英語をもっと上達したい!海外留学おすすめの国はここ

語学の勉強をより充実した環境の中で生活しながら集中して学びたい、と考えている方は多いと思います。短期でも、長期の滞在でも、語学留学は英語の学習はもちろんのこと、ライフタイルも学べる刺激的な時間を過ごせる素晴らしい体験になるはず。そんな海外留学で行ってみたい国選びのアイデアをご紹介いたします。きっと行ってみたくなる国を発見できるはず。

海外留学のすすめ

海外留学のすすめ

image by iStockphoto

海外留学のメリットとは?

 海外留学のメリットとは?

image by iStockphoto

もちろんメリトッはたくさんあります。
語学を学ぶことがもちろん1番の目的になると思いますが、実際に現地で生活をともにしながら学ぶと必然的に英語漬けの生活になるので、英語そのものを吸収しやすくなります。
そして海外の文化を肌で感じることができる貴重な体験も。
旅行では味わえない生活感を、空気も、ライフスタイルも違う国で味わうことができる点はかけがえのない体験になりそう。
忙しい社会人の方でも、短期から、または仕事に一段落つけて長期で学ぶのもお勧め。

短期留学お勧めの国、都市はどこ?

 短期留学お勧めの国、都市はどこ?

image by iStockphoto

では早速、どんな国、どんな都市があって、しかも短期留学でお勧めできるところをご紹介いたします。
ご自分にあったところを見つけてみましょう。

一番人気のアメリカ、まずは東か、西かで選んでみましょう

一番人気のアメリカ、まずは東か、西かで選んでみましょう

image by iStockphoto

身近なアメリカ。
西と東で全く趣が違う、地域によって大都市も大自然も感じられる広大さは魅力的。

アメリカ最大都市、ニューヨーク

アメリカ最大都市、ニューヨーク

image by iStockphoto / 93724509

アメリカの東部で代表する都市と言ったら、ニューヨーク。
アメリカの、そして世界有数の大都市であることはご存知ですね。
大都市の活気のある雰囲気の中で生活してみたいのなら、ニューヨークが向いているかも。
美術館やエンタテイメント、グルメにな世界中で有名な観光地の数々。
どの観光地も充実しているので、勉強もそして息抜きとしての遊びも十分に楽しめます。

落ち着いた歴史を感じる待ち、ボストン

落ち着いた歴史を感じる待ち、ボストン

image by iStockphoto / 57376012

ボストンもお勧めの都市。
アメリカの中でも歴史的で、ニューヨークと比べてとても落ち着きがあり、住みやすい都市。
有名大学も多いので、学生の数も多く、世界中から集まっています。
また街自体がとても雰囲気のあるとてもスタイリッシュな街並みで、歩いているだけで楽しい、素敵な都市。
学習にも集中できそうな美しい街です。

ロスアンゼルスの開放的な雰囲気

ロスアンゼルスの開放的な雰囲気

image by iStockphoto

ニューヨークにならんで、たくさんの留学生が集まる街、ロスアンゼルス。
語学だけでなくその土地柄、アートや音楽、映画に関することを学びにきている人も多数。
温暖な気候と、開放的な雰囲気はたくさんの人を魅了しています。
訪れる観光地も多く、またニューヨークとは違ったファッションなども楽しめるところ。

住みやすさもここは定評あり、シアトル

住みやすさもここは定評あり、シアトル

image by iStockphoto

住みやすい街と評判のシアトル。
街のサイズも程よく、歩いて色々なところに気軽に行けて、しかも安全。
食べ物も魚料理も多く比較的日本人の口に合う点もポイントが高いかも。
雰囲気もちょっとクラッシックな部分もありボストンに近いかもしれません。
おなじみスターバックスのの1号店も。
コーヒー文化の発祥の地といってもいいほど。
町中にカフェがあふれています。
学生も多く、学びやすい環境が揃っている人気都市。

