母なる大地アフリカの迫力満点の7つの絶景スポット

旅慣れた人以外は、なかなか旅行する機会も少ないアフリカですが、その反面手つかずの大自然も多く神秘的な絶景の宝庫でもあります。今回は、そんな母なる大地アフリカの絶景を7つご紹介いたします。

マサイマラ国立保護区/ケニア

05
アフリカと言えば、やはり野生動物。
そしてアフリカの中でも野生動物の宝庫として有名なのがケニアの「マサイマラ国立保護区」。
とにかく野生動物の数の多いことで知られる動物保護区で、沢山の動物を見る事ができます。

バオバブ街道/マダガスカル

baobab avenue, menabe, madagascar
星の王子様にも登場する木”バオバブ”が立ち並ぶ絶景と言えばマダガスカルにある「バオバブ街道」。
巨人が引っこ抜き逆さまに植えた様に見える事から通称「悪魔の木」と呼ばれるこの数奇な大木は、世界でもマダガスカルを含め他数カ国にしか存在していないかなり珍しい植物だとか。まるで宇宙。。

ブライデリバー・キャニオン/南アフリカ共和国

03
グランドキャニオン、ナミビア最南端のフィッシュリバーキャニオンに続く世界三大渓谷の一つが南アフリカにある「ブライデリバーキャニオン」。特に緑で覆われている渓谷は他に類を見ず、晴れた日には最高の絶景を楽しむことができるとか。

マラケシュ旧市街/モロッコ

01
“神の国”という意味を持つ都市が、モロッコの代表的なスポット「マラケシュ」。
旧市街は世界遺産にも登録されておりジャマエルフナ広場は朝も昼も夜も賑わいが絶えないほどのマーケットでいつも活気づいています。アフリカの中で一番行きやすい国でもあるので、アフリカ初心者の方にはおすすめです。

ナミブ砂漠/ナミビア

02
“世界一美しい砂漠”と言われているのが、ナミビアにある砂漠「ナミブ砂漠」。
総面積約8万800平方キロを誇り、少なくとも5500万年前から太陽が照り付け、世界最古の砂漠と言われているとか。
黄金に輝く砂丘は、ぜひ行ってみたいですね!

キリマンジャロ/タンザニア/

04
タンザニア北東部にある標高5895mのアフリカ大陸最高峰の山と言えば「キリマンジャロ」。
山域がキリマンジャロ国立公園に指定されており、山脈に属さない独立峰としては世界一の高さを誇る。
そのスケールさはまさにアフリカの象徴のようですね!

シディ・ブ・サイド/チュニジア

07
白と青の建物が特徴的なチェニジアで一番美しいと言われているリゾートの街「シディ・ブ・サイド」。
青より少し明るく、水色よりもやや濃い、ちょうど地中海を表現したような「チェ二ジアンブルー」と呼ばれるカラーに包まれた街は、まさにアフリカの楽園。ローマから飛行機で1時間、首都チュニスから電車で30分というアクセスのよさも人気の秘訣。