【愛知お土産】地元民が選ぶ!スイーツから味噌まで愛知県のお土産28選

愛知県のおみやげにはどんなものがあるか、美味しいおすすめなどを紹介します。愛知というとやはり赤味噌。赤味噌をうまく利用したグルメやお土産が多いかも。そんな点から名古屋めしが浮かぶかと思いますが、良く知られている八丁味噌は実際には名古屋市ではなく愛知県岡崎市発祥です。愛知県の首都であり経済的にも主体となっている名古屋市であるせいでしょうか、名古屋めしのように名古屋なんとかというネーミングでも実際には名古屋市ではなく愛知県内のどこかで作られているものがけっこうあります。そんな点も織り交ぜながら愛知の美味しい思いのこもったお土産いろいろ紹介してみたいと思います。最後に番外編もあります。

#1 噛めばかむほど味わいある坂角のゆかり


坂角総本舗のゆかり、坂角イコールゆかりのような感じで知られていますね。
噛めば噛むほどに味わいある食感のちょっと固めのえびせんべい、このゆかりは愛知県東海市の企業ですが、やはり名古屋限定という名古屋城と徳川家康のデザイン缶のものも出ています。
キヨスクやデパ地下で販売されていますがいろんな種類があり、お店により扱いがさまざまかと思います。
香ばしくえびの風味豊かで人気。
ホームページではゆかりを使用したレシピも出ていてユニークな食べ方もあります。

#2 小さ目で食べやすいさくさく日記


定番のゆかりを小さくこぶりにして食べやすく、パッケージもカジュアルかつちょっぴり可愛い雰囲気に仕上がっています。
お子様がいるファミリーなんかには定番のゆかりよりもネーミングのようにさくさくっと食べやすくておすすめの商品。
仕事の合間なんかにも気軽につまんで食べやすいので職場のお土産にもよさそう。

#3 かわいいデザインのかわいい和

View this post on Instagram

開けましておめでとうございます㊗︎ 私のほぼ食べ物専用のインスタですがw 見てくださる方 ありがとうございます 今年もよろしくおねがいします☺︎ 今年の目標は健康になることです。 @midorikapibara さんから頂いたお菓子❤︎ お正月っぽいので写真撮っておきました❤︎ 中身はすぐ食べちゃいましたけどw 美味しゅうございました❤︎ #かわいい和 #kawaii#桂新堂 #福々まねき#来福招福 #無病息災#japan #happynewyear #2018年 #招き猫#🐈#cat #おせんべい#🍘 #japanesefood #和菓子 #うさぎとかめ #🐰#亀 #童話#カチカチ山 #タヌキ

A post shared by ♡なつめです♡ (@8cgt8) on


愛知県のえびせんといえば、こちら桂新堂も忘れてはいけません。
坂角とは少し趣がちがいまして、どちらかというとかわいいらしい雰囲気の趣向をこらしたデザインのえびせんべいという感じ。
やっぱり「かわいい和」というネーミング通りにかわいいえびせんべいで、かなりいろいろなデザインのえびせんべいが出ています。
日本のおとぎ話やいろんな地区の名所などを上手にえびせんで表しています。
このえびせんをかわいい器やシートなどを使ってお絵かきみたいにデザイン配置して写真を撮ってSNSに投稿してるのをよく見かけます。

#4 桂新堂の季節えびせんべい


上記、先に紹介した「かわいい和」とはまた別シリーズで季節ごとにその季節の雰囲気をうまくえびせんべいで表しています。
とってもかわいくて、見て楽しみまた、食べても美味しいえびせん。
夏には涼しげなデザインだったり、またバレンタインにはハートの形、新年には干支やだるまなど季節により移り変わり順次さまざまなデザインが趣向をこらして登場しています。
パッケージもその季節ごとに合ったものでつつんであったりもしてオシャレかわいい。

#5 とても便利なつけてみそかけてみそ


ナカモの”つけてみそかけてみそ”これほんとにとってもおすすめの一品。
これがあればおうちでみそかつができちゃうし、夏場には簡単に軽く冷たいそう麺を食べるときにトッピングしても美味しいですよ。
冷蔵庫に1本あるととても便利。焼きナスや冷奴にはもちろん、炒め物にも使えるし、味噌好きなミセスにもあげたら喜ばれるかも。
つけてみそかけてみそ、というネーミングそのもので便利、愛知県清須市にあるナカモ(株)のヒット商品。
今ではマイルド、ゆず味、プレミアムも登場していまがキヨスクなどお土産売り場ではレギュラーのもので、高島屋名古屋地下食料品売り場などでていることがあります。
お好みに合わせて選んでね。

