モロッコ旧市街に、魅惑のハサン2世大モスク。「カサブランカ」で見たい絶景10選

1993年8月に完成したハサン2世大モスクは近代的な設備が備え付けられた世界で7番目に大きいモスクです。また、モロッコの旧市街は迷路のようになっておりメディナと呼ばれ、このメディナ(迷宮都市)は城壁で囲まれ、規模はさまざまですが大きなメディナは迷路性に富み、観光客は出口が分からなくなることも。不思議な魅力にあふれたモロッコ・カサブランカを紹介します。
  • style="display:inline-block;width:336px;height:280px" data-ad-client="ca-pub-1386733479651016" data-ad-slot="6199981080">

#1 あまりの大きさに圧倒される巨大なモスク

あまりの大きさに圧倒される巨大なモスク

image by iStockphoto / 62088624

ハサン2世大モスクは、1986年から8年がかりで完成しました。
モロッコ最大、世界で7番目に大きいモスクで、20世紀最高の芸術作品のひとつと言われています。
大西洋に面した敷地は9ヘクタールの広さがあり、モスク内が2ヘクタールという大きさで、全敷地には8万人、内部には2万5000人が収容可能です。
近隣の街区の取り壊しや、モスクに至る参道の拡張工事も含め、大規模な都市改造を伴うプロジェクトでした。

ハサン2世モスクの住所・アクセスや営業時間など

名称ハサン2世モスク
名称(英語)Hassan II Mosque
住所Hassan II Mosque,Casablanca,Morocco
営業時間・開場時間9:00, 10:00, 11:00, 14:00 / 金曜のみ 9:00, 14:00
利用料金や入場料120ディルハム
参考サイトhttp://fmh2.ma/fr/mosquee/visite-de-la-mosquee.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ハサン2世モスクのスポットページ

#2 礼拝時刻の告知(アザーン)に使われるミナレット(塔)

礼拝時刻の告知(アザーン)に使われるミナレット(塔)

image by iStockphoto

ミナレットの高さは200mで世界最高を誇ります。
市内のどこからでもこのミナレットを見ることができ、頂上からはレーザー光線が放たれ35km離れたところからでも見ることができるそう。
ベージュにグリーンの美しい装飾が施され、ミナレットの3つの玉は、現世、来世、神の世を表しています。

#3 青い海に囲まれている

青い海に囲まれている

image by iStockphoto

ハサン2世は「神の座は大水の上にある」というコーランの一節により、海の上にモスクを造りたいと願い、海側から見ると本当に海の上にモスクが建っているかのように見えるよう大西洋の突き出たところに建てられています。
また、モスクの床の一部がガラスで作られている部分があり、ここでお祈りをする事で、まるで海に浮いているような感覚に浸る事もできるようになっていますが、この場所は一般の人の立ち入りは禁止されています。

#4 全てが豪華で美しい

全てが豪華で美しい

image by iStockphoto

また、ハサン2世はアメリカにおける自由の女神のごとく、北アフリカの象徴となるような建造物にすると宣言し、モロッコ全土から職人と芸術家約1000人を動員して造られ、基礎材料のほとんどが国内から集められました。
大理石、御影石、石膏、瓦、木材、タイル。
マラケシュやサフィの街からは化粧漆喰、杉天井はモワイアン・アトラスから、その木材彫刻職人はフェズやテトゥンより集められて、美しくて緻密な幾何学模様が彫られています。
イタリアからはベネチアのムラノ(カラフルな色合いが特徴のヴェネツィアン・グラスの生産地)より55ものシャンデリア、白大理石の支柱などが運ばれました。


#5 内部は近代的にできている

内部は近代的にできている

image by iStockphoto

現代に建てられただけあり、自動ドア、スライドの屋根が付けられ、冬の大理石の床は冷えるため、ソーラーシステムを利用した床暖房までもが備え付けられています。
モスクの地下1階には参拝客のためのアブルーション(手や体を清める泉)があり、回廊の地下には浴室があります。
入浴後に飲み物を飲めるようにカフェもあって、遠い地方からやって来た人々のために至れり尽くせりとなっています。
ほか神学校や図書館、博物館が併設されていますが、信仰のためにこれだけの施設が国民の寄付と税金で建てられています。

#6 外壁も内部も装飾が美しい

外壁も内部も装飾が美しい

image by iStockphoto

設計はフランス人建築家ミッシェル・パンソーです。
ハサン2世大モスクの壁は、石膏細工やゼッリージュ(彩色タイルモザイクの技法)で覆われています。
モザイクタイルにはいろいろな形があり、それぞれ特有の色彩と名称が与えられています。
ある種のモザイクタイルには、イタリアのマヨルカ焼(白地に鮮やかな彩色を施し、歴史上の光景や伝説的光景を描いたもの)とアンダルスのアズレホ焼(ムーア人が城壁に用いた陶製レンガ)の強い影響が見られます。
文様の種類はきわめて多く、幾何学文は無限に繰り返されて装飾文字と組み合わせられます。

#7 カサブランカで一番有名な観光地

カサブランカで一番有名な観光地

image by iStockphoto

モスクを支える花崗岩の柱には、鍾乳石飾りや柱頭飾りがついています。
アトラスシーダー材でできたいくつものドームにも、細やかな装飾が見られます。
階上には、5000人が一度に入れる女性用の礼拝室もあり、マシュラビーヤ(寄木や曲げ木細工、透かし彫りや彫刻による装飾パネル)で人目から守られています。
夜ライトアップされたモスクは、アイン・ディアブ方面にから市街地へ向かうときに一番美しく見え、モスクが巨大な宝石のように大西洋に浮かび上がって煌々と輝いています。

アフリカの記事を見る

タイでボランティアしている筆者が指南♪タイの観光完璧ガイド
ディズニーシーの未来的空間 ポートディズカバリーの ”ホライズンベイ・レストラン”でミッキーと出会おう!
紀元前800年代には港町として栄えていた街。モロッコ「エッサウィラ」観光で見たい絶景10選
ローマ時代の名残そのまま感じる、モロッコの「ヴォルビリスの古代遺跡」
政府公認ガイドが教える!フィレンツェ観光完璧ガイド
アフリカの玄関、モロッコの「タンジェ」観光の見どころ
モロッコ観光の王道「ラバト」で見たい絶景10選
実は美女ではなかったクレオパトラ!?王として、女として生きた彼女の波乱の人生
モロッコのお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる10選
おもしろくてわかりやすい、古代ローマの歴史
シンガポール観光で行くべき世界遺産や絶景14選
砂漠に一瞬だけ出現する奇跡の花園『ナマクワランドの花畑』

関連記事を見る