アジア|おすすめおでかけ&観光スポット

アジアの記事一覧です。おすすめ観光スポットやおでかけスポット、絶景・世界遺産の情報が集まる旅行情報サイトwondertrip[ワンダートリップ]。
LCCの登場で、アジアは近くなった。 経済発展著しい国から、エキゾチックな魅力に溢れた国までアジアは多様性に富んでいる。 まだまだ知らないアジアの魅力を堪能しよう。

インド旅行なら「ファテープル・シークリー」は外せない!行き方、料金や営業時間は?

インド旅行なら「ファテープル・シークリー」は外せない!行き方、料金や営業時間は?

「勝利の都シークリー」を意味する「ファテープル・シークリー」は、ムガル帝国第3代であった皇帝アクバルによって建設された都市です。1986年には、ユネスコの世界文化遺産にも登録され、定番のインド観光地となっています。今回は、そんな「ファテープル・シークリー」の歴史やみどころを紹介していきたいと思います。 この記事の目次 アクセスは? 遷都に合わせて建設された 14年で捨てられてしまった都 宮殿地...

観光ガイド概要

  • アクセスは?
  • 遷都に合わせて建設された
  • 14年で捨てられてしまった都
  • 宮殿地区
  • アクバルの謁見のための建造物、ディワーネ・ハース
  • 皇帝と国民が接する場所、ディーワーネ・アーム
  • アクバルの宮殿、ジョーダー・バーイー
  • 強い存在感、パーンチ・マハル
  • モスク地区
  • 金曜礼拝のためのジャマー・マスジド
  • 勝利の都「ファテープル・シークリー」

「インド旅行なら「ファテープル・シークリー」は外せない!行き方、料金や営業時間は?」の続きを読む

愛憎渦巻くスペクタクル王朝・ムガル帝国の歴史が面白すぎる!

愛憎渦巻くスペクタクル王朝・ムガル帝国の歴史が面白すぎる!

16世紀初頭から19世紀半ばまで、300年強も永らえた大帝国・ムガル帝国。インドを基盤としながらも、実はそのルーツは中央アジア・ウズベキスタン付近にあったことをご存知でしょうか。そしてこの王朝、必ずと言っていいほど後継者争いが起き、多くの血が流れたんですよ。一方、深い愛で結ばれた王と王妃がいたことでも有名です。まるで昼ドラのスケールが大きくなったようなドラマティックな展開が、歴史上で起きていました...

観光ガイド概要

  • ムガル帝国、そのルーツ
  • ムガル帝国の建国まで
  • 建国のきっかけ・パーニーパットの戦い
  • パーニーパットは、インドの桶狭間!?
  • 呪われたダイヤ「コ・イ・ヌール」
  • ムガル帝国の始祖・バーブルとは?
  • バーブルの人となり
  • 帝国の崩壊と再建
  • 歴史ロマンに満ちたフマーユーン廟
  • アクバルの目覚め
  • 名君アクバルの誕生
  • アクバルの政策:宗教への寛容
  • 行政改革と領土拡大
  • 大帝アクバルとは?
  • ムガル帝国の全盛
  • タージ・マハルと愛の物語
  • ムガル帝国全盛に差す翳り
  • イスラムにすべてを捧げたアウラングゼーブ
  • 揺らぐ帝国、転げ落ちる衰退への道
  • 帝国の落日
  • 光と影があるからこそ興味深い歴史

「愛憎渦巻くスペクタクル王朝・ムガル帝国の歴史が面白すぎる!」の続きを読む

ベトナム観光なら次はここ!海の美しさはベトナム随一「フーコック島」で見たい絶景7選

ベトナム観光なら次はここ!海の美しさはベトナム随一「フーコック島」で見たい絶景7選

フーコック島はハーティエンから西へ約45km、カンボジアの沿岸から南へ約15kmのタイランド湾に浮かぶ島。遠浅でカラフルなサンゴ礁が見られビギナーに最適と、近年フーコック島でのダイビングは人気があります。手付かずの豊かな自然が残るフーコック島を紹介します。...

