地元民が伝授!佐野市内でおすすめの佐野ラーメンのお店12選

栃木県佐野市の有名グルメと言えば、「佐野ラーメン」。青竹打ちで丹精込めて打ったちぢれ麺はあっさりとしたしょうゆの味にあいっかり絡むおいしい面に仕上がっています。佐野ラーメンのお店はたくさんあるので、どこに行っていいのか分からないという方も多いです。そんなときの指標にしてくださいね。

佐野ラーメンの歴史を知ろう♪

佐野ラーメンの歴史を知ろう♪

image by PIXTA / 18087010

佐野ラーメンは大正時代に始まったと言われています。
佐野に住んでいた中国人がこのラーメンを伝授して、佐野の人々の感覚で口に合うように試行錯誤を繰り返し、今の味になったと言われています。

どんな方が食べたのかというと、織物が盛んな頃に繊維業者や深夜まで働く人達を中心にに広まり、値段が安かったこともあって、子供からお年寄りにまで人気のフードになりました。

佐野で有名な「出流原弁天池」の湧水を使って、佐野ラーメンは作られているのですが、気候などが大きく味に関わってきます。
季節で水の量を変えたり、工夫しながら常においしい佐野ラーメンを提供しているということになります。

日本名水百選の1つ「出流原弁天池湧水」で知られている通り、この水が佐野ラーメンには欠かせないんです。
時が経ち昭和の初期には、のれんの店もたくさん開店しました。
価格は当時8銭くらいで、昭和10年代に15銭、戦後の競争期には味も上がると同時に、値段も30円以上となり、その後、100円、200円…と上がり現在に至っています。

ラーメンマップを手にしよう

佐野ラーメンはおおよそ100軒ほどありますが、佐野市のラーメン協会に入っているラーメン屋さんはこのマップに載っています。
つまり、ラーメン協会に入っていないラーメン屋さんも含めると、とってもたくさんのラーメン屋さんがあります。
これから紹介する中には、ラーメンマップに載っていないところもありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.土日は満席必至「ようすけ」

手打ちのちぢれ麺に醤油味ベースのスープが特徴。
麺は手打ちなので、太さが異なるのが特徴です。
チャーシューメンはたっぷりのチャーシューで、麺が見えないほど。
もちもちとした麺と、とろっとしたチャーシューの組み合わせが人気をです。
野菜たっぷりの餃子も一緒に注文してみてくださいね。

土日は行列ができて待ちになることがほとんど。
地元の方が集まったりもしますし、遠方の方が食べに来たりと、多くの方に愛されているお店でもあります。
県道7号線沿いにありますが、館林から佐野方面に行く方の道路にありますので、逆方向から入るときは気を付けてくださいね。

麺屋 ようすけの住所・アクセスや営業時間など

名称 麺屋 ようすけ
住所 栃木県佐野市田島町232
営業時間・開場時間 11:00−14:30, 17:00−21:00(土日は通し営業) 火曜定休
利用料金や入場料 チャーシューメン 830円
参考サイト https://tabelog.com/tochigi/A0902/A090202/9012617/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

2.弁天池のすぐそば「おぐら屋」

駐車場を見ると、地元ナンバーの車よりも県外のナンバーが多いのが特徴。
それだけ他の地域でも有名と言うことが分かります。
常に長い列ができている人気のラーメン屋さんです。
手打ちの麺においしいスープが絡んで、バランスが良いことでも知られています。

麺もスープもお互いの味を引き立てています。
さらにこのラーメン屋さんでは、大きめの餃子も人気。
お腹をしっかり空かせて行かないと餃子までありつけないくらいです。
たっぷりの野菜やにんにくが入っていて食べごたえがあります。

おぐら屋の住所・アクセスや営業時間など

名称 おぐら屋
住所 栃木県佐野市 出流原町993−1
営業時間・開場時間 11:00−19:00 月曜定休
利用料金や入場料 ラーメン 594円 餃子410円
参考サイト https://tabelog.com/tochigi/A0902/A090202/9000067/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

3.餃子は特に外せません「源(げん)」

アウトレットのそばにある雑貨屋さんの前にあるラーメン屋。
近くの弁慶と間違えないようにしてくださいね。
ここでは佐野ラーメンはもちろんですが、一緒に餃子を注文しましょう。
餃子と言えば、しょうゆと酢とラー油が一般的ですが、ここでは辛味噌が出てきます。

その辛味噌を酢と割って食べます。
ピリ辛のここでしか味わえない餃子の完成です。
ラーメンは平日と休日でメニューが少し異なりますので、行く日を変えてみるとさらに幅広い味が楽しめます。

