17世紀の世界遺産や独立の足跡・ガーナ「アクラ・ケープコースト」で見ておきたい観光スポット

西アフリカに位置するガーナ共和国。チョコレートの原材料・カカオ豆の産地として有名なこの国は17世紀から奴隷貿易の拠点・植民地時代が長く続き、脱植民地化活動中の1957年に当時のイギリス領ゴールド・コーストから独立。今回はそのガーナの首都アクラ、奴隷貿易時代の遺産が残る街ケープコーストの観光スポットを紹介します。

初代大統領ゆかりの品が揃う「エンクルマ広場」

初代大統領ゆかりの品が揃う「エンクルマ広場」

image by iStockphoto / 36400700

大きな銅像とモニュメントが設置されたエンクルマ広場は、ガーナ独立運動を指揮し「アフリカの独立運動の父」と呼ばれたガーナ初代大統領クワメ・エンクルマ(1909〜1972)の功績を称えて造られた広場。
広場内にはエンクルマ廟や記念館、首相時代に使用した車などの展示コーナーがあり、2010年にここを訪問された皇太子殿下がご植樹された木の姿もあります。
この国が独立へ向けどのような足跡をたどったのか、ここで深く知ってみては。

 

image by iStockphoto / 37266108

クワメ・エンクルマ(Kwame Nkrumah、本名:Francis Nwia Kofia Nkrumah、1909年9月21日 – 1972年4月27日)は、政治家。
ガーナ初代大統領。
ガーナの独立運動を指揮し、アフリカの独立運動の父といわれる。
マルクス主義者。
1958年、ガーナとギニアから成るアフリカ諸国連合を樹立した。
wikipediaより

image by iStockphoto / 19521407

「クワメ・エンクルマ」-アフリカ独立の父として有名なエンクルマ。
1957年にイギリス領ゴールドコーストが、本国より独立すると、ガーナ共和国と名付け初代首相に就任しました。
エンクルマ広場にはエンクルマ廟、記念館があり、首相時代に使用していた車や備品等のほかガーナ独立の軌跡をたどることができます。
4travel.jpより

ガーナ エンクルマ広場の住所・アクセスや営業時間など

名称 ガーナ エンクルマ広場
住所 ガーナ アクラ
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://wondertrip.jp/africa/81727.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ガーナ エンクルマ広場のスポットページ

対岸線からギニア湾が見える「独立記念広場」

対岸線からギニア湾が見える「独立記念広場」

image by iStockphoto / 26465762

いくつものガーナ国旗がなびく大きな広場。
ガーナの独立を祝うために造られた「独立広場」で、ガーナ国旗のデザインから「ブラックスター広場」とも呼ばれています。
広場内は「FREEDOM AND JUSTICE」と記された門や3万人を収容できる無名兵士のモニュメント、インディペンデンスアーチ、初代大統領のクワメ・エンクルマを偲んだ灯明があります。
広場後ろにはギニア湾が広がっており、晴れた日に対岸線から眺められる美しいビーチはぜひ見ておきたいところ。








image by iStockphoto / 19356061

image by iStockphoto / 30168450

ガーナの独立広場に行ってみました。
独立記念碑とサッカーの試合に使われるスタジアムがあります。
「Black Star Square」と呼ばれるこの広場、黒い星はガーナ国旗の真ん中にも描かれていてアフリカの自由を表すそうです。
4travel.jpより

独立記念広場の住所・アクセスや営業時間など

名称 独立記念広場
住所 tashkent, uzbekistan
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://4travel.jp/overseas/area/europe/uzbekistan/tashkent/kankospot/10412983/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

独立記念広場のスポットページ

奴隷貿易の悲劇を伝える「エルミナ城」

奴隷貿易の悲劇を伝える「エルミナ城」

image by iStockphoto / 8026796

アクラから海岸沿いに西へ進んだケープコーストにある城で、サハラ以南では最古のヨーロッパ建築とされています。
1482年の建設以降ここを拠点に金や象牙などの貿易が行われていましたが、17世紀以降は「奴隷貿易」の拠点に姿を変え、アフリカの人々はここからポルトガル植民地へと送り込まれることに。
そうした歴史的背景から、現在は「ヴォルタ州、グレーター・アクラ州、セントラル州、ウェスタン州の城塞群」として世界遺産登録され、悲劇を現在に伝える役割を果たしています。
次のページでは『植民地獲得・奴隷貿易の拠点「ケープコースト城」』を掲載!
次のページを読む >>
Junya Higashi

Writer:

これまで旅行に行った土地は鹿児島・霧島や韓国・ソウルなど。世界の土地や風習のことなど、自分の知らない世界を調べて見るのが好きです。旅行経験やライター活動で得た知識が、これから旅行を楽しむ人の役に立てば大変嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします!

この記事のカテゴリ

アフリカ
イギリス
ヨーロッパ

関連記事を見る

アフリカの記事を見る

【エジプト旅行】憧れのピラミッド&神殿巡りで歴史三昧の旅へ!
アフリカ系アメリカ人選手が活躍した野球リーグ「ニグロリーグ」の歴史とは?
アフリカの歴史に光を!『人類生誕の地』母なる大陸一周の旅へ
マケドニア観光なら次はここ!「オフリド」で見たい絶景10選
移住者が伝える沖縄の魅力!沖縄本島で行けるビーチ20選
ガーナ観光なら次はここ!「アクラ」で見たい絶景10選
モロッコ観光なら絶対ここ!青い絶景の「シャウエン」で見たいスポット10選
ディズニーシーの未来的空間 ポートディズカバリーの ”ホライズンベイ・レストラン”でミッキーと出会おう!
紀元前800年代には港町として栄えていた街。モロッコ「エッサウィラ」観光で見たい絶景10選
ローマ時代の名残そのまま感じる、モロッコの「ヴォルビリスの古代遺跡」
政府公認ガイドが教える!フィレンツェ観光完璧ガイド
アフリカの玄関、モロッコの「タンジェ」観光の見どころ