都内で秋をめいっぱい満喫できちゃう!2人の仲が深まる東京の秋デートスポット30選

カップルにとって楽しい時間と言えば、やっぱり2人で会えるデート。東京都内にはショッピングデートや映画デート、ディナーデートなど、さまざまなデートが楽しめる魅力的なスポットがたくさんありますね。ギラギラ太陽がまぶしい夏が終わり、秋は過ごしやすい気候の日々がスタート。季節を存分に感じるのは、遠くへ出かけないと無理だと思っていませんか?実は東京でも、秋を目いっぱい満喫できるスポットが揃っているんです。お出かけ気分もアップしている秋のデートがもっと盛り上がる、東京のおすすめデートスポットを30選ご紹介します!

#1 幻想的な黄金色の世界・明治神宮外苑

秋ならではの風景と言えば、やっぱり美しい紅葉!東京都内で紅葉を楽しむなら、「明治神宮外苑」は外せないスポットですね。
真っ赤に燃える紅葉や、色とりどりのグラデーションが魅力の紅葉など、紅葉とひと口に言ってもさまざまありますが、「明治神宮外苑」はイチョウの名所として有名。
約300m続くイチョウ並木は、映画やドラマのロケ地にも使われているスポットで、146本ものイチョウずらっと作り出す黄金色の道は、「明治神宮外苑」ならではの幻想的な風景と言えるでしょう。
遠近法を上手に使って、「聖徳記念絵画館」が引き立つようになっているので、思わず写真に収めたくなる美しさ。
絵画のような風景の中を、のんびり散策してみては。

明治神宮外苑の住所・アクセスや営業時間など

名称 明治神宮外苑
住所 東京都新宿区霞ヶ丘町1−1
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.meijijingugaien.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#2 気軽に芸術の秋を楽しむ・ 21_21 DESIGN SIGHT

食欲の秋、スポーツの秋など、○○の秋はさまざまありますが、アート好きカップルならやっぱり、芸術の秋を楽しみたいところでしょう。
「東京ミッドタウン」内に位置する「21_21 DESIGN SIGHT」は、デザインをテーマにしたアート空間。
日常のできごとをアートな視点でとらえた企画展が、好評を博しています。
美術館では少しかしこまった感じで堅苦しいと感じるカップルでも、「21_21 DESIGN SIGHT」なら気楽にアートに親しめるのが魅力。
また建物自体も建築家の安藤忠雄氏設計ということで、素敵な空間になっています。
六本木の真ん中というアクセスの良さも便利なので、秋の六本木デートにぜひ加えてみてくださいね。

21_21 DESIGN SIGHTの住所・アクセスや営業時間など

名称 21_21 DESIGN SIGHT
住所 東京都港区赤坂9−7−6 東京ミッドタウン・ガーデン内
営業時間・開場時間 10:00−19:00 火曜休館
利用料金や入場料 一般1,100円 大学生800円 高校生500円 中学生以下無料
参考サイト http://www.2121designsight.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#3 庭園で感じる和の秋・六義園

「駒込」駅徒歩すぐの「六義園」は、東京都内で美しい庭園が望めるスポットとあって、老若男女問わず人気。
どの季節も美しい景観を楽しむことができますが、特に秋には幻想的な紅葉スポットに早変わり!11月下旬の見ごろを迎えると、イロハカエデやハゼノキ、イチョウなどの色とりどりの紅葉が見られます。
特におすすめなのが北西に位置する「水香江」周辺。
昼間は太陽に照らされた色鮮やかな紅葉を、夜はライトアップされたロマンチックな紅葉を楽しんで。
入園料300円というリーズナブルさも嬉しいので、普段庭園にはあまり縁のない若いカップルもぜひ訪れて、和の雰囲気を感じて欲しいスポットです。

六義園の住所・アクセスや営業時間など

名称 六義園
住所 東京都文京区本駒込6-16-3
営業時間・開場時間 9:00−17:00
利用料金や入場料 一般300円 65歳以上150円 中学生以下無料
参考サイト https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index031.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#4 旬の美味しさを堪能・目黒のさんま 菜の花

