『痴人の愛』『細雪』を生み出した小説家・谷崎潤一郎とは?

日本の小説史において活躍した小説家の1人に挙げられる「谷崎潤一郎(たにざきじゅんいちろう)」。大正期から昭和にかけて活躍した谷崎は『痴人の愛』『細雪(ささめゆき)』といった名作を生み出してきましたが、そんな谷崎潤一郎とはどのような人物であったのか、生涯や取り巻く人物、ゆかりのスポットから見てみましょう。

「神童」と評価された学生時代

「神童」と評価された学生時代

image by PIXTA / 17949207

厳しい環境で際立つ才能

1886年(明治19年)に当時の東京市日本橋で生まれた谷崎潤一郎。
彼の家は祖父の代から財を成した家庭で、祖父の死後は父親が日本点灯会社を経営していました。
しかし事業はうまくいかなくなり、1889年(明治22年)に父が会社を売却すると家計は非常に厳しい状態に。

小学校時代から才能を評価されていた谷崎でしたが、このままでは高等教育に進めなくなることになります。
しかし才能のある彼を周囲は放っておきません、才能を惜しんだ教師たちの働きかけによって府立第一中学校(現在の日比谷高等学校)に進学すると住み込みの家庭教師をしながら散文や漢詩に親しみ、次第に「神童」として評価されるように。

神童として才能を評価された谷崎は、1902年(明治35年)に編入試験を受け第一高等学校(現在の東京大学、千葉大学の前身)に合格。
卒業後は東京帝国大学(現在の東京大学)に入学し、このころに小山内薫や和辻哲郎とともに第2次「新思潮」を創刊、「刺青」や「麒麟」を発表。
1911年に発表した「少年」や「秘密」は永井荷風から絶大な評価を受けることに。
学業については授業料未納により中退しますが、この後執筆活動はいよいよ本格化していきます。

本格的な執筆活動の開始

本格的な執筆活動の開始

image by PIXTA / 14266144

震災後の関西移住・『卍』『春琴抄』発表

執筆活動を開始した谷崎ですが、そのなかである出来事が起こります。
1923年(大正12年)に発生した未曽有の大災害「関東大震災」でした。
谷崎はバスに乗っていた時に地震を経験することになりますが、この地震で地震恐怖症となったことから関西に移住。
以後はここを執筆活動の拠点とするように。

関西に身を置いた谷崎は次なる作品の執筆を行います。
1925年(大正13年)に発表した『痴人の愛』はカフェで働いていた美しい15歳の少女・ナオミと出会った主人公・譲二が直美の妖艶さに心を奪われ、生活を顧みずのめり込んでいく話。
この話のモデルとなっているのは当時の妻・千代子の妹であった小林せい子とされており、自らの家族関係を芸術にしているのですね。

この後両性愛の女性と関係を結ぶ男女の物語「卍(まんじ、1931)」や関係が冷え切った夫婦の心理的経緯を描く「蓼(たで)食ふ虫(1929)」、盲目の三味線奏者とそれに仕える者の関係を描いた「春琴抄(しゅんきんしょう、1933)などを発表。
このほかでは映画に深い関心を示し、無声映画を制作した映画会社「大正活映(たいしょうかつえい、1927年解散)に関わるなど新しい分野にも顔を出していきました。

戦争による困難の中「細雪」発表

精力的な執筆活動を続ける谷崎が次に生み出そうとしていた作品は「細雪(ささめゆき)」でした。
大阪・船場出身の4姉妹の1936年(昭和11年)秋から1941年(昭和16年)春までの悲喜こもごもを描いた作品。
ここに登場する森田家4姉妹の次女・幸子は当時の婦人・松子がモデルとなっており、ここにも自身の家族が関係しているのですね。

作品は1943年(昭和18年)に月刊誌『中央公論』1月号と3月号に第1回、第2回が掲載されますが、太平洋戦争真っただ中の軍部では「戦争中にふさわしくない内容がある」との理由で連載は中止されてしまいます。
しかしそれでも執筆をやめることはなく、1944年(昭和19年)には私家版(しかばん、自費出版の一種)として出版。
戦争が終結した1946年(昭和21年)から1948年(昭和23年)にかけて『中央公論』にて上巻から下巻を発表、1949年(昭和24年)に全巻発行に至る。

