アユタヤの観光完璧ガイド【タイをよく知る筆者が解説】

名前こそよく耳にするけれど、アユタヤって何があるの?と思っている人もいるかもしれませんね。世界遺産があり、タイの古い王朝時代を体感できる場所。そして象の国なんです。アユタヤから影響をうけて作られた寺がバンコクにはあるほど歴史のある場所。バンコクから気軽に日帰りできちゃう距離だから、ぜひ時間を見つけて訪れてほしい街、それがアユタヤなんですよ。ぶらりと訪れた時にしっていると、楽しめるアユタヤの情報を紹介します。

アユタヤ観光の前に知っておこう!

 

ずばりアユタヤってどんなところ?

 

ずばりアユタヤってどんなところ?

image by iStockphoto

1351年から1767年までアユタヤ王朝として独立していたアユタヤ。
独特の文化や歴史は今でも残っています。
同じアジアの国々からの影響と、ヨーロッパの影響もうけていますが、日本とも歴史的な結び強いエリアです。
もっとも知られるのは、社会科の時間でならう日本人町を作ったことで知られる山田長政ではないでしょうか?

日本と結びつきの強いそんなアユタヤですが、タイの人たちにアユタヤの印象をきくと、真っ先に象の国と言います。
たしかに象にあえるアトラクションなども多くアユタヤに存在しますし、象とアユタヤは生活の面でも長い歴史があります。

アユタヤの住所・アクセスや営業時間など

名称 アユタヤ
名称(英語) Ayutthaya
住所 Phra Nakhon Si Ayutthaya Thailand
営業時間・開場時間
利用料金や入場料
参考サイト https://www.tourismthailand.org/About-Thailand/Destination/Ayutthaya
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アユタヤ観光ってどのくらいの日数があれば楽しめる?

 

アユタヤ観光ってどのくらいの日数があれば楽しめる?

image by iStockphoto

2晩ほどあるとちょうどいいのではないかと思います。
ただゆっくりと買い物をしたいという場合は、余裕をもって3日間滞在されてみてはいかがでしょう。

寺院を見て回っている間に、同じように感じて飽きてしまう人もいるかもしれませんよね。
遺跡、寺院巡りを1日目。
2日目はグルメ中心で象に乗るなど、現地でしか体験できないことを中心にして過ごしてみましょう。
3日目は、ショッピング日としておくとよいのではないでしょうか。
女子などできてる場合は、美容の国でもあるタイなので、スパのんびりと過ごすのがおすすめですよ。

アユタヤ観光で必要な費用・予算は?

 

アユタヤ観光で必要な費用・予算は?

image by iStockphoto

アユタヤに限らず、タイ全般は日本と比べて物価が安いのが特徴。
最近は経済的に豊かになってきてはいるけれども、それでもまだまだ物価は安く、グルメにスパに楽しめますね。
ただし、治安の点では、東南アジアは表と裏が激しいところ。
いくら自分がしっかりしているからといっても、ガイドブックに載っていないようなところには行かないほうがいいですし、あまりにも安すぎるのは、現地の知り合いがいない限り、行かないという判断をすることが大切ですよ。

思いついたところで、平均的な物価値段を述べていきますね。

ビジネスマンなどの多いエリアでランチ、ごく普通のランチを食べるとすると90バーツほどかかるでしょう。

日本でもよく知られるファーストフードチェーン店のようなところで、単品でなくセットメニューなどを食べるとしたら110バーツ前後だと思います。

タクシーは、バンコクの半分ほどの値段で安いのですが、最近物騒なのでタクシーは利用しないほうがいいでしょう。
それはどの都市でもなるべく避けたほうがいいでしょう。
理由は、閉鎖された空間というのは、犯罪に巻き込まれやすいから。
オープンなトゥクトゥクなどの乗り物なら、大声で叫べはたすけをよべるかもしれませんが、タクシーは、要注意。

その他はこんな感じでしょうか?

〇ホテル代金はおおよそ、350バーツ

〇寺院を見学するのに、200バーツ。

〇バス、地下鉄などの利用に150バーツ。

〇朝食1人分70バーツ、水50バーツ、暑いのでアイスなど時々たべたりして、30バーツ。

こうやって見てみると、一日にかかる費用は、ホテル代を抜いて、800バーツほどだと思われます。
為替は変動するので、レートが良いときに行けるとラッキー!とりあえず、1バーツが3円で計算すると、1日3000円ほどでアユタヤ観光ができると考えてよいのではないでしょうか。

天気はどんな感じ?服装の注意点はある?