観光ガイド概要

  • アイランドリゾートを堪能できるツアー
  • 手軽に訪れることができる
  • ベトナムで一番美しいビーチ
  • 美しいサンセットが望めるロングビーチ(チューンビーチ)
  • 真珠の直売もやっている真珠養殖場資料館
  • 波が穏やかなサオビーチとケムビーチ
  • 地元の人たちもピクニックで訪れるチャン渓流とダバン渓流
  • フォトスポットとしておすすめスームォン庵
  • ウニ三昧のランチも楽しめるアントイ諸島
  • ベトナム料理に欠かせない調味料ヌックマム
  • ベトナムらしさも味わえる

「ベトナム観光なら次はここ!海の美しさはベトナム随一「フーコック島」で見たい絶景7選」の続きを読む

ベトナム旅行は私に任せて!ハノイの観光完璧ガイド

ベトナム旅行は私に任せて!ハノイの観光完璧ガイド

みなさんが思う、ベトナム旅行の理由は、暑くてエネルギッシュな街にパワーをもらいに行く…そんなイメージではないでしょうか。もしそう思っているならそれは少し違います。今回ご紹介する都市ハノイは、もちろんパワーをもらえるところではありますが、それ以上にもっと穏やかにしっとりとした、癒しに近いパワーを受け取る事ができます。 どういう意味?と興味をもってもらえた方は、ぜひ続きを読んで、ハノイの魅力を感...

観光ガイド概要

  • ハノイ観光の前に知っておこう! 
  • ハノイってどんなところ?ハノイ観光って何をするの?
  • ハノイを十分に楽しむのに必要な日数は?
  • ハノイと日本の時差は?
  • ハノイの気温は?おすすめの服装、おすすめの時期は?
  • ハノイのグルメと言えば?
  • ハノイの治安は大丈夫?
  • ベトナムって南北で雰囲気違うの?ホーチミンとの違いは?
  • ハノイ観光でビザは必要?
  • ハノイ観光のモデルケースはこう!
  • ハノイ観光、2泊3日のモデルケース
  • ハノイ観光、4泊5日のモデルケース
  • ハノイ観光で行きたい観光スポットはここ!
  • まるで水墨画の中に入ってようなハロン湾
  • どうなっているの?タンロン水上人形劇
  • 国父が眠る場所、ホーチミン廟
  • ベトナム最古の大学跡地、文廟(ぶんびょう)
  • 市民の憩いの場所、ホアンキエム湖
  • 身近過ぎる世界遺産、タンロン遺跡
  • 見事なコロニアル建築のオペラハウス
  • 陶器の村、バッチャン村
  • 手漕ぎボートで向かうフォン寺
  • 小型ノートルダム寺院、ハノイ大教会
  • ハノイの観光でお勧めのホテルはここ!
  • ハノイで一番の人気、ハノイラシエスタホテル&スパ
  • アールデコ調外観が光る、セレーヌプレミアムホテル
  • クラシカルな雰囲気のハノイメラカスホテル1
  • 屋上のテラスが素敵なハノイトレンディホテル&スパ
  • 最高評価で完璧!ハノイマーベラスホテル&スパ
  • 老舗の貫禄、ソフィテルレジェンドメトロポールハノイ
  • ハノイ観光で絶対行きたいおススメグルメはここ!
  • やっぱりベトナムと言えばこれ、フォー10(ムオイ)
  • ハノイの郷土料理が食べられるラオグーチャーカ―
  • 小腹を満たすバインミーならここ、リトル・ハノイ
  • 日本の居酒屋そっくり、ハイウェイ14
  • ボリューム満点のブンチャーが食べられるダックキム
  • 景色も味わうカウ・ゴーレストラン
  • ハノイ観光もいよいよ終わり。お土産を買うならこれ!
  • 素朴だけど華やか、バッチャン焼
  • 似た人がいるかも?水上人形劇の人形
  • エスニック雑貨ならクラフトリンクで!
  • ベトナム風ドライフルーツ、オーマイ
  • 濃くおしゃれなマルゥチョコレート
  • 手作り木彫りハンコのフックロイ
  • 「混ざり」を体感しに行こう!

