絵本の世界に迷い込んだように青く彩られた街『シャウエン』

見渡す限り一面青、青、青の世界。
まるで童話の中に出てくる氷の国に迷い込んでしまったかのような錯覚を覚える街、シャウエンは人口およそ3万6千人ほどの小さな街です。
今回は、そんなモロッコのシャウエンについてご紹介いたします。


シャウエンがあるのは、モロッコ北部のリーフ山脈のふもと。
標高660mに位置するこの街は、ひと目見ただけでその魅力に憑りつかれてしまう旅行客が続出のとても美しい街です。
街全体を覆う特徴的な青の色は、かつてこの地に移住してきたユダヤ人たちが、ユダヤ教で神聖な色とされている青で家を守るために外壁を塗ったのが始まり。
虫よけなどの実際的なメリットもあるという青の色ですが、一口に青と言ってもそこには濃淡の差や微妙な色合いの変化が見られ、それらの青の織りなす街の表情は実にバリエーション豊か。
街には三角帽子のフードをかぶった男性の姿が多く見られますが、これはジェラバと呼ばれる伝統的な民族衣装なのだそうです。
形としてはフードつきのコートになっており、シャウエンのお土産屋さんでも売られているので、滞在中身に付けてみると自分もこの街の一員になったような気分に浸れるかも。
街を歩いていてほかによく出会うものといえば、この可愛らしい猫たち。
日本にいる猫とほとんど変わりはありませんが、一面青の世界にたたずむ猫たちはどの猫も不思議と絵になります。

触れればまるでひんやりと冷たい氷のようにも見える街ですが、街の気温はいたって温暖。
冬でも日本ほどの寒さにはならず、一説にはこの青は暑さ対策も兼ねているという話があるものの、夏になっても日本の夏より少し涼しいくらいの気候なのだそうです。
シャウエンを訪れたらオーダーしたい名物料理「クスクス」は、同じくモロッコの名物であるタジンに世界で1番小さいパスタといわれる粒状のパスタが入った煮物のような料理です。
日本でも一時ブームとなった「タジン鍋」の親元とともいえるモロッコ。
野菜中心のヘルシーな料理なので、旅で疲れた胃をホッと優しく癒してくれることでしょう。
街の建物だけでなく、ここに暮らす人々も青い服を好んで身に付けています。
名実ともに人と街が一体となって日々を営むその暮らしの美しさは一見の価値あり。
幻想的な世界を心ゆくまでご堪能ください。

関連記事を見る

お土産の記事を見る

ニューヨーク土産ならこれ!NY常連が薦める決定版お土産51選
浅草グルメ18選!実際に1週間かけて実食&徹底レビュー
安曇野で行きたい観光スポットはココ!定番から地元で人気のお洒落カフェ、穴場まで【長野県】
【沖縄お土産】もう迷わない!全部食べて決めた沖縄土産ランキングBEST30
山梨県の金精軒へ「水信玄餅」を食べに行こう!実際に行ってみた
福島の温泉地やおすすめ温泉旅館はここ!これで決まる完璧ガイド
【愛知お土産】地元民が選ぶ!スイーツから味噌まで愛知県のお土産28選
徳島県のこだわりお土産23選。グルメからスイーツまでこれでもう迷わない!
【表参道のお土産・手土産】おしゃれな街ならではのスイーツ目白押し。おすすめお土産10選
原宿のお土産ならこれ!絶対外れないスイーツ&雑貨のお土産10選
京都に年100回通った私が決める!お土産ランキング【スイーツ編】
宇都宮土産はこれ!餃子だけじゃなかった!宇都宮で人気のお土産10選