【群馬】道の駅がかなり熱い!地元民がおすすめする群馬県の道の駅21選

今では全国さまざまなところにある「道の駅」。道の駅というとどんなイメージを思い浮かべますか?今では道の駅は休憩するだけのスポットではなく、リフレッシュできたりさまざまな目的を兼ね備えたスポットに変身しています。群馬のおすすめ道の駅を20か所集めてみましたので、ぜひ見てくださいね。気になるところがきっとたくさん見つかるはずですよ!

そもそも道の駅とは?

そもそも道の駅とは?

image by PIXTA / 29488712

しっかりとコンセプトのある施設なんです

しっかりとコンセプトのある施設なんです

image by PIXTA / 21807470

「道の駅」のコンセプトについて勉強しましょう。
道の駅とは、安全で快適に道路を利用するために、道路の渋滞譲歩などを提供したり、地域のにぎわいを目的とした施設で、「地域とともにつくる個性豊かなにぎわいの場」を基本的なコンセプトにしています。

さらに、「道の駅」は3つの機能を備えていて、24時間無料で利用できる駐車場、トイレなどの「休憩機能」、道路情報、観光情報、緊急医療情報などの「情報提供機能」、文化教養施設、観光レクリエーション施設などの地域振興施設で地域と交流を図る「地域連携機能」があります。
詳しくは次で説明していきますね。

道の駅ごとに地方の特色や個性を出していて、地域の情報発信やさまざまなイベントを開催しています。
そうすることで、道の駅を利用する方が楽しめるサービスも提供しています。

「道の駅」の設置者は市町村などで、国土交通省道路局に申請し登録します。

道の駅には3つのコンセプトがある

1.最も重要「休息機能」

道の駅といえば、長旅の疲れを癒すために休憩をする場所という認識が強いですよね。
みなさんが思っている「休憩」は、道の駅の大切なコンセプトの1つになっています。
疲れがたまると楽しい旅行やドライブが事故に繋がったり、渋滞でイライラしたりといいことはありません。

そのために重要な役割を果たしています。
今ではトイレ休憩をするだけでなく、足湯や簡単なお風呂なども完備しているところも増えてきていて、休息の質もかなり高くなってきています。

2.街の取り組みもしています「地域の連携機能」

2.街の取り組みもしています「地域の連携機能」

image by PIXTA / 30810704

道の駅では、地域の連携機能を果たしています。
とはいっても地域の連携機能って何?と思ってしまいますよね。
例えば、有名な観光スポットの周辺は渋滞が起こったり、休憩を取るスポットがないということもしばしばあります。
そんなときに、その地域に足を運んだ方がその土地の風土や食文化に触れることができるように、連携をとっています。

そして、高速道路では「道の駅で使えるクーポン」を配布していたり、周辺のショッピングモールではタイアップイベントを行っているところもありますので、道の駅とその地域の連携はとても強いんですよ。

3.たくさんの情報がもらえます「情報発信機能」

3.たくさんの情報がもらえます「情報発信機能」

image by PIXTA / 22961251

情報と言ってお漠然としていますよね。
道の駅では、その土地にあるおいしいグルメや観光スポットの情報を発信しています。
道の駅ができる前は、どこに何があるのか分からなかったり、何が有名なのか、どこにご飯を食べに行けばいいのかなど、分からないことがたくさんありました。

ですが、道の駅ができてから今まで分からなかった情報がしっかり入ってくるようになりました。
その結果、その土地へのリピーターが増えたり、旅行を心ゆくまで楽しめたり、メリットが大きくなりました。

自分で必要な情報だけを知ることができるのも魅力ですよね。
もし旅行中に何かわからないことがあったら、道の駅に行くとよりしっかりした情報が手に入りやすいです。

さらに詳しく道の駅について知ろう!

道の駅連絡会とは?

道の駅に協会があることをご存知ですか?

