地元民が伝授!栃木県「那須ガーデンアウトレット」の完全攻略ガイド

栃木県の有数の観光地「那須」そこには那須ガーデンアウトレットというショッピングモールがあります。「アウトレットならどこにでもあるから…」そう思っているあなた!那須ガーデンアウトレットならではの楽しみ方があるんですよ。知っていると那須ガーデンアウトレットをもっと楽しめる、そんな素敵な情報満載です。

那須ガーデンアウトレットの観光に行く前に知っておこう!

那須ガーデンアウトレットの観光に行く前に知っておこう!

image by PIXTA / 28185325

那須ガーデンアウトレットってどんなところ?他のアウトレットと何が違う?

那須ガーデンアウトレットが他のアウトレットと違うところは、「ペットと一緒にお買い物が楽しめる」ところにあります。
考えてみてください。
今までアウトレットに行ったときに、わんちゃんや猫ちゃんなどと一緒にお買い物を楽しめるアウトレットがどれだけあるでしょうか?

実はほとんどありません。
ですが、那須ガーデンアウトレットでは、抱っこやカートに乗ってもらうことでほとんどのお店で一緒にお買い物を楽しむことができます。
一部の店舗は一緒に入店できませんが(飲食店が多いです)、ほとんどのお店で一緒に入ることができます。
これは、大切な家族と一緒に買い物を楽しみたい方にはうれしい情報ですよね。

那須はわんちゃんと一緒に楽しめるスポットがたくさんあるので、那須ガーデンアウトレットでも一緒に…というところを大切にしているんですよ。
今までわんちゃんと一緒にお買い物を楽しむことを諦めていた方は必見のスポットになっています。

首都圏から那須ガーデンアウトレットへのアクセス手段や時間は?

首都圏から那須ガーデンアウトレットへのアクセス方法はいたってシンプル。
まずは東北自動車道を目指して走りましょう。
首都高速から来る方は、まずは浦和ICを目指して、東北自動車道に乗ったらひたすらまっすぐ走ります。
とにかくずっとまっすぐなので、眠くなったら途中で休憩をはさむようにしてくださいね。

関越自動車道や、北関東自動車道から来る場合は、岩舟JCTまたは栃木都賀JCTで東北自動車道に接続していますので、どちらかを目指しましょう。
そのまま「那須板室IC」まで安全運転しましょう。
そこで降りると那須ガーデンアウトレットまではしっかりと分かりやすく看板がでています。

その通りに走っていくと気が付いたら那須ガーデンアウトレットに到着。
ICから直通というところもとってもありがたいですね。

もし那須板室ICが混雑している場合は、西那須野塩原ICおよび那須ICを利用するとスムーズに行くことができます。
紅葉シーズンは那須周辺が混雑するので、逃げ道もしっかり頭に入れておきましょう。

電車でお越しの場合は、那須塩原駅で降りましょう。
シャトルバスで8分なので、電車で足を運ぶにも便利なスポットなので、お好みに応じて移動手段を選んでみてくださいね。

那須ガーデンアウトレットの駐車場は?

那須ガーデンアウトレットの駐車場は?

image by PIXTA / 28185329

首都圏から来る方は「駐車場はいくらかかるの?」と気になる方も多いと思います。
ですが、那須ガーデンアウトレットの駐車場はすべて無料で利用することができます。
何時間止めても無料なので、ぜひ活用しましょう。
閉店後は駐車場を施錠しますので、置きっぱなしにしないようにだけ気を付けてくださいね。

そして、バリアフリー駐車場のご用意もございます。
10台スペースをご用意していますので、ぜひご利用ください。

首都圏から直行バスはでてる?

残念ながら首都圏から直行バスは出ておりません。
直行バスが出ているのは、那須の一部のホテルからと、那須塩原駅からのシャトルバスのみとなっています。
ですので、バスで直行で那須ガーデンアウトレットに向かうことはできません。

首都圏から那須ガーデンアウトレットに向かうならば、自家用車か電車がベストということが分かるかと思います。

混雑する時間帯や渋滞状況は?

那須ガーデンアウトレットは比較的周辺道路が混雑しにくい特徴がありますが、東北自動車道の上り線では80キロ先に佐野藤岡ICがありますので、そこで佐野プレミアムアウトレットの渋滞に巻き込まれる可能性があります。
そして、栃木都賀JCTもかなり混雑するポイントです。

ここは事故が起こりやすいポイントでもあるので、事故渋滞や、紅葉時期には日光方面からの混雑に巻き込まれやすいことを頭に入れておきましょう。
時間帯は15時過ぎから混雑し始めます。

店舗数はどのくらい?