 

天気はどんな感じ?服装の注意点はある?

image by iStockphoto

もっとも寒くて20度前後、暑いときは40度ほどになるアユタヤ。
平均して35度前後の気温で、夏服があれば常に快適に過ごすことができます。
11月ころから徐々に気温が下がり2月ごろがもっとも寒い時期ですが、おそらく一番日本人にとって過ごしやす気候になるでしょう。

感じ方はそれぞれですが日本が冬に差し掛かっている時期に、タイに行くと暑いので夏服で十分です。
じめっとして暑く感じるのは、4月からで、9月の中頃は、雨期のピークになりますよ。

徒歩で遺産めぐりってできる?

 

ある程度有名な遺産、寺院などは同じエリアに集中して建っていますので、徒歩で見て歩くことができます。
マップを片手に見て歩いてわかりやすいですし、いまは、インターネットも使える時代です。
オフラインな状態でも使えるように、地図などを事前にダウンロードしたりしておくとよいでしょう。

徒歩で見学をするためのモデルコースなども多くのウェブサイトで紹介していますので、それらを参考に歩いてみるとよいでしょう。
個人的におすすめなのは、自転車。
アユタヤ歴史公園などは7キロほどありますが、暑さで徒歩で歩くのは疲れるなと感じる人は、ホテルにきいて自転車をレンタルするととても楽ちんですよ。

アユタヤ観光のモデルコースはこう!

 

バンコクから日帰り/一日滞在

 

バンコクから日帰り/一日滞在

image by iStockphoto

1日滞在もしくは、日帰りでアユタヤを楽しむことも不可能ではありません。
短い時間だけど、アユタヤを楽しむのにおすすめな観光名所をご紹介しますね。

1:リバークルーズ アユタヤの古都をみてまわる

ランチ付きのリバークルーズを申し込んでアユタヤ王朝時代の首都を中心に回ってみましょう。
多くのリバークルーズは内容がにたりよったりですが、短時間で、アユタヤの良さを感じることができ便利ですよ。

〇バーンパイン離宮

〇ワットマハータート

〇ワット・ナ・プラ・メン

など。
これにリバークルーズを足して過ごされると日帰りでもばっちり楽しめますよ。
アユタヤに滞在予定の場合は、ホテルのディナーやスパなどを午後に愉しみましょう。

3日滞在する場合のモデルコース

 

一日目は上記に書いた日帰り/1日コースを参照にしてくださいね。
歴史公園が一日だけでは物足りないと感じた人は、翌日もまた、歴史公園のあたりをぶらつくのもいいですね。

それ以外に2日目におすすめなのが、 象のための場所いわれるアユタヤなので、せっかくだから象ライドに行ってみませんか?

〇アユタヤエレファントパレス

この手のはいろいろあるので、自分に合ったものを探してみましょう。
施設内に宿泊施設も併設しているのもあるので、そちらで一泊するのもいいですね。
きっと良い思い出となるでしょう。
子連れなどの旅にもお勧めですよ。

3日目

ショッピングに時間を費やしてみるのもいいでしょう

〇スカイショッピングセンター

〇アユタヤシティパーク

市場もおすすめですよ。

ナショナルミュージアムのそばには、蚤の市ができますので、そのあたりをぶらぶらされてみてはいかが?

日本からは撤退したテスコなどのスーパーマーケットもあるので、日本では、手に入りにくくなったブランドのスパイス、お菓子なども世界的なスーパーチェーンで手に入れてみるのがおすすめですよ。
観光

アユタヤ観光で行きたいおすすめ観光スポットはここ!

 

1世界文化遺産である.Wat Phra Si Sanphet / The Grand Palaceワット・プラシーサンペット

 


朝早くから見学ができ、夜はライトアップもあるワット・プラ・シーサンペットは、最も神聖な寺院として知られます。
バンコクにある寺院のワット・プラカオーのモデルにもなったといわれています。
三つの仏塔がきれいに並ぶワット・プラシーサンペットは、とてもフォトジェニックでもありますし、公園にもなっているので、散策しても楽しいところです。

ワット・プラ・シーサンペットの住所・アクセスや営業時間など

名称 ワット・プラ・シーサンペット
名称(英語) Wat Phra Si Sanphet
住所 Ayutthaya, Tambon Pratuchai, Amphoe Phra Nakhon Si Ayutthaya, Chang Wat Phra Nakhon Si Ayutthaya
営業時間・開場時間 8:30−16:30
利用料金や入場料 50バーツ
参考サイト http://www.ayutthaya.go.th/eng_travel.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

2奇妙な寺院.Wat Phra Mahathatワットマハータート

 