全国「道の駅」連絡会というものが存在していて、その組織は、全国のブロック「道の駅」連絡会から構成される組織です。
「道の駅」に関する情報交換や、それぞれの道の駅の連携などによって、道の駅の質の維持することや、向上を図っています。
それぞれの地域の地域振興や、利用する方のサービスの向上を目的としています。

さらに、全国「道の駅」連絡会の構成員であるブロック「道の駅」連絡会は全国で9つあります。
ブロックは細かいのでここでは割愛しますが、それぞれ管轄する道の駅の、相互の情報共有や連絡調整を行って、講習会やセミナー、またはイベントなどの企画・運営等を行っています。
そうすることで、道の駅をより良いものにしていくための活動をしています。

休憩だけと考えていた道の駅ですが、こんなに細かい仕組みの中で運営されているからこそ私たちは安心して利用することができるんですね。

全国「道の駅」連絡会の住所・アクセスや営業時間など

名称 全国「道の駅」連絡会
住所 東京都江東区木場2丁目15-12 MAビル3階 一般財団法人 日本みち研究所内
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.michi-no-eki.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

道の駅の由来とは?

道の駅についてしっかり学んだところで、由来も頭に入れておきましょう。

駅と聞くと電車の駅を思い浮かべる方が多いと思います。
律令制が取り入れられていた時の駅が由来とされていて(諸説あります)、休憩の場として利用していたことがそもそものきっかけとも言われています。
ですが、駅に関しての由来はたくさんあるので、これが正しいというものがないのが残念です。

その休憩する駅を道に作ったものが道の駅ということになります。
なんとなく納得できる由来ですよね。

道の駅の特徴は?

道の駅には、24時間利用できるトイレ、駐車場、電話や、道路および地域に関する情報を提供したり、案内施設などがありますす。
道の駅の施設は、高齢者や身体障害者、親子連れなどさまざななニーズを満たす造りになっています。
思いやりのある配慮になっているところもポイント。

特にトイレは、身体障害者に配慮した家族トイレが設置されていたり、利用するに不便のないようになっていて、道の駅を利用する方すべての方に快適に利用して頂けるようになっています。
道の駅によっては、案内係のスタッフさんがいて、道路情報や地域の案内を受けることができますので活用しましょう。

群馬のおすすめ道の駅はこちら

1.体験イベントがおすすめ「しもにた」

「ねぎとこんにゃく下仁田名産」の上毛かるたでお馴染みの下仁田町に入ってすぐのところにあるのが、道の駅下仁田です。
こちらのスポットでは、新鮮な農産物、果物、下仁田名産のこんにゃくや下仁田ねぎ、お土産の販売をしています。

体験ができる時期もあって、「ブルーベリー&あじさい祭り」や、「秋の収穫祭」を季節ごとに開催しています。
収穫祭では秋に実った野菜などを食べたり、ブルーベリー&あじさい祭りでは、ブルーベリージャム作りなどを体験できます。

お土産には名産のこんにゃくが購入できるほか、下仁田ならではのお土産を見ることができますので、ウインドウショッピングのような気分も楽しめます。

道の駅しもにたの住所・アクセスや営業時間など

名称 道の駅しもにた
住所 群馬県甘楽郡下仁田町馬山3766-11 
営業時間・開場時間 9:00-18:00
利用料金や入場料 散策無料
参考サイト http://www.town.shimonita.lg.jp/geopark/m03/m04/04.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

2.野菜にこだわっています「矢瀬親水公園」

公園と名のついているように、ここでは散策をしたりたくさんのリフレッシュを感じることができます。
その中でも注目なのが、農産物直売所の「月夜野はーべすと」。
ここでは、みなかみ町の大自然が育んだ採れたての新鮮野菜が揃っています。

その野菜は地元産にこだわっていて、生産者は町内の人に限定しています。
その土地のおいしい野菜をたくさんの人に食べて欲しいという願いがひしひしと伝わってくる素敵な道の駅です。

道の駅「矢瀬親水公園」の住所・アクセスや営業時間など

名称 道の駅「矢瀬親水公園」
住所 群馬県利根郡みなかみ町月夜野2936
営業時間・開場時間 9:00-17:00(季節により変動あり)
利用料金や入場料 散策無料
参考サイト http://www.tsukiyono-harvest.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

