【旅行体験記】ケニアの国立公園でのサファリ三昧は人生を変える

wondertripでは特集「旅行体験談」の連載を始めました。それぞれの機会や理由で旅にでる日本人たちの、旅行体験記をお楽しみください。本日は、 ケニアの国立公園でのサファリに旅行したみしぇるさんから、お話を伺いました。

連載一覧はこちらから

聞き手:wondertrip編集部 katsuya

旅にいくときの荷物がとても少ないことから、旅上手を自称。

旅行体験記の提供者:みしぇるさん

東京都内在住会社員、女性、旅行好き。休みがあればできる限り海外旅行に出掛け、現在まで51か国を旅行。高校時代の友達を訪ねてケニアへ旅行、人生観が変わるほどの旅をしたとのこと。

今回の旅程

こんにちは。
今回はケニアを旅してこられたという事でまずは旅程からお話して頂けますか。
10日間の旅行をし、ケニアにサファリ三昧の旅行をしてきました。

1日目 夜、成田空港発

2日目 ドーハで乗り継ぎ、ナイロビ空港に到着。
マサイマーケットへ

3日目 ナイロビから車で5時間ほどでマサイマラ国立公園へ。
Siana Springというキャンプ型のホテルにチェックインし、サファリへ

4日目 朝から夕方まで1日サファリ。

5日目 マサイ族の村を訪問し、ナイロビへ帰り、ビーズ工房を見学

6日目 車で4時間ほどのアンボセリ国立公園へ。
象の大移動に遭遇。
国立公園内のOl Tukaiロッジに宿泊。
夜はホテル主催のショーを観賞

7日目 キリマンジャロと日の出を見る。
朝食後、サファリへ。
ナイロビへ向かい、マタツという公共交通機関でナイバシャ湖へ

8日目 ナイバシャ湖でボートサファリとウォークサファリ。
その後、ナイロビへ

9日目 昼にナイロビ空港を出発

10日目 成田空港着

国立公園でサファリ三昧の毎日

ケニアでサファリ三昧だった中で印象的なことを教えてもらえますか。






「マサイマラ国立公園」というケニアで一番有名な国立公園ですね。
本当に多くの、そして色んな種類の野生動物に会う事できました。
運良くチーターのお母さんと赤ちゃんたちに出会い、無邪気に遊ぶ子供たちが本当に可愛かったです。
まだ小さいのでふわふわな毛玉のようでした。

また、バッファローの大群の中に迷い込んでしまったときは、大群がサファリカーの方を見つめてきて、少しドキドキしました。

他にも国立公園を回ったのですか。
キリマンジャロの麓にある「アンボセリ国立公園」は、象が集まる所として知られています。
象が水を求めて移動してくるのですが、ちょうどその行列を間近で見ることができました。

また、ハネムーン中のライオンのカップルにも出会い、本当にラッキーでした。
普段は茂みで寝ていることが多いということなので、活動中のライオンを見られるのはとても珍しいそうですよ。

次のページでは『大自然に抱かれて宿泊』を掲載!
次のページを読む >>