大自然と都会が共存している国、カナダ

大自然と都会が共存している国、カナダ

image by iStockphoto

豊かな自然と比較的安全な都市が多いと言われているカナダ。
住みやすさと英語環境も整っている国で人気があります。

トロントで異文化も学ぶ

トロントで異文化も学ぶ

image by iStockphoto / 70459487

最大都市のトロントでは、カナダの中では最も都会ライフをエンジョイできるところ。
様々な国からやってきた移民が、それぞれのコミュニティーを形成しているトロントは、異文化も学べる国際都市。
所々に、移民のコミュニティーが点在していて、刺激的。
学校の数も多く、たくさんの留学生が世界各国から学びにきてます。
選択の幅も多いのがトロントの魅力。

フランス語も学べるモンントリオール

フランス語も学べるモンントリオール

image by iStockphoto

ここモントリオールではカナダのもう一つの公用語、フランス語も学べます。
ヨーロピアンな雰囲気を感じる街並みもスタイリッシュで、他のカナダの都市とは、また違った生活スタイルを感じられます。
レストランに行っても、英語とフランス語の両方のメニューを見れたり、町中のサインが英語とフランス語だったりと、ちょっと面白い体験ができます。
日本人の数も他に比べて少ないので、英語に集中して学べるかも。

バンクーバーは留学生人口一番かも

バンクーバーは留学生人口一番かも

image by iStockphoto

日本人に最も人気のあるカナダの留学都市と言ったら、バンクーバーでしょう。
気候もカナダの中では比較的温暖で、雪もあまり降りません。
時期によっては雨が多いかも。
それでも日本のような梅雨に時期のような雨ではないので快適。
そんな住みやすさもあり、学生にも人気。
語学学校も数多くあり全体的に質は高いと思います。
選択の幅が多いことはいいですね。
街並みも美しく、海が近いので魚介も美味しい。
ワーキングホリデーでも人気。

夢のような時間を過ごせる素敵な国、オーストラリア

夢のような時間を過ごせる素敵な国、オーストラリア

image by iStockphoto

オーストラリアも留学生に人気の国。
特にワーキングホリデーで訪れる学生がいっぱい。
生活も語学も遊びも欲張りに楽しみたい方にお勧め。

シドニーはオーストラリア最大の都市。

シドニーはオーストラリア最大の都市。

image by iStockphoto

ハーバーからの眺めは絶景。
オペラハウスはおなじみの建物。
ここも日本人留学生が多く、短期留学やワーキングホリデーで学んでいるケースが多いかも。
街並みも、イギリスの名残をところどころに感じられます。
モダンとちょっとクラシックな部分も見え隠れするとても美しい街。

ケアンズはゆったりのんびりした雰囲気

ケアンズはゆったりのんびりした雰囲気

image by iStockphoto

海がとにかく好き、という方にはここケアンズがお勧め。
ワーキングホリデーとしても人気の都市。
ゆったり感とこじんまりとした街で、のんびりとした生活とアクティビティーが充実しているところが人気のポイント。
ダイビングが好き、または挑戦して見たい方、勉強も遊びもという方にはお勧めです。

伝統と歴史を感じる国イギリス

伝統と歴史を感じる国イギリス

image by iStockphoto

歴史を感じる落ち着いた雰囲気と、モダンでスタイリッシュな部分が共存して独自のユニークな文化を作り出しているイギリスのファンは多いですね。
ブリティッシュイングリッシュのアクセントが好きな方は、やはりイギリス。

ロンドンでクイーンズイングリッシュを学ぶ

ロンドンでクイーンズイングリッシュを学ぶ

image by iStockphoto

長い歴史と伝統を感じる町並みがある一方で、最先端の文化も混じり合う環境で英語を学ぶことができるのがイギリス、ロンドン。
留学生の数も多く、特にヨーロッパからたくさんの人が学びに来ています。
本場クイーンズイングリッシュを学びたいのならここロンドン。
短期留学なら、世界でも有数規模の高い家賃のアパートを探す手間もないのでお勧め。
格式ある高貴なイメージとオープンな文化を体験できるのはロンドンかも。

ケンブリッジで地方都市で違った雰囲気を楽しむ

ケンブリッジで地方都市で違った雰囲気を楽しむ

image by iStockphoto

地方都市の中ではオックスフォードやケンブリッジなどがよく知られている留学先。
ロンドンと違い、落ち着いた雰囲気でゆったりとしているかも。
またホストファミリーと一緒に過ごす時間も、忙しいロンドンよりは多いでしょう。
イギリスは都市によって、特に地方に行くと、本当にのどかで美しい自然を間近で感じれれる美しい場所。
様々な顔が見えるイギリスのファンは結構多いです。

お勧めの留学方法は?

