アフリカの玄関、モロッコの「タンジェ」観光の見どころ

タンジェは、ヨーロッパとアフリカの交流の中継地となっており、さまざまな民族が入り混じっている町です。スペインの植民地であったため、その影響を残す白い建物が続く町並みが印象的です。

メディナへの入り口 グラン・ソッコ

メディナへの入り口 グラン・ソッコ

image by iStockphoto

グラン・ソッコ広場は、前国王ムハンマド5世の歴史に残る演説を記念して、正式には1947年4月9日広場と呼ばれています。
新市街と旧市街を結ぶ位置にあり、商人たちが種々雑多な店を広げていることもあって、タンジェで一番混雑しています。
広場の端にはシーディ・ブー・アビード・モスクが建っています。
造られたのは1917年です。
巨大な常設市では、商人と農夫が地元産の果物や野菜、家禽類が売られています。

グラン・ソッコ広場の住所・アクセスや営業時間など

名称グラン・ソッコ広場
名称(英語)Grand Socco (Place du 9 Avril 1947)
住所Place du 9 Avril 1947, Tanger, Tanger-Tétouan, Maroc
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://www.morocco.com/attractions/grand-socco/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

グラン・ソッコ広場のスポットページ

城と緑のミナレットが美しい グラン・モスク

城と緑のミナレットが美しい グラン・モスク

image by iStockphoto

もともとは古いマドラサ(神学校)だったものを、17世紀末にアラウィー朝のスルタン、ムーレイ・イスマイルが修復し、1815年にムーレイ・スレイマンが増築しました。
イスラム教徒以外の人は入ることができません。

グラン・モスクの住所・アクセスや営業時間など

名称グラン・モスク
名称(英語)Grande Mosquée de Tanger
住所Rue de la Marine, Tangier
営業時間・開場時間入場不可
利用料金や入場料入場不可
参考サイトhttps://en.wikipedia.org/wiki/Grand_Mosque_of_Tangier
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

グラン・モスクのスポットページ

メディナの北西の端にある要塞 カスバ

メディナの北西の端にある要塞 カスバ

image by iStockphoto

17世紀のスルタン、ムーレイ・イスマイルが、この町を支配していたイギリス人を退去させたのちに築かせたもので、18世紀と19世紀に幾度となく増築・改修されました。
宮殿の一角はモロッコ博物館になっています。
ラバトのカーペット、フェズの宝飾品、絹織物や陶器類など、モロッコ各地から運ばれた品々が並んでいます。
隣接する考古学博物館は、モザイク画やヴォルビリス周辺からの出土品の一部を展示しています。
カスバの中心を占める王宮前広場にはモスクと八角形のミナレットが建っています。

カスバ博物館の住所・アクセスや営業時間など

名称カスバ博物館
名称(英語)Musée de la Kasbah
住所Place de la Kasbah, Tanger 90030
営業時間・開場時間10:00−18:00 月・火休館
利用料金や入場料大人20モロッコディルハム 子供10モロッコディルハム
参考サイトhttp://www.minculture.gov.ma/fr/index.php/patrimoine-97689/44-culture-et-recherches/patrimoine/89-musee-dal-kasbah-a-tanger
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

カスバ博物館のスポットページ

メディナの中心となる小さな広場 プチ・ソッコ

メディナの中心となる小さな広場 プチ・ソッコ

image by iStockphoto

カフェと古いホテルに囲まれた小さな広場です。
中心に立つのがホテル・フェンテスで、かつて作曲かカミーユ・サンサーンスが滞在しました。
17世紀末、スルタン、ムーレイ・イスマイルは、イギリス人を追放した祝勝記念として、となりの通りにグランド・モスクを建設しました。
モスクはかつてポルトガル人が建てた教会の後に建てられました。
この向かいにはスペイン人が19世紀に建てた教会があり、内陣にスペイン人画家ムリーリョの無原罪の御宿りの複製が飾られています。
かつてユダヤ人が実権をにぎっていた商店街では、今は木彫り師が腕を振るい、仕立て屋がジュラバ(フードの付いたマント)を縫っています。