ドキッとするような奇妙なものを目にすることができる14世紀に建立された寺院がこちらワット・マハータート。
ユネスコの世界遺産にももちろんですがなっています。

ブッタの頭が、木の根に挟まった写真を何度か見たことがある人いるのではないでしょう。
マハタートとは、釈迦の遺骨あるいは、遺跡という意味です。
かつて、ビルマからの攻撃をうけたことで、寺院が崩れて廃墟となってしまったこの場所。

寺院があったために、戦争で壊れてしまったときの、仏像の頭などが木の根っこにはいたまま、成長して今のようになったといわれています。

一見不気味ですが、ここにこの菩提樹とブッタの頭があり続けているのは、今が平穏ということにもつながりますね。

ワットマハータートの住所・アクセスや営業時間など

名称 ワットマハータート
名称(英語) Wat Phra Mahathat
住所 Tha Wa Su Kri, Phra Nakhon Si. Ayutthaya Thailand
営業時間・開場時間 8:00−18:00
利用料金や入場料 50バーツ
参考サイト https://www.tourismthailand.org/Attraction/Wat-Phra-Mahathat–7
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

3.ワット・ナ・プラ・メン/Wat Na Phra Men

 

View this post on Instagram

Indoor area of Wat Naphramane temple.

A post shared by Rollan Parani Shah Rahmat (@rollan_shah) on

アユタヤ王朝後期に造られた寺院がこちらワット・ナ・プラ・メンです。
古代のモン族の仏像などを見ることができ、観光名所として人気ですよ。

ワット・マハータートからは徒歩30分ほど、川の向こう側にあたりますが、公園を通り、川方面に向かう途中には、お店などもあり散策して歩くには良い場所です。

ワット・ナ・プラ・メンの住所・アクセスや営業時間など

名称 ワット・ナ・プラ・メン
名称(英語) Wat Na Phra Men
住所 Khlong Sa Bua, Phra Nakhon Si. Ayutthaya Thailand
営業時間・開場時間 8:00−17:00
利用料金や入場料 100バーツ
参考サイト http://liveinthailandnow.com/wat-na-phramen/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

4.象ライドを楽しめるAyutthaya Elephant Palace & Royal Kraal

 

https://www.instagram.com/p/BSx8RkxBzv5

トレーニングがきちんとされた象がいて、安心して観光客が象ライドを愉しむことができるタイ。
アユタヤでは象ライドで、有名観光めぐりができますよ。

現地でも申し込めますが、日本の旅行代理店を通して象ライドをオプションで付けてもらうことも可能。
現地で言葉に不安がある場合などは、前もって日本の代理店を通して予約して置いたほうがいいでしょう。

エレファントパレスは、15分ほどで、有名な寺院がある通りを象の背中に揺られながら見ることが可能なんですよ。
Royal Kraalのほうは、少し郊外にいくのですが、こちらは村の中に90頭ほどの象がいて、宿泊施設も完備しているので、象の暮らしをより身近に見ることができますよ。

アユタヤ・エレファントパレスの住所・アクセスや営業時間など

名称 アユタヤ・エレファントパレス
名称(英語) Ayutthaya Elephant Palace & Royal Kraal
住所 Pa Thon Rd, Tambon Pratuchai, Amphoe Phra Nakhon Si Ayutthaya
営業時間・開場時間 8:00−17:00
利用料金や入場料 400バーツ
参考サイト http://www.elephantstay.com/Ayutthaya-Palace-oneday-visit.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

5.日本人街跡地で歴史体験

 

歴史に興味がない人でも15世紀にこんな侍がいたのか?とちょっと驚きを感じることができる場所がアユタヤの日本人町跡です。

日本人街は跡形も消えてしまったのですが、記念公園が残っています。
資料館もあるので、ぜひのぞいてみましょう。

日本人町跡の住所・アクセスや営業時間など

名称 日本人町跡
名称(英語) Japanese Village
住所 Kamang, Phra Nakhon Si Ayutthaya Thailand
営業時間・開場時間 8:00−17:00
利用料金や入場料 50バーツ
参考サイト http://www.thai-japanasso.or.th/aboutus/japanvillage.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

誰にも教えたくない!アユタヤ観光の穴場スポットはここ!

