ニューヨーク留学短期で、語学学習とニューヨクの街をもっと知る体験

アメリカには多くの人を魅了する魅力的な都市がたくさんあります。その代表的都市がニューヨーク。旅行で訪れて以来大好きになってしまったという方、英語に興味があったら今度は短期留学で、大好きな街の生活感を感じながら過ごしてみたいと思いませんか?今回は憧れの街、ニューヨークでの短期留学についてご案内いたします。街の魅力、おすすめスポット、短期留学とは?新たな発見があるかも。

ニューヨークの短期留学を選ぶ理由はこれ

ニューヨークの短期留学を選ぶ理由はこれ

image by iStockphoto

短期でも学べる語学留学だったら憧れの都市へ

短期でも学べる語学留学だったら憧れの都市へ

image by iStockphoto

短期留学の場合は、語学学校に入学しての留学が一般的。
こちらは1週間からのプログラムがあり、短期留学とは3ヶ月ぐらいまでを言います。
3ヶ月以内であればビザを申請しないで滞在できるので、短期留学は気軽で、身近なプランと言えるかも。
仕事や休みを利用して留学したいという忙しい社会人にはぴったりのコースですね。
ニューヨークは大都市なだけに、世界中から留学生が訪れるため様々な学校があります。
選択の幅が広いのは嬉しいことですね。
ただし、たくさんあるだけに学校選びには慎重に。
情報はたくさん調べて集めておくといいでしょう。
申し込みには留学エージェントを利用するのがお勧め。
留学に関するプロの意見を聞くことで自分も安心できるし納得の学校選びができます。

クラスが終わったらこんな楽しみも

クラスが終わったらこんな楽しみも

image by iStockphoto / 51912656

短期の海外留学ならアフタースクールも楽しみましょう。
遊んでばかりでいられませんが、ニューヨーク留学の醍醐味でもあるかも。
ここは、いい意味でも悪い意味でも誘惑がいっぱい。
でもオンとオフを上手に使って短い滞在を楽しみましょう。
アフタースクールはカフェ巡り、美術館鑑賞、そしてたまには友人と外食したり、素敵なバーでワインやビールを片手に話にふけったり。
考えただけで楽しくなるような、充実した生活を送るのも自分次第です。
学生気分も都会のビシネスマンの気分も味わえるニューヨーク留学。

ニューヨークの魅力について

ニューヨークの魅力について

image by iStockphoto / 53649264

どの季節に行っても美しさ、素晴らしさを感じる

どの季節に行っても美しさ、素晴らしさを感じる

image by iStockphoto

短期留学ではどの季節、いつ頃行こうかというのも重要なポイント。
季節によって費用に違いが出たり、自分のスケジュールと行きたいと思っている時期が異なることもあり得ますね。
でも、ニューヨークはどの季節に行っても、その魅力を感じられる素晴らしいところ。
春は花々が咲き誇り新緑の香り、夏はその木々がさらに青々と輝き、味には赤や黄色に染まり葉の美しいカーペットができたり、そして冬には雪にすっぽりと覆われた姿をいせてくれたり。
どの季節でも実に絵になる風景。
こんな景色が街のいたるところに点在しているのがこの街の魅力。
こんな街はなかなかないはず。
私も真冬に滞在したことがありますが、冬嫌いの私でも好きになれそうなくらい。

現実離れしたかのような世界

現実離れしたかのような世界

image by iStockphoto

ニューヨークが世界のエンタテインメントの中心。
例えばタイムズスクエアーに行けば、華やかなネオン街と一日中寝らない街を実感、そしてエンパイアステイトビルディングを見れば、まさに絵に描いたようなニューヨークの景色が目の前に広がります。
自分が思い描いていただけの景色を目にするときの感動は、言葉では表せないでしょう。

そんな素晴らしい体験ができる場所。
ミュージカルや音楽、バレエ、オペラそして映画など、今まで見る機会がなかった作品はほぼここで見ることができます。
アフタースクールにこんな経験ができるのはニューヨークならでは。
そして、滞在中は地下鉄も便利ですが、街を知り尽くすくらいたくさん歩くのをおすすめします。
どこを歩いても興味深くアートでユニークな街ニューヨーク。
特に建築物に興味がある方は、この美しい街にそびえるビル群はずっと眺めていたくなるほど。
フォトジェニックな場所でいっぱい。
いくつものお気に入りの場所が必ず見つかるはず。

グルメな街であること

グルメな街であること

image by iStockphoto

世界各国の料理、そしてアメリカンな食べ物と、なんでも試せるのがここニューヨーク。
日本でも楽しめるようになったものもたくさんありますが、もっとディープでジャンクなそしてニューヨーカーのお気に入りの、日常的食べ物を堪能してみたくなりませんか?ヘルシーすぎるものから、カロリーを気にしている場合ではないようなヘビーなものまで、両極端が存在しているとてもユニークなニューヨークのグルメを滞在中に是非満喫してみましょう。

気になる費用はどれくらい?

