猫に会える島、滋賀県「沖島」を観光。のんびり流れる時間と猫との出会いを満喫できる場所

公開日:2020/3/6 更新日:2020/3/6

トラベルパートナー:滋賀在住トラベルパートナー

滋賀県在住のトラベルパートナーがその土地のおすすめスポットをご紹介。
地元の人しか知らない穴場情報や、絶対食べてほしいおすすめのグルメ情報をお届けします!

#4 沖島の「食」を味わいましょう

たくさん歩いてお腹が空いたら、次は沖島の「食」を堪能しましょう。
港の目の前にある「沖島漁業会館」では、琵琶湖の魚を使ったお土産やお弁当を買うことができます。

今回は「沖島弁当」1,000円を注文。
「今からごはんを炊くから1時間後くらいに戻ってきてね」と言われたので、船が着いた時点で予約をしておくと良いかもしれません。
ビワマスやモロコ、小鮎などの琵琶湖の幸や、沖島でとれたさつまいもや野菜、オレンジピールなど、沖島の幸がたっぷり。
急須で出してもらったお茶も嬉しい。
大満足です!

こちらは「沖島よそものコロッケ」6個入り300円。
よそもの=琵琶湖の外来魚ブラックバスのこと。
おからが使われており、味付けもバターや醤油、塩・こしょうとシンプル。
あっさりしていて食べやすい印象を受けました。

島内にある「いっぷくどう」さん。
不定休のため、事前予約が確実です。
こちらは去年訪れた際の写真。

きままらんち、1,000円。
ごはんにお味噌汁、琵琶湖の魚におばんざい。
「ただいまー!」と帰って来たくなるような雰囲気のごはんに、思わずほっこり。

いっぷくどうの住所・アクセスや営業時間など

名称 いっぷくどう
住所 滋賀県近江八幡市沖島町243
営業時間・開場時間 10:30−16:00 不定休
利用料金や入場料 きままらんち 1,000円
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。
次のページ
猫と一緒に暮らす島 >>