 

1.懐かしのレトロおもちゃに出会えるMillion Toy Museum

 

忘れていた懐かしのおもちゃにであえるそんな場所がアユタヤにあるんですよ。
昭和生まれの人たちにとっては、とても懐かしく子供時代にかえることができる場所。
忘れていたおもちゃと遭遇できるかもしれません。

もちろん、古いおもちゃを知らなくても、たくさんのおもちゃに囲まれることができる環境だけに、子連れで訪れて楽しめるところですよ。
どこを見渡してもおもちゃだらけだから、子供も喜ぶこと間違いなしの観光スポットとなりますね。

Million Toy Museumの住所・アクセスや営業時間など

名称 Million Toy Museum
住所 2 Uthong Rd, Tambon Tha Wa Su Kri, Amphoe Phra Nakhon Si Ayutthaya
営業時間・開場時間 9:00−16:00
利用料金や入場料 大人50バーツ 子供20バーツ
参考サイト http://www.milliontoymuseum.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

2 レッドクロスフェアー

 

2 レッドクロスフェアー

image by iStockphoto

観光客相手にできたものも多いために、ぼったくりと感じてしまうこともあるタイ。
でも現地の人が昔から楽しんでいるお祭りなら、そのようなことも少なく、純粋にアユタヤを楽しめるかもしれませんね。

世界遺産を祝うために、毎年開催されるお祭りは、夜もパフォーマンスがあり、音と光の競演も楽しめる素敵なイベントとなっていますよ。
象の国アユタヤらしく、象も出てくるので、子供連れの家族旅行の人も楽しめるでしょう。

レッドクロスフェアーの住所・アクセスや営業時間など

名称 レッドクロスフェアー
名称(英語) Ayutthaya World Heritage and Red Cross Fair
住所 Ayutthaya, Tambon Pratuchai, Amphoe Phra Nakhon Si Ayutthaya
営業時間・開場時間 1月下旬〜2月上旬
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.tatnews.org/event/ayutthaya-world-heritage-fair-2017/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アユタヤ観光でおすすめのホテルはここ!

 

川沿いのホテルで施設も充実のkrungsri river hotel

 

立地が良く、ホテル主催のリバークルーズで食事も楽しむことができるなど、設備も充実したホテルに滞在し、アユタヤをたっぷり楽しみませんか?

202あるホテルの客室は、観光やビジネスの後でもくつろげるように、スペースがたっぷりと大きめ。

館内にあるレストランでは、ホテルそばに流れる川を眺めながら、中華やタイ料理を満喫できます。
ライブパフォーマンスもつくので、タイムード満載なか、食事を楽しめること間違いなし!

クルンスリ リバー ホテルの住所・アクセスや営業時間など

名称 クルンスリ リバー ホテル
名称(英語) Krungsri River Hotel
住所 27/2 Moo 11 Rojchana Rd., Kamang, Phra Nakhon Si Ayutthaya
営業時間・開場時間 チェックイン14:00 チェックアウト12:00
利用料金や入場料 1泊1室2,800バーツ〜
参考サイト http://www.krungsririver.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

少し長めに滞在するならAyutthaya Retreat

 

View this post on Instagram

🛶

A post shared by PAPATSARIN S. (@pingpapatsarin) on

海外に旅行するとき、どんな宿泊施設に泊まるかって悩みますよね。
学生で長い夏休みが在ったり、仕事をやめてしばらくのんびりなんて思ってタイを訪れようと思っている人におすすめなのが、ここコンドミニアムの滞在施設Ayutthaya Retreat。

伝統的なタイを堪能できる宿泊施設で、フレンドリーなスタッフに囲まれてのんびりとできます。
立地もよいので観光にもぴったり。
ホテルには併設のガーデンがあり、開放的な空間でリラックスして過ごすことができますよ。

Ayutthaya Retreatの住所・アクセスや営業時間など

名称 Ayutthaya Retreat
住所 Wat thakarong Ayutthaya, PA
営業時間・開場時間 チェックイン16:00 チェックアウト12:00
利用料金や入場料 1泊1室2,700バーツ〜

かわいらしいホテルやカップルや女子旅におすすめHotel Baan Luang Harn

 

白い壁が印象的なとてもかわいらしいホテル。
記念日にカップルで滞在したり、気兼ねしない女子旅等に利用したい施設ですよ。
立地もよいので、観光にも便利。

もちろん、Wifiなども完備しているので、旅のプランや調べ事も困りません。
まるでそこで生活しているかのような滞在を楽しめちゃいますよ。

バーン ルアン ハーンの住所・アクセスや営業時間など

名称 バーン ルアン ハーン
名称(英語) Hotel Baan Luang Harn
住所 7/43 Hua Ro, Hua Ro Phra Nakhon Si Ayutthaya
営業時間・開場時間 チェックイン14:00−21:00 チェックアウト12:00
利用料金や入場料 1泊1室1,425バーツ〜
参考サイト https://www.facebook.com/baanluangharn/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アユタヤ観光でおすすめのグルメ・レストランはこれ!