店舗数はどのくらい?

image by PIXTA / 28185326

以前は小さな規模でしたので、「那須ガーデンアウトレット」はコンパクトなアウトレットというイメージを持っている方もいます。
ですが、今ではかなり大きくなって148店舗!1日いても飽きない広さがあります。
特に、那須の地元素材を扱ったお店など、アウトレットとはいっても那須を十分感じられる店舗もあります。

その中にはわんちゃんのグッズが販売している店舗もありますので、もしわんちゃんと一緒に行って忘れ物に気が付いたときにありがたい存在です。
私もリードを忘れて急遽購入したことがありますが、とっても安心したことを覚えています。

周辺の観光スポットは?

周辺にはとにかくたくさんの観光スポットがあります。
とにかくどこに行こうか迷ってしまうくらいで、目的に応じて場所を選らぶのがポイントです。
千本松牧場や竜化の滝、那須温泉郷など、リフレッシュしたりアクティブに動いたりと、どこでも素敵な時間を過ごすことができます。

このあとおすすめスポットがたくさん登場しますので、ぜひ参考にして素敵な思い出を作ってくださいね。

那須ガーデンアウトレットの住所・アクセスや営業時間など

名称 那須ガーデンアウトレット
住所 栃木県那須塩原市塩野崎184−7
営業時間・開場時間 10:00−19:00(時期により異なる)
利用料金や入場料 店舗による
参考サイト http://www.nasu-gardenoutlet.com/shopguide/detail.php/?id=78
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

那須ガーデンアウトレットを旅程に含んだモデルコースはこう!

日帰りの場合

日帰りの場合は、那須の観光スポットを回ってから那須ガーデンアウトレットに足を運ぶプランがおすすめです。
日帰り温泉でリフレッシュしてからアウトレットのコースもいいのですが、時間が少し窮屈になってしまう可能性があるので、もし日帰り温泉を楽しみたいのであれば、朝早くに出発して、那須に11時には到着しているようにしておくようにしましょう。

まず那須の牧場や滝などの観光スポットを楽しみます。
その中でお昼を挟んでお腹を満たします。
午後14時から15時くらいに那須ガーデンアウトレットに到着するようにしましょう。
そうすることで、帰りの渋滞に巻き込まれにくくなります。

アウトレットに4時間ほど滞在して18時から19時に岐路につけば、帰りもちょうどいい時間になりますよ。

1泊2日の場合

もししっかり時間が取れて、宿泊が可能であれば、ここは迷わず那須温泉に行きましょう。
那須温泉は露天風呂がおすすめで、外のさっぱりとした空気と露天風呂の熱さのコラボレーションがとにかく素敵。
心も身体もリフレッシュできます。
宿のチェックインまでに、那須高原を散策してみてはいかがでしょうか?

そして、2日目は朝ゆったりと朝ご飯をとって、那須ガーデンアウトレットに出発です。
店舗数もたくさんありますので、じっくり見るために余裕をもって出発したいところ。
わんちゃんが一緒の場合は、モール内にドッグランもありますので、わんちゃんもリフレッシュできます。

宿泊できる時間があれば、那須を思う存分楽しめるので、心行くまで楽しんでくださいね。

那須ガーデンアウトレット周辺の観光スポットのおすすめはここ!

心も身体もリフレッシュ「塩原温泉郷」

1200年と長い歴史がある塩原温泉のは、豊富な種類の源泉があったり、景観を楽しむ事が出来たり、いいところはあげればきりがありません。

日帰り温泉も充実していますので、時間がなくても楽しめるスポットになっています。

塩原温泉郷の温泉宿は約60軒ありますが、それに対して源泉は150箇所以上もあると言われていますので、源泉の豊かさが分かりますね。

温泉の泉質は約10種類ありますが、そのうち6種類が塩原温泉で楽しめるので、お湯にこだわっている方にはぴったり。

塩原温泉郷の住所・アクセスや営業時間など

名称 塩原温泉郷
住所 栃木県那須塩原市塩原
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.siobara.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

マイナスイオンを浴びよう「竜化の滝」

白竜がうねるような姿を表しているように見える事から、「竜化の滝」と名前がつけられました。
那須で有名な滝の1つ。
算段に沿って流れてくる水は、勢いが激しく水の量もたくさんあるので、迫力満点。