食欲の秋に旬を迎えるさんま。
脂が乗ってとろけるような美味しさが魅力ですね。
東京都内でさんまと聞いて思い浮かべる場所と言えば、目黒なのではないでしょうか。
江戸時代に鷹狩りやってきた将軍が、立ち寄った茶屋でさんまを食べたとき、旬のさんまの美味しさにとても感動し、「さんまは目黒に限る」 と言ったのだとか。
このことから、「目黒のさんま」は一躍有名になったのですね。
秋には「目黒のさんままつり」が行われるなど、現在でも目黒とさんまは切っても切れない間柄です。
そんな旬のさんまを味わうなら、「目黒のさんま 菜の花」がおすすめ。
一品一品手の込んだ料理は、お酒もどんどん進む美味しさ。
「目黒のさんま 菜の花」で、秋らしさを目でも舌でも感じるデートをどうぞ。

目黒のさんま 菜の花の住所・アクセスや営業時間など

名称 目黒のさんま 菜の花
住所 東京都目黒区下目黒1丁目115
営業時間・開場時間 [平日]11:30−14:00, 17:00−24:00 [土]17:00−23:00 日祝定休
利用料金や入場料 目黒のさんま定食 800円
参考サイト http://sanma.main.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#5 秋バラの香りに癒される・神代植物園

落ち着きを感じながらも、さまざまな植物の息吹を感じられる秋。
都内最大の植物公園である「神代植物園」を訪れて、大人のしっとりお散歩デートを楽しんでみましょう。
東京ドーム約10個分という広大な園内には、約4800種類10万株もの植物が植えられていて、入園無料のエリアもあるので、気軽に訪れることができそう。
「神代植物園」秋の見どころと言えば秋バラ!コンサートや早朝開園など「秋のバラフェスタ」も同時開催。
また「ばら園テラス」では特別メニューが楽しめるカフェテラスもやっているので、カフェでホッと一息つきながら、美しいだけでなく香りも良いバラを堪能して、癒されてみてはいかがでしょうか?

神代植物公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 神代植物公園
住所 東京都調布市深大寺元町5−31−10
営業時間・開場時間 9:30−17:00 月曜休園
利用料金や入場料 一般800円 65歳以上250円 中学生200円
参考サイト https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index045.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#6 読書の秋を心ゆくまで・ BOOK AND BED TOKYO

読書好きカップルも、普段あまり本に馴染みのないカップルも、せっかくなら読書の秋を満喫して、文学に触れるスマートなデートを楽しんでみましょう!池袋に位置する新しいスポットとして注目を集めているのが、「BOOK AND BED TOKYO」。
約1700冊の本が集まった空間で、お泊まりすることができちゃうんです。
お互いにどんな本が好きなのか選んだり紹介し合うと、より距離が縮むこと間違いなし。
好みもより分かるようになれそうですね。
「STANDARDタイプ」で本棚に囲まれて眠るもよし、「COMPACTタイプ」で本を読みつつ眠りに落ちるのも素敵。
「BOOK AND BED TOKYO」なら、本を読む幸せに2人で浸れますね。

BOOK AND BED TOKYOの住所・アクセスや営業時間など

名称 BOOK AND BED TOKYO
住所 東京都豊島区西池袋1−17−7 ルミエールビル
営業時間・開場時間 チェックイン16:00~23:00 チェックアウト11:00
利用料金や入場料 1泊3,500円〜
参考サイト http://bookandbedtokyo.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#7 秋の日差しの中のんびりピクニックデート・代々木公園

渋谷区にある「代々木公園」は、全国的にも知名度が高い都市公園。
野外ライブやさまざまなイベントにもよく使われていますね。
秋の優しい日差しの中、のんびりピクニックデートするにはぴったりのスポットと言えるでしょう。
ランチはテイクアウトしてもOKですし、手作りしても恋人に喜んでもらえそうですね。
「代々木公園」内は特に休日ともなると大賑わい!屋台も賑やかな雰囲気でテンションが上がります。
広大な芝生広場でレジャーシートを広げて、のんびりリラックスタイム。
また園内にはイチョウやモミジ、ケヤキなどが植えられているので、秋には順番に色づいていく紅葉がとてもキレイですよ。

代々木公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 代々木公園
住所 東京都渋谷区代々木神園町2-1
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index039.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#8 京都を訪れたような和風空間・古桑庵