 

川を眺めながら和とタイのコラボ料理を楽しめるBann Kun Pra

 

タイと和のコラボ料理を楽しめるこちらのレストラン。
なじみの和の食材とタイの地元の食材と合わさって、味わったことがない料理を楽しめちゃいますよ。

もちろん、タイ料理の代表トムヤンクンなども堪能できるレストラン。
川沿いのレストランなので、テラスや窓辺の席を予約して訪れることをお勧めします。

宿泊施設もあるのでレストランを利用して気にいたら滞在するというのもありかもしれませんね。

Bann Kun Praの住所・アクセスや営業時間など

名称 Bann Kun Pra
住所 48 Uthong Rd, Pratuchai, Amphoe Phra Nakhon Si Ayutthaya
営業時間・開場時間 7:00−22:30
利用料金や入場料 予算300バーツ〜

開業してから半世紀、地元の味として定評あるlung lek

 

https://www.instagram.com/p/BJZ_BQVhVGt

麺好きな人におすすめなのがこちらのお店。
50年ほどの歴史があるここでは、タイの伝統的な麺料理を各種食べることができます。
値段も手ごろで、観光名所そばにあるから、寺院を見学したあとに、ぶらりと立ち寄ってみてはいかがでしょう。

小腹を満たしてくれるのほどよい量ですよ。
昼食べすぎて、夜のディナーが食べれない、とならないですし、味の好みはわかれますので、この値段なら、もし口に合わなかったとしても、お金もったいないとは思わないはず。

Lunglek Boat Noodlesの住所・アクセスや営業時間など

名称 Lunglek Boat Noodles
住所 Chikun Road, Ayutthaya, Phra Nakhon Si Ayutthaya
営業時間・開場時間 8:30−16:00
利用料金や入場料 予算50バーツ〜
参考サイト https://www.facebook.com/%E0%B8%81%E0%B9%8B%E0%B8%A7%E0%B8%A2%E0%B9%80%E0%B8%95%E0%B8%B5%E0%B9%8B%E0%B8%A2%E0%B8%A7%E0%B9%80%E0%B8%A3%E0%B8%B7%E0%B8%AD%E0%B8%A5%E0%B8%B8%E0%B8%87%E0%B9%80%E0%B8%A5%E0%B9%87%E0%B8%81-352882694747700/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アユタヤ観光でおすすめのお土産はこれ!

 

伝統工芸を買うならBangsai Arts and Crafts Centre

 

アユタヤでは、ぜひ立ち寄ってほしいのがARTS and Crafts village。
この村では伝統的な工芸品を安く手にすることができます。
アーティストさんのオリジナルなものを安く買えるし、大量生産をしてない陶器やオブジェなどだと、一点ものが購入できるので、あなただけの特別なお土産を捜せますよ。

もちろん、何か特別に買うものがなくても訪れてみる価値はありますので、時間をみつけてぶらついてくださいね。

Bangsai Arts and Crafts Centreの住所・アクセスや営業時間など

名称 Bangsai Arts and Crafts Centre
住所 Chang Yai,Phra Nakhon Si Ayutthaya
営業時間・開場時間 9:00−17:00(土日は18:00まで) 月曜休館
利用料金や入場料 商品による

Ayutthaya City Park

 

ショッピングモールのアユタヤシティパークで、世界的なチェーンンストアで地元のものを安く購入してみませんか?観光土産とはまた一味違うものを購入できますよ。
もともと物価の差がありやすいのですが、さらに地元向けの店だと、バラマキ用、自分用等バルク買いできてとても便利ですよ。

レストラン、フィットネス、子供向けの施設などもいろいろそろっているほか、屋外も散策ができるので、半日ほどゆっくり過ごすことができますよ。

アユタヤシティパークの住所・アクセスや営業時間など

名称 アユタヤシティパーク
名称(英語) Ayutthaya City Park
住所 Tambon Khlong Suan Plu, Amphoe Phra Nakhon Si Ayutthaya
営業時間・開場時間 10:00−22:00
利用料金や入場料 店舗による
参考サイト http://www.ayutthayacitypark.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

バンコクからも日帰り可能

 

バンコクからも気軽にいけるアユタヤ。
日本とのゆかりもある場所だけに、実際に訪れてみる、様々な影響を感じることができるかも。

同じアジア人だけど、やはり欧州に近いだけありどこか違うタイの人々。
天気のおかげか、陽気でフレンドリーな人が多いので楽しく観光旅行できますよ。
バンコクとはまた違うタイ、アユタヤを、体感してみてはいかが?

photo by iStock