プチ・ソッコの住所・アクセスや営業時間など

名称プチ・ソッコ
名称(英語)Petit Socco
住所Petit Socco, Rue de la Marine, Tangier,
営業時間・開場時間店舗による
利用料金や入場料店舗による
参考サイトhttps://en.wikipedia.org/wiki/Petit_Socco
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

プチ・ソッコのスポットページ

美しい灯台が立つ スパルテル岬

美しい灯台が立つ スパルテル岬

image by iStockphoto

タンジェの西15kmのところにある岬。
ちょうど大西洋と地中海のぶつかる地点で、ジブラルタル海峡を隔てて向こう側のイベリア半島が間近に見えます。
スパルテル岬に立つ灯台はスルタン、ムハンマド・ベン・アブド・エッラフマンの命によって建設され、1864年10月15日に点灯しました。
内部には世界中の灯台の写真が飾られていますが中に入ることはできません。

スパルテル岬の住所・アクセスや営業時間など

名称スパルテル岬
名称(英語)Cap Spartel
住所Cap Spartel, Tangier
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料
参考サイトhttps://en.wikipedia.org/wiki/Cap_Spartel
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

スパルテル岬のスポットページ

穴の向こうに青い海が広がる ヘラクレスの洞窟

穴の向こうに青い海が広がる ヘラクレスの洞窟

image by iStockphoto

タンジェから10km。
高潮時に波に洗われて自然にできた石灰岩の洞窟です。
明かりといえば唯一、大洋に面した入り口から差し込む光だけで暗くじめじめしています。
入り口の形はアフリカの右左逆の地図のようでもあり、人間の顔のようだという人もいます。
ギリシア神話によれば、ヘラクレスは12の功業を成し遂げたのち、この洞窟のなかで休息したと言われています。
神話はまた、このゼウスの息子が山々を押し広げてジブラルタル海峡をつくったこと、またこのとき、片側にジャベル・タリク(タリク山、ジブラルタル)、アフリカ側にムーサー山が生まれたとも伝えられています。
これらの土地からは、先史時代の遺跡が発見されており、また洞窟の壁には、アトラントロプス原人の火打石で刻み込んだ数百の円形記号が残っています。

ヘラクレスの洞窟の住所・アクセスや営業時間など

名称ヘラクレスの洞窟
名称(英語)Grottes d\’Hercule
住所Grottes d\’Hercule, Tanger, Maroc
営業時間・開場時間ツアーによる
利用料金や入場料ツアーによる
参考サイトhttp://www.visittanger.com/grotte-dhercule/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ヘラクレスの洞窟のスポットページ

タンジェの町について

タンジェの町について

image by iStockphoto

タンジェはモロッコ北部に位置し、人口は約95万人(2014年)。
ジブラルタル海峡に面する港町で、多くのフェリーが行き来し、国際都市として栄えています。
タンジールの表記も見られます。
1970年以降、観光とそれに関わる産業、とくに伝統工芸が都市を支え、タンジェ港を利用する観光客は年間ほぼ100万人。
フランス、スペイン、イギリスからおびただしい数の観光客を受け入れる一方、タンジェは国内でも人気のリゾート地となりました。

関連記事を見る

アフリカの記事を見る

マケドニア観光なら次はここ!「オフリド」で見たい絶景10選
移住者が伝える沖縄の魅力!沖縄本島で行けるビーチ20選
ガーナ観光なら次はここ!「アクラ」で見たい絶景10選
モロッコ観光なら絶対ここ!青い絶景の「シャウエン」で見たいスポット10選
タイでボランティアしている筆者が指南♪タイの観光完璧ガイド
ディズニーシーの未来的空間 ポートディズカバリーの ”ホライズンベイ・レストラン”でミッキーと出会おう!
紀元前800年代には港町として栄えていた街。モロッコ「エッサウィラ」観光で見たい絶景10選
ローマ時代の名残そのまま感じる、モロッコの「ヴォルビリスの古代遺跡」
政府公認ガイドが教える!フィレンツェ観光完璧ガイド
モロッコ観光の王道「ラバト」で見たい絶景10選
実は美女ではなかったクレオパトラ!?王として、女として生きた彼女の波乱の人生
モロッコのお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる10選