3.芸術に触れられます「富弘美術館」

道の駅なのに美術館!?驚きですよね。
今では道の駅に美術館が併設されていて、芸術に触れてリフレッシュすることができます。
水彩画を通して生命の尊さ、やさしさを語りつづける作品を楽しむことができます。

一堂に公開する美術館が、作者である星野さんのふるさとである勢多東村(現みどり市東町)にあります。

美術館の他には、季節で見せる顔が異なる野の草花や、シャクナゲの群生、紅キリシマツツジの大木など、豊かな山々に囲まれています。
普段芸術に触れる機会がない方にもおすすめです。
東村のふるさと創生事業により1991年春に開館した富弘美術館は、美しい自然の中に建っています。

富弘美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称 富弘美術館
住所 群馬県みどり市東町草木86番地
営業時間・開場時間 富弘美術館:9:00-17:00 / 草木ドライブイン:9:00-17:30(12月-6月 17:00迄、土・日・祝日 9:00-18:00)コンビニエンスストア:8:00-20:00(12月-3月 19:00迄)
利用料金や入場料 美術館: 大人 500円 / 小中学生 300円 / 幼児 無料
参考サイト http://www.city.midori.gunma.jp/tomihiro/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

4.昔ながらの体験が楽しめます「たくみの里」

たくみの里は昔ながらの日本の風景を残す須川平にあります。

東京ドーム約70個分(330ha)の大きさなので、道の駅ということを忘れてしまいそうです。
昔ながらの雰囲気をそのままに木工、竹細工、和紙などの手作り体験ができるたくみの家があります。

手作りが体験できるたくみの家と、展示・見学・ショッピングがたのしめる家の2種類があって、それぞれのたくみが各家のオーナーとなりオリジナリティ溢れる作品や体験を提供しています。
その道のプロが提供している体験教室をぜひ体験してみてくださいね。

道の駅 たくみの里 豊楽館の住所・アクセスや営業時間など

名称 道の駅 たくみの里 豊楽館
住所 群馬県利根郡みなかみ町須川847
営業時間・開場時間 9:00-16:00(3月下旬より17:00閉館)
利用料金や入場料 竹細工づくりの体験 体験料金:1,200円から / 木立て作り体験 体験料金:2,000円
参考サイト http://takuminosato.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

5.話題のそばが楽しめます「霊山たけやま」

話題のそばは何?というところですが、「長英そば」は、幕末の蘭学者 高野長英が飢餓対策として記した「救荒二物考」を参考に、「中之条そば健」メンバーが中之条町の名物として誕生したグルメです。

そば処けやきの「長英そば」夏バージョンは、シャキシャキのきゅうりと玉ねぎ、素揚げした皮付きじゃがいも、そして地元産そば粉の手打ち・十割そば。
夏バテしていても食欲をそそります。

道の駅 霊山たけやまの住所・アクセスや営業時間など

名称 道の駅 霊山たけやま
住所 群馬県吾妻郡中之条町大字五反田222-1
営業時間・開場時間 たけやま館:9:00-17:00 / そば処けやき: 4月-11月:11:00-16:30, 12月-3月:11:00-15:30
利用料金や入場料 長英そば:800円
参考サイト http://www.town.nakanojo.gunma.jp/takeyama/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

6.アクセス抜群「赤城の恵」

こちらの道の駅はアクセスが抜群で、北関東自動車道駒形ICから約20分、関越自動車道前橋ICから約25分なので、高速道路の運転に疲れてしまった時や、これから高速道路に乗る前のリフレッシュにぴったりのスポットになっています。

赤城山の自然と、美しい景色に囲まれた荻窪公園内にある、道の駅「赤城の恵」。
施設は温泉・レストラン「あいのやまの湯」、農産物直売所「味菜」、そして休憩、情報発信施設を備えています。
「荻窪公園」は10種類・約16000株のアジサイが咲く自然豊かな公園です。