気になる費用はどれくらい?

image by iStockphoto

短期留学の場合の費用は?

短期留学の場合の費用は?

image by iStockphoto

1週間の留学のが場合、入学申請料、滞在手配費、レッスン授業料、滞在費、到着時の空港出迎え費、海外送金手数料が含まれていて230000円ぐらいからになります。
プラス現地でのおこずかい。
1ヶ月の場合は、同じ内容で4週間として550000円ぐらいから。
留学エージェントや、時期によって若干料金も変動があります。
ホームステイは、朝食、夕食付き。
お昼は各自で買うことになります。
何を食べるかによりますが、ベーグルとコーヒーで6ドルぐらいから、カフェやレストランで食べると15ドル以上はします。
夕食付きになっていますが、夕食を外で食べることになっても払い戻しにはなりません。

ニューヨークの物価、交通費はこれくらい

ニューヨークの物価、交通費はこれくらい

image by iStockphoto

ニューヨークはご存知の通り、物価は全体的に高いです。
でも短期の滞在なら家賃を考えなくていいので上手に生活できるでしょう。
まずは交通面。
移動に便利なのが地下鉄。
1回券利用時は3.00ドル。
7日間で31ドルというメトロカードも販売されているので、留学中はこちらがお得。
地下鉄と市バスが乗り放題なのでちょっと間違えて乗っても大丈夫。
そしてタクシーの初乗り料金は2.5ドル。
こちらや日本より安いですが、チップを忘れずに。

日本と比較。どんなものが高いの?

日本と比較。どんなものが高いの?

image by iStockphoto

日本と比較してみると、まずスタバのコーヒーは1.95ドル。
こちらは日本より安いですが、フラペチーノなど他のドリンクは日本より割高。
そしてちょっとしたレストランでのランチは25ドルぐらい。
ディナーになると最低50ドルぐらいは見ておいた方が。
話題のレストランとなれば軽く100ドルは超えます。
もちろんプラスチップです。
でも朝食やランチにベーグルとコーヒーだと5ドルくらいから、またデリなどで買ったり上手に節約することができます。
高いものは果てしなく高くなりますが、安くてジャンクなものも結構あるのです。
そんな面白いものを探してみるのも滞在の楽しみになるかも。

知りたい、クラスの雰囲気、アメリカ生活

 知りたい、クラスの雰囲気、アメリカ生活

image by iStockphoto

語学学校の雰囲気は?

語学学校の雰囲気は?

image by iStockphoto

語学学校は、1クラス大体10名前後の少人数。
アットホームな雰囲気のなかで学ぶことができます。
フルタイムクラスでは、朝9時から夕方4時まで、しっかり学習。
文法、会話、ライティングクラスなどがおもで、そのほか希望によってクラスを取ることが。
様々な国から集まったクラスメイトたちと積極的にコミュニケーションをとり、話していきましょう。
黙っていては損。
中南米やヨーロッパから来ている人たちはとにかく喋ります。
最初は圧倒されてしまいがちですが、自分もどんどん発話して、間違えながら学んでいきましょう。
ほかの諸国の言語と英語は似ている部分があって学習しやすいのですが、アジア人にとっては違いの大きさに不利に感じるかもしれません。
でも、それを乗り越え上達できたら、素晴らしい達成感も得られるはず。

アフタースクールの楽しみ方

アフタースクールの楽しみ方

image by iStockphoto

クラスが終わればフリータイム。
学校で宿題をしたり、図書館に行ったり、勉強や、せっかく訪れた街のことを知るためにもたくさん出かけてみましょう。
美術館、映画館、カフェでクラスメイトとお話ししたり、有意義なフリータイムを。
学校では定期的にイベントも企画されています。
地元の観光地を巡るツアー、スポーツ観戦、学校内でのイベントなどなど。
積極的に参加してニューヨークをより知りましょう。