秋を感じられる旅行先のひとつ、京都。
長い歴史を感じさせる和風の建造物に、色鮮やかな紅葉がマッチして、古き良き日本といった風情を感じさせてくれますね。
でもわざわざ京都まで行くのは、時間もお金もかかってしまって難しい…そんなときには、「古桑庵」がおすすめですよ!「自由が丘」駅から徒歩数分の場所にあり、築約90年の古民家をリフォームしたカフェとなっています。
小さな庭園はよく手入れが行き届いていて、大きな窓から眺めると絵画のような雰囲気です。
室内の調度品も大正時代から実際に使われていたもの。
骨董品や民芸品もインテリアとして良い味を醸し出しています。
「古桑庵」でまったりしていると、ここが東京であることを忘れてしまいそう。
いつものデートじゃちょっと物足りなそうにしている彼女もきっと喜んでくれるはず。
和のスイーツを味わいながら、優しい休日を過ごしてみて。

古桑庵の住所・アクセスや営業時間など

名称 古桑庵
住所 東京都目黒区自由が丘1−24−23
営業時間・開場時間 11:00−18:30 水曜定休
利用料金や入場料 抹茶オーレ(和菓子付) 830円
参考サイト http://kosoan.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#9 秋の爽やかハイキングデート・高尾山

スポーツ大好きなアクティブカップルなら、秋の気持ち良い空気の中、ハイキングデートを楽しみたいと考えているのでは?東京で気軽にハイキングができる山として人気が高いのが、「高尾山」ですね。
「高尾山口」駅や「高尾」駅、高速道路や国道からもアクセスが良く、都心から1時間弱で到着できる便利さも手伝って、年間約300万人もの人々が訪れます。
初心者でも気軽に上れるコースから、上級者でも満足できるコースまで、多彩な登山コースが充実。
2人の経験や体力に合わせて、お好みのコースを選んでみてくださいね。
またもっと楽したいカップルなら、ケーブルカーを利用するのも手。
パノラマビューを楽しみながら、山頂を目指せます。
お腹が空いたら「高尾山」名物のとろろそばをぜひ。
老舗の名店が勢ぞろいしていますよ。

高尾山の住所・アクセスや営業時間など

名称 高尾山
住所 東京都八王子市高尾町
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://takaozanyuho.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#10 地球の不思議に触れる博物館デート・国立科学博物館

image by PIXTA / 4207254

日本でここだけの総合科学博物館である「国立科学博物館」。
秋は台風シーズンでもあるので、突然の雨に降られても、屋内で楽しめる「国立科学博物館」なら、スムーズにデートができますね。
「国立科学博物館」内には、「日本館」と「地球館」という2つの展示エリアが。
恐竜の化石標本やハチ公の剥製標本、トリケラトプスの化石標本などが展示され、地球の長い歴史と不思議を感じることができます。
博物館デートというと堅苦しいイメージもあるかもしれませんが、「国立科学博物館」には全球型シアターなどもあるので、気軽に地球のロマンに触れることが可能。
今まで博物館デートをしたことがないカップルでも、ワクワクする時間を過ごすことができそう。

国立科学博物館の住所・アクセスや営業時間など

名称 国立科学博物館
住所 東京都台東区上野公園7−20
営業時間・開場時間 9:00−17:00(金土は20:00まで) 月曜休館
利用料金や入場料 一般600円 高校生以下無料
参考サイト http://www.kahaku.go.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#11 都内で気軽に温泉旅行気分・前野原温泉 さやの湯処

忙しくてなかなかデートの時間も取れないカップルの中には、旅行に行きたいけれどそんなスケジュールの余裕はない、というカップルもいるかもしれません。
もし東京都内で気軽に秘湯気分が味わえるとしたら…ぜひ2人で楽しんでみたいと思いませんか?「前野原温泉 さやの湯処」は、板橋区にある日帰り温泉。
和風な建物の雰囲気が良く、温泉旅館にやってきたような気分になれます。
お湯はもちろん源泉掛け流し!ウグイス色の珍しいお湯が特徴です。
露天風呂のほか岩盤浴やサウナなども揃い、1日ゆったり温泉気分を満喫できますよ。
お風呂から見える庭も、昭和の庭園を再現するように丁寧に整えられ、落ち着く風景。
心も体もリフレッシュできる時間が、東京で実現できるなんて夢のようですね。

前野原温泉 さやの湯処の住所・アクセスや営業時間など

名称 前野原温泉 さやの湯処
住所 東京都板橋区前野町3丁目41−1
営業時間・開場時間 10:00−翌1:00
利用料金や入場料 大人平日870円 土日祝1,100円 子供平日550円 土日祝750円
参考サイト http://www.sayanoyudokoro.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#12 イチョウ並木とコスモスが見頃・昭和記念公園

