オーストラリア短期留学に持っていくと便利なものリスト

短期留学に行く際の荷物は、できるだけ軽くしたいですよね。たくさんの荷物を持っていっても、実際の留学生活に使わなかったなんてこともあります。この記事では、オーストラリアに短期留学に行く場合に必要なもの、持っていくと便利なものをご紹介します。

オーストラリア短期留学に持っていくと便利なアイテム ベスト10

#1 海外でも使える クレジットカード

海外でも使える クレジットカード

image by iStockphoto

オーストラリアではお土産屋さんや、レストラン、コーヒーショップなど、ほぼすべてのお店でクレジットカードが使用可能。
短期留学の場合は特に、現地で銀行口座を開設することもないので、多額の現金を持ち歩くことになり、とても危険です。
いくらかのキャッシュは持っていったほうが良いですが、お買い物の際などは、クレジットカードで支払う方が安全で、便利。
カードによっては海外対応でない場合もあるので、留学に行く前に銀行に確認しておくと良いでしょう。

#2 留学にも海外旅行にも便利な スマートフォン

留学にも海外旅行にも便利な スマートフォン

image by iStockphoto

短期留学の場合、現地で新しく電話を購入するのはちょっともったいないと思う方もいると思います。
SIMフリーになっているスマートフォンなら、留学先でプリペイド用のSIMカードを購入するだけで、携帯電話本体を買うことなく、日本の携帯をそのまま使うことができますよ。
SIMフリーの携帯電話はとっても便利。
海外旅行に行く際なども、現地でSIMカードを購入するだけでどんな国でも自分の携帯電話が使えるので、留学に行く方、海外旅行に行く機会が多い方にはおススメです。

#3 どんな気候にも対応できるように持っていきたい 薄手のパーカー

どんな気候にも対応できるように持っていきたい 薄手のパーカー

image by iStockphoto

オーストラリアは、昼間と夜との寒暖差が結構あります。
真夏でも、日の出ているうちは暖かく、半そでで過ごせますが、夜になると一気に気温が下がったりすることも。
ですので、薄手のパーカーを1枚持っていると、とっても重宝しますよ。
冬場でも、コートやジャケットの下に一枚着るだけで、寒さを防ぐことができます。

また、留学後にオーストラリア旅行をする場合にも、オーストラリアは地域によって気候や気温が異なるので、パーカーが一枚あると、様々な地域の気温の変化に対応することができますよ。

#4 意外と雨が多いオーストラリア 折り畳み傘とレインコートがあると便利

意外と雨が多いオーストラリア 折り畳み傘とレインコートがあると便利

image by iStockphoto

オーストラリアでは、地域によって、スコールに見舞われる場合も。
天気予報では晴れと言っていたのに、突然の大雨が降ることもあります。
そんな時に役立つのが折り畳み傘。
小さいものなら学校用のカバンの中に入れて持ち歩くと、突然の雨にも対処できますよ。
さらに、役立つのがレインコート。
スコールが起きる場合、大雨だけならまだしも、突風が吹くこともあります。
そういった場合は、傘が壊れてしまう危険性もあるので、レインコートの方が安全ですよ。

オーストラリアでは、日本のようにコンビニで傘を売っていたりすることはないので、傘を売っているところを探すのは結構難しいんです。
ですので、オーストラリア留学に行く際は、折り畳み傘やレインコートがあると便利ですよ。

#5 使い捨てできる トラベル用シャンプーやボディソープ

使い捨てできる トラベル用シャンプーやボディソープ

image by iStockphoto

短期留学に行くのならトラベルサイズのシャンプーやボディーソープを持っていくことをおススメします。
留学終了時に使いきってしまえば、空き容器を捨てて行くことができるので、その分のスペースにお土産を入れることも可能。
現地でも、もちろんシャンプーやボディソープを購入することはできますが、肌に合わなかったり、留学期間中に使いきれるようなサイズのものはあまりないので、自分が普段使っているものの旅行用サイズのものを持っていくと良いですよ。

#6 急な痛みや風邪をひいたときなどに持っていたい 痛み止めの薬

急な痛みや風邪をひいたときなどに持っていたい 痛み止めの薬

image by iStockphoto

オーストラリアでの痛み止めと言ったらパナドール。
ですが、日本人には少し効き目が強すぎる場合もあるので、日本から薬は持っていくと良いでしょう。
痛みがあるときに、自分で薬局に行き、薬を買いに行くというのは、大変ですよね。
さらに海外の場合、どの薬を買ってよいか分からなかったり、英語で聞くことに不安がある場合もあると思います。
ですので、痛み止めや風邪薬などの常備薬を持っていっておくと、緊急時にも役立ちますよ。