ニューヨークのおすすめ観光スポット

ニューヨークのおすすめ観光スポット

image by iStockphoto

セントラルパークへ行ってニューヨーカー体験

セントラルパークへ行ってニューヨーカー体験

image by iStockphoto

ニューヨークにはたくさんの公園があり、大都会でありながら、緑豊かなところ。
その意外な自然の多さに驚くことでしょう。
まず訪れて欲しいのがなんと行ってもセントラルパーク。
マンハッタンの中心にどんと構えている、ニューヨーカーの、そして観光客の憩いの場でもあります。
お昼にはここでピクニック気分でランチを食べたり、本を読んだり、日光浴をする人も。
好きなことをのんびり楽しめます。
ここで一休みしてニューヨーカー気分を味わってみましょう。
ぶらぶらお散歩すれば、たくさんのオブジェを鑑賞できたり、ストロベリーフィールドへ行けばジョンレノンのイマジンの記念碑も。

美術館に訪れてアートに触れる体験

美術館に訪れてアートに触れる体験

image by iStockphoto

美術館といえばニューヨーク。
ここニューヨークは、美術館、博物館の宝庫。
たくさんの貴重なアートワーク、歴史的に有名なものから、モダンアートに至るまで、全て堪能できるところも魅力の一つ。
美術館に足を運ぶ機会があれば、その数の多さとバラエティーさを感じはず。
まずお勧めは、「メトロポリタン美術館」と「MOMA(近代美術館)」。
メトロポリタン美術館ではより歴史的アートが広大な敷地の中に世界中から集まった数々の展示物を、MOMAでは19世紀から現代までの絵画、彫刻、デザイン、写真など幅広く鑑賞することができます。
そして、ニューヨークは街自体もアート。
斬新なオブジェが街を飾っていたりと、芸術にオープンで受け入れてくれる雰囲気が、たくさんのアーティストを生んで来た一つの理由でしょう。
何度でも行ってみたくなるお気に入りの美術館が必ずあるはず。
美術館だけでなく、さりげなく飾ってあるオブジェにも注目です。

マンハッタンの眺めをロックフェラーセンターから体験

マンハッタンの眺めをロックフェラーセンターから体験

image by iStockphoto

まずここにきたら、これを体験しないことには、ニューヨークを体験したと言えないくらい。
エンパイアステイトビルディングへ行く観光客も多いですが、私がお勧めするのはむしろこちら。
展望台、「トップ・オブ・ザ・ロック」からは、日没の少し前から行けば昼間のセントラルパークと、エンパイアステートビルが真正面に見えます。
エンパイアステイトビルディングを見たいなら、こちらに登った方がいいですね。
夜は、時期によって様々に色を変えてライトアップされるエンパイアステイトビルディングを正面から眺めれば、もう感動で言葉もなくすほど。
夜景と昼間の景色を両方楽しめます。
どちらも美しすぎるので、どちらがいいとは言えませんが、どちらも見て、比べて見てもいいですね。
地上70階、からのパノラマビューは、圧巻。

出発前にしておきたいこと

出発前にしておきたいこと

image by iStockphoto / 64134913

できるだけ英語に触れておきましょう

できるだけ英語に触れておきましょう

image by iStockphoto

突然行っても喋れるようになるものではないので、事前時にしっかり準備をしておきましょう。
できるだけ英語に慣れておけば、現地に行ってからの英語の伸びが断然早くなるということと、生活することのストレスも軽減されます。
初めてだったら、簡単なホームステイで使える英語、日常会話の表現を覚えておくようにするといいですね。
ノートを作ってたくさん書き留めておくと、後から勉強したことを振り返れます。
またリスニングのアプリをダウンロードして、移動時間に聞く習慣もつけておきましょう。
英語学習でまず聞き取りできることが、英語の理解力を増すことができる重要なポイント。
毎日コツコツトライしてみて。
1日5分から10分でも必ず身につくはず。
出発の時、現地での生活を思い描けばモチベーションもされにアップしますね。

語学学習もエンタテイメントも楽しめる街、ニューヨーク

大好きな街があったら、旅行と違った感覚で滞在してみたくなりますね。
ニューヨークはそんな魅力に溢れる素晴らしい街。
好きな街に暮らし、語学の勉強もし、そしてエンタテイメントも楽しむ。
そんなプレイスレスな留学の体験をニューヨークでトライしてみませんか?
photo by iStock