東京ドーム38個分という広さが東京ナンバーワンを誇る「国営昭和記念公園」。
昭島市と立川市にまたがるように位置しています。
都心から電車で気軽にアクセスできるので、美しい花々を眺めながらのお散歩デートがしたくなったら、ぜひ足を運んでみましょう。
春はチューリップ冬はイルミネーションと、シーズンごとに見どころがある「国営昭和記念公園」ですが、秋はやっぱりイチョウ並木の紅葉!園内のあちこちで紅葉が楽しめますよ。
また秋は「コスモスの丘」も見頃を迎える季節。
なかなか花畑を訪れることはないかもしれませんが、だからこそ秋を感じに「国営昭和記念公園」へどうぞ。
広大な園内を巡るには、「パークトレイン」やレンタサイクルを利用するのが便利です。
秋の爽やかな風を感じてお散歩を楽しんで。

国営昭和記念公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 国営昭和記念公園
住所 東京都立川市緑町3173
営業時間・開場時間 9:30−17:00(夏期) 9:30−16:30(冬期)
利用料金や入場料 大人410円 小人80円
参考サイト http://www.showakinen-koen.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#13 夜はムード満点の縁結びスポット・浅草寺

世界中から多くの観光客が訪れる、東京を代表する観光スポット「浅草寺」。
浅草のランドマークとも言える「雷門」をくぐり抜けて、「仲見世通り」をぶらぶら散策。
日本らしいレトロなお土産や、手軽に食べられる美味しいフードもさまざまあるので、食べ歩きしながら本堂へ向かうのも楽しい時間ですね。
「浅草寺」のご利益は金運アップや開運などが代表されますが、実は縁結びのご利益があるお寺であることを知っていましたか?「宝蔵門」をくぐって右側の「久米平内堂」は、ラブレターと縁のある場所であることから、縁結びスポットとなったのだとか。
仲良しカップルなら見逃せないスポットあのでは?ぜひ2人の末永い幸せをお願いしてみてくださいね。
また「浅草寺」は夜訪れるのもおすすめ。
昼間より観光客が少ないほか、日没後から夜23時までライトアップが施されているので、ムード満点のデートスポットに早変わりです。

浅草寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 浅草寺
住所 東京都台東区浅草2丁目3−1
営業時間・開場時間 6:00−17:00(夏期) 6:30−17:00(冬期)
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.senso-ji.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#14 浅草寺の後はレトロな遊園地へ・浅草花やしき

花やしき」で遊園地デートを。
「浅草花やしき」は日本最古の遊園地として知られ、そのルーツはなんと1853年までさかのぼるのだとか!1953年から稼働している「ローラーコースター」、浅草の景色を眺めながら乗れるフリーフォールの「スペースショット」、「浅草花やしき」のシンボル的存在の「Beeタワー」など、子どもから大人まで楽しめるアトラクションがさまざま揃っています。
たくさんのアトラクションに乗りたいときには、フリーパスを利用するのがおすすめ。
また夜には「ルミヤシキ」というイルミネーションイベントも開催していて、昼間とは違った「浅草花やしき」の表情を見ることができます。

浅草花やしきの住所・アクセスや営業時間など

名称 浅草花やしき
住所 東京都台東区浅草2丁目28−1
営業時間・開場時間 10:00−18:00
利用料金や入場料 入園料:大人1,000円 小人500円
参考サイト http://www.hanayashiki.net/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#15 秋の味覚をタルトに詰めて・ MAMA TARTE

食欲の秋には、美味しいフルーツもさまざま旬を迎えます。
スイーツ好きカップルでもそうでなくても、秋は甘いものが食べたくなってしまうのでは?代官山にある「MAMA TARTE」では、大きくて色とりどりの美味しいタルトが待っています!行列必至ですが、並んでいる間にもスイーツ談議に花を咲かせて、タルトへの期待感を高めて。
秋はやっぱり、リンゴの旨味がぎゅっと詰まったアップルパイが人気。
また種子島みついものパイも、甘くてとろける美味しさがたまりません。
おかず系のパイもあるので、ランチ代わりにもぴったり。
代官山デートのひと休みに、ぜひ立ち寄りたい一店です。