おすすめの季節はアジサイの季節ですが、その他の季節でもきれいな自然の中に身を置くことができます。

赤城の恵の住所・アクセスや営業時間など

名称 赤城の恵
住所 前橋市荻窪町437-11
営業時間・開場時間 味菜(農畜産物直売所)9:30-18:00
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.maebashi-cvb.com/gourmet&product/mitinoeki/megumi.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

7.散策もできるスポット「甘楽」

歴史的な散策と観光案内をメインに提供している道の駅。

城下町小幡の家並みと日本名水百選の雄川堰、武家屋敷、国指定名勝楽山園、小幡藩邸跡など、ここでは歴史と自然散策を楽しむことができます。
もし「もっと詳しく知りたい!」と思った時は、観光案内人のスタッフさんが親切丁寧に教えてくれます。
料金は有料ですが、深い知識に思わず博識高くなれますよ。

ふるさと甘楽の味を味わっていただける食堂では、季節ごとの旬の味と香りをご賞味ください。
特産のきじ肉、もちきびを使った名物桃太郎ごはんのお弁当と各種定食、上州和牛のすき焼き定食、お切り込みうどん、そばなど甘楽の味が楽しめるバラエティー豊かなメニューが皆様のお越しをお待ちしております。
客席(テーブル・和室)、団体グループのご予約もできます。
桃太郎弁当などの配達も行っています。

甘楽の住所・アクセスや営業時間など

名称 甘楽
住所 群馬県甘楽郡甘楽町大字小幡444-1
営業時間・開場時間 売店 9:00-18:00 , フードコート 10:30-16:30 ,食堂 11:30-16:00
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.town.kanra.gunma.jp/s-busan/busan/news/01.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

8.隣接する農家で体験しよう「あぐりーむ昭和」

こちらの道の駅では、隣接する農園で「旬野菜の収穫体験」ができます。
1年を通して農業体験(貸農園)ができる「あぐりーむ楽行」も実施しています。
あまり考えたことがないですが、普段食べている野菜がどのようにできているのか、どう採るのかを体験を通して学んぶことができます。

この体験は子供から大人まで楽しめると大好評1何気なく食べている野菜について考える体験をぜひお楽しみください。

雨が降っても安心!寝転んではいれる天然温泉足湯。
イベント時にはバラ湯、ゆず湯なども旅の疲れを癒してください。

あぐりーむ昭和の住所・アクセスや営業時間など

名称 あぐりーむ昭和
住所 群馬県利根郡昭和村森下2406-2
営業時間・開場時間 農産物直売所:9:00-18:00(4月-10月)、9:00-17:00(11月-3月) / 食堂:11:00-17:00 / 農家レストラン:9:00-18:00(4月-10月)、9:00-17:00(11月-3月) / 観光案内所:9:00-18:00(4月-10月)、9:00-17:00(11月-3月)
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://agream-showa.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

9.自然に囲まれた素敵なスポット「オアシスなんもく」

清流南牧川沿いにある、美しい自然に囲まれた道の駅です。

ここではぜひ新鮮な野菜を購入して、自宅に帰ってからも群馬の味を楽しんでほしいスポット。
農林産物直売所では、採れたての新鮮野菜や、地元の方の手作りで昔懐かしい味のお惣菜を数多く取り揃えています。

懐かしい味付けに思わず「また食べたい」と思うこと間違いなし!

オアシスなんもくの住所・アクセスや営業時間など

名称 オアシスなんもく
住所 甘楽郡南牧村大字千原3-1
営業時間・開場時間 10:00-18:00 / (11月-2月) 10:00-17:00
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.nanmoku.ne.jp/modules/oasis/index.php?content_id=4
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

10.露天風呂もあります「ふじみ」

こちらは、子供からおじいちゃん・おばあちゃん、そして若い方ももちろん楽しめますし、ハンデを持つ人までさまざまな人が集まって楽しめるスポットになっています。
ふれあいを持ったり、くつろげる健康づくりを目的とした施設。

そのようなコンセプトもあって、車椅子のまま移動できるよう配慮した作りになっています。
車椅子用のスロープやトイレが完備されていて、対応が充実しているので、身体の不自由な方でも安心して利用できるところが大きなポイントになっています。