「豪快」という言葉以外の言葉が似合わない滝で、見ていて圧倒されます。

竜化の滝を目的に遊歩道を歩いていくと、竜化の橋という吊り橋に行けますので、ぜひ頑張って歩きましょう。
歩いていくと、抛雪(ほうせつ)の滝や風挙(ふうきょ)の滝もありますので、1回でたくさんの滝を楽しむことが出来ます。

たくさんの滝を見ることができるのはここだけなので、訪れるとちょっと得した気分になります。

竜化の滝の住所・アクセスや営業時間など

名称 竜化の滝
住所 栃木県那須塩原市塩原字東山国有林
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.city.nasushiobara.lg.jp/31/002574.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

景色が最高です「もみじ谷大吊橋」

もみじ谷大吊橋は、塩原ダムにかかっている吊り橋です。
全長320mで、支えのない歩道吊橋としては、本州一の長さ。
本州で最も長いことから、長さのある吊り橋ということが分かりますね。
高所恐怖症の方には少し厳しいかも…

ですが、勇気を出して歩いてみると、怖いと思っていた揺れを忘れるくらい、美しい渓谷美を見ることが出来ます。
紅葉の時期は特にきれいなので、時期を選んでぜひ足を運んでみましょう。
もちろん、他の季節に訪れても、絶景ですよ。

もみじ谷大吊橋の住所・アクセスや営業時間など

名称 もみじ谷大吊橋
住所 栃木県那須塩原市関谷1425-60 
営業時間・開場時間 8:30−18:00(冬季は16:00まで)
利用料金や入場料 大人300円 子供・高齢者200円
参考サイト http://www.takahara-shinrin.or.jp/mori-no-eki/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ボタンがきれい「妙雲寺」

那須塩原で「ぼたん寺」として知られている寺院のご紹介です。
臨済宗のお寺で、約800年前に平清盛の妹の尼僧が開いたといわれています。
ぼたん寺の名前の由来は、境内に植えられた2000株もあるぼたんが、春になると一斉に咲くことから名付けられました。

5月上旬から下旬まで、ぼたんまつりが開催されていますので、おじいちゃんやおばあちゃんに喜ばれています。

妙雲寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 妙雲寺
住所 栃木県那須塩原市塩原665
営業時間・開場時間 8:30−16:30
利用料金や入場料 ぼたん祭り:入園料400円
参考サイト http://www.geocities.jp/momiji0286/kanrosanmyounjisiobara.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ゆりに心が洗われます「ハンターマウンテンゆりパーク」

ハンターマウンテンというスキー場を利用して、ゆり園としてオープンしています。
それが、「ハンターマウンテン・ゆりパーク」。
リフトに乗って山頂まで登ると、ゆりが広がっていて絶景です。

まるで、おとぎの国の世界に入ったかのような光景に、「きてよかった」と思えます。
日本最大級の500万輪植えられていますので、おとぎの国にいるような、素敵な時間を過ごしてくださいね。

ハンターマウンテンゆりパークの住所・アクセスや営業時間など

名称 ハンターマウンテンゆりパーク
住所 栃木県那須塩原市湯本塩原字前黒
営業時間・開場時間 7月15日~ 8月27日 9:00−16:45
利用料金や入場料 大人1,000円 子供500円
参考サイト https://www.hunter.co.jp/yuri/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

まったりと時間を過ごせます「大沼公園」

アクティブに動くだけではない、まったり出来るスポットももちろんあります。
大沼公園は一面に湿原が広がっていて、園内は野鳥の鳴き声などしか聞こえないので、静かなひとときを過ごせます。

約1.8kmの遊歩道がありますので、のんびりと散策できます。

大沼公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 大沼公園
住所 栃木県那須塩原市湯本塩原
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.city.nasushiobara.lg.jp/31/002569.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

大きな杉は圧巻「逆杉(さかさすぎ)」

逆杉は、塩原八幡宮の境内に立つ高さ40mの大きな木です。
樹齢はなんと約1500年、枝が根のようにはっていることから、逆杉と呼ばれています。
国の指定天然記念物になっていて、地元ではちょっとしたパワースポットにもなっています。

神社も、源義家が先勝祈願に足を運んだとも言われていて、お参りしたという由緒があります。

逆杉の住所・アクセスや営業時間など

名称 逆杉
住所 栃木県那須塩原市中塩原11
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.city.nasushiobara.lg.jp/44/001685.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