MAMA TARTEの住所・アクセスや営業時間など

名称 MAMA TARTE
住所 東京都世田谷区上野毛1丁目22−17
営業時間・開場時間 11:30−19:00 月・火曜定休
利用料金や入場料 アップルパイ 735円
参考サイト http://mamatarte.on.omisenomikata.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#16 まさか都内でフルーツ狩りできるなんて!・海老沢ぶどう園

美味しい旬のフルーツを、自分の手で摘み取ってその場で味わえるフルーツ狩り。
地方へ行かないとできないと思っていませんか?なんと東京都内でもフルーツ狩りは出来ちゃうんですよ。
世田谷区内にはたくさんのぶどう園があり、「海老沢ぶどう園」もそのひとつ。
8月下旬から9月下旬の秋の始まりに、甘くてジューシーなぶどう狩りが楽しめます。
食べきれなかった分は、1kg1500円で量り売りしてくれるので、お土産にして2人でゆっくり食べるのもOK。
また仲の良い人に発送するのも喜ばれそうですね。
東京でフルーツ狩りという貴重な体験は、秋の良い思い出のひとつとなることでしょう。

海老沢ぶどう園の住所・アクセスや営業時間など

名称 海老沢ぶどう園
住所 東京都世田谷区宇奈根2-7-26
営業時間・開場時間 9:00−17:00頃(8月下旬~9月上旬)
利用料金や入場料 1kg 1,500円〜
参考サイト http://www.nekohige.net/budou/?page_id=154
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#17 VIPを迎えるイチョウ並木・行幸通り

「東京駅」から「皇居」を繋いでいる「行幸通り」は、国内外のVIPが通るメインストリート。
道路幅73mの美しい道となっています。
秋には道の両側にずらっと並んだイチョウ並木が黄金色に色付き、魅力的な雰囲気を醸し出しています。
「行幸通り」の途中途中にはベンチがあるので、2人で座って愛を語り合うのもロマンチック。
「東京駅」や「丸ビル」などを背景に眺めても、「皇居富士見櫓」の方向を向いても本当に美しいですよ。
都会の喧騒をふっと忘れられる、癒しの紅葉スポットです。

行幸通りの住所・アクセスや営業時間など

名称 行幸通り
住所 東京都千代田区丸の内1丁目2
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.kanko-chiyoda.jp/tabid/997/Default.aspx
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#18 東京とは思えない絶景・秋川渓谷

都心から約1時間で訪れることができるあきる野市の「秋川渓谷」は、気軽に自然を感じられるスポットとしておすすめです。
東京にこんな場所があったなんて!と、驚くような緑溢れる自然満載スポット。
キャンプやバーベキューを楽しみに、多くの人々が訪れるほか、秋は美しい紅葉を目当てに賑わいます。
「秋川渓谷」らしい渓谷美や滝、鍾乳洞などを巡りながら、澄んだ空気と色鮮やかな紅葉を愛でる…贅沢なリラックス時間が流れることでしょう。
そんな「秋川渓谷」の中でも、見逃せない絶景ポイントなのが「石舟橋」。
橋の真ん中から見える川と渓谷のコントラストは圧巻です。
帰りはぜひ「瀬音の湯」に立ち寄って疲れを癒してみては?とろっとした美肌の湯に浸かりながら2人で絶景を眺めれば、身も心もくつろげますね。

秋川渓谷の住所・アクセスや営業時間など

名称 秋川渓谷
住所 東京都あきる野市戸倉
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.akirunokanko.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#19 グッドデザイン賞のモダンな社殿・赤城神社

image by PIXTA / 12065831

「赤城神社」は、秋の神楽坂お散歩デートでぜひ立ち寄っておきたいスポット。
「神楽坂」駅から徒歩1分なのに、境内には静かで美しい時間が流れます。
東京で一番おしゃれな神社との異名を持つ「赤城神社」。
700年以上の歴史を持ちながらも、リニューアルの際には有名建築家の隈研吾氏が社殿を手掛けて話題になりました。
ガラス張りのモダンなたたずまいは、神楽坂の街にもすっとなじんでいますね。
「赤城神社」には「岩筒雄命」と「赤城姫命」が祀られていて、特に女性の願いを叶えてくれる神様として、女性たちに人気。
女子会なら良縁成就、カップルなら夫婦円満や安産などを願う人が多いのだとか。
ちなみに、本殿前に鎮座する狛犬がちょっと変わっていて、現在なかなか見られない形をしているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

赤城神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 赤城神社
住所 東京都台東区浅草2丁目3−1
営業時間・開場時間 6:00−17:00(夏期) 6:30−17:00(冬期)
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.senso-ji.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#20 ワイン好きカップル必見!・東京ワイナリー