ふじみ ふれあい館の住所・アクセスや営業時間など

名称 ふじみ ふれあい館
住所 群馬県前橋市富士見町石井1569-1
営業時間・開場時間 10:00-21:00(最終入館受付午後8:30/食堂オーダーストップは午後8:00)
利用料金や入場料 入館料:大人 510円, 小人 250円, 高齢者:300円 / 貸しタオル(バスタオル&フェイスタオルのセット)レンタル料:260円(税込)
参考サイト http://www.michi-fujimi.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

11.県南のオアシス「おおた」

群馬県太田市にある道の駅の登場です。
国道17号線、上武道路に面する「道の駅おおた」は、屋台形式で楽しく選んでお食事できるケータリングカービレッジになっています。
屋台形式なので、まるでお祭りに来たかのような雰囲気を感じられます。

太田産のやまといもをはじめ、豊富な新鮮野菜や民芸品・工芸品が並ぶスポットになっていて、長距離運転手の方も重宝する、24時間利用可能な休憩スペースもあります。
多くの方に楽しんでいただける道の駅をモットーにしていますので、ぜひお近くにお立ち寄りの際はご利用ください。

おおたの住所・アクセスや営業時間など

名称 おおた
住所 群馬県太田市粕川町701-1
営業時間・開場時間 採れたて市場 9:00-19:00 / 休憩スぺース 24時間
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://michinoeki-ota.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

12.読み方に注意「八ッ場ふるさと館」

12.読み方に注意「八ッ場ふるさと館」

image by PIXTA / 31642251

読み方は「やんば」と読みます。
ナビに入れても出てこないという声もありますので、正しい読み方を載せておきますね。
ダムガイドツアーやレンタルサイクルなどがありますので、休憩をしながら周辺の観光や、身体をリフレッシュすることができます。

北軽井沢町に近いところなので、夏に避暑地に行きたいと思っている方にはぴったりのスポット。
トイレなどの休憩を済ませつつ、レンタルサイクルで周辺の素敵な景色を楽しんでみてはいかがでしょうか?

八ッ場ふるさと館 の住所・アクセスや営業時間など

名称 八ッ場ふるさと館
住所 群馬県吾妻郡長野原町大字林1567-4
営業時間・開場時間 農産物直売所 9:00-18:00(冬期 9:00-17:00) / 食堂 9:30-16:45 / 旬菜レストランほたる 9:00-20:00 / Yショップ 7:00-19:00 / 情報休憩コーナー 9:00-18:00(冬期 9:00-17:00) / 足湯 6:00-21:00
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://yambamichinoeki.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

13.イベントにも注目「中山盆地」

13.イベントにも注目「中山盆地」

image by PIXTA / 31649090

渋川下新田線沿いにある、温泉施設がある道の駅です。
昼間は三並山(みなみやま)と田園風景を見ながらまったりとして時間を過ごせます。
夜は満天の星空を眺めることができますので、カップルにもおすすめ。
新鮮な野菜はもちろん、特産の生芋こんにゃく、地元のお母さんたちの手作り品を販売しています。

ほっとできる、道の駅中山盆地では、6月下旬から7月上旬のライトダウンキャンペーン期間があります。
省エネや資源の大切さを実感することを目的にしていて、廃油を使った手作りエコキャンドルを道の駅などで無料配布しています。

中山盆地の住所・アクセスや営業時間など

名称 中山盆地
住所 群馬県吾妻郡高山村大字中山2357-1 
営業時間・開場時間 直売所 9:00-18:00(4月-10月) 、 9:30-17:30(11月-3月) / レストラン:11:00-15:00
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.takayama-kanko.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

14.ついつい寄り道したくなる「くらぶち小栗の里」

14.ついつい寄り道したくなる「くらぶち小栗の里」

image by PIXTA / 31642085

こちらの道の駅は、倉渕の魅力をぐっと凝縮した、観光や歴史・文化などの情報発信地。
店舗では、倉渕の緑豊かな大地で育ったお米や、新鮮な農産物や加工品を販売していて、食堂では、旬の食材を活かした郷土料理などを提供しています。
温泉や登山、キャンプの際に寄り道したくなる雰囲気になっています。