「ベトナム旅行は私に任せて!ハノイの観光完璧ガイド」の続きを読む

ベトナム旅行なら「水上人形劇」は外せない!見どころや観光情報

ベトナム旅行なら「水上人形劇」は外せない!見どころや観光情報

11世紀、タンロン(現在のハノイ)で生まれた水上人形劇。ハノイでは1956年に設立されたベトナム国家水上人形劇場をはじめ、数か所の劇場で毎晩公演が行われています。小規模な劇場で不定期公演しかなかったホーチミン市内にも、2007年に本格的な劇場がオープンしました。観光客はもちろん、地元の家族連れにも楽しまれている水上人形劇を紹介します。...

観光ガイド概要

  • 1000年の歴史がある伝統芸能
  • 海外公演も行われている
  • 人形を動かす仕掛け
  • 伝統的な楽器が演奏される
  • ステージは短編で構成されている
  • 言葉が分からなくても楽しめるストーリー
  • ドタバタ劇や故事にまつわるストーリーも
  • 夕食と観劇が楽しめるツアーも
  • ハノイで鑑賞できる伝統芸能
  • 中国の京劇が起源とされる歌劇も
  • 劇場で人形を買うことができる

「ベトナム旅行なら「水上人形劇」は外せない!見どころや観光情報」の続きを読む

ベトナム旅行なら「バチャン」は外せない!村全体が陶器にあふれている「バチャン」でお気に入りを見つけよう

ベトナム旅行なら「バチャン」は外せない!村全体が陶器にあふれている「バチャン」でお気に入りを見つけよう

ハノイから紅河沿いに南へ12km。約600年ほど前から陶器を作っている村です。人口は5000人ほどで、ほとんどの人が焼き物に携わる仕事をしています。ベトナムを体表する陶器が作られている村、バチャンを紹介します。...

観光ガイド概要

  • 藍色と赤色の優しい色合いの陶器
  • 一つ一つ手作りで温もりのある陶器
  • 素朴な絵柄が特徴のバチャンの陶器
  • 日本とバチャン焼きとの関係
  • 陶器好きにはたまらない陶器の村
  • バチャン焼きができるまで
  • 工房ごとに釉薬(うわぐすり)の配合が違う
  • 今やベトナムみやげの定番
  • 斬新なデザインのものも
  • 陶器の種類の豊富さに圧倒される
  • のんびりした雰囲気の村

「ベトナム旅行なら「バチャン」は外せない!村全体が陶器にあふれている「バチャン」でお気に入りを見つけよう」の続きを読む

ベトナムでのんびりと過ごすならここ!「ファンティエット」で見た絶景10選

ベトナムでのんびりと過ごすならここ!「ファンティエット」で見た絶景10選

ファンティエットは、カータイ川の河口にある人口約16万人の港町です。ホーチミン市からは北東へ約250kmのところにあります。町に入ると独特な魚の香ばしい匂いがしてきますが、これはヌックマム(魚醤)の匂い。ファンティエットの町はベトナムの特産品ヌックマムの産地として知られています。また、新しいシーサイドリゾートとしても脚光を浴びており、大型のリゾートホテルやミニホテルなどが続々とオープンしています。...

観光ガイド概要

  • ベトナム料理に欠かせないヌックマム
  • 町のいたるところにヌックマム工場がある
  • 昔ながらの製造方法
  • お手頃価格のヌックマム
  • おだやかでのんびりとしたムイネービーチ
  • 美しい風紋も見られる砂丘
  • レッド・キャニオンと呼ばれる赤土の谷
  • 渓流ウォーキングが楽しめる
  • レンガを積み重ねて造られているチャム塔(ポー・ハイ遺跡)
  • 神聖な雰囲気が漂う寺院
  • ベトナムの新たなリゾート地

「ベトナムでのんびりと過ごすならここ!「ファンティエット」で見た絶景10選」の続きを読む

群雄割拠ハンパなし!中国の春秋時代の激動ぶりをご紹介

群雄割拠ハンパなし!中国の春秋時代の激動ぶりをご紹介

日本に戦国時代があったように、中国にも戦国時代と呼ばれる時代がありました。しかし、大抵の場合は「春秋戦国時代」と呼ばれます。春秋時代と戦国時代が合わさっているわけですね。春秋時代の中国は、約200もの諸侯がひしめき合い、覇権をかけて争った激動の時代なんですよ。秦の始皇帝が登場するよりもはるか昔のことです。今回は春秋時代の流れをご紹介すると共に、ここで生まれた多くの故事成語についても少しずつ触れてい...

