1週間の短期留学、有意義な留学にするためのアイデアはこれ

留学をしてみたいけれど、時間が取れない、初めての海外生活で長く滞在できるか不安と思う方も多いかもしれません。そんな方におすすめしたいのが、短期留学。1週間から経験できる海外での学生生活です。これなら海外旅行のスケジュールで行くことができますね。今回は、短期留学でいけるおすすめの国、短期留学とはどんなものかをご紹介いたします。

短期留学についてあれこれ

短期留学についてあれこれ

image by iStockphoto

1週間の短期留学とはどんな感じ?

1週間の短期留学とはどんな感じ?

image by iStockphoto

1週間からできる短期留学。
まるで海外旅行のような日程ですが旅行とは全く違った経験を例え1週間でも体験ができるのが留学です。
短期留学では、ホームステイをして、ローカルの生活スタイル、文化も学びながら、語学学校でしっかり語学を学習するという英語漬けの1週間を送れる素晴らしい経験。
たとえ1週間でも必ず身になる素敵な体験ができます。

短期留学はどんな人に合っている?どんな人に人気?

短期留学はどんな人に合っている?どんな人に人気?

image by iStockphoto

1週間という限られた時間になるので、忙しい社会人にはぴったり。
海外旅行にように有給をとって行くことができます。
また日頃勉強が忙しい学生の方でも、長期の休みを利用したり、就職活動が一段落した時などに行くことが。
仕事を本格的に始める前の素敵な社会経験になりますよ。

短期留学のメリットはどんな点?

短期留学のメリットはどんな点?

image by iStockphoto

メリトッといえばまず、一番には、準備に時間がかからないことで、計画がしやすいということ。
どうしても準備がかかってしまう長期留学と違い、手続き等がすぐできるという点。
特に忙しい社会人の留学にとっては大事なことですね。
急に行ってみたくなった、この辺りの日程なら、休みが取れそうとか、この時期あたり行ってみようかな、と思ったらすぐに行動に移せる手軽さがあります。
そして短期で海外生活をすることによって、より凝縮した留学生活を送ることができます。
旅行とは全く違った海外の生活に触れることができるのは、短期留学ならでは。

ただ、滞在期間が1週間と、短い時間がに限られているので、もっとこうしておけばよかったとか、せっかく生活に慣れてきたところで帰国時期になってしまった、という気持ちになるもの。
でもそのような後悔は、長い期間留学していても感じるもの。
逆に凝縮した、濃密な時間を過ごせると思えば、それは充実した日々になりますね。

短期留学お勧めの国は?

短期留学お勧めの国は?

image by iStockphoto

では早速、どんな国、どんな都市があって、しかも短期留学でお勧めできるところをご紹介いたします。
ご自分にあったところを見つけてみましょう。

美しい自然と共存している国で、住み心地の良さを実感するならカナダ

美しい自然と共存している国で、住み心地の良さを実感するならカナダ

image by iStockphoto

カナダは住み心地の良さで人気の留学地。
広大な大自然の山々の風景を思い浮かべる方も多いのでは?カナダは、比較的どこの都市でも安全で、住みやすいところが人気です。
海外生活で安全性は重要なポイント。
カナダにはワーキングホリデー制度もあるので、訪れる人も年々増えている国。
都市ごとに興味深い特徴があり、住むほどに魅力を感じられる国。

大都市で異文化を感じたいのならトロントがおすすめ。
カナダのエンターテイメントの中心です。
ナイアガラの滝にも近いので、自然も都会の生活も楽しめます。
また、西のバンクーバーはカナダの中では温暖な気候で、程よい都会感を感じられる街。
世界でも住みやすい都市にランクインされているだけあってとても人気の都市。
また、ヨーロッパの雰囲気を味わいたいなら、モントリオール。
カナダには、英語とフランス語の2 つの公用語があり、ここモントリールの3割ぐらいの人口がフランス語を話します。
英語とフランス語どちらも学べる環境にあるユニークな都市。
カナダは冬は特に寒いところが多いですが、それもいい経験になるかも。

身近な国アメリカはいつでも人気の留学先

身近な国アメリカはいつでも人気の留学先

image by iStockphoto

旅行でも人気のアメリカを選ぶ方は多く、魅力的な都市がいっぱい。
日本人にとってもとても身近なところも人気なのかも。
そんな自分にとって身近な国に行って、旅ではなく、生活感のある暮らしを試してみたい、そして英語を学んでみたいと思うものですね。

都会、街の喧騒が好き、そしてエンターテイメントに興味があるならおすすめするのがニューヨーク。
それらに興味がありけれど、寒いのが苦手であれば、温暖な気候が人気の、ロスアンゼルスがいいかも。
こちらはニューヨークより開放的でもちろん大都会ですが、気候のせいかのんびり感があります。
また、ちょっと落ち着いた雰囲気で暮らしたいなら、ボストンやシアトルも人気。
有名大学があることから、学生も多く、程よい都会感が行動しやすく便利。
街並みも落ち着いていてとても雰囲気があり綺麗です。
そして海が好き、せっかくの1週間を現実から解放されたような日々を過ごしたいのならハワイ。
マリンスポーツも楽しめますね。
いつ行っても暖かく裏切らない天気は魅力的。
このように、考えただけでワクワクするような都市がアメリカにはいっぱいです。