お酒の中でも特にワインが好きなカップルは、下も肥えていて、ワインの産地や味わいにもこだわりを持つカップルも多いのではないでしょうか?世界各地に美味しいワインの醸造所がありますが、なんと東京にもワイン醸造所があることをご存知でしょうか。
「東京ワイナリー」は、東京初のワイナリーとしてオープン。
ワイン造りの免許を持っているオーナーが、ワインの製造から販売まで手掛けています。
店内は白を基調としたウッディな空間。
席はカウンターとテーブルと小ぢんまりしていますが、落ち着ける雰囲気が自慢です。
土日限定の「昼飲み」は、グラスワインとおつまみ付きで500円からと、とってもリーズナブル!昼間からワインを味わうという、贅沢なデートが満喫できそうですね。

東京ワイナリーの住所・アクセスや営業時間など

名称 東京ワイナリー
住所 東京都練馬区大泉学園町2丁目8−7
営業時間・開場時間 10:00- 17:00 昼飲み:13:00−18:00(土日)
利用料金や入場料 昼飲み 500円
参考サイト http://www.wine.tokyo.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#21 歴史深い定番デートスポット・上野動物園

1882年、日本初の動物園として誕生した「上野動物園」は、長い歴史の中で愛されてきました。
東京デートを楽しんでいるカップルなら、1度は訪れておきたい定番デートスポットとも言えますね。
園内には約400種3000点もの動物が暮らしていて、多くの来園客を楽しませてきました。
「上野動物園」の人気者ジャイアントパンダをはじめ、ゾウやキリン、ゴリラやトラなど迫力満点の動物たちが暮らすほか、ウサギやペンギンなど可愛らしい動物たちもいっぱい!展示も工夫が施されていて、動物たちが元々暮らしていた環境も大切にしながら、生態がよく分かるようになっています。
園内にはランチスポットもさまざま。
動物をモチーフにしたメニューもあるので、ランチでも動物園気分を楽しんでみては。

上野動物園の住所・アクセスや営業時間など

名称 上野動物園
住所 東京都台東区上野公園9−83
営業時間・開場時間 9:30−17:00 月曜休園
利用料金や入場料 一般600円 シニア300円 中学生200円
参考サイト http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ueno/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#22 愛犬と一緒にお散歩デート・駒沢オリンピック公園

世田谷区と目黒区にまたがって広がる「駒沢オリンピック公園」。
渋谷から電車で約7分の「駒沢大学」駅近くにあるため、都心からのアクセスも便利な公園となっています。
2020年「東京オリンピック」が話題になっていますが、ここ「駒沢オリンピック公園」は、1964年に開催された「東京オリンピック」で、さまざまな競技が行われた場所なんです。
公園内には全長約2.1kmのジョギングコースやサイクリングロードがあるので、お散歩にぴったり。
またドッグランも整備されているので、愛犬と一緒にデートするのも良いでしょう。
イチョウやケヤキの美しい並木も見事。
秋には鮮やかに色付く紅葉が楽しめます。
公園にはベンチもたくさん設置されているので、周辺のカフェでドリンクをテイクアウトして、ひと休みするにももってこいですね。

駒沢オリンピック公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 駒沢オリンピック公園
住所 東京都世田谷区駒沢公園1−1
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.tef.or.jp/kopgp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#23 お花畑いっぱいに広がるコスモス・浜離宮恩賜庭園

「汐留」駅から歩いて7分の場所にある「浜離宮恩賜庭園」は、美しく整えられた大きな庭園。
四季折々の草花が咲き誇り、都会の中でのんびりとした時間が過ごせるスポットとなっています。
「浜離宮恩賜庭園」では水上バスに乗ることができ、「レインボーブリッジ」や「お台場」なども望めます。
また「中島のお茶屋」では、手入れの行き届いた庭園風景を眺めながら、抹茶と和菓子を堪能。
普段カフェでティータイムを過ごしているカップルなら、なかなか経験することがない和の時間かも知れませんね。
春の夜桜も素敵ですが、秋はやっぱりコスモス!ホワイトやピンク、オレンジなど、色とりどりのコスモスで花畑がいっぱいになりますよ。
見頃は10月上旬。
ぜひカメラを持ってデートに出かけてみては。