くらぶち小栗の里の住所・アクセスや営業時間など

名称 くらぶち小栗の里
住所 群馬県高崎市倉渕町三ノ倉296-1
営業時間・開場時間  9:00-22:00 / 販売店舗 9:00-19:00 / 食堂 10:00-18:00 / 休憩コーナー、屋上デッキ:24時間
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.kurabuchi-oguri.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

15.臨時休業に気を付けて「あがつま狭」

15.臨時休業に気を付けて「あがつま狭」

image by PIXTA / 26669870

こちらの道の駅は臨時休業の日があるので、利用する場合は事前にホームページで確認する必要があります。
少し手間がかかりますが、ホームページには今日の気温などが書いてあって、服装などのアドバイスをしてくれます。

暑い日は、あがつま亭で4月末から販売している「ざるうどん」「ざるうどん大盛」が人気ですので、ぜひご賞味ください。
今までは券売機で「うどん」と「天ぷら」を別々に購入するシステムでしたが、「天ざるうどん」「天ざるうどん大盛」のボタンの登場で購入しやすくなりました。

値段は天ざるうどん(600円)、天ざるうどん大盛(750円)です。

あがつま狭の住所・アクセスや営業時間など

名称 あがつま狭
住所 群馬県吾妻郡東吾妻町大字三島6441
営業時間・開場時間 営業時間 9:00-18:00, 9:00-17:00(12-3月) / 天狗の湯 10:00-21:00
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://agatsumakyo.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

16.木のぬくもりが溢れています「玉村宿」

今後の町の発展と、地元農産物・加工品などを生産する人・消費する人、また道路利用者にとって、みんなが利益を得られるようなスポットにというコンセプトで営業しています。
さらに本道の駅は、普通車が165台(うちバリアフリー用4台)が駐車できます。

さらに、大型車専用駐車場が22台も完備された広いスペースもあります。
24時間利用できる公衆トイレなどもありますので、災害時には地域防災センターとしても活用されます。
他の道の駅に比べると少し物足りない感じがしますが、充実した施設になっていますので、ぜひご利用ください。

玉村宿の住所・アクセスや営業時間など

名称 玉村宿
住所 群馬県佐波郡玉村町大字上新田604-1
営業時間・開場時間 9:30-19:00
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.tamamura-juku.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

17.自然豊かです「ぐりーんふらわー牧場・大胡」

17.自然豊かです「ぐりーんふらわー牧場・大胡」

image by PIXTA / 21478253

牧場の中にひときわ目立つオランダ型風車が目印。
牧場の丘からは、荒砥川の流れが見渡せて、雄大な赤城山がそびえています。
たくさんの桜が立ち並ぶ遊歩道や、地域の特産品などが販売している、花木農産物直売所「さんぽ道」がおすすめ!

バンガロー施設や、バーベキューガーデン(別途料金)もありますので、道の駅としての他に楽しめるスポットになっています。

ぐりーんふらわー牧場・大胡の住所・アクセスや営業時間など

名称 ぐりーんふらわー牧場・大胡
住所 前橋市滝窪町1369-1
営業時間・開場時間 さんぽ道 (3-9月)9:30-17:30 , (10-2月) 9:30-16:30 / レストランまきば (3-9月)10:30-16:30 / (10-2月)10:30-15:30
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.maebashi-cvb.com/gourmet&product/mitinoeki/gfogo.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

18.レトロな雰囲気があります「上州おにし」

おいしい空気と自然豊かな山々に囲まれた、レトロな雰囲気が漂う道の駅です。
館内では、迫力満点の3D映画を上映しています。
映画が楽しめる道の駅なんて新鮮ですね。
土・日・祝日には、陶芸、木工の体験もできます。

2階の食堂では、手打ちラーメンを中心としたメニューで、手作り餃子も食べる事ができます。
売店では、人気商品の長井屋まんじゅうや、鬼石の名産品が豊富に販売されています。
外には譲原石器時代遺跡、住居跡が展示されていますので、ぜひ見てくださいね。

