ダイナマイトで富を得たアルフレッド・ノーベルは、死後の評価を気にしてノーベル賞を作った?

生涯を通じて発明家であり続けた「アルフレッド・ノーベル」は、ダイナマイトを作ってしまったことにより、「死の商人」とまで呼ばれた人物です。自分の遺産でノーベル賞を作った人物ですが、実は幸せな時ばかりではありませんでした。今回は、アルフレッド・ノーベル氏の紆余曲折の人生に少しだけ触れてみたいと思います。少しだけお付き合いくださいね。

人類の行方を変えたというノーベルの誕生

亡くなるときには大富豪だったノーベルは、スウェーデンストックホルムの有能な建築家の三男として生まれました。
しかし、父親は建築家で満足することなく、発明家としての人生を歩きはじめます。
しかし残念なことに才能を開花できず、破綻してしまいました。
父はストックホルムを後にして、ロシアのサンクトペテルブルクに移りますが、家族はストックホルムに残り、極貧生活を送りました。

アルフレッドは、小さいころから体が丈夫でなかったため、愛情を注いで育てられたようです。
その母に報いるように勉強をしたためか、彼は小学生の頃から優秀でした。
母は子供たちに、「誠実さ」と「勤勉さ」を大切にするようにと育てました。
彼の能力を見抜いていた母のお手柄というべきか、アルフレッドの何事にも真摯に打ち込む姿勢はここから生まれたものと思われます。
でも、発明で失敗して国を後にした父親を見ていたのに、なぜ、発明家を目指したのか…?不思議だとは思いませんか?

父は、ロシアで成功していた

父は、ロシアで成功していた

image by iStockphoto

1837年、単身サンクトペテルブルクに行った父は、ストックホルム時代に発明していた機械や、爆発物の製造で成功していました。
この爆発物は新型の機雷と地雷です。
これをロシア軍に売り込み、軍は武器の一つとして採用しました。
父はそのお金を元手に鋳物工場を作り、大砲の台や車輪を製造し成功します。

その後、1842年に妻子をサンクトペテルブルクに呼び寄せました。
ストックホルムの貧しい生活とは全く逆転し、秀逸ぶりを発揮していたアルフレッドにはたくさんの家庭教師を付けて英才教育を施しました。
特に、化学と語学に力を注ぎ、英語、フランス語、ドイツ語、ロシア語など、5国語を話していたようです。
語学を学びたかった理由の一つは、文学が大好きだったからだとか?

将来は詩人?それとも発明家?

将来は詩人?それとも発明家?

image by PIXTA / 2300842

読書家だったアルフレッドは、病気がちだったため惨めさや淋しさを紛らわすように、詩を書いたようです。
発明家としての人生を歩み出したころにも色々な詩を残しています。
一方、推論と実験の連続の化学には、幼いころから大変興味を持っており得意科目でした。
そのためか、アルフレッドは、よく父の工場に行き、機雷や地雷の実験を見たり、父から火薬についての知識を教えてもらっていたようです。

17歳の頃のアルフレッドは、詩を書く時間が長くなり、父の事業に関心がなくなっていました。
優秀な成績を収めて学校を卒業したアルフレッドは、人生の岐路に立っていました。
その時、父は海外への旅行を薦めました。

見聞を広めるために旅を決意したアルフレッド

見聞を広めるために旅を決意したアルフレッド

image by iStockphoto

海外遊学を決意したアルフレッドは父の仕事に関係がある中欧とイギリスを旅行し、その後、著名なペローズ教授から「実験室で一緒に仕事をしよう」と招待を受けてパリを訪問しました。
パリでも彼は、まだたくさんの詩を書いていました。

その後、父の使いでニューヨークに行き、発明家で実業家だったジョン・エリクソン(スウェーデン人)と出会わせています。
実は、父は蒸気の代わりに空気を熱して動力にできないかとの研究をしており、エリクソンは蒸気機関発明の一人者だったため、彼の力を必要としていたようです。
父には、文学の道を断ち切りたい狙いがありました。
2年の外国遊学を終える頃には、父の気持ちが伝わったのかアルフレッドの心は、すでに決まっていました。