戦時中という厳しい状況の中で生み出された超大作は毎日出版文化賞(1947年)、朝日文化賞(1949年)を受賞するベストセラーになり映画としては3回上映、英語やスペイン語などに翻訳され世界中でも出版。
谷崎の地位はこれで確固たるものになっていったのです。

衰えぬ創作意欲・晩年の名作

自身の名作家としての地位を確固たるものとした谷崎は『源氏物語』の現代語訳に取り組みますが、『細雪』執筆中から患っていた高血圧症は次第に悪化してしまい中断を強いられることも。
しかし病気を持ちながらも創作意欲は衰えるところを知りません。
その後も『過酸化マンガン水の夢(1955年)』、互いの日記を盗み読む夫婦を描いた『鍵(1956)』、息子の妻に性的欲求を感じる老人を描いた『瘋癲老人日記(1962)』と傑作を発表。
『瘋癲老人日記(1962)』に登場する妻・颯子は谷崎の妻・松子の連れ後の妻をモデルにしています。

この頃になると世界的な評価はさらに高まっており、1958年(昭和33年)からはノーベル文学賞へのノミネート、1964年(昭和29年)には日本人初となる「アメリカ文学芸術アカデミー」名誉会員へ選出。
1959年(昭和34年)からは右手の麻痺により口頭での執筆に切り替えたとされますが、1965年(昭和40年)に79歳で生涯を終えるまで名作家としての顔を貫き通した。

谷崎と関係を持った人々

谷崎の妻たち・取り巻く女性

谷崎作品と女性関係は切り離せないものとなっており、作品には谷崎自身の女性関係が大きく反映されている。
最初に結婚したのは1915年(大正4年)、芸者をしていた石川千代子。
1916年(大正5年)には長女・鮎子が生まれますが、1917年(大正6年)作家・佐藤春夫と交流し始めると妻の妹・せい子を好きになってしまいます。
これはまじめで従順な性格であった千代子に物足りなさを感じていた谷崎が自由奔放なせい子の性格に惹かれたためと言われていますが、見る人によっては贅沢に捉えられる行動ですね。

せい子と一緒になりたがった谷崎は妻と娘を佐藤に譲ろうとしますがその後取り消しに。
これがきっかけで砂糖とは絶交状態になり(小田原事件)、千代子とは1930年(昭和5年)に離婚。

離婚した谷崎は次の行動も早い。
1931年(昭和6年)には古川丁未子と結婚しますが、1年後には根津松子と不倫。
松子も当時は結婚している状態で、手紙を288通交わしながら関係を続けていたのです。
その後2人の離婚が済んだ1935年(昭和10年)に結婚すると、生涯を終えるまで離婚することなく生活。
松子は谷崎の死後に随筆家として活動、1991年(平成3年)に亡くなるまでに『倚松庵の夢』などの著書を発表しています。

谷崎と三角関係に「佐藤春夫」

1892年(明治25年)に和歌山県東牟婁郡(ひがしむろぐん)新宮で生まれた佐藤春夫は、1910年(明治43)新宮中学(現在の和歌山県立新宮高等学校)を卒業後に上京。
小説家・生田長江(いくたちょうこう)に師事し、詩人・堀口大學(ほりぐちだいがく)と交友を深めることに。

谷崎とは1917年(大正6年)に知り合い、谷崎と妻・千代子との関係が冷え切っていることを知ると谷崎・佐藤・千代子の三角関係に。
せい子との関係を優先した谷崎は一度佐藤に妻と娘を渡すことを決めますが、せい子に告白を断られたことから約束を撤回、これが原因で佐藤と谷崎は絶交状態に。
谷崎から複雑な関係にしておいて最終的に約束を破られたのですから、佐藤としては「人間性を疑う」出来事であったでしょうね。

その後谷崎とは1926年(大正15年)になって関係を修復、1930年(昭和5年)には晴れて千代子と結婚します。
創作面では詩集『魔女(1931)』、『近代日本文学の展望(1950)』を発表し、1960年(昭和35年)には文化勲章を受章。
現在生まれ故郷である和歌山には東京の宮廷を移築した「佐藤春夫記念館」があり、こちらには自筆の原稿や絵画などのゆかりの品々が展示されています。