四季それぞれに自然模様が魅力的ですので、是非、一度お越し頂きたいと思います。

上州おにしの住所・アクセスや営業時間など

名称 上州おにし
住所 群馬県藤岡市譲原1089-2
営業時間・開場時間 9:00-17:00 / 食堂:11:00-17:00
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.ktr.mlit.go.jp/honkyoku/road/Michi-no-Eki/station/gunma_onisi/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

19.全国モデルの道の駅です「川場田園プラザ」

19.全国モデルの道の駅です「川場田園プラザ」

image by PIXTA / 24613563

1日いても飽きないのではないかと思わせるくらい施設が充実しています。
最近道の駅で注目されている「体験教室」では、たくさんの体験をすることができます。
その数なんと3つ。
ブルーベリー摘み体験、陶芸体験、オリジナル工作体験ができます。
どれも魅力的で体験したいものばかりですよね。

体験だけでなく、お食事やショッピングなどの施設も充実していますので、お土産に困ってしまったり、お腹が空いてどこで食べていいのか分からないという時にぴったりのスポットになっています。
もし近くに立ち寄ることがった際はぜひ利用してほしい道の駅です。

川場田園プラザの住所・アクセスや営業時間など

名称 川場田園プラザ
住所 群馬県利根郡川場村大字萩室385
営業時間・開場時間 ファーマーズマーケット 9:00-18:00 / 村の花工房・みみずく工房 9:00-16:30
利用料金や入場料 オリジナルネームプレート:(土台)小 310円・大500円/(1文字)100円
参考サイト https://www.denenplaza.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

20.温泉地と間違えそうです「白沢」

木造のモダンな外観とおしゃれな内装が特徴の道の駅。
平成6年4月にオープンした「望郷の湯」は、それまでの日帰り温泉センターのイメージを変えたとして、大きな話題になりました。

喫茶店を思わせるテラス、素晴らしい景色が望める展望レストラン、自然を取り入れた露天風呂など充実した施設があります。
周囲の風景とコラボレーションしたような造りが心地よく、リピーターも多い道の駅になっています。

白沢の住所・アクセスや営業時間など

名称 白沢
住所 群馬県沼田市白沢町平出1297
営業時間・開場時間 観光案内所:10:30-17:00 / 望郷の湯:10:00-22:00 / 農作物直売所:10:00-16:00
利用料金や入場料 望郷の湯入館料金:(2時間)大人 560円,小人 310円 /タオル 240円(販売) / バスタオル 310円(レンタル)
参考サイト http://www.boukyou.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

21. おしゃれな外観です「草津運動茶屋公園」

21. おしゃれな外観です「草津運動茶屋公園」

image by PIXTA / 31648902

日・独ロマンチック街道資料館(ロマンチックショップ)という施設があって、ドイツロマンチック街道にならったち言われている「日本ロマンチック街道」は、長野県上田市から草津町を経由して、栃木県宇都宮市へと繋いでいます。

そのため、さまざまなところから足を運びやすいところに位置していますので、利用しやすいスポットともいえます。
今までの道の駅とはまた違う風情あるスポットになっていますので、宇都宮方面に行くときなどはぜひご利用くださいね。

草津運動茶屋公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 草津運動茶屋公園
住所 群馬県吾妻郡草津町大字草津2-1
営業時間・開場時間 9:00-17:00
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.ktr.mlit.go.jp/honkyoku/road/Michi-no-Eki/station/gunma_kusatsu/index.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

これで群馬の道の駅は完璧です

群馬の道の駅をご紹介してきましたが、こんなにたくさんあることに驚いたのではないでしょうか?どの道の駅もそれぞれコンセプトがありますので、同じところが1つとしてないことがポイントでもあります。

お土産も道の駅によって異なりますので、もし気になるところがあったら、道の駅巡りをしてみてもおもしろいかもしれませんよ。
自分の楽しみ方を見つけてみましょう。

photo by PIXTA