お勧めの留学方法は?

image by iStockphoto

語学留学で短期に、または長期に学ぶ

語学留学で短期に、または長期に学ぶ

image by iStockphoto

語学留学のスタイルで人気の一つが語学学校への留学でしょう。
短期で1週間から組めるプログラムは、スケジュールも組みやすいし、長くの滞在は難しいけれど、英語学習と現地の生活に触れてみたいという方にはお勧め。
入学もいつからでも可能です。

さらに長く滞在もでき、3ヶ月以上になると長期留学になります。
3ヶ月以上滞在できれば、英語力はもちろん、現地での生活にも慣れ、本当の意味で生活感を感じられるようになるのが長期留学。
英語を聞く耳もかなり鍛えられますし、また吸収しやすくなるのを、自分でも感じることができるでしょう。
語学学校でも沢山の新しい友人ができたり、好きなお店、場所を見つけて息抜きしたり、一番楽しくなってくるのかわこの時期。
語学学校への留学は、長期でも働くことはできませんが、そのぶん、フルタイムで学業に専念して留学生活を楽しむのがいいですね。
長期滞在用に、資金もコツコツ貯めておく必要があります。

ワーキングホリデー語学も生活もエンジョイ

ワーキングホリデー語学も生活もエンジョイ

image by iStockphoto

英語圏では、オーストラリア、カナダ、イギリス、ニュージーランドなどでワーキングホリデーの制度を取り入れています。
どの国も現在18〜30歳までですが、国によって毎年ルールの変わるので、サイトでマメにチェックしてみましょう。
ワーキングホリデーの魅力は、フルタイムではありませんが、学校にも通えてしかも仕事もできるということです。
より現地の生活に寄り添うことができ、仕事も学んでスキルアップには絶好のチャンス。
英語力もあればより自分の希望に近い、そして仕事の選択の幅も広くなっていきます。
滞在もホームステイや、シェアハウス、アパートを借りたり予算や好みに合わせて選ぶことが。
このプランでしたら、1年をめどに考えているという方にはぴったり。
社会人にも人気があります。
語学も、ライフスタイルも、遊びも欲張りに充実させることができるワーキングホリデーは人気です。

充実した留学生活を送るために

充実した留学生活を送るために

image by iStockphoto

学校選びは慎重にしましょう

学校選びは慎重にしましょう

image by iStockphoto

留学したいと思ったら、まず学校選び。
自分で全部手配するのは大変な労力がかかるもの。
学校、航空券、ホームステイ先などは特に大変なのでこれらは、留学エージェントを通じて決めるのがお勧め。
エージェントでは学校選びから、ホストファミリー、航空券の手配までしてくれます。
手数料がかかることがネックですが、これを自分で行うとなると、時間もかかるし、不備が出る可能性も。
生徒などでチェックして自分にあったエージェントを探してみましょう。

出発前から英語モードにしていきましょう

出発前から英語モードにしていきましょう

image by iStockphoto / 86478385

留学が決まったら、早速英語モードに自分をセットさせていきましょう。
アプリを使ってリスニングの練習、ホームステイで使える英語、などは覚えておきましょう。
通勤時間やちょっとした隙間時間を使って繰り返し学ぶのがポインントです。
もう少し時間があったら、英会話学校に通ったり、スカイプレッスンをとったりして、聞き取る、話すことに少しずつ慣れて行くようにしておくと、学ぶ子はもちろん、いよいよ行くんだという実感も湧いてきますよ。

留学は思い出作りだけではなく次へのステップ

現地での体験、そして生活や巡り合ったたくさんの友達はかけがえのない経験や思い出にもなりますね。
でも思い出だけでなく、留学を次への大きなステップとして、何かのきっかけにできれば、それは人生のうちでも重要なターニングポイントになるかもしれません。
わくわくするような経験をぜひ海外留学で体験してみてほしいです。
photo by iStock