思わず振り返ります「回顧(みかえり)の滝」

回顧の滝は、落差53m、幅3mの大きな滝。
近くには回顧の吊り橋がありますので、橋を渡ることができます。

訪れた方が思わず振り返ってしまうくらいきれいな滝の眺めは、紅葉の時はもちろんですが、春の新緑の時期にもおすすめです。

回顧の滝の住所・アクセスや営業時間など

名称 回顧の滝
住所 栃木県那須塩原市塩原字東山国有林
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.city.nasushiobara.lg.jp/31/002555.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

水辺までの距離が近い「雷霆(らいてい)の吊橋」

塩原温泉ビジターセンターから八方ヶ原遊歩道へ行くと見えてくるのが、雷霆の吊橋。
約15mの長さの短い吊り橋で、下を見ると、流れる水辺までの距離がとっても近い。

吊り橋の少し先に、雷が落ちるような景色になっていることが名前の由来になっている、「雷霆の滝」があります。
雷が落ちたかのように激しく落ちる滝の音は、吊り橋の近くまで聞こえてきます。

近くまで近づくことができますが、滑って転ばないように気をつけましょう!

雷霆の吊橋の住所・アクセスや営業時間など

名称 雷霆の吊橋
住所 栃木県那須塩原市塩原1230
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.siobara.or.jp/viewtaki.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

たくさんの動物と触れ合えます「千本松牧場」

千本松牧場は、楽しみ方がさまざま。
いろいろな動物と触れ合えるスポットをはじめ、乗馬を体験したり、ゆうらん馬車に乗ったり、スタンダードに牧場の雰囲気を味わうのもよしといったように、選ぶ楽しみがあります。

サイクリングをしたり、熱気球に乗ることもできます。
牧場内に、温泉施設があるので、ちょっと疲れた時に、お風呂に入るのもまたおすすめ。
さらに足湯もあるので、気軽に利用できます。

温泉で入ったら、BBQやジンギスカンでお腹いっぱいになりましょう。
牧場内の菜園でとれた野菜や、自分で摘んだブルーベリーも一緒に味わえます。

千本松牧場の住所・アクセスや営業時間など

名称 千本松牧場
住所 栃木県那須塩原市千本松799
営業時間・開場時間 9:00−18:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.senbonmatsu.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

足湯でリフレッシュ「湯っ歩の里」

こちらは、中塩原バイパス沿いにある足湯が楽しめる施設。
ゆっくりお風呂に入る時間がない方も、足湯なら気軽で簡単に利用できるので、隠れた人気スポットになっています。

竜化の滝や、もみじ谷大吊橋などの観光スポットにも近いので、たくさんの方に人気です。
最大級の足湯施設なので、ぜひいらしてくださいね。

湯っ歩の里の住所・アクセスや営業時間など

名称 湯っ歩の里
住所 栃木県那須塩原市塩原602−1
営業時間・開場時間 9:00−18:00(冬季は17:00まで) 木曜定休
利用料金や入場料 大人200円 小中学生100円
参考サイト http://www.alsok-shiobara.jp/yuppo/guide.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

那須ガーデンアウトレット周辺のおすすめグルメはここ!

不思議なグルメです「スープ入り焼きそば」

他の地域にはあまり知られていませんが、那須塩原は地元の方に愛されているグルメが多く、その1つにスープ入り焼きそばがあります。
どんな商品なのかというと、焼きそばをラーメンのようにした商品になっています。

栃木県民はもちろん、県外から訪れる方にも人気です。
スープ入り焼きそばを定着させたお店が、「釜彦」というお店。
人気の店舗なので、行列や相席になる確率がとても高いですが、1度食べるとまた食べたいと思うようになります。
お昼の時間帯限定の営業なので、早めに向かいましょう。

釜彦の住所・アクセスや営業時間など

名称 釜彦
住所 栃木県那須塩原市塩原2611
営業時間・開場時間 11:00−15:00
利用料金や入場料 スープ入焼きそば 750円
参考サイト https://tabelog.com/tochigi/A0905/A090501/9011468/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

カフェならここ!「カフェレストラン洋燈(ランプ)」

カフェで時間を過ごすなら、素敵な眺めの場所がいい!そんなときは、こちらのカフェがおすすめ。
外の眺めがよいカフェレストランがあります。
テーブルから、外の渓谷美が見られるようになっていますので、お食事を待つ間も外を見ながらうっとりすることが出来ます。