観光ガイド概要

  • 春秋時代の前に:周(しゅう)について
  • 春秋時代・戦国時代の分岐点
  • 春秋時代の都市国家
  • どうして春秋時代というのか
  • 春秋時代初期:覇者の登場
  • 春秋時代初期の大国・斉
  • 覇者とは?
  • 覇者の代表:春秋五覇(しゅんじゅうごは)
  • 斉の没落、宋の台頭
  • 彼こそ本当の覇者、晋の文公
  • もう一人の覇者・秦の穆公
  • 南方の覇者・楚の荘王
  • 「鳴かず飛ばず」の語源
  • 「鼎(かなえ)の軽重を問う」の語源
  • 春秋時代中期:実力主義社会へ
  • 春秋時代後期:呉と越の登場と死闘
  • 父子2代にわたる復讐心
  • 越王・勾践、屈辱をばねに呉を打ち破る
  • 覇者となった越王・勾践のその後
  • 「臥薪嘗胆」と「呉越同舟」
  • 春秋末期の国々の動向
  • 諸子百家(しょしひゃっか)の登場
  • 儒教の祖・孔子
  • 道教の祖・老子(ろうし)
  • もしかすると三国志よりも面白いかも?

「群雄割拠ハンパなし!中国の春秋時代の激動ぶりをご紹介」の続きを読む

韓国旅行なら「昌徳宮(チャンドックン)・仁寺洞(インサドン)」は外せない!行き方、料金や営業時間は?

韓国旅行なら「昌徳宮(チャンドックン)・仁寺洞(インサドン)」は外せない!行き方、料金や営業時間は?

日本から飛行機で約2時間の距離にあるとなりの国・韓国。日帰りや短期旅行で行くことのできるこの国はエステにグルメ、ファッションとさまざま見どころがあり、現在でも海外旅行の定番観光地と言われています。今回はその観光からソウルの歴史的名所である「昌徳宮」とその周辺「仁寺洞」を見てみましょう。...

観光ガイド概要

  • 国内の宮殿で最高の保存状態を誇る
  • 現存する宮殿では最古の正門「敦化門(トンファムン)」
  • 王朝末期の皇族が暮らした「楽善斎(ナッソンジェ)」
  • 特別ツアー「後苑(フウォン)特別観覧」と紅葉
  • 昌徳宮の目の前「茶療館学我斎」
  • おしゃれな骨董品がある「仁寺洞」は徒歩約7分
  • 仁寺洞のランドマーク的存在「サムジキル」
  • 歴史を知るならぜひ訪れたいスポット

「韓国旅行なら「昌徳宮(チャンドックン)・仁寺洞(インサドン)」は外せない!行き方、料金や営業時間は?」の続きを読む

韓国旅行なら「ロッテ・ワールド・アドベンチャー」は外せない!行き方、料金や営業時間は?

韓国旅行なら「ロッテ・ワールド・アドベンチャー」は外せない!行き方、料金や営業時間は?

日本から飛行機で約2時間の場所にあり海外旅行の定番国でもある国・韓国。その中でも首都・ソウルはグルメやファッション・美容と多数の観光ポイントがあり、多くの人々が訪れる国の文化中心地とされています。今回はそんな韓国・ソウルの数ある名所から「ロッテ・ワールド・アドベンチャー」について見てみましょう。...

観光ガイド概要

  • オリンピックのメイン会場・松坡区にある
  • 1989年にオープンした韓国有数の観光スポット
  • 雨でも楽しめる室内エリア「アドベンチャー」
  • 開放感あふれる外エリア「マジックアイランド」
  • アトラクションを効率よく楽しむなら「マジックパス」
  • 大型マート「ロッテマート」でお土産選び
  • 春の桜の名所に「石村湖(ソッチョンホス)」
  • 2017年オープン予定「第2ロッテワールドタワー」
  • 定番スポットと新スポットで楽しもう

「韓国旅行なら「ロッテ・ワールド・アドベンチャー」は外せない!行き方、料金や営業時間は?」の続きを読む

ベトナム旅行なら私に任せて!ベトナムの観光完璧ガイド

ベトナム旅行なら私に任せて!ベトナムの観光完璧ガイド

食べ物・人・色使い・気温…、日本中どこを探しても同じところはないはずなのに、どこか懐かしさを感じずにはいられない国「ベトナム」。最近はベトナム料理のお店も街中に増えつつありますが、ベトナムの魅力はフォーや生春巻きだけではありません!心休まる場所や、ハッと目の覚めるような場所など、初めてなのに居心地の良い、不思議な感覚を味わう事が出来ます。そんな行く先々で全く違った表情を見せてくれるベトナムの魅力を...

