ナミビア共和国

砂漠、野生動物、海、渓谷、全てがドラマチックに展開されるアウトドアの聖地ナミビア共和国。 世界最古と言われるナミブ砂漠を持ち、アフリカ最大の塩湖・エトーシャ塩湖、世界第二の巨大大渓谷・フィシュリバーキャニオン、世界遺産トゥウェイフォルテーンなど大自然に囲まれた国です。 アフリカで最も人口密度が低く、澄み切った夜空には満天の星空を眺められます。 また、旧ドイツ領の名残からブルワリーが多く、美味しいビールがいただけます。

ナミビア共和国の記事一覧

世界で最も美しい砂漠「ナミビア・ナミブ砂漠」で見られる幻想的な世界
アフリカ大陸西部、ナミビアの大西洋側にあるナミブ砂漠は約8000万年前に生まれたと言われています。ナミブとは地球最古の...

Africa
砂に埋もれた廃墟。ナミビアで見つけたゴーストタウンで、かつて栄えた町の現在の姿を撮影
ナミビア共和国にあるコールマンスコップはかつてダイヤモンドで栄え、今は廃墟となった古い町。1908年にZacharia ...

Column
ソッサスブレイ(Sossusvlei)
ナミブ砂漠で最も美しく世界最大の砂丘群『ソッサスブレイ』
砂丘と言えば、日本では鳥取砂丘が有名ですね。砂丘や砂漠というと、エジプトのイメージが強いかもしれませんが、実は、世界最大...

Africa
デッドフレイ(Deadvlei)
世界最古の砂漠に現れた神秘の絶景『デッドフレイ』
総面積約5万平方kmを誇る、世界最古の砂漠、ナミブ砂漠。このアプリコット色の砂で満たされたナミブ砂漠の中に、ぽっかりと地...

Africa


関連記事を見る