【留学経験者が伝授】大学生で留学をするメリットとデメリット

大学生で留学をするメリットはたくさん。自由な時間がたくさんある大学生だからこそできる留学スタイルもあります。この記事では大学生で留学をするメリットと、デメリットについてご紹介します。

大学生での留学がメリットとなる10の理由

英語を習得しやすい年齢である

英語を習得しやすい年齢である

image by iStockphoto / 92224699

英語を学ぶために留学する人の年齢は様々。
年齢にかかわらず、語学留学はできますが、やはり、年齢が若いうちから英語を学ぶ人の方が比較的早く英語を覚えられたり、発音も良かったりします。
中学生や高校生のうちから留学経験をする方もいますが、大学生で留学に行くのは遅くはありません。
現地で実際に使われている英語に触れ、英語での生活を経験することで、日本語を話すのと同じように流ちょうな英語を話せるようになりますよ。

海外生活から様々なことを学べる

海外生活から様々なことを学べる

image by iStockphoto

海外での生活を通して、英語だけでなく生活していくためのスキルや、問題を解決する方法なども学んでいくことができます。
留学先では、自分で料理をしたり、掃除をしたり、生活に必要なことはすべて自分で行わなければなりません。
大学生のうちに海外で自分の力で生活するということは、社会人になっても生かすことのできるスキルとなりますよ。

また、何か問題が起こった場合も、自分で対処するという力もつきます。
カギを持たずに外出してしまった場合は、管理人さんに電話をしてドアを開けてもらったり、お財布を落としてしまったら警察に届け出に行ったりなど、自分で問題を解決できるようになっていきます。
最初のころは英語で電話をしたり、会話をするのに不安があるかもしれませんが、海外生活に慣れてくれば、英語での対応も問題なくできるようになりますよ。

外国人の友達ができる

外国人の友達ができる

image by iStockphoto

日本の大学にも多くの留学生がいますよね。
ですが、同じ大学に通っている外国からの留学生と関わる機会はあまりないのでしょうか。
留学に行くと、様々な国からの学生と一緒に英語を学ぶこととなります。
出身国ごとに固まってしまう場合もあるのですが、勇気を出して他の国の留学生ともコミュニケーションを取り、友達を増やしましょう。
自分とは違った価値観を持つ友達から気づかされることはたくさんありますよ。

同年代の留学生と一緒に学べる

同年代の留学生と一緒に学べる

image by iStockphoto

社会人になってから留学するという方も多いのですが、留学先の学校で年齢が自分より一回りも二回りも下の学生と共に学ぶことをストレスに感じるという方も。
大学生で留学に行くことができれば、他の国からの留学生も自分と同じくらいの年齢の人が多いので、クラスになじみやすくなります。
同じクラスの人と仲良くなって、授業中以外にも話をする事で、英語力アップにつながりますよ。

日本とは異なる文化を知ることができる

日本とは異なる文化を知ることができる

image by iStockphoto

学生の間に、海外に出て異文化を体験するのはとても大切。
日本での当たり前が当たり前ではないということを知ることができますよ。
英語圏の国には、多くの移民の方がいます。
ですので、留学先の文化だけでなく、異なる国の文化を学ぶこともできますよ。

私が留学していたオーストラリアのメルボルンでは、ほぼ毎週末、イタリアンフェスティバルやマレーシアフェスティバルなど、異なる国のイベントが開催されていて、他の国の文化を知る良いきっかけとなりました。
様々な国の文化や食べ物、ファッションなどを楽しむことで、留学期間を充実させることができますよ。

自由に留学を楽しめる

自由に留学を楽しめる

image by iStockphoto

社会人になってからでも留学をすることはできますが、大学生の時ほどの自由度はなくなります。
大学時代は自分の行きたい時期、行きたい期間を自由に選んで留学できますし、留学方法も交換留学や休学留学、ワーキングホリデーを利用した留学など、様々な留学方法の中から、自分に合った留学プランを立てることができます。

机だけでの学びだけでなく、実践的に英語を学べる

机だけでの学びだけでなく、実践的に英語を学べる

image by iStockphoto

学校の授業で学ぶ英語と、実際に使われている英語は異なります。
日本で英語を学ぶ場合、英語の成績は良いのに、英語が喋れないとか、英語での会話にはついていけないなんてことも。
留学をして語学学校で学ぶ英語だけでなく、英語での生活を通して、実際に使われている英語を習得していくことで、幅広い英語を駆使できるようになりますよ。