観光ガイド概要

  • ベトナム観光の前に知っておこう!
  • ベトナムの観光って何をするの?
  • 3つのエリア、「ハノイ」「ダナン」「ホーチミン」を知ろう
  • ベトナムと日本の時差は?
  • ベトナムの気温は?おすすめの服装、おすすめの時期は?
  • ベトナムのグルメといえば?
  • ベトナムの治安は大丈夫?
  • ベトナムの国内線でホーチミンとハノイを行き来できる?時間は?
  • ベトナムって南北で雰囲気違うの?ハノイとホーチミンの違いは?
  • ベトナム旅行ってビザは必要?
  • ホーチミンについて知ろう!
  • ホーチミンってどんなところ?
  • ホーチミン観光、2泊3日モデルケース
  • ホーチミン観光、4泊5日モデルケース
  • ハノイについて知ろう!
  • ハノイってどんなところ?
  • ハノイ観光、2泊3日モデルケース
  • ハノイ観光、4泊5日モデルケース
  • ダナンについて知ろう!
  • ダナンってどんなところ?
  • ダナン観光、2泊3日モデルケース
  • ダナン観光、4泊5日モデルケース
  • ベトナム観光で行きたい観光スポットはここ!
  • まるでジャングル探検、メコン川クルーズ
  • エキゾチックを体感できる街、チョロン
  • ベトナム戦争の傷跡が残るクチトンネル
  • 欲しいものは何でも揃うベンタイン市場
  • 自然の大パノラマ、ハロン湾
  • ベトナムの歴史に触れるホーチミン廟(びょう)
  • 大理石の連山、五行山
  • 橋全体がまるで龍のようなロン橋
  • 見た事ない色彩を体験、古都ホイアン
  • ベトナム初の世界遺産、フエ
  • ベトナム観光もいよいよ終わり。お土産を買うならこれ!
  • 苦みと甘みのバランスが絶妙なベトナムコーヒー
  • 意外に日本人にも会う333(バーバーバー)ビール
  • キラキラ虹色に光る螺鈿(らでん)細工
  • 天然素材でやさしいAZIAL(アジアル)の石鹸
  • 水中花のような蓮茶
  • みんなに配りたい!インスタント麺
  • 今まで見た事のない景色を見に行こう

「ベトナム旅行なら私に任せて!ベトナムの観光完璧ガイド」の続きを読む

【ベトナム】まるで探検気分!メコン川クルーズが楽しめる「ミトー」の町

【ベトナム】まるで探検気分!メコン川クルーズが楽しめる「ミトー」の町

ミトーはホーチミン市から車で2時間弱で行くことができます。小さなボートでメコン川を下るメコン川クルーズが楽しめるミトーの町を紹介します。...

観光ガイド概要

  • 悠々と流れるメコン川をクルーズ
  • ツアーではフルーツ食べ放題も
  • 島内を散策することもできる
  • 細い水路を行くジャングル・クルーズ
  • 壁のように草が生い茂る
  • ミトー料理を堪能できる
  • ホーチミン市から近くて便利
  • 眺めのいいラック・ミエウ橋
  • 美しく整備された敷地に建つ永長寺(ヴィンチャン寺)
  • 路上市場も広がるミトー市場
  • いろいろな楽しみ方があるクルーズ

「【ベトナム】まるで探検気分!メコン川クルーズが楽しめる「ミトー」の町」の続きを読む

ベトナム観光なら次はここ!メコン川、田園風景、水上住宅など「チャウドック」で見たい絶景10選

ベトナム観光なら次はここ!メコン川、田園風景、水上住宅など「チャウドック」で見たい絶景10選

チャウドックはチャム族や中国人、クメール族の人々などが住んでいる多種多様な町。広大なメコン川と田園風景が美しいチャウドックの町を紹介します。...

