回紹介した五色塚古墳やマリンピア神戸、さかなの学校なども、数ある「楽しみ」のいくつかにすぎません。

みなさんも兵庫を歩いてみて、いろんな面白い場所を見つけてみましょう。

ちなみに今回紹介したスポット周辺には「シーサイドホテル舞子ビラ神戸」「須磨観光ハウス 味と宿 花月」などの良質な宿泊施設があります。

お泊まりの場合は是非ご利用あれ。