ノーベル親子会社の設立

ノーベル親子会社の設立

image by PIXTA / 31298857

1851年に帰国したアルフレッドは、父の会社を見て驚きました。
ほんの小さな町工場のようだった工場は、1000人を超す大きな会社へと成長していたのです。
ロシア皇帝ニコライ1世が、領土拡大政策を進めており、新しい武器を必要としていました。
対ペルシャ戦争やトルコ戦争が起こり、更に領地は広がり、どんどん武器の需要が増えたのです。

アルフレッドが帰国したのを機に、父は自社工場の出資者の持ち株をすべて買い取り、「ノーベル親子会社」と名前を変更しました。
これにより、アルフレッドをはじめ3兄弟は共同経営者となりました。
1853年にクリミア戦争がはじまり、更に需要が増えました。

軍需用品の製造を禁止されるノーベル親子会社

軍需用品の製造を禁止されるノーベル親子会社

image by iStockphoto

ここまで軍の受注により仕事を得ていた会社ですが、ロシアがクリミア戦争に敗戦して戦争が終わりました。
1856年に政府は突然滞っていた債務の返済を中断してきたのです。
しかも戦争が終わったことにより、武器の受注も無くなり、破産寸前となってしまいました。
国からの仕事は利益もほとんど出ていなかった上に仕事もなくなり、1859年、ついにノーベル親子会社は破綻しました。
父と母と幼かった末の子は、故郷のストックホルムに逃げるように帰りました。

しかし、ここでも神の降臨はありました。
債務を整理し、今度はノーベル兄弟会社として再出発することに成功しました。
これは、兄弟のルードヴィが粘り強く、誠実さと信念をもって事業再開のため試行錯誤した結果でした。
一方、アルフレッドも何か、新しいものをと実験を繰り返していました。
この実験は、後世に残るものではありませんが、「ガス計量器」と「気圧計」という計器でした。
これで、アルフレッドは、初の特許を取りました。

ニトログリセリンと出会うアルフレッド

ニトログリセリンと出会うアルフレッド

image by iStockphoto

アルフレッドは、かつての恩師ジーニン教授やトラップ教授にも接触をはじめ、復活への一歩を踏み出しました。
ジーニン教授は、ニトログリセリンを発明したイタリア人のソブレーロという学者をアルフレッドと一番上の兄ロベルトに紹介しました。
1855年にアルフレッドは初めて、ニトログリセリンと出会います。

アルフレッドには、この物質がもつ化学反応は、新鮮で衝撃的なものでした。
でも、ニトログリセリンは不安定なもので、かなり危険性の高いものでした。

起ってしまった悲劇

起ってしまった悲劇

image by iStockphoto

ここで、着目したのが、狙って爆発させるための起爆装置でした。
1862年に、サンクトペテルブルクで水中爆発実験に成功し、スウェーデンでは特許を獲得しました。
「ノーベル式油状火薬」を確立したことにより、「アルフレッド・ノーベル氏、脅威の新式爆薬を発見!」と、新聞や雑誌もこぞって彼を書きたて英雄的な扱いをしています。

順調に見えていましたが、1864年に工場で爆発事故が起こってしまいました。
アルフレッドの研究を手伝っていた弟エミールも犠牲になりました。
通行人や隣人を巻き込む5~6人が犠牲になったといわれています。
この事故で、スウェーデンでは実験が禁止されたほどの衝撃的な出来事で、アルフレッドはドイツのハンブルクに工場を移しました。
アルフレッドは、事故について死ぬまで一切口にしていません。

事故後、世間の風当たりは強く冷ややかでしたが、スウェーデンのある資産家から資金援助を受けられることになり、1864年11月に世界初のニトログリセリン製造会社を設立することができたのです。
彼は、チラシに新爆薬の利点を書き、それを見た人たちはこぞって爆薬を注文しました。
しかし、この新爆薬は、シベリア鉄道の作業員死亡事故に始まり、パナマの貨物船が爆沈し74人もの死者を出すなど、あちらこちらで事故が多発しました。
またもやアフルレッドは窮地に立たされました。