浜離宮恩賜庭園の住所・アクセスや営業時間など

名称 浜離宮恩賜庭園
住所 東京都中央区浜離宮庭園1−1
営業時間・開場時間 9:00−17:00
利用料金や入場料 一般300円 65歳以上150円 小学生以下無料
参考サイト http://teien.tokyo-park.or.jp/contents/index028.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#24 知的好奇心をくすぐるデート・代官山 T-SITE

「代官山 T-SITE」は、代官山で知らない人はいない有名デートスポットですね。
広いフロアにさまざまな書籍が並ぶ「蔦屋書店」を中心に、本を読んで旅行気分が高まったら「T-TRAVEL」で相談してみたり、「スターバックス」でゆっくりカフェ気分を楽しんだり。
カメラ好きカップルなら「キタムラ写真機店」へ。
セレクトされたこだわりのカメラやアクセサリーが揃っています。
これから写真を趣味にしたいカップルにもぴったり。
1人1人に合った提案をしてくれますよ。
カフェ バー • ダイニングの「IVY PLACE」は、外の空気を感じながら食事ができると人気。
本に囲まれながら過ごすゆるやかな休日は、2人の知的好奇心をくすぐってくれることでしょう。

代官山 T-SITEの住所・アクセスや営業時間など

名称 代官山 T-SITE
住所 東京都渋谷区猿楽町16-15
営業時間・開場時間 7:00−翌2:00(店舗により異なる)
利用料金や入場料 店舗による
参考サイト http://real.tsite.jp/daikanyama/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#25 都内有数のヒガンバナの名所・宝蔵院

東京の下町である葛飾に位置する「宝蔵院」は、室町時代創建と言われる歴史深い寺院。
都内有数のヒガンバナの名所として知られています。
お地蔵さまなど、昔から立ち並ぶ石仏が多く残っていて、どこか神秘的な雰囲気。
石仏には風車が飾られて、「宝蔵院」ならではの風情が感じられます。
秋になると参道に沿って1000本以上咲き誇る、真っ赤なヒガンバナが美しくマッチ。
また赤だけでなく白や黄色のヒガンバナもあるのが珍しいですね。
写真好きが多く集まるフォトスポットとしても人気が高いんですよ。
拝観料は無料なので、下町デートの途中にふらっと立ち寄るにもぴったり。

宝蔵院の住所・アクセスや営業時間など

名称 宝蔵院
住所 東京都葛飾区奥戸8丁目5−19
営業時間・開場時間 9:00−16:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://katsushika-kanko.jp/taka-kama/006houzouin.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#26 ふらっと足をのばしたい大人空間・燈々庵

秋の京都のような旅気分が味わえるスポットとして、「古桑庵」をご紹介しましたが、もう少し時間に余裕があるカップルなら、あきる野市までふらっと足をのばしてみませんか?「燈々庵」は、和の風情をたっぷり感じることができる懐石料理店。
江戸時代から続く邸宅を改装した建物は、レトロ感が残り雰囲気は格別!よく手入れされた庭も美しく、食事をいただきながら眺めていると、ここが東京であることを忘れてしまいそうですね。
普段都心のビル群に囲まれて暮らしているカップルなら、新鮮で穏やかな気分に浸れること間違いなし。
料理も旬の食材を使用し一手間加えられているほか、食器にもこだわって目でも舌でも楽しめる味わいです。
非日常な上質空間の中、大人な秋デートをぜひ。

燈々庵の住所・アクセスや営業時間など

名称 燈々庵
住所 東京都あきる野市小川633
営業時間・開場時間 11:00−15:00, 17:00−22:00 火曜定休
利用料金や入場料 正午懐石 4,800円〜
参考サイト http://www.toutouan.net/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#27 海と景色と夕日を眺めて・葛西臨海公園

「葛西臨海公園」は、「東京湾」に面した都立公園。
ランドマーク的存在の大きな観覧車があることでもよく知られていますね。
海に面した緑豊かな公園なので、どのシーズンに訪れても魅力たっぷりに楽しめるスポットですが、秋にはコスモスやヒガンバナなどが美しく咲き誇ります。
「葛西臨海公園」内には見どころがいっぱいで、「葛西渚橋」からは「東京ゲートブリッジ」のほか、「東京ディズニーリゾート」の花火まで眺められます!ガラス張りの展望施設「クリスタルビュー」は、急な雨の日デートでも安心。
人工渚の「西なぎさ」で夕日を眺めれば、ロマンチックな気分も高まることでしょう。
また都内でも人気が高い水族館「葛西臨海水族園」もあって、「葛西臨海公園」周辺は1日のんびり楽しめるスポットですね。