#6 ふだんのおやつにしるこサンド


さくさくっと普段気軽にみんなでつまめる親しみやすいおやつ。
愛知県小牧市にある松永製菓(株)のヒット商品。
まずはやっぱり定番の元祖しるこサンドを食べてみてください。
他にもいろいろな種類が増えていまして、カリっとスティック状のものや、より軽くさくさく食べれそうなクラッカータイプや塩しるこサンド、ビッグサイズなメガしるこサンドも。
小牧市には松永製菓直営のあんびすきゅいというカフェがありバイキング形式でビスケットを食べることが出来、このカフェ限定で生しるこサンドが買えます。

#7 ふわりもちっと名古屋ふらんす


和菓子によく使われる”おもち”とフランスの焼き菓子”ガトー”をうまく組み合わせて作られたでらシャスなスイーツ。
この「名古屋ふらんす」は、なにかしら美味しいものを組み合わせてつくるという名古屋の食文化からヒントを得て生まれたそう。
もっちり感とふんわり軽い食感が上手にコラボしてとてもおいしいスイーツに仕上がっていて人気のお土産。
国内外のお菓子関連のいろんな賞を何度も受賞しています。「サロン・ド・テ 名古屋ふらんす」というスイーツサロンが愛知県みよし市にあり、明るく広い店内は解放感がありゆったりとティータイムを過ごせます。
機会があればサロンにも行ってみてください。

#8 香ばしくて美味しいえびせんべいの里えびせんべい


愛知県の知多郡美浜に本店があり、えびせんづくりの道具やえびせんべいのもととなる魚類を捕る際に使用していた船などの展示もしています。
かなりたくさんの種類のえびせんを存分に試食ができ、無料のコーヒーやお茶もあるのがありがたい。試食してみて買うせんべいを決めれるのもグッド。
迷うほどいろんな味のえびせんがあり、とても香ばしくどれもそれぞれに美味しくふだんのおやつに最適。

体験コーナーでは直径30㎝ほどの大きなえびせんに醤油などで味付けしたりお絵かき感覚でできますのでファミリーで楽しめます。

#9 キュートなウイロバー


レトロな雰囲気のクラフトボックスに入った、かわいいアイスキャンディーのような形の小さなういろ・ウイロバーは大須ういろの商品。
さくら、くろ、しろ、ないろ、まっちゃの5本入り。食べきりサイズなのでもらった場合もちょうど程よいし、自分用に購入してもグッドですね。
ういろは砂糖ともち米を練り合わせた和菓子で、ないろはういろにこしあんを加えた大須ういろのオリジナルだそう。

名古屋市中区の栄地下街に和カフェ「緋毬(ひまり)」があり、かなり小さなスペースではありますが落ち着いた和空間でここでしか食べられないオリジナルメニューがあるので機会があればぜひどうぞ。

#10 しっとり甘じょっぱい八丁みそまん

View this post on Instagram

名古屋でのお仕事を終えて帰宅中。 ' 予定よりかなり遅くなってしまったら… 同行していた代理店の担当者さん(若くて可愛いイギリス人女性)が走って買ってきてくれた。 「ごめんね、すごくおいしいもの買ってあげる」と言って。。 ' ホームでわかれて別々に新幹線に乗り込み… さっそく食べました。 おいしい。。すごくおいしい。。 ' つくづく自分のことを こどもみたいだなぁと思うけど、、、 こんなふうに思ってくれる人の願いなら 無理してでもかなえてあげたいし よろこぶ顔が見たいと思う ' #みそまん #八丁みそ #八丁みそまん #あんこに負けたわけじゃない #犬みたい

A post shared by もりさきまゆか【森崎 繭香】 (@mayucafe) on


岡崎市のカクキューの八丁味噌を使用した八丁みそまん。
もちろんあんこの甘さの方が強いですが、ほんのり味噌の塩気もありあまじょっぱい感じでしっとりやわらかく食べやすい。
ちなみに八丁味噌の八丁とは、みなさんご存知でしょうか?江戸時代に岡崎城から八丁の距離(約800m)にある八丁村でつくられていたことから名付けられたそうです。パッケージにはしゃちほこと岡崎城の名花、藤の花があしらわれています。

#11 昔ながらの千なり


長く歴史ある和菓子の老舗両口屋是清の千なりは、地元愛知では昔から親しまれている和菓子。
しっとりしながらふんわり感もある丸い生地にたっぷりの粒あんをはさんであります。
粒あん、紅あん、白あん、抹茶あんなど。
名古屋駅前のJR名古屋高島屋では時折イベントなどに合わせて限定品が、また名鉄百貨店ではナナちゃんの刻印入り千なり(名古屋土産参照)が販売されたりしています。

