【ざっくり理解】世界を揺るがした第1次世界大戦のおおまかな流れとは?

世界史を知る中で欠かせない大きな出来事の1つである「第1次世界大戦」。1914年から1918年にかけて戦いが繰り広げられたこの対戦は「人類史上初の世界大戦」とされている戦いで、約1千万人の戦死者を出す大きな戦争となりました。ではそんな世界を揺るがした巨大戦争・第1次世界大戦とはどのような戦いであったのか、今回は戦争前後の出来事も含めて流れを見てみましょう。

サラエボの事件で始まった大戦

原因は19世紀末にさかのぼる

原因は19世紀末にさかのぼる

image by iStockphoto

世界大戦への道のりは19世紀末にはすでに始まっていました。
この頃のヨーロッパ各国は「帝国主義」の考えをもとに「支配下にする国を増やそう」としていました。
この頃ヨーロッパ各国はアフリカのほぼ全土を支配下に置くようになりますが、多くの国が領地を求めやってくるわけですから争いにならないわけがありません。
こうした争いを避けるために1884年の「ベルリン会議」では「植民地分割の原則確認」の項目を設定、支配下に置く場合は「ベルリン協定調印諸国」に内容を報告、会議で確認された原則を守るように通達します。

しかしこれでも問題解決には至りません。
ドイツはフランスを警戒しオーストリア、イタリアと「三国同盟」を締結。
すると一方のフランスもイギリスと協商を締結、そこにフランスと「露仏同盟(ろふつどうめい)」を結んでいたロシアも加わることとなり「三国協商」がここに完成するのです。

ヨーロッパの火薬庫

ヨーロッパの火薬庫

image by iStockphoto

長い間「オスマン帝国」に支配されてきたバルカン半島ですが、国内では独立へ向けた動きが活発化していました。
19世紀以降に次々と国民国家が誕生すると、国境を巡った争いが増加。
帝国の支配下にあるブルガリア、1878年のベルリン条約によりオーストリア・ハンガリー帝国が占領することとなっていたボスニアとヘルツェゴビナはロシアの指導する「パン=スラブ主義(スラヴ系民族の独立を目指す考え方)」を掲げて独立を求めるように。

その運動をオーストリア・ハンガリー帝国が黙ってみているわけはありません。
帝国はドイツの支えを得て「パン・ゲルマン主義」を唱え独立派を押さえ込むことを考えます。
そうした中で1908年、専制廃止や憲法復活を唱えた団体「青年トルコ」による「青年トルコ革命」が発生。
この混乱に乗じたオーストリアはボスニア・ヘルツェゴビナ併合を実施、これに独立派の人々は怒ります。

この流れに対抗しようとするロシアは1912年にセルビアを中心とした「バルカン同盟」を締結(ブルガリア、セルビア、ギリシャ、モンテネグロ)、オスマン帝国に戦争を仕掛けることになります。
これが「第1次バルカン戦争」となりこの戦争でオスマン帝国は保持していたヨーロッパ領土のほとんどを失うことに。
さらに獲得した領土の取り分を巡って同盟国内での争いが勃発、「ブルガリア対セルビア・ギリシア・モンテネグロ・ルーマニア・オスマン帝国」の構図で「第2次バルカン戦争」に発展。

戦争に敗れたブルガリアは次第にドイツ・オーストリア側へ付くことに。
こうしてバルカン半島はいつ激しい戦いが始まってもおかしくない「ヨーロッパの火薬庫」と言われるようになっていきます。

サラエボ皇太子の刺殺事件

サラエボ皇太子の刺殺事件

image by iStockphoto

ヨーロッパ中が緊張感漂う雰囲気となった1914年、世界大戦へと向かわせる大きな事件が発生します。
オーストリア=ハンガリー帝国の皇太子が暗殺される「サラエボ事件」でした。

この年の6月 28日,オーストリア=ハンガリー帝国の皇太子フランツ・フェルディナントと妻ゾフィーは、陸軍演習を視察するためボスニアの首都・サラエボを訪れていました。
そのことを突き止めたセルビア民族主義者による秘密組織「黒手組」は、オープンカーで群衆の前を通過していた皇太子夫妻を襲撃。
1908年にオーストリアが実施したボスニア併合に対する国民の怒りは、最悪の形で表出されることになったのです。

これに対して7月 23日にオーストリア・ハンガリー政府はセルビアに対し暗殺組織解散などを求める「オーストリア最後通牒」を提示。
全条件の受け入れを求めますが、セルビア側は全条件受け入れに応じず。
そして5日後の28日にセルビアへ宣戦布告,こうして世界を巻き込む「第1次世界大戦」はいよいよ始まっていくのでした。