勉強に集中できる

勉強に集中できる

image by iStockphoto

大学生のうちは、いろんなことを柔軟にとらえることができる年齢です。
社会人になってからの留学では、勉強の仕方を忘れていたり、日本とは違う環境での学習に対応できないなんてことも。
大学生のうちは、勉強することが生活の一部となっていて、自分に合った勉強法も分かっていますし、留学に行った際も、集中して勉強することができます。

また、社会人になってからでは、留学後の再就職のことを考えたり、年齢が遅くなってから留学したことについてなどネガティブに考えやすくなる場合も。
大学在学中であれば、そのようなことを考えずに、勉強するということに集中できるので、大学生のうちに留学するメリットはありますよ。

さらに上の学びを目指せる

さらに上の学びを目指せる

image by iStockphoto

留学を経験して、日本に帰国後に、もっと学びたい、もっと海外での生活を経験してみたいと思う学生の方もいます。
そういった方には、大学卒業後に海外の大学院に進学したり、大学在学中でも、海外の大学に編入するという道もあります。
海外の大学や大学院を卒業すれば、就職先も日本だけでなく、留学先で企業を探したり、他の英語圏の国への就職も可能。
留学をする事で、将来設計も変わってきますよ。

就職先の選択肢が増える

就職先の選択肢が増える

image by iStockphoto

大学生のうちに留学をし、英語力を伸ばすことができれば、英語力を生かせる仕事につくことができます。
海外転勤ができる仕事や、海外との取引がある企業、そして日本での仕事だけでなく、海外の企業に応募することも可能。
自分の英語力次第で未来は広がりますよ。

第2の故郷ができる

第2の故郷ができる

image by iStockphoto

留学期間が長ければ長くなるほど、留学先の国に愛着がでてきます。
帰国後もニュースなどで留学先の国が取り上げられると、自分の国のように思えることも。
また、ホームステイなどを経験した方は、第2の家族ができますよ。
長期間一緒に暮らしてきたホストファミリーとは、本当の家族のようになる場合もあり、帰国後も連絡を取り合っているという方も多いんです。
日本に帰国しても、海外にだれか自分のことを家族のように思ってくれる人がいるということは、とても心強く思えますよ。

大学生で留学するデメリットとは?

留学費用が掛かる

留学費用が掛かる

image by iStockphoto

留学に行くには、日本の大学の学費のほかに留学費用を払うこととなります。
短期留学であれば、それほど高額な留学費用はかからずに留学できますが、長期間の留学となると、留学先への学費から滞在費、生活費など多くの資金が必要。
留学費用を抑えたいのならば、比較的物価の安いアジア圏の国で英語を学ぶこともできますし、自分の通う大学と提携のある学校への交換留学という方法もあります。
自分の予算や留学したい期間に応じて留学プランを立てると良いでしょう。

大学を4年で卒業できない場合もある

大学を4年で卒業できない場合もある

image by iStockphoto

長期留学に行く場合など、大学を休学して留学に行く場合は、大学を4年で卒業できないことも。
1年卒業を伸ばすと、一緒に学んできた同級生と同じ年に卒業できなかったり、就職の際にも卒業が1年長くなった理由などを聞かれる場合もあります。
1年の留学で英語力があまり伸びなかった場合などは特に、留学をしたということがデメリットになってしまう場合もありますので、長期留学に行く場合はできるだけ英語力を伸ばせるように、集中して勉強しましょう。

ホームシックになりやすい

ホームシックになりやすい

image by iStockphoto

社会人になってから留学に行く場合、長期の留学でもホームシックになるということはあまりありませんが、10代や20代前半で留学に行くと、環境の違いや、一人での生活に慣れず、ホームシックに陥る学生の方も少なくありません。
留学先の生活を楽しみ、友達ができれば、ホームシックを克服することもできるので、留学生活を楽しみながら英語を勉強できると良いですね。

留学後に日本の生活になじめないことがある

留学後に日本の生活になじめないことがある

image by iStockphoto / 67818767

海外での生活が長くなり、海外生活に慣れてしまうと、日本に帰国後に日本の生活になじめないこともあります。
1年や2年海外にいると、日本のファッションや流行のものについていけなかったりと、周りの友達とギャップができてしまっていることも。
日本での生活に戻れば、そのようなギャップはなくなっていきますが、帰国直後は逆カルチャーショックが起きる場合もあります。

大学生だからこそ、思い切って留学をしてみよう☆

自由な時間が多くあるというのが大学生の特権。
その時間を無駄にしないためにも、留学を考えている人は、ぜひ海外で学んでみてください。
海外での経験は、多くの刺激と学びを得られます。
大学生のうちにいろんなことを経験して、悔いのない大学生活を送りましょう。
photo by iStock