夏場は冷たいアイス千なり

ちなみに夏季限定ですが、アイス千なりが出ています。
訪れる時期がうまく合えばアイスもいいですよ。

#12 食べきりサイズのささらがた

両口屋是清の商品としては息の長いオーソドックスな千なりに比べると新し目な商品のささらがた。
通年出ている定番の味にやはり季節によりその時期にふさわしいイメージで季節バージョンが順次登場。定番の味は「大納言」、「白小豆」、「抹茶」、「羊羹 黒糖」、「羊羹 紅つぶ」。

ささらがたは食べきりサイズで、包みもクルっと開けて片手でもさっと食べられるように工夫されています。

ささらがた季節バージョン


外箱もかわいらしく、ひなまつりや五月の節句、お正月などその季節ごとの手土産にもぴったり。
お茶うけにも最適。
バラで1本づつ購入できますが季節バージョンはセットの外箱もグッドなので、とくにどなたかに差し上げるときには箱色セットがより良いかも。
しっかりとした外箱なので食べた後にかざっても素敵な雰囲気。

#13 ご当地の味、おにぎりせんべいかけみそ味


あの万能味噌のかけてみそたべてみその味付けのおにぎりせんべい。
甘味のあるみそだれ風味が年齢問わず食べやすい。
このような商品すでにあってもよさそうな雰囲気ですが、中部国際空港セントレア、株式会社マスヤ、東海キヨスク株式会社の3者共同開発で2017年3月に発売された、まだ比較的新しいお土産。パッケージも愛知って感じが出ていてお土産にいい雰囲気。
ふたを開けると○○へ行ってきましたっていうフレーズがプリントされています。

#14 もちもち美味しい青柳総本家一口生ういろう


一口タイプの生ういろう。
真空パックではないので、日持ちが翌日までとなりますがゆえにもちもち生の美味しさがあります。
一口タイプなので食べきりサイズで、通常の定番の味が数種類あり、毎月月替わりが登場します。
一つから購入可能ですが、4個・8個・12個入の箱があり、好きな味を選んで詰めてもらえます。
シンプルながらちょっぴりオシャレな箱詰めです。
こちらは名駅KITTE名古屋限定で、人気の大須商店街にある大須本店では第2・4の土・日曜日のみ販売との事。

#15 ぴりっと美味しいひつまぶしの里


ひつまぶしというと、けっこうお高めなもの。
料亭などで食べる時の最後にはひつまぶしを茶漬けとして食べますね。
そのひつまぶし茶漬けをなるべ料亭の味に近いものをと試行錯誤して試作、研究を何度かして出来上がったひつまぶしの里。
意外とお手頃な価格で購入できて、しかも保存期間が長めなので購入しておいて、食べたいときにお湯をかければさらっと簡単にひつまぶし茶漬けがおうちで食べれちゃいます。
ワサビが程よく効いていて、三つ葉の風味も良く美味。
お勧めの一品。

#16 味噌スープが特徴の山本屋味噌煮込みうどん

愛知ならではの濃いめな赤味噌スープにちょっと固めで歯ごたえある食感の麺が山本屋の味噌煮込みうどん。
やはり一番は熱々できたてをお店でたべるとより良いでしょうが、おうちでも簡単にその味噌煮込みを再現できるようなセット。
半生タイプ、日持ちのする冷凍、平打ち極太麺が出ています。
お好みに合わせて選択してください。

#17 かわいらしいひとくちういろ花しぼり

餅文総本店の花しぼりは甘さがひかえめな感じのこし餡・ゆず餡・抹茶餡を食べきりの小さ目なサイズにしぼり包んであるもの。
コロンとかわいらしいういろに仕上げた花しぼり。
女性に喜ばれそうな雰囲気。
夏場は冷やしてたべるとよりいっそうグッドな夏向け水ういろ、というタイプも出ます。

#18 両口屋和カフェダイニングの和らん冨士


両口屋是清は名古屋発祥の和菓子の老舗。
昨今では関東あたりにはいくつかの店舗がネーミングもその店舗ごとにオシャレなネーミングで出店しています。
富士山をかたどった和菓子がいくつか出ていて、名古屋高島屋のゲートタワーモールのレストラン街に2017年にオープンした和カフェダイニング和らんオリジナルの和らん富士もその一つ。
1ケづつ個包装されたフィナンシェ風で、中にはこしあんが入っていてしっとりした食感でやさしい風味。
海外のお友達へのお土産にしたら喜ばれそうですね。和カフェダイニング和らんは名古屋駅前にあるので立ち寄りやすいと思います、イートインメニューも見て楽しみ食べても美味しいメニュー。