そんな時間や空間って、とってもおしゃれですよね。
どの季節に来ても、景色に見とれてしまいますし、季節ごとに景色を楽しめるので、リピーターになってしまうかもしれませんよ。
メニューは、地元産の食材を中心にしていますので、栃木の味をぜひ楽しんでくださいね。

カフェレストラン洋燈の住所・アクセスや営業時間など

名称 カフェレストラン洋燈
住所 栃木県那須塩原市塩原747
営業時間・開場時間 10:00−16:30
利用料金や入場料 もの語り 文夏御膳 1,300円
参考サイト http://www.localplace.jp/t100137208/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

シンプルにおそばが楽しめます「そば街道」

塩原温泉郷には、そば処が何軒もあります。

そのそば処が集合したのがそば街道。
観光客の人気を集めていて、食事の時間には、満席で席がいっぱいになってしまうこともしばしば。
すぐに入れないお店も多くなってきました。

地元産のそば粉や野菜を使って、打ち立てのそばを提供しています。
川沿いにあるお店も多いので、風流な雰囲気があるのも素敵です。
どこでもそばは食べられるからと思ってスルーしてしまうと、もったいないですよ。

塩原そば街道の住所・アクセスや営業時間など

名称 塩原そば街道
住所 栃木県那須塩原市塩原
営業時間・開場時間 店舗による
利用料金や入場料 店舗による
参考サイト http://www.siobara.or.jp/shop-soba.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

那須ガーデンアウトレット内のおすすめグルメはここ!

海鮮ととんかつが楽しめる「ごはん屋 たむら」

那須ガーデンアウトレットにはいくつかお食事処がありますが、その中で和食を食べたい時におすすめのお店。
ほとんどのメニューが1000円以上なので、手が伸ばしにくいというデメリットもありますが、味はとってもおいしい。
値段以上の感動が私たちを待っています。

海鮮丼は少し高い感じが否めませんが、和食でさっぱりとしたい時にはぜひ利用してほしいお店です。

ごはん屋 たむらの住所・アクセスや営業時間など

名称 ごはん屋 たむら
住所 栃木県那須塩原市塩野崎184−7 那須ガーデンアウトレット
営業時間・開場時間 10:00−19:00(時期により異なる)
利用料金や入場料 予算1,000円〜
参考サイト http://www.nasu-gardenoutlet.com/shopguide/detail.php/?id=78
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

オムライスが絶品「たまごや」

お店の名前がかわいらしいので、私もついつい入ってしまいました。
ここはオムライス屋さんです。
ふわっとしたたまごに、甘みのあるご飯がいい相性で、食べ終わった後もついついメニューを見てしまったほど。

ボリュームもあるので、しっかりと食べて動きたい!なんて方にはぴったり。
この後わんちゃんと一緒にドッグランに行くなって時には腹ごしらえにもなります。
ソースの種類がたくさんありますので、お好きな物で楽しんでくださいね。

たまごやレストランの住所・アクセスや営業時間など

名称 たまごやレストラン
住所 栃木県那須塩原市塩野崎184−7 那須ガーデンアウトレット
営業時間・開場時間 11:00−17:00
利用料金や入場料 オムライス 1,000円
参考サイト http://www.nasu-locomarket.com/coupon/index.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

はみ出る具材が目につきます「海老四天丼」

天丼のお店で、こちらもたくさんの種類のメニューがありますので、お好きな物が見つかりやすいといえます。
どんぶりから溢れんばかりの海老は、コストパフォーマンス抜群!1000円以下で、イカやエビ、ナス、サツマイモなどたくさんの食材を楽しめます。

「値段を抑えてお腹いっぱいに楽しみたい!」そんなわがままなお願いを実現してくれるお店ですので、お財布のひもが固い時でも利用しやすいですよ。

海老四天丼の住所・アクセスや営業時間など

名称 海老四天丼
住所 栃木県那須塩原市塩野崎184−7 那須ガーデンアウトレット
営業時間・開場時間 11:00−19:00(時期により異なる)
利用料金や入場料 海老四天丼 980円
参考サイト http://www.food-colosseum.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

那須ガーデンアウトレットから行けるおすすめ宿泊地はここ!