功績を振り返るスポット

功績を振り返るスポット

image by PIXTA / 12671570

遺品や美術品を展示「谷崎潤一郎記念館」

芦屋市谷崎潤一郎記念館(あしやし たにざきじゅんいちろうきねんかん)は兵庫県芦屋市にある1988年開館の文学館で、阪神電鉄「芦屋駅」から徒歩約15分の場所にあります。
数奇屋風の邸宅を模した記念館・庭園で構成される資料館で、遺族から寄贈された遺品の机・美術品などを展示。
玄関横には阪神大水害のときに旧邸宅に飛び込んできた石で、そのまま庭石として使用されていたもの。

記念館に隣接する場所には芦屋市立美術博物館があり、こちらは小出楢重(こいでならしげ)や菅井汲(すがいくみ)、吉原治良(よしはらじろう)といったこの地にゆかりのある芸術家の作品を展示し、復元された小出のアトリエはミュージアムカフェへ直結。

1949年(昭和24年)に開館した芦屋市立図書館は、前田町にある芦屋仏教会館一角を借りて開館した図書館で、現在地には1987年(昭和62年)に移転。
こちらはスポーツに関する図書を多数所蔵しており、ホテル経営者・田尾栄一の「田尾スポーツ文庫」、バスケットボール研究者・松本幸雄の「バスケットボール文庫」を設置しています。
住所:兵庫県芦屋市伊勢町12−15

代表作を執筆した邸宅「倚松庵」

倚松庵(いしょうあん)は神戸新交通六甲アイランド線(六甲ライナー) 魚崎駅から徒歩2分の場所にある邸宅。
最初は1929年(昭和4年)に当時の武庫郡(むこぐん)住吉村反高林に建てられた邸宅で、現愛知に移ったのは1990年(平成2年)。
谷崎は1936年(昭和11年)から1943年(昭和18年)までこの家を住み家としており、土地は元サッカー日本代表・後藤靱雄(ごとうゆきお)の家柄が所有していた場所でもあります。

太平洋戦争中に書かれた谷崎の代表作『細雪』はこの場所で書かれた作品で、作品の名前を取って「細雪の家」と呼ばれることも。
「戦争中に適さない作品」として途中で連載中止に追い込まれた作品でもありますが、このとき谷崎が「どのような心境で執筆を続けていたのか」を考えながら見てみたいところですね。

また庵内には参考文献などを集めた「谷崎文庫」を併設されており、谷崎直筆の作品を閲覧することも可能。
2階にある「幸子の部屋」は『細雪』に登場する二女・幸子(モデルは妻・松子)で、他には幸子と婿養子・貞之助の妻・悦子の部屋、四女・妙子の「こいさんの部屋」も残ります。
住所:神戸市東灘区住吉東町1-6-50

源氏物語の現代語訳に挑んだ「富田砕花旧居」

富田砕花旧居(とみたさいかきゅうきょ)は兵庫県芦屋市にある歴史的建造物で、芦屋駅から徒歩10分。
1934年(昭和9年)に潤一郎が住んで松子と婚礼をあげた屋敷であり、小説『猫と庄造と二人のをんな(1936)』はここを舞台にしたもの。
谷崎はここに1936年(昭和11年)まで住み、旧書斎で「源氏物語の現代語訳」などの執筆に取り掛かっていました

潤一郎が去ったのち1939年(昭和14年)5月から移り住んだのは詩人・富田砕花。
岩手県盛岡市に生まれた富田は1915年(大正4年)に最初の詩集『末日頌(まつじつしょう)』を発表したのち、全国中等学校野球選手権(現在の全国高等学校野球選手権)の大会歌などを作詞する作家として活躍。
太平洋戦争中の1945年(昭和20年)8月6日にはアメリカ軍B-29の爆撃に遭いますが再建、富田は1984年(昭和59年)に亡くなるまでここに住んでいました。

現在は遺品や原稿等の資料が展示公開されており、2016年(平成28年)には修復工事によりふすまなどの取り換えも行われています。
住所:兵庫県芦屋市宮川町4-12

自身の経験を作品の種にする才能

男女間の関係を扱った作品を多く生み出した谷崎ですが、その背景には彼が関係を持った女性たちの存在があったのです。
谷崎のような人生は通常の人間であれば信じられないものにも見えますが、小説など芸術感覚の求められる世界では「自身の経験を作品の種にする」ために必要であったのかもしれません。
そしてそうした才能があったからこそ「谷崎潤一郎」が生まれたのでしょうね。
photo by PIXTA