葛西臨海公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 葛西臨海公園
住所 東京都江戸川区臨海町6丁目
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index026.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#28 都会のオアシスでショッピング・丸の内ブリックスクエア

「丸の内パークビルディング」にある「丸の内ブリックスクエア」は、丸の内のおしゃれな複合施設。
「東京」駅や「有楽町」駅から徒歩5分というアクセスの良さも魅力で、注目が高まっているスポットです。
フレグランスブランドやチョコレートブランド、フラワーブティックなど、日本初出店のショップやレストランなども多く建ち並び、あちこちウインドーショッピングするのにぴったりですね。
「丸の内ブリックスクエア」の魅力のひとつが、東京のど真ん中とは思えない緑の多さ!「三菱一号館」のレトロで風格漂う建物を望む中庭には噴水やベンチが配置され、周辺の緑とマッチ。
まさに都会のオアシスといった雰囲気です。
秋の清々しい空気の中、オープンカフェでひと休みすれば、デートのおしゃれさもアップしそう!?

丸の内ブリックスクエアの住所・アクセスや営業時間など

名称 丸の内ブリックスクエア
住所 東京都千代田区丸の内2丁目6−1
営業時間・開場時間 ショップ:11:00−21:00(日曜は20:00まで) レストラン:11:00−23:00(日曜は22:00まで)
利用料金や入場料 店舗による
参考サイト http://www.marunouchi.com/top/bricksquare.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#29 豪華客船が次々と・晴海埠頭公園

東京の海の玄関口とも言える「晴海埠頭公園」。
大きな豪華客船が次々と寄港する様子が眺められるとあって、ファミリーやカップルが多く訪れています。
2人で船の往来をのんびり眺めるなんて贅沢な時間。
「東京港」開港50周年の際に作られた「晴海客船ターミナル」も、ランドマークとして建っています。
展望台からは都心はもちろん「レインボーブリッジ」も望め、夜景スポットとしても魅力的。
デートのラストに夜景観賞に訪れるのもロマンチックでしょう。
また「晴海埠頭公園」にはバーベキューエリアもあるので、ダブルデートでワイワイ楽しむにもぴったり!大きな船や海を眺めながらのバーベキューは、秋の清々しい気分をより高めてくれそうですね。

晴海埠頭公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 晴海埠頭公園
住所 東京都中央区晴海5丁目
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.tptc.co.jp/park/02_01
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#30 都内屈指の紅葉に感動・奥多摩

秋の美しい紅葉を眺めたいとき、真っ先に思い浮かぶのが都市公園や並木道。
駅からもほど近く、気軽にアクセスできるのが魅力ですね。
景色の中にビル群が入り込む都会の紅葉といった雰囲気ではなく、もっと自然に囲まれた紅葉が楽しみたいときは、ドライブデートをしながら紅葉を探しに行きませんか?また新宿から電車で1時間程度で行けるので、車を持っていないカップルでも大丈夫。
東京都内でも「奥多摩」なら、ちょっとした旅気分できれいな紅葉を見ることができますよ。
「奥多摩」には、橋や渓谷、湖など紅葉の絶景スポットが満載!紅葉シーズンの10月初旬から11月中旬にかけては、どこを切り取ってもフォトジェニックな紅葉が望めます。
都内屈指の紅葉スポットとして人気の高い「奥多摩」は、秋に1度は訪れておきたいスポットだと言えるでしょう。

奥多摩の住所・アクセスや営業時間など

名称 奥多摩
住所 東京都西多摩郡奥多摩町
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.okutama.gr.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

大都会で感じる秋のうつろい

いかがでしたでしょうか。
今回は東京都内にある、秋デートにおすすめのスポットを紹介させていただきましたが、気になるスポットはありましたか?芸術の秋が感じられるアート空間スポットや、自然の中で気持ちよく体を動かせるアクティブなスポット、秋ならではの紅葉が満喫できる美しいスポット、のんびり過ごせる温泉スポットなど、さまざまな楽しみ方ができますね。
どれも2人のワクワクやドキドキを高めてくれたり、距離を自然に縮めてくれるデートばかり。
秋ならではの魅力が詰まったデートを、ぜひ2人で楽しんでくださいね。
photo by PIXTA