ダイナマイトの完成

ダイナマイトの完成

image by PIXTA / 12068540

この事故にもめげず、研究を続けたアルフレッドは、珪藻土(けいそうど)という堆積岩を見付けたのです。
この珪藻土にニトリグリセリンをしみ込ませ、起爆実験をしてみると、すこぶる調子のいいもので、威力も他のものと比べると5倍も大きかったとか。
これがダイナマイトの完成でした。
1867年に特許を獲得し、最終的にはダイナマイトの生産において50か国で特許を取得し、100ヶ所の工場を作り大富豪になりました。

1875年には、摩擦や衝撃に強いゼラチン状の爆薬を完成させ、1884年に無煙火薬のバリスタイトを発明しました。
この頃、スウェーデン王立科学アカデミーの会員になり、フランス政府からレジオン・ド・ヌール勲章を授与され、1893年には、ウプサラ大学から名誉学位を与えられました。
彼にとっては、人生最高の時でした。

「死の商人」と呼ばれたアルフレッド

「死の商人」と呼ばれたアルフレッド

image by PIXTA / 27635647

ダイナマイトを発明したことで、アルフレッド・ノーベルという名は、世界中に広まりました。
ダイナマイトは、トンネルを造ったりと、建設現場で使われるものだと思っていました。
でも、人を殺すための武器としてダイナマイトを受け止める人もおり、大量兵器を売っているという汚名から「死の商人」と呼ばれるようになったのです。

彼を擁護するわけではありませんが、幼少時代から秀才だった彼は、戦争で使われるかもしれないことは十分考えており、ダイナマイトが戦争の抑制力となることを願って世に出したとの説もあります。

ノーベル賞を作ったアルフレッドの気持ち

ノーベル賞を作ったアルフレッドの気持ち

image by iStockphoto

ダイナマイトを作ったことにより、アルフレッドは一生贅沢しても使いきれないほどの巨万の富を得ました。
父の会社の工場の残務整理を任され見事に復活させた、兄ルードヴィの死をアルフレッドと間違えた新聞が見出しに『死の商人、死す』と書いたのです。
彼は、弟まで亡くして苦悩の末に作りだしたダイナマイトを世に出したことにより、「死の商人」と呼ばれました。
死後どのような評価を下されるかと、不安だったノーベルは、妻子がいなかったこともあり、自分の遺産をつぎ込んでノーベル賞を創設するよう遺書を残しました。

これにより、5つのノーベル賞とノーベル財団が設置されました。
アフルレッドの膨大な遺産を巡る様々なトラブルを乗り越え、1901年に初めてのノーベル賞が与えられました。
最初の物理学賞は、皆さんご存知、X線で有名な、ドイツのヴィルヘルム・コンラート・レントゲンです。
ノーベル賞に平和賞があるのには、アルフレッド・ノーベルが世界平和を気にかけていたからでしょう。

2018年の冬期平昌オリンピックでは、平和の象徴であるオリンピックを、弾道ミサイルを頻繁に撃ち警戒されている北朝鮮で、一部の競技が開催されるかもしれないとの報道がありました。
現在、世界中で様々な争いが起こっています。
ダイナマイトが、アルフレッド・ノーベルの思いと違う方向に向かわないことを祈るばかりです。

「死の商人」と呼ばれたアルフレッド・ノーベルは、ノーベル賞を通じて人々に希望の光を与えています

ノーベル賞6部門のうち、ノーベル平和賞だけがスウェーデンでなくノルウェーで授与式が行われています。
平和を愛するノーベルがダイナマイトを作ってしまい、「死の商人」とまで呼ばれてしまいました。
だからこそ、ノーベル平和賞の存在価値が、大きいものになっているのではないでしょうか。
photo by PIXTA and iStock