らーめん源越名店の住所・アクセスや営業時間など

名称 らーめん源越名店
住所 栃木県佐野市越名町1183−1
営業時間・開場時間 11:30−19:30 木曜定休
利用料金や入場料 手打ち佐野らーめん 600円
参考サイト https://tabelog.com/tochigi/A0901/A090101/9002808/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

4.しょうゆ以外を楽しみたい時は「ゐをり(いをり)」

佐野ラーメンと言えばあっさりしょうゆ味というイメージが定着していますが、しょうゆ味以外にも楽しみが欲しい!そんな方必見のお店です。
しょうゆラーメンはもちろんのこと、うま塩ラーメン、和にぼしラーメンなど、佐野ラーメンの枠にとらわれない多彩なメニューがあります。

そして、こちらお店はラーメン屋さんとは思えない素敵な気遣いがファンを集めています。
例えば、離乳食を温めるサービスや子供連れに優しい気遣いが利用しやすいという声もあります。
サイドメニューの人気は、チャーシューがたくさん乗ったチャーシュー丼もおすすめですよ。

麺家 ゐをりの住所・アクセスや営業時間など

名称 麺家 ゐをり
住所 栃木県佐野市植下町1089
営業時間・開場時間 11:00−15:00, 17:30−21:00(土日は通し営業) 月曜定休
利用料金や入場料 うま塩ラーメン 680円
参考サイト https://tabelog.com/tochigi/A0902/A090202/9002862/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

5.早い時間から行列ができます「田村屋」

こちらのお店も開店と同時に行列ができるほどの人気のお店。
私も行列がすごすぎて、何回も出なおしたくらいです。
ですので、行列に巻き込まれたくないときは、開店を待ってお店に入るようにしましょう。
注目のラーメンですが、佐野ラーメン代表のしょうゆラーメンに乗っているチャーシューがとってもおいしい。

口に入れるとほろっととろけるような、なんだか幸せな気持ちになる味に仕上がっています。
小さなお子様でも食べやすい柔らかさになっていますので、家族みんなで楽しめるラーメンです。

田村屋の住所・アクセスや営業時間など

名称 田村屋
住所 栃木県佐野市奈良渕町302
営業時間・開場時間 [平日]11:00−14:00, 17:00−20:00 [土日祝]11:00−19:00 水曜定休
利用料金や入場料 ラーメン 580円
参考サイト http://tamuraya.web.fc2.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

6.佐野市中心にあります「叶屋(かのうや)」

昔から佐野では有名なお店ですが、佐野市の住宅地にあるお店です。
遠方の方はなかなか足を運びにくかったり、他のお店に目が行ってしまうので、ここを知っていると一目置かれること間違いなし。
メニューの数が他のお店よりもたくさんあるので、選ぶ楽しみを求めている方必見。

スープは見た目からわかるようにあっさり味ですが、ゴクっと飲んだ後にしょうゆの優しい風味が口いっぱいに広がります。
餃子は野菜たっぷりで具がしっかりと詰まっています。
お腹いっぱいに食べたいときは、ぜひ餃子もご賞味くださいね。

叶屋の住所・アクセスや営業時間など

名称 叶屋
住所 栃木県佐野市久保町154−1
営業時間・開場時間 11:30−14:30, 17:30−19:30 月曜定休
利用料金や入場料 手打ちラーメン 600円
参考サイト https://tabelog.com/tochigi/A0902/A090202/9002402/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

7.小さいけれど大人気「森田屋総本店」

佐野市の堀米町にもある本店ですが、のれん分けした2号店が、アウトレットから近い方は高萩町にもあるお店です。
2号店は小さいですが、近くに工業団地があるので、お昼時には満席になって待ちが出るほど。
本店も人気があるので、土日祝日は特に行列ができてしまいます。

あっさりとした味ですが、上に乗っているメンマが特徴で、メンマの少ししょっぱい感じが味のアクセントになっています。
少し刺激のある佐野ラーメンを求めている方にはおすすめです。

森田屋総本店の住所・アクセスや営業時間など

名称 森田屋総本店
住所 栃木県佐野市堀米町70
営業時間・開場時間 11:00−14:00, 16:30−19:00 水曜定休
利用料金や入場料 中華そば 600円
参考サイト http://www.geocities.jp/moritaya_sano/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

8.しょうゆ味にこだわっています「万里」

アウトレットからすぐ近くにありますが、駐車場が狭いので、少し止めにくい立地にあります。
ですが、その立地さえクリアしてしまえば、あっさりとした佐野ラーメンにありつけます。
万里のラーメンはとにかくあっさりとしています。
そしてボリュームもあるので、お腹いっぱいに食べられます。

