世界最古の砂漠に現れた神秘の絶景『デッドフレイ』

総面積約5万平方kmを誇る、世界最古の砂漠、ナミブ砂漠。このアプリコット色の砂で満たされたナミブ砂漠の中に、ぽっかりと地表が渇いた盆地が存在します。ここではそんな、ナミブ砂漠を代表する絶景ポイント、デッドフレイについてご紹介します。

デッドフレイ(Deadvlei)

imgbuddy.com

デッドフレイは、ナミビアの大西洋沿いに南北約1,300kmにわたって広がるナミブ砂漠の深部、ナミブ・ノークラフト国立公園内にあります。

デッドフレイ(Deadvlei)

flickr.com

現地の言葉で「死の沼地」を意味するデッドフレイ。干上がった沼地と朽ちた木々が独特の景観を作り出しています。

デッドフレイ(Deadvlei)

fineartamerica.com

ここにはかつてツァウチャブ川の洪水により沼地が形成されました。その後の気候変動で沼の水が全て干上がってしまい現在のような状態になりました。

デッドフレイ(Deadvlei)

flickr.com

あまりに乾燥した気候のため、木は微生物によって分解されることもなく、500年前に枯れてしまった木々は当時のままの姿で現存しています。

デッドフレイ(Deadvlei)

500px.com

ミイラのように、ひび割れた白い地面に不気味にたたずんでいる立ち木。その名の示す通り、いかにも死の谷らしい風景です。

デッドフレイ(Deadvlei)

amazingplacesonearth.com

この世のものとは思えないこの奇異な景観が、その美しさを最も増すのが日の出前のひとときです。燃えるような朝の光が周囲を金色に染めます。陰ったままの銀色の大地。それらを背景に枯れ木のシルエット浮かび上がります。

デッドフレイ(Deadvlei)

popsugar.com

世界的科学雑誌の表紙を飾って以来、世界中から観光客が訪れるようになったデッドフレイ。一度は自分の目でその神秘的な光景を確かめてみたい、おすすめ絶景スポットです。

デッドフレイ(Deadvlei)への行き方

まずナミビアの首都ウィントフックへ向かいます。
日本からは直行便がないので、香港やドバイで乗継ぎ、南アフリカのヨハネスブルグへ入ったあと、ヨハネスブルグからウィントフックまでは南アフリカ航空で移動します。
ウィントフックからナミブ砂漠まではレンタカーを借りて車で行くか、現地のオプショナルツアーに申し込みましょう。

関連記事を見る

アフリカの記事を見る

【エジプト旅行】憧れのピラミッド&神殿巡りで歴史三昧の旅へ!
アフリカ系アメリカ人選手が活躍した野球リーグ「ニグロリーグ」の歴史とは?
アフリカの歴史に光を!『人類生誕の地』母なる大陸一周の旅へ
マケドニア観光なら次はここ!「オフリド」で見たい絶景10選
移住者が伝える沖縄の魅力!沖縄本島で行けるビーチ20選
ガーナ観光なら次はここ!「アクラ」で見たい絶景10選
モロッコ観光なら絶対ここ!青い絶景の「シャウエン」で見たいスポット10選
タイでボランティアしている筆者が指南♪タイの観光完璧ガイド
ディズニーシーの未来的空間 ポートディズカバリーの ”ホライズンベイ・レストラン”でミッキーと出会おう!
紀元前800年代には港町として栄えていた街。モロッコ「エッサウィラ」観光で見たい絶景10選
ローマ時代の名残そのまま感じる、モロッコの「ヴォルビリスの古代遺跡」
政府公認ガイドが教える!フィレンツェ観光完璧ガイド