都会とジャングルが共存する不思議な街、ケニア・ナイロビで見るべき観光スポット5選

東アフリカに位置するケニア・ナイロビは人口約314万人(2009年)が住むケニアの首都。多くの自然があふれるこの街は1963年以降進んだ再開発により、多くの国際機関が本部を構える大都市に成長しました。ではそのナイロビには、どのような観光スポットがあるのか、今回は数ある中から5選を紹介します。






都会の中にジャングル・ナイロビ国立公園

都会の中にジャングル・ナイロビ国立公園
ナイロビ中心地から車で30分ほどの近い位置にある国立公園。
敷地面積は約120㎡と小さめですが、敷地内にはライオン、サイ、ヒョウ、バッファローが生息しており、都心部にいながら野性味あふれるジャングルの雰囲気を楽しめます
また天候に恵まれれば「都会のビルと野生動物」という珍しいコラボ写真が撮れることも。
敷地全体は2〜3時間ほどで回れるので、手軽にジャングルを楽しみたい場合におすすめ。

ナイロビ国立公園は、ケニアで最も小さく最も古い国立公園です。
ナイロビ市内から15キロ。
広さは120平方キロメートルです。
以前は滑走路に動物が飛び出し衝突事故もありましたが、現在は人間と動物の生活を分けるため、国立公園の周りには柵があります。
ライオン、キリン、サイ、カバ、バッファローなどほとんどの動物がいますが、ゾウはいません。
約2時間で一周できるので、ナイロビで時間がある時にいかがですか?メインゲート横に動物孤児院・サファリウォ-ク、またレンジャースレストランがあります。
テッコー・ツアーズ&トラベルより

ナイロビ国立公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 ナイロビ国立公園
住所 Nairobi, Kenya
営業時間・開場時間 現地時間9:00-18:00
利用料金や入場料 1300ケニアシリング
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%93%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E5%85%AC%E5%9C%92
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ナイロビ国立公園のスポットページ

サイクリングやウォーキングを楽しむ・ヘルズゲート国立公園

サイクリングやウォーキングを楽しむ・ヘルズゲート国立公園
ナイロビから1時間半、北西約90㎞の場所にある国立公園で、園内にはマサイキリンやハイラックスといった動物が生息。
この公園では世界的に珍しいとされるサイクリングサファリ、ウォーキングサファリを実施しており、近い距離から動物の姿を眺めることができます。
また火山活動や河川の浸食によってできた景色を見ることもできるので、ピクニックやハイキング目的で来ても楽しめることでしょう。






ここは何といってもアフリカ大地溝帯の中に位置しています。
その昔先日世界遺産に指定されたナクル湖やエレメンタイタ湖、ナイバシャ湖が一つの大きな昔だった頃、ここに川が流れその先のヘルズゲート(地獄門)から水が流れ落ちる絶壁になっていました。
水が削り取ったのでしょう、残った固い岩盤が峡谷を作りあげ、まさに大地溝帯の中を歩いているといった雰囲気なのです。
ぶらり秘境探検隊より

Hell’s Gate National Parkの住所・アクセスや営業時間など

名称 Hell’s Gate National Park
住所 Lake Road South, Naivasha 20117, Kenya
営業時間・開場時間 8時00分~17時00分
利用料金や入場料 レジデント:500sh ノンレジデント:20ドル ケニア人:200sh
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%88%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E5%85%AC%E5%9C%92
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Hell’s Gate National Parkのスポットページ

女流作家の住み家・カレン・ブリクセン博物館

女流作家の住み家・カレン・ブリクセン博物館
ナイロビ中心地から車で30分ほどの場所にあるこの家は、デンマーク出身の女流作家カレン・ブリクセンの博物館。
カレンは作家デビューする前にコーヒー農場を営んでいた時期があり、その頃に住んでいたのがこの家です。
カレンが農場経営に失敗し母国に戻ったあと博物館になり、中にはカレンが使用した家具などゆかりの品が多数展示されています。
「アフリカの日々」など数多くの名作を生み出したカレンの原点をたどってみては。
Junya Higashi

Writer:

これまで旅行に行った土地は鹿児島・霧島や韓国・ソウルなど。世界の土地や風習のことなど、自分の知らない世界を調べて見るのが好きです。旅行経験やライター活動で得た知識が、これから旅行を楽しむ人の役に立てば大変嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします!

この記事のカテゴリ

アフリカ
ケニア
絶景
自然・絶景
街・都市

関連記事を見る

アフリカの記事を見る

【エジプト旅行】憧れのピラミッド&神殿巡りで歴史三昧の旅へ!
アフリカ系アメリカ人選手が活躍した野球リーグ「ニグロリーグ」の歴史とは?
アフリカの歴史に光を!『人類生誕の地』母なる大陸一周の旅へ
マケドニア観光なら次はここ!「オフリド」で見たい絶景10選
移住者が伝える沖縄の魅力!沖縄本島で行けるビーチ20選
ガーナ観光なら次はここ!「アクラ」で見たい絶景10選
モロッコ観光なら絶対ここ!青い絶景の「シャウエン」で見たいスポット10選
タイでボランティアしている筆者が指南♪タイの観光完璧ガイド
ディズニーシーの未来的空間 ポートディズカバリーの ”ホライズンベイ・レストラン”でミッキーと出会おう!
紀元前800年代には港町として栄えていた街。モロッコ「エッサウィラ」観光で見たい絶景10選
ローマ時代の名残そのまま感じる、モロッコの「ヴォルビリスの古代遺跡」
政府公認ガイドが教える!フィレンツェ観光完璧ガイド