モロッコ観光の王道「ラバト」で見たい絶景10選

モロッコの首都ラバト。活気に満ちたカサブランカの街とは違い、静かで落ち着いた雰囲気を持つ街です。現国王ムハンマド6世の王宮や、かつての王朝の遺物が残るラバトを紹介します。

赤茶色の城壁に囲まれた カスバ・ウダイヤ

赤茶色の城壁に囲まれた カスバ・ウダイヤ

image by iStockphoto

カスバ・ウダイヤは、17世紀にムーレイ・ラシッドによって造られた城塞です。
城壁はムワッヒド朝時代に築かれたもので、幅2.5m、高さ8~10mあります。
18世紀に気性の荒いウダイヤ族の軍隊をここに駐屯させたことから、この名前が付きました。
ウダイヤ族は、13世紀にモロッコに侵入し、モロッコ中を荒らしまわったのち、ラバトに腰を落ち着けました。
アラウィー朝スルタンのムーレイ・イスマイールは、ラバト周辺を暴れまわっていたザエル族の侵入を防ぐため、ウダイヤ族にラバトの防衛をゆだねました。

白と青のコントラストが美しい ウダイヤのカスバ(内部)

白と青のコントラストが美しい ウダイヤのカスバ(内部)

image by iStockphoto

入り組んだ路地は、まぶしいくらいの青い壁が印象的な南スペインの雰囲気で、白と青のコントラストが美しい建物が並んでいます。
城壁と頑強な門(ウダイヤ門)で囲まれた街には、ウダイヤ庭園、ウダイヤ博物館などがあります。
庭園には噴水や池、草花の間に歩道もあり、小鳥のさえずりが聞こえ、ゆっくりと散歩を楽しむことができます。
庭園の東側にはカフェもあります。
城壁の上に設けられたテラスからは、ブー・レグレグ川の景観を楽しむことができます。

カスバ・ウダイヤの住所・アクセスや営業時間など

名称カスバ・ウダイヤ
名称(英語)Kasbah des Oudayas
住所Kasbah des Oudayas, Rabat
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://www.rabat-maroc.net/oudayas.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

カスバ・ウダイヤのスポットページ

街のランドマーク ハサン塔

街のランドマーク ハサン塔

image by iStockphoto

1196年に着工されたモスクは、ハサン塔の名前で知られる当時のミナレットが残されているだけです。
ハサン(善)という名称の言われは知られていません。
スルタンのヤアクーブ・エルマンスールのもくろみは、イラクのサーマッラー・モスクをしのぐ、イスラーム世界最大のモスクを建立することでしたが、1199年に彼が死ぬと、モスクは未完のまま放置されました。
本来の計画によれば、モスクのミナレットは高さ80mになるはずでしたが、200本の円柱だけが残る廃墟にそびえる塔の高さは44mしかありません。

ハサン塔の住所・アクセスや営業時間など

名称ハサン塔
名称(英語)Tour Hassan
住所Boulevard Mohamed Lyazidi, Rabat
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料
参考サイトhttps://en.wikipedia.org/wiki/Hassan_Tower
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ハサン塔のスポットページ

彫刻が美しい ムハンマド5世廟

彫刻が美しい ムハンマド5世廟

image by iStockphoto

ハサン塔の正面にあるムハンマド5世廟は、モロッコの独立に献身したスルタンの名を長く伝えるためのものです。
廟墓は1961年から69年にかけて建立されました。
設計はベトナムの建築家ボ・トアンで、王族の共同墓地の建築から着想を得たと言われています。
この建物を建造するため、ボ・トアンはモロッコの職人400人を招集しました。
装飾は建物の内部に集中しています。
外観は高さ3.5mの基壇をめぐらし、屋根はピラミッド型で緑色のタイルで覆われています。


ムハンマド5世廟の住所・アクセスや営業時間など

名称ムハンマド5世廟
名称(英語)Mausolé Mohamed V
住所Boulevard Mohamed Lyazidi, Rabat
営業時間・開場時間日中(12:00-14:00を除く)
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://www.rabat-maroc.net/lemausolee.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ムハンマド5世廟のスポットページ

白い棺が美しい廟内

白い棺が美しい廟内

image by iStockphoto

階段を上ったところがムハンマド5世の棺を安置するクッパ(墓の上に建てられるドーム型の建物)。
バルコニー式の廊下を伝って、棺を納めたホールに入ると、花崗岩をピカピカに磨いているため、棺はトルコ石色の水の上に浮かんでいるようです。
死後10年にあたる1971年10月30日にスルタンの遺体が墓室に運ばれると、神学者が昼夜を問わず相次いで訪れ、コーランを朗唱しました。
片隅には、1983年12月に亡くなった王子ムーレイ・アブドッラーの墓があります。

天井の美しいドーム

天井の美しいドーム

image by iStockphoto

12本の骨組みを持つホールのドームは、彫刻したマホガニーとサン・ゴバン社(フランス)製の多色のステンドグラスでできていて、直径2.3m、重さ1.5tの大きなシャンデリアをささえています。
ムハンマド5世廟入り口とハサン塔前広場にはゆったりとした白と赤のブルヌース(フード付きマント)をまとい、銀と象牙をはめ込んだモフラ(儀式等に使う装飾的な武器の銃)を手にした近衛兵が立っており、記念撮影をしてもらうこともできます。

image by iStockphoto

関連記事を見る

アフリカの記事を見る

マケドニア観光なら次はここ!「オフリド」で見たい絶景10選
移住者が伝える沖縄の魅力!沖縄本島で行けるビーチ20選
ガーナ観光なら次はここ!「アクラ」で見たい絶景10選
モロッコ観光なら絶対ここ!青い絶景の「シャウエン」で見たいスポット10選
タイでボランティアしている筆者が指南♪タイの観光完璧ガイド
ディズニーシーの未来的空間 ポートディズカバリーの ”ホライズンベイ・レストラン”でミッキーと出会おう!
紀元前800年代には港町として栄えていた街。モロッコ「エッサウィラ」観光で見たい絶景10選
ローマ時代の名残そのまま感じる、モロッコの「ヴォルビリスの古代遺跡」
政府公認ガイドが教える!フィレンツェ観光完璧ガイド
アフリカの玄関、モロッコの「タンジェ」観光の見どころ
実は美女ではなかったクレオパトラ!?王として、女として生きた彼女の波乱の人生
モロッコのお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる10選