室内プールがあります「ホテルエピナール那須」

こちらのホテルは、季節問わず遊べる室内温水プールもあるので、雨になってしまっても楽しめるスポットになっています。
泊まるだけでなく、陶芸教室などが体験できる充実した内容になっています。

わんちゃんと泊まれるお部屋もご用意がありますので、大切な家族と一緒に過ごすことが出来ます。
さらに、赤ちゃんもウェルカムなお宿になっていますので、夜泣きなどが心配…というママにも安心して利用出来るところが魅力。

ホテルエピナール那須の住所・アクセスや営業時間など

名称 ホテルエピナール那須
住所 栃木県那須郡那須町高久丙1
営業時間・開場時間 チェックイン15:00 チェックアウト11:00
利用料金や入場料 1泊2食付17,900円〜 大型犬2,000円
参考サイト http://www.epinard.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

高級旅館ならここ「星のあかり」

じゃらんnetで高級宿の人気ランキングの中で、「那須・板室エリア」第1位になったことのあるスポット。
TVで紹介された経歴もあり、有名人も訪れる人気のお宿になっています。
各お部屋に那須岳を望むことができて、さらに展望露天か広い庭園露天がついています。

お風呂は、にごり湯でかけ流しの大浴場があります。
夕食は地元の旬の素材を厳選して作っているお料理を楽しむことができます。
浴衣を選ぶことができたり、エステが女性に好評です。

星のあかりの住所・アクセスや営業時間など

名称 星のあかり
住所 栃木県那須郡那須町湯本206−1120
営業時間・開場時間 チェックイン15:00−18:00 チェックアウト11:00
利用料金や入場料 1泊2食付18,500円〜
参考サイト https://www.nasu-hoshinoakari.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

岩盤浴が楽しめます「昔日 オールドデイズ」

9周年を迎えたこちらのお宿は、日本で唯一の特徴があります。

それは、全室「岩盤浴」と「露天付那須野ヶ原和牛」を楽しむことができます。
その季節ならではの味、地産地消をモットーに作られた料理は、多くの方から好評です。

和朝食はお部屋出しなので、まったりとお食事を楽しむことが可能。
自然に囲まれた客室露天と岩盤浴は、とっても贅沢な時間を過ごすことができます。
大理石で高級感、アンティーク家具でモダンな感じで、非日常空間を感じられるので、ぜひいらしてくださいね。

昔日 オールドデイズの住所・アクセスや営業時間など

名称 昔日 オールドデイズ
住所 栃木県那須郡那須町大字高久乙3812−3
営業時間・開場時間 チェックイン15:00−18:00 チェックアウト10:00
利用料金や入場料 1泊2食付26,800円〜
参考サイト http://www.sekijitu.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

カップルにおすすめ「アクアスイート」

特にカップルにおすすめのお宿がこちら。
お部屋でお洒落なフルコースを頂くことができて、さらにお部屋で楽しめるので、2人だけの素敵な時間を過ごせます。
那須高原唯一のお部屋でフルコースということで、20代から30代の方に注目されています。

お部屋は2人専用の露天風呂があります。
仲良く2人で入ることも出来ますので、思い出が1つ増やせますね。
ベッドはキングサイズのダブルベッドなので、2人で寝てもゆったりとお休み頂けます。

アクアスイートの住所・アクセスや営業時間など

名称 アクアスイート
住所 栃木県那須郡那須町高久乙3814−17
営業時間・開場時間 チェックイン15:00−18:00 チェックアウト10:00
利用料金や入場料 1泊2食付16,980円〜
参考サイト http://www.aquasweet.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

貸し切り風呂が楽しめます「那須いちやホテル」

「貸し切り露天風呂を楽しみたいけど、有料はちょっと…」そんな思いをしていた方、実は多いのではないでしょうか?なんとこちらのお宿は、貸切の露天風呂が無料で堪能することができます。
星空を眺めながら入る露天風呂は格別です。

2015年にリニューアルオープンをしていますので、以前に宿泊したことのある方でも、もう1度楽しめる内容になっています。
お食事は地産地消を大切にしていて、那須の旬の野菜を使用していますので、那須を身体の中から楽しむことができます。

那須いちやホテルの住所・アクセスや営業時間など

名称 那須いちやホテル
住所 栃木県那須郡那須郡那須町湯本204−14
営業時間・開場時間 チェックイン15:00−18:00 チェックアウト10:00
利用料金や入場料 1泊2食付14,580円〜
参考サイト http://nasu18.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

これで那須ガーデンアウトレットの楽しみ方は完璧です

那須ガーデンアウトレットの楽しみ方を伝授しました。
「こんな楽しみ方もあるの?」ととってもわくわくする情報だったと思います。
那須は栃木県でも人気の観光地ですが、これらの楽しみ方を知っていると、他の方よりも何倍も那須ガーデンアウトレットを楽しめること間違いなし!
photo by PIXTA