戦時中に起こった出来事

ドイツ軍のベルギー侵攻・マルヌの戦い

ドイツ軍のベルギー侵攻・マルヌの戦い

image by iStockphoto

いよいよ戦いの火ぶたが切られた世界大戦は、ドイツ軍のベルギー侵略から始まっていきます。
フランスを倒そうとするドイツは8月2日に中立国・ベルギーに対し軍の通過を要求しますがベルギーは拒否、これによってドイツ軍はベルギーの侵攻を開始。
ベルギー側は8月5日からの「リエージュの戦い」でドイツへの抵抗を試みますが、ドイツ軍の前に力及ばず敗戦。

ベルギーを破ったドイツ軍は、フランス・パリ東部から南東部を流れる「マルヌ川」でフランス軍と戦うことに。
西部戦線(ドイツ軍と連合軍とが対峙したフランス北東部からドイツ西部国境沿いの戦線)での短期決戦を目指す「シュリーフェン・プラン」に沿ってフランスを攻めたドイツでしたがこの戦いは敗戦。
フランスはドイツを食い止めることに成功。

ドイツ軍がマルヌの戦いで敗れたことにより、戦いは短期決戦から長期決戦へ流れが変わっていきます。
このころから両軍は塹壕を掘って対峙する戦いとなっていき、ドイツ軍はベルギー北西部・イーペルでの戦いでは初めて「毒ガス」を使用。
ここから世界各国では化学兵器の開発が進められていくことになります。

大戦最大の戦い「ヴェルダンの戦い」

大戦最大の戦い「ヴェルダンの戦い」

image by iStockphoto

ドイツ軍とフランス軍の戦いは、1916年になるとフランス北東部・ヴェルダンでの戦いに移っていきます。
1916年2月21日、ヴェルダン要塞に向けてドイツ軍が総攻撃を始めると司令官フィリップ・ペタン率いるフランス軍が迎え撃ち、12月16日まで続く激しい銃撃戦の末フランス軍36万2000人、ドイツ軍33万6000人の死者を出す大戦最大の決戦となります。
しかしこの戦いでフランス軍の防衛成功によりペタンは「ヴェルダンの英雄」として称えられることに。
一方ドイツでは軍を率いていたエーリッヒ・フォン・ファルケンハインが陸軍参謀総長を辞任、両国で明暗が分かれる形になります。

この後もドイツ、フランス間の戦いは終わらず、続いての舞台はフランス北西部・ソンム河畔へ。
1916年7月1日に始まった「ソンムの戦い」はフランス・イギリス連合軍がドイツに対し総攻撃を開始、イギリス軍は世界初の実用戦車となる「マーク I 戦車」を初めて実戦投入するなど積極的な攻撃に出ます。
11月18日まで続いた戦いはイギリス軍に約50万、フランス軍約20万、ドイツ軍約42万の死者を出しながら決着はつかずに終わりました。

日本の参戦・21か条の要求

日本の参戦・21か条の要求

image by iStockphoto

世界を巻き込む世界大戦は日本にも影響を及ぼすことになります。
日本は当時イギリスと「日英同盟」を締結しており連合国側として参戦を決意、しかし日本が参戦を機に中国・太平洋側へ進出することを恐れたアメリカがイギリスに日本の出兵取りやめを要請。
日本は戦闘地域を限定して参戦することになります。

参戦が決まった日本は9月2日に中国・山東半島に上陸、青島(ちんたお)にあるドイツの青島要塞を攻撃して占領することに成功。
さらに海軍はドイツの領地となっていた南洋諸島に上陸、マーシャル、マリアナ、カロリン諸島なども加えて占領します。

ドイツ軍の領地を占領した日本は中国側に対し「21か条の要求」を提示。
これは「山東半島が持っていたドイツの権益を日本が受け継ぐ、南満州の鉄道利権を延長すること」など日本に好都合な要求が盛り込まれており、中国側は猛反対。
しかし最終的に日本側が最終通告を出すと要求を受諾、これが中国国内での反日感情を強めることになります。

終結へ向かう大戦

「ロシア革命」によるロシア離脱

「ロシア革命」によるロシア離脱

image by iStockphoto

長きにわたる戦いが終結へ向かっていくのは1917年でした。
ロシア国内では長引く戦いにより生活物資が手に入らなくなり、人々の生活は苦しいものになっていました。
人々にとっては「自分たちの生活が苦しいのに戦いを続けるのはおかしい」と反対の声を上げていきます。

