エジプト旅行なら「カフラー王のピラミッド」は外せない!行き方、料金や営業時間は?

エジプト旅行なら「カフラー王のピラミッド」は外せない!という事で、カフラー王のピラミッドをご紹介します。世界的に有名なピラミッド、現地で観れば圧倒的な大きさと、砂漠の雄大な景色に感動する事間違いなし!でも、どうやって行けばいいのか、エジプト旅行は勇気がいるな…なんて方必見です!

カフラー王のピラミッドって?

カフラー王のピラミッドって?

image by PIXTA / 21743111

エジプトのギザの砂漠にある、世界的に有名な三大ピラミッドの内の1つ「カフラー王のピラミッド」は、クフ王のピラミッドとメンカウラーのピラミッドに挟まれた、ちょうど真ん中に立っています。

目印は帽子のように残っている化粧石

目印は帽子のように残っている化粧石

image by PIXTA / 7578994

カフラー王のピラミッドは、3つのピラミッドの中で唯一、頂上部分に「石灰石」で造られた「化粧石」が残っています。

一番大きく見えるけど

一番大きく見えるけど

image by PIXTA / 1602849

3つのピラミッドの中でも一番大きく見えますが、カフラー王のピラミッドの方が、クフ王のピラミッドが建てられた場所よりも、少しばかり高いところに建てられているため、カフラー王のピラミッドの方が大きく見えるだけで、実際は、クフ王のピラミッドの次に大きいのがカフラー王のピラミッドです。

カフラー王ってどなた?

カフラー王ってどなた?

image by PIXTA / 647069

カフラーは、エジプト第4王朝の4代目ファラオ(君主)で、クフ(2代目ファラオ)の息子「ジェドエフラー(3代目ファラオ)」の異母兄弟に当たる人物です。
ちなみに、3大ピラミッドは、一番大きいのが、2代目クフ王のピラミッド、二番目に大きいが、3代目カフラー王のピラミッド、3つのなかで最も小さいのが、カフラーの息子である、メンカウラー王のピラミッドになります。

※代々受け継がれているファラオですが、子へ受け継ぐのではなく、クフの兄弟で受け継がれているという見解を持つ歴史家もいるようですが、一般的に広く認識されている説をご紹介しています。







ピラミッドを守るスフィンクス

ピラミッドを守るスフィンクス

image by PIXTA / 11716489

ギザの三大ピラミッドのすぐそばには、スフィンクスが鎮座しています。
世界最大と言われる一枚岩から出来た彫刻像スフィンクスですが、実は、頭の部分だけは、別の場所から運んできたとされる石を使用しているため、完全な一枚岩から出来ているのではないそうです。

image by PIXTA / 11716488

スフィンクスの前足部分に、カフラーの名が彫られた石碑があったことで、カフラー王の命令により造られたことが、判明しています。
また、このスフィンクスは、カフラー王のピラミッドの葬祭殿までの所謂「参道」に当たる場所に置かれており、当時、このあたり一帯は細かく計算されて建設されたと考えられています。
ピラミッド、スフィンクス、どちらも有名で知ってはいたけど、たまたま側にあるのではなく、ちゃんと関係性があったんですね!

どんなところにピラミッドはあるの?

どんなところにピラミッドはあるの?

image by PIXTA / 19407700

三大ピラミッド、そしてスフィンクス、というと、どこまで行っても何もない、広大な砂漠のど真ん中!というのを思い浮かべる人もいらっしゃるかと思いますが、三大ピラミッドが建つのは、ギザの街のすぐそば。
え!?こんなに街の側に砂漠が?ピラミッドが?と驚く観光客も少なくないようです。
次のページでは『どうやって行くのがおすすめ?』を掲載!
次のページを読む >>