#19 しっとり美味しい金シャチ焼


金シャチ焼は、名古屋城の守り神である金シャチをかたどったカステラ焼きで、金シャチ焼本舗さくらが名古屋城の天守閣のふもと内苑売店で焼いています、名古屋城へ行けば運が良ければ焼きたてがたべれるかも。

金シャチ焼には、小倉・カスタード・チョコレート・抹茶がありしっとりした生地に包まれたほっこりしたおやつ。

名古屋おもてなし武将隊デザインは「外国人100人が選ぶあいち・なごやのお土産コンクール」にて名古屋市長賞を受賞したそうで、小倉・カスタード・抹茶の3個入り。

金シャチ+武将隊のパッケージは愛知のお土産としてグッド。

#20 サクサクっときしめんパイ


きしめんパイはきしめんそのものが素材として使われているわけではなくて、ひらっぺったい麺の形を模した雰囲気のさくさくっとした軽い食感のパイ。青柳総本家の商品でKITTE名古屋の店舗ではかなり小さなスペースではありますがイートインスペースがありそのお店メニューにういろうパフェというのがあり、かくし味的にきしめんパイが使われています。
(下記画像参照)

程よく冷たいういろうパフェ

青柳総本家KITTE名古屋店のイートインメニュー。
小さなういろうが程よいアクセントになっていて、かくし味的に一番下にはきしめんパイがかくれています。また、真夏にはういろうがのったかき氷も登場します。

ちなみにこちら青柳総本家はういろう、名古屋のもうひとつのお店の方はういろ。

#21 ユニークなかえるまんじゅう


見た感じがほっこりするカエルさんの形をしたまんじゅうで、中にはこしあん入り。
季節によりおいもあん、チョコあん、さくらあん、抹茶あんも出るそう。楽しい語呂合わせからできたカエルのようで、旅行から無事カエル、努力の柳に飛びつきカエル、幸福カエルなどあり、旅行みやげに縁起良いかも。

やはりこのカエルさんを使ったメニューが青柳総本家Kitte名古屋店にあるので下記参照。

かえるのミルク風呂

お土産のほっこりしたカエルさんがミルクのお風呂に入ってますますほっこりするイメージのイートインメニュー。
雰囲気あり絵になるメニュー、機会あれば食べてみて。写真映えするのでよくSNSで見かけます。

#22 名古屋の喫茶店の味小倉サンド


名古屋の喫茶店で人気の小倉トーストからできあがったお土産用の小倉サンド。
さくっとした生地の間にはつぶあんとクリームがサンドされています。ひとつひとつが職人さんの手作りで、優しい味わいのおやつ。
パッケージにはやさしい風合いで小豆がちらばっていてかわいくて、小倉の倉の字には金しゃちが模してありユニーク。

#23 味噌風味が意外と美味な金鯱ロール


堂島ロールのモンシェールのご当地ロール名古屋版。
八丁味噌を使用したみそ生地のロールの中には、みそクリーム、みそカスタード、求肥、あんこが入っていてまさしく愛知、名古屋の名物をふんだんに使用したロールケーキで表面に金しゃちの焼印入り。名古屋ミッドランドスクエアと名古屋伏見店限定。

ミッドランドモンシュシュでhイートインメニューでワンカットがアイスなどと盛り付けられたメニューで食べられますが、カットすると金しゃち焼印は見えません。

#24 みなさんおなじみのやまちゃん手羽先


やまちゃんの手羽先、説明するまでもなくいまでは愛知以外の地区でもお店があり食べられるようになってるでしょうが、やはり本拠地愛知で食べてみるとよいかも。濃いめの味付けで甘さと辛さの絶妙なミックスで夏場にはビールがぐっと美味しくすすんでしまうでしょう。
名古屋にはお店がいくつかあり、またお土産用はデパ地下などでも購入できるので帰路の新幹線の中でその時の旅を思い出しながら食べるのも良いかも。

#25 ご当地、じゃがりこ手羽先東海限定

View this post on Instagram

#お仕事中 #じゃがりこ手羽先味 #名古屋の余韻

A post shared by TS (@whitetree1123) on


東海地区限定のカルビーのじゃがりこ手羽先味。
ピリっとしたスパイシーな甘辛さもうまく出ていて、パッケージには手羽先カラーのオレンジと金しゃちのゴールドを使用したインパクト大なデザインで愛知のお土産にはもってこいのお手頃品。
中の袋にはだじゃれが描かれているそうで開けてのお楽しみ。

