世界で最も美しい砂漠「ナミビア・ナミブ砂漠」で見られる幻想的な世界

アフリカ大陸西部、ナミビアの大西洋側にあるナミブ砂漠は約8000万年前に生まれたと言われています。ナミブとは地球最古の人類とも言われている原住民族サン人の言葉で「何もない」を意味しており、その言葉通り広陵な砂漠が約50000km2も広がっています。しかしながらこの何もない砂漠は時として地球上とは思えない美しい景観をも兼ね備えています。そんなナミブ砂漠の美しい世界をご紹介いたします。

自然が作り出す曲線美

自然が作り出す曲線美

image by iStockphoto / 99534655

この広大な砂漠はドラスケンスバーグ山脈から川を伝って砂が流れ出し、海からの強風に押し戻され作られていきました。
年間降雨量が120mm以下(500mmペットボトルの約1/3!)と非常に乾燥していることもあり砂は風の影響を受け刻一刻とその造形を変化させていきます。
ナミブ砂漠中央部を流れるクイセブ川を境にして南側では風に押し上げられた砂丘が並び、圧倒的なスケールの世界が広がっています。
人間の手では決して作り出すことの出来ない巨大かつ繊細な曲線美を堪能してみてください。

image by iStockphoto / 60577800

ナミブ砂漠の住所・アクセスや営業時間など

名称 ナミブ砂漠
名称(英語) Namib Sand Sea
住所 Namib Desert, Namibia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://whc.unesco.org/en/list/1430
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ナミブ砂漠のスポットページ

900年前の枯れ木

900年前の枯れ木

image by iStockphoto / 101122155

荒れ果てた砂漠に突如現れる枯れ木の群れ。
デッドフレイと呼ばれるこのエリアには砂漠とは思えない不可思議な景観が広がっています。
この地は約900年前まで川が流れていたそうです。
その川が氾濫し沼となり木が育っていきました。
その水分も蒸発しやがて砂漠化していくなかでその木々も枯れてしまったものの、その枯れ木を分解する微生物すら生きられないほど乾燥していることで枯れ木のまま今にその姿を残すことになったそうです。
沼底の泥が乾燥したことでこの枯れ木の足元は白く砂漠の黄色とのコントラストがとても美しい景観を際立たせています。

image by iStockphoto / 98463095








デッドフレイの住所・アクセスや営業時間など

名称 デッドフレイ
名称(英語) Deadvlei
住所 near Sousselvlei, Sossusvlei, Namib-Naukluft Park, Namibia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.sossusvlei.org
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

デッドフレイのスポットページ

砂漠にそびえる緑の楽園

砂漠にそびえる緑の楽園

image by iStockphoto / 50228042

ナミブ砂漠中央部には外輪を断崖絶壁で囲まれたナミビア最高峰ブランドバーグ(標高2573m)がそびえたっています。
海風がこの山壁にぶつかり上空で冷やされることでブランドバーグ山脈の内側では雨が降りやすく、多くの緑が育つ環境になっています。
この隔離された地では1億3000万年前から進化していない植物や4500万年前の昆虫が生きたまま捕獲されています。
また地表こそ乾燥していますが、その恵みの雨は地中を通り人類を始め多くの動植物が生きながらえる環境を作り出している命の山となっています。

image by iStockphoto / 47046102

ブランドバーグの住所・アクセスや営業時間など

名称 ブランドバーグ
名称(英語) Brandberg Mountain
住所 Twyfelfontein, Namibia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/ブランドバーグ山
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ブランドバーグのスポットページ

海の脅威の果て

海の脅威の果て

image by iStockphoto / 52987596

ナミブ砂漠の形成に不可欠だった大西洋からの強風は今なお多くの影響を生み出しています。
ナミビア西部、大西洋に面する海岸線にはこの強風と濃霧により多くの船が難破しその残骸が打ち上げられています。
スケルトンコーストパークと名付けられたこの海岸には難破船の残骸だけでなくかつて使われていたであろう巨大な重機なども放置されており、そのほとんどを錆に覆われた鉄くずの群れはあたかも映画やゲームの世界に迷い込んだかのような印象を受けることでしょう。
次のページでは『オットセイの楽園』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

アフリカの記事を見る

【エジプト旅行】憧れのピラミッド&神殿巡りで歴史三昧の旅へ!
アフリカ系アメリカ人選手が活躍した野球リーグ「ニグロリーグ」の歴史とは?
アフリカの歴史に光を!『人類生誕の地』母なる大陸一周の旅へ
マケドニア観光なら次はここ!「オフリド」で見たい絶景10選
移住者が伝える沖縄の魅力!沖縄本島で行けるビーチ20選
ガーナ観光なら次はここ!「アクラ」で見たい絶景10選
モロッコ観光なら絶対ここ!青い絶景の「シャウエン」で見たいスポット10選
ディズニーシーの未来的空間 ポートディズカバリーの ”ホライズンベイ・レストラン”でミッキーと出会おう!
紀元前800年代には港町として栄えていた街。モロッコ「エッサウィラ」観光で見たい絶景10選
ローマ時代の名残そのまま感じる、モロッコの「ヴォルビリスの古代遺跡」
政府公認ガイドが教える!フィレンツェ観光完璧ガイド
アフリカの玄関、モロッコの「タンジェ」観光の見どころ