メニューの種類はたくさんあるのですが、みなさん普通の佐野ラーメンを注文します。
私は梅しょうゆラーメンを注文したことがありますが、しょうゆの中に梅の味がしっかり入っていて、さっぱりの中にほどよいさわやかな酸味がとってもおいしいですよ。
ぜひご賞味ください。

万里の住所・アクセスや営業時間など

名称 万里
住所 栃木県佐野市高萩町437−7
営業時間・開場時間 11:00−18:30 水曜定休
利用料金や入場料 手打ちラーメン 640円
参考サイト https://tabelog.com/tochigi/A0902/A090202/9000066/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

9青ネギがたのしめます「太七」

こちらの楽しめる佐野ラーメンは他のお店とは一味違います。
青ネギが入った佐野ラーメンを楽しめるお店になっていて、青ネギ佐野ラーメン発祥の地とも言われています。
テレビで取り上げられることも多いので、知っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

あっさり佐野ラーメンの味に、たっぷりの青ネギがアクセントになって、食感も香りも引き立ちます。
もし他の佐野ラーメンをたくさん食べて味に飽きてしまったときは、こちらのお店に立ち寄ることをおすすめします。

太七の住所・アクセスや営業時間など

名称 太七
住所 栃木県佐野市堀米町42−3
営業時間・開場時間 11:00−14:30, 17:30−20:00 木曜定休
利用料金や入場料 青ねぎラーメン 830円
参考サイト http://www.tashichi.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

10.ラーメンだけを楽しむなら「いってつ」

ここでは平日は餃子を扱っておらず、ラーメンだけを楽しむお店になっています。
アウトレットから近く、イオンの前の道をイオンを背にして車で走ると、右手に見えてきます。
近くにかつはな亭があるので、分かりやすい位置にあります。

最初の1口目がふわっと柔らかな味わいになっていて、あっさりだけではない奥行きのある味わいが特徴です。
スープの色味は他のお店よりも少し濃く感じますが、食べてみると意外や意外、あっさりとしています。
土日は餃子もやっていますので、ぜひどうぞ。

佐野ラーメン いってつの住所・アクセスや営業時間など

名称 佐野ラーメン いってつ
住所 栃木県佐野市高萩町1201−7
営業時間・開場時間 11:30−19:30 火曜定休
利用料金や入場料 しょうゆラーメン 600円
参考サイト http://www.geocities.jp/bucci4672/ss/TOP.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

11.餃子の種類がたくさんあります「永華」

こちらのお店は佐野ラーメンのお店なのですが、なんと餃子の種類が12種類もあるので、「普段の餃子は大きいから…」と諦めていた方もぜひ注文してほしいくらいです。
小さいサイズの餃子も用意がありますので、お腹と相談しながら注文できるところがうれしいですね。

そしてお財布にも優しいお値段で提供しています。
1杯約600円でしっかりとラーメンを楽しむことができますので、遊びすぎてお財布が寂しいけど、どうしてもラーメンを楽しみたいときには、ぜひ足を運んで欲しいスポットになっています。

永華 佐野アグリタウン店の住所・アクセスや営業時間など

名称 永華 佐野アグリタウン店
住所 栃木県佐野市植下町 83-1
営業時間・開場時間 11:00−14:30, 17:00−21:00 月曜定休
利用料金や入場料 ラーメン 600円 餃子260円〜
参考サイト http://w01.tp1.jp/~a187082417/profile9.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

12.ユニークなメニューがたくさんあります「らーめん広場」

綿が少し柔らかめなので、コシのある感じとはまた違ったラーメンを味わえるお店がこちら。
スタンダードな佐野ラーメンはもちろんのこと、ユニークなメニューがたくさんあるのが特徴。
梅干しラーメン、ポパイラーメン、だんしゃくラーメンなどなど、他では目にすることがないメニューがあります。

足利市よりの佐野市にあるので、高速道路からもアウトレットからも少し離れていますので、ここに向かおうとしないと足を運べないところでもあるので、ぜひ覚えておきましょう。

らーめん広場の住所・アクセスや営業時間など

名称 らーめん広場
住所 栃木県佐野市上羽田町639
営業時間・開場時間 11:00−21:00 木曜定休
利用料金や入場料 ポパイラーメン 700円
参考サイト https://tabelog.com/tochigi/A0902/A090202/9004103/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

同じ佐野ラーメンでもお店によって楽しめます

佐野ラーメンは、あっさりしょうゆベースのラーメンですが、お店によってこだわりがあるのが特徴。
コクや味が少し異なったり、麺の製法が少し変わっていたり、これだから佐野ラーメンは長い間楽しめるんです。
ぜひ佐野に来た時のお昼は、迷わず佐野ラーメンを食べてみてくださいね。
photo by PIXTA