#26 甘辛がいい味のチップスター手羽先


東海キヨスクと中部国際空港セントレアのおみやげ館の限定品。ナビスコチップスターにおなじみの手羽先甘辛だれ風味をうまくフレーバーで味付け。
パリパリっと手軽におやつにおつまみに。

#27 味わい深い犬山名物、げんこつあめ


噛めば噛むほどに味わいのあるげんこつ飴は、きな粉、ごま、黒砂糖を主体とした添加物は一切使わずに今でも昔ながらの手作り品。
はじめ固いですが、口に入れてちょっとなめているとしだいにキャラメルぐらいのやわらかな食感となり味わい深い。げんこつ飴は素朴ながらもミネラル、栄養素がたっぷりで、昔むかし犬山城主が、陣中食として、家来に振舞ったそうだ。

犬山名物の藤澤げんこつでは、犬山市のゆるキャラ犬、わん丸くんのかわいいパッケージ品も出していてお土産に喜ばれそう。
SNSで昨今人気の犬山城下町で探してみてね。

わん丸くんは土日には登場することがあるよ。

#28 美しくかわいい舞のかざし

犬山城下町にある創業50年ほどの和菓子店、桜屋菓舗の”舞のかざし”が女性に大人気。
串物の町、犬山城下町のいろんな串ものが出ている中でひときわかわいらしくやさしい風合いの和菓子の串。
季節により桜が秋は紅葉の雰囲気の葉に変わることもあります。
お店では他にも四季折々その時期の雰囲気に合わせた和菓子がでています。
犬山市のゆるキャラわん丸くんの焼印入りのどら焼きなどが出ることもあります。

<番外編> 犬山城下町のハート特集

番外編でちょっと気になるいろんなハートの食べ歩きができる犬山城下町をご紹介。国宝犬山城の城下町では串ものをいろいろと食べ歩きできます。

また、城下町のお店ではいろいろと工夫を凝らしていて、見て楽しみたべても楽しめる雰囲気のメニューがいくつかあり、この頃SNSでもよくアップされていて、かわいらしいほっこりとしたハートが女性に人気。
愛知のおすすめ観光の一つとして載せてみます。

ハートがいっぱいの神社

犬山城、城山の麓にある神社「三光稲荷神社」にはハートの絵馬がいっぱい。
ピンク色のハートがかわいらしく、やはり女性に人気。
良縁祈願に最適。銭洗の場もあり、御神水でお金を洗うと何倍にもなって返ってくると信じられていると同時に清浄の福銭を持っていると一家繁盛・子孫長久になると伝えられているそうです。

かわいいハートや銭洗で願いがかなうとよいですね。
気になる方はぜひ訪れてみてください。

ハート付きのソフトクリーム


氷果楼 仁(ヒョウカロウ ジン)のソフトクリームにはハート付があります。
氷果楼 仁では、他にもいろんなかわいいメニューがあり、元々はかき氷専門店なので、ふわふわかき氷はもちろん他には、かわいいジャースイーツは”ももいろ仁じゃ-”なんてユニークなネーミング。
電球に入ったジンジャエールもあります。とってもかわいくて色合いもキュ-ト、写真映えすることからSNSでもよく見かけます。

氷果楼 仁ではつまみ細工のワークショップも時々開催して、なにかと興味深いお店。

電球ソーダ


氷果楼 仁の電球に入ったソーダ水、ひときわ目立つドリンク、どうやら下が光るらしい。

ハートのおこげ串


犬山城下町の「壽俵屋」は細長い大根の漬物・守口漬を販売するお店の香味茶寮。
店舗入り口には細長い大根がぶら下がっています。
お土産用の守口漬けも販売していて、試食してから購入でき、犬山名物串物としては”おこげ串”があります。
運がいいと時々、通常は丸いおこげがハート型になって出されることもあるよう。他にもお食事メニューなどもあり、デザートメニューには守口漬け風味のアイスがハートの最中で登場(下記画像参照)

ハートもなか


壽俵屋のピンクのハートメニューは、変わり種アイスで守口漬け風味のアイス最中。
漬物風味、えっ?…なんて思うかもしれませんが、そんなことなくほんのり塩気があり甘じょっぱい感じですがくせはなく意外にも食べやすい風味でおもしろい。犬山に行く機会があれば食べてみてください。

さいごに

愛知県のいろんなおみやげ紹介してみましたが、どこのお店のどの味が気になりますか?愛知というとどうしてもイコール名古屋な部分もけっこうありますよね、もちろんそんな名古屋の名古屋めしに関連する味わいのお土産もよいですが、その名古屋を囲むかいわい愛知のおもしろいお土産もありますので機会あれば愛知に来て買ってみてください。