歴史と文化の奥深さを知り、感じるのがイギリス

 歴史と文化の奥深さを知り、感じるのがイギリス

image by iStockphoto / 82604361

古いものを大切にしながらも、斬新な新しいものも追い求める国がイギリス。
高貴な印象がありますね。
建築物などを見ると歴史的なものあり、そしてモダンなものもあり、どちらも楽しめる国。
音楽、ファッションや文化も世界的に影響を与えてきているものが多いイギリス。
アフタヌーンティーに代表される優雅な紅茶文化もあり、そしてサッカーやラグビーなどのスポーツも人気。
そんな歴史を大切にする国イギリスに魅了される方も多いかと思います。
単一民族のイメージがありますが、実は多民族国家でもあるイギリス。
異文化も学べる国と言えるでしょう。

大都会のロンドンは歴史からファッション、エンターテイメントとトレンドを感じながら生活したいなら何と言ってもここ。
学生が多いケンブリッジ、イングランド南部、リゾート地区のブライトンなど。
のんびりとした、ロンドンとは全く違った景色と雰囲気を感じられます。
イギリスの田舎の雰囲気が大好きという人もたくさん。
都市によって全く雰囲気が違う街が点在しているのもイギリスの魅力。

語学学校はどんな感じでどんなことを学べるの?

語学学校はどんな感じでどんなことを学べるの?

image by iStockphoto

クラスはこんなスタイル

クラスはこんなスタイル

image by iStockphoto

語学学校には学校によってそれぞれ特色はありますが、もちろん、きちんとレベルによってクラス分けされて、同じレベルの生徒同士で学ぶことができます。
ほとんどがグループレッスンのクラスで10名前後。
最初に学校に行くときにテストがあり、そこでクラス分けされます。
学校のクラスは、会話クラス、文法クラス、ライティングクラスなどがおもで、もちろん自分にとって必要なクラスも選択することも。
フルタイムで9時から4時ぐらいまで英語漬け。
自然と英語だけを使っている自分に驚くかも。

上達させるコツは?

上達させるコツは?

image by iStockphoto

短期留学は時間もあっという間。
せっかくの時間を無駄にしないように、クラスではとにかく積極的にたくさん喋ること。
間違いながら覚えていくことです。
間違ったことの方が意外に記憶に残って忘れないもの。
初めは聞き取りや上手くコミュニケションが取れないこともありますが、恥ずかしがらずに挑戦。
ランチタイムやアフタースクールも、クラスメイトとも会話をする機会をたくさんとって、色々な国の人が話す英語も聞いてみましょう。
こんな表現もあるんだという発見や、異文化も学べるチャンス。
心地良く疲れたなと感じた時はそれだけ英語を頑張っている証拠。
違う言語を話すことは、いい意味でのかなりの疲労を感じるもの。

留学生活の一日はこんな感じはこんな感じ

留学生活の一日はこんな感じはこんな感じ

image by iStockphoto

朝は、その家庭によって変わりますが、自分で起きて自分で朝食の用意をして出かけるというのが多いパターン。
トーストや、ベーグル、ドーナツなど冷蔵庫にあるものを各自で用意して食べます。
学校に着いたら早速クラスが始まり、午前からランチブレイクを挟んで夕方までしっかり英語漬け。
何日かするとだいぶ耳も慣れ、英語脳になってきますよ。
ランチは家庭によってはサンドイッチを用意してくれるところもあり。
そうでなければ近くのデリで買ってきたりして食べます。
アフタースクールは街を散策するのもいいし、お買い物、クラスメイトとカフェでチャットなどそれぞれ好きなように過ごしてみましょう。
家に帰ったら今日あった出来事を積極的にホストファミリーとお話ししてみましょう。
帰宅時に、今日はどんなことを話そうかなと思い描いて準備しておくといいですよ。

留学前にしておくこと。学校の決め方、勉強法

留学前にしておくこと。学校の決め方、勉強法

image by iStockphoto

留学先の決め方は?

留学先の決め方は?

image by iStockphoto

留学する方には留学エージェントを通じて申し込むのが一般的。
興味のある国から行きたい時期について的確なアドバイスをくれます。
そしてもちろん学校、ホームステイの手配など、行くのに必要な手続きを代行してくれるので安心。
手数料がかかりますが、不手際がなく手配できる点は便利。

これだけは事前に学んでおくと便利

これだけは事前に学んでおくと便利

image by iStockphoto

せっかく、計画し、目的だった短期留学へ行くのですから、できるだけ英語は上達させたいもの。
何もしないまま突然行っても、喋れるようになるわけではありまん。
準備期間が少なくても、ある程度のことは準備しておきましょう。
例えば、ホームステイで使える表現、会話などを調べておいてよく使うフレーズをチェックしておけば、何か質問したい時、自分がしたいときに安心。
基本英会話用の本には、状況に応じた会話を説明されているみやすいものがたくさんあるので学習しておきましょう。
そしてスマホのアプリにはたくさんの数のリスニングに関するアプリがあるので、毎日少しづつでいいので聴いてみる習慣をつけましょう。
ポイントは一日10分ぐらいで十分ですが毎日続けること。

1週間の特別な時間を有意義なものに

1週間の特別な時間を有意義なものに

image by iStockphoto

ずっと思い描いてきた1週間の短期留学、きっと素敵な経験になること間違いないでしょう。
語学の学習はもちろん、異文化を学んだり現地の生活を肌で感じられるのは留学ならでは。
よりグローバルなアイデアを持てるようになるはず。
短期留学で素晴らしい体験をしてみませんか?
photo by iStock