#7 滞在先をよく知るために持っていると便利な ガイドブック

滞在先をよく知るために持っていると便利な ガイドブック

image by iStockphoto

オーストラリアについて書かれているガイドブックは、オーストラリア全土をカバーしたものや、シドニー、メルボルンなど大都市であれば、その都市だけの情報が載っているものも見つけることができます。
短期留学でも、観光を楽しみたいですよね。
そんな時にガイドブックがあると、自分が気になる所を探して行くことができますし、人気のショップやレストランなども見つけることができます。

また、留学前にガイドブックを購入して、現地のマップなどに目を通しておくと、留学をスタートする際に街の様子などを知ることができ、安心して留学を始めることができますよ。

#8 ドレスコードのあるお店にも対応できる フォーマルな洋服

ドレスコードのあるお店にも対応できる フォーマルな洋服

image by iStockphoto

オーストラリアのレストランやクラブに行く場合、ドレスコードがある場所もあります。
少し高級なレストランなどには、ジーンズや短パンなどでは入れない場合も。
日本から1着、女性ならドレス、男性なら襟付きのシャツなどがあると、ホストファミリーとちょっと高級なレストランに行く場合や、留学期間中にパーティーなどに参加する場合にも役立ちますよ。

#9 海外の洗濯機を使う際の必需品 洗濯ネット

海外の洗濯機を使う際の必需品 洗濯ネット

image by iStockphoto

海外の洗濯機は日本の物ほどクオリティが高くありません。
オーストラリアの場合も同様で、洋服を洗っているうちに穴が開いてしまったり、破けてしまうことが多々あります。
洗濯ネットを持っていくと、大事な洋服を守ることができますよ。
100円ショップなどで様々な大きさの洗濯ネットを購入できるので、サイズの違うものをいくつか持っていくと役立ちます。

#10 留学必須アイテム 変圧器と変換プラグ

留学必須アイテム 変圧器と変換プラグ

image by iStockphoto

オーストラリアで日本の電化製品を使う場合、変圧器と変換プラグが必要となります。
オーストラリア国内で変圧器と変換プラグを買おうとしても、オーストラリアから日本へ変換するものは電気屋さんなどで見つけることができますが、日本の物からオーストラリアに変換するものを探すとなると、日系のスーパーなど、日本のものを扱っているお店などに行かないと、見つからない場合が多いんです。
ですので、オーストラリアに留学する際には、変圧器と変換プラグは必須アイテムとなります。

オーストラリア短期留学に持っていかなくても良いもの

留学中も食べたくなる 日本の食べ物

留学中も食べたくなる 日本の食べ物

image by iStockphoto

短期間の留学でも、日本の食べ物が恋しくなるもの。
ですが、オーストラリアに入国する際には、食べ物の持ち込みが制限される場合があるんです。
乳製品が使われているものや、動物性のものなどが対象となりますが、食べ物を持ち込む際には、税関で荷物をチェックされ、持ち込んでいる食べ物に何が入っているのかなどを聞かれる場合も。
オーストラリアでも日本食は人気。
ですので、多くの都市で日本食のレストランがありますし、日系のスーパーなどもあるので、日本食は現地調達したほうが良いかもしれません。

オーストラリアに持ち込めないもの、申告が必要なものは、オーストラリア検疫のウェブサイトなどから確認してください。

必要以上の洋服は持っていかない

必要以上の洋服は持っていかない

image by iStockphoto

女性の方は特に、スーツケースの半分以上が洋服なんてこともありますよね。
短期留学の場合、必要最低限の洋服があれば十分。
オーストラリアのファッションはシンプルでカジュアルなものが多いんです。
ですので、あまりおしゃれをしすぎる必要はありません。
洋服類はできるだけシンプルなものを選び、持っていきすぎないようにすると、スーツケースが軽くなりますよ。

オーストラリア短期留学に行く際の荷造りのコツ

オーストラリア短期留学に行く際の荷造りのコツ

image by iStockphoto / 43953216

飛行機に乗る際に、スーツケースの重さが規定量をオーバーしていて、空港内でスーツケースを開いて再度荷造りしている人を時々見かけます。
特に短期留学の場合は、そこまで多くの荷物入りません。
荷物が多いと、超過料金を払わなければなりませんし、空港から滞在先までの移動も大変になります。
荷造りのコツは、スーツケースをいっぱいにしないで、8分目くらいまでにすること。
そうすることで、重量オーバーになることを防げますし、帰りのお土産をを入れるスペースもできます。

さらに、ジェットスターなどの格安航空会社では、預け荷物全てに料金がかかります。
ですので、1-2週間の短期留学ならば、手荷物だけにすべて物を入れてしまえば、預け荷物なしで超過料金もかかりません。
また、手荷物だけなら、現地空港についてからも、スーツケースが出てくるのを待つことなく空港を出ることができますよ。

日本の便利アイテムで留学生活を乗り切ろう☆

留学に行く際には日本での準備も大切。
オーストラリアでは購入できないようなものもあるので、留学生活に必要なものは、日本でそろえていきましょう。
日本の便利アイテムがあれば、留学生活をストレスなく過ごすことができますよ。
photo by iStock