そしてこの年の3月、人々は「パンと平和」を求めて首都ペトログラード(現在のサンクトペテルブルク)においてデモを実施。
全国に広がったデモでは首都における死者約170人、負傷者100人を出し、国会では労働者と兵士による組織「ソビエト」が支持する政治家による臨時政府が成立。
皇帝ニコライ2世を退位に追い込み、300年以上にわたった絶対君主制「ツァーリズム」は終焉を迎えることとなりました。

しかしこれでも戦争参戦を辞めることにはつながりません。
臨時政府では7月に社会革命党のアレクサンドル・ケレンスキーが臨時首相となりますが、講和条約を拒否し戦争継続を決定。
これによってウラジーミル・レーニンが指導していたロシア社会民主労働党の多数派・ボリシェヴィキとの対立が激化することに。
こうして1917年10月25日、ペトログラードにおける「10月革命」が勃発、臨時政府を倒したことでソビエト政権が誕生。
そして1918年3月にドイツとソビエトはブレスト・ルトフスク条約を締結、大戦から抜け出すことを正式に決めました。
戦争を終わらせたい人々の熱意がようやく通じたのです。

アメリカ参戦・ドイツ革命から終戦へ

アメリカ参戦・ドイツ革命から終戦へ

image by iStockphoto

戦争が進んだ中でも大国・アメリカは参戦する様子を見せません。
アメリカとしては特にどこかと対立しているわけでもなく、ヨーロッパ諸国へ介入しない「孤立主義」の方針を取っていました。

しかしそのアメリカの考えを大きく変える事件が発生します。
1915年5月7日、イギリス・リヴァプールからアメリカ・ニューヨークへ向かっていたイギリスの・客船ルシタニア号がドイツ軍によって襲撃、1198人の犠牲者の中に128人のアメリカ人がいたことで連合国側について参戦へ踏み切ることに。
自国民が命を奪われて黙っているわけにはいきませんからね。

その中ドイツでも大きな動きが見られます。
1918年11月3日、イギリス海軍への出撃命令を拒否した海軍兵士が北部の街・キールで大きな暴動を起こし、この勢いはドイツ全土へ拡大していくことに。
ロシア革命の様子を知っていた兵士たちは「もうこれ以上過酷な日々を送るのはたくさん」と考えていたでしょうし、一般の人々も「平和な日々を早く取り戻したい」と我慢の限界であったでしょう。

こうして始まった氾濫によりドイツ全土では労働者と兵士の協議会「労兵評議会(レーテ)」が誕生、ここから「ドイツ革命」が始まって行きます。
革命が発生すると11月10日にウィルヘルム2世はオランダに亡命、ここにドイツの帝政は終焉を迎え社会民主党フリードリヒ・エーベルトを首相とする「ドイツ共和国」が誕生。
翌11日にはフランス・コンピエーニュの森の列車において「ドイツと連合国の休戦協定」が締結、ついに第1次世界大戦が終戦の日を迎えました。

ベルサイユ条約・国際連盟発足

ベルサイユ条約・国際連盟発足

image by iStockphoto

ようやく終結した第1次世界大戦は1919年6月 28日にパリ郊外・ベルサイユでの「ベルサイユ条約」が連合国側とドイツとの間で締結、ようやく戦いが終結することに。
この条約においては「ドイツが保有していた海外領地をすべて放棄する、ドイツに戦争責任と賠償金の支払い義務」を課すなどの内容が盛り込まれ、ドイツは戦争に関する大きな代償を支払うこととなりました。

またここでは新しい国際機構の発足も行われることに。
アメリカ大統領ウッドロウ・ウィルソンが1918年に発表した平和原則「十四カ条の原則」で国際平和機構の発足を提案、これが世界で初めての国際平和機構となる「国際連盟」となります。
連盟はベルサイユ条約に署名した 29連合国と 13中立国によって構成され、アメリカの不参加や日本の脱退などはありましたが、国際連合発足後の1946年4月に解散するまで活動を行うことになりました。

集団で平和を守る考えは評価されるべき

国際連盟の発足によって防げると思われた「第2次世界大戦」は現実には約20年後に再び勃発、さらに多くの犠牲者が出る形となってしまいました。
国際連盟はアメリカが発足に関わりながら参加しなかったなど問題は多くありましたが、「集団で平和に対する呼びかけをする」という連盟の考えは当時としては非常に画期的なもので、この考えが現代まで生かされている点は評価されてよいものですね。
photo by iStock