観光ガイド概要

  • カンボジアとの国境にある町
  • 細い運河が縦横に走るメコン川
  • 多様な人種構成でできている町
  • メコン川を代表する風景
  • 夕映えに染まるメコン川
  • 水上住宅が何件も並んでいる
  • 高床式になっている家々
  • 伝説が残る神聖なサム山
  • 現在も人々の信仰を集めるバー・チュアスー廟
  • 個性的なチャウドックの市場
  • 川とともに暮らしている人々

「ベトナム観光なら次はここ!メコン川、田園風景、水上住宅など「チャウドック」で見たい絶景10選」の続きを読む

香港のお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる20選

香港のお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる20選

香港のお土産ならこれ!という事で、香港で売られている商品の中から、お土産にぴったりの商品を厳選してご紹介!美味しいお土産から、実用的なお土産、現地の人にも馴染みのあるものまで、様々な商品を厳選!香港へ行かれる際のお土産の参考になさってくださいね!...

観光ガイド概要

  • 香港ってどんなところ?
  • 香港っぽさが良い!「GOD Goods of Desire」
  • コンビニで買える手軽で美味しい「楊枝甘露」
  • サクッ!ほろっ!とした歯ごたえが人気「Jenny Bakery cookie」
  • 中国茶のフレーバをチョコで楽しむ「cha.ke.li(茶古力)」
  • 名前の由来聞いたら複雑な思いに…でも美味しい「老婆餅」
  • これを食べたら他は食べられない?「XO醤」
  • あ!みたことあるよ?「出前一丁」
  • 香港土産の定番菓子「養生核果」
  • 香港の人気食器ブランド「Loveramics」
  • 手軽に美味しい!が作れる「オイスターソース」
  • 香港にもある「ディズニー」で限定グッツをゲット!
  • スタバファンなら「スタバHK」
  • 日本でも話題沸騰の「カイリジュメイ」
  • ちょっとづつ色々買えちゃう「明茶房~Ming cha Tea House」
  • ついついお土産に買ってしまう「パンダクッキー」
  • 飴ちゃんは飴ちゃんだけど「京都念慈菴 枇杷潤喉糖」
  • 植民地であった、という歴史があってこそ「Marks & Spencer」
  • 綺麗で実用性がある「刺繍入りスリッパ」
  • 香港に行ったらこれ!「貴族蛋糕」
  • 香港の万能薬!「白花油」
  • さあ、ぴったりのお土産探しの旅に出かけよう!

「香港のお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる20選」の続きを読む

ベトナム観光なら、水上マーケットが体験できる町「カントー」を選択肢に

ベトナム観光なら、水上マーケットが体験できる町「カントー」を選択肢に

ホーチミン市からは車で約5時間。カントーはメコンデルタ(メコン川下流の三角州)最大の町。人口は約33万人、経済の中心地でもあります。活気にあふれるカントーを紹介します。...

観光ガイド概要

  • メコンデルタ経済の中心地
  • にぎやかで活気のある市場
  • 豊かな食材に恵まれた町
  • いろいろなボートツアーがある
  • 野菜や果物を満載にした船が集まる
  • 野菜がぶら下がるユニークな船の看板
  • 水上マーケットは生活に欠かせない
  • メコン川は家の一部
  • 広大なメコン川の流れ
  • 新鮮な料理が食べられる
  • 地元の人々の暮らしを体験

「ベトナム観光なら、水上マーケットが体験できる町「カントー」を選択肢に」の続きを読む

ベトナム観光で行きたい!花が咲き乱れる美しい湖がある高原リゾート「ダラット」の魅力

ベトナム観光で行きたい!花が咲き乱れる美しい湖がある高原リゾート「ダラット」の魅力

年間を通じ穏やかな気候のダラット。ホーチミンから飛行機で1時間足らずで行くことができ、地元ベトナムの人々が新婚旅行で訪れることも多いそう。ベトナムの静かなリゾート地ダラットを紹介します。...

観光ガイド概要

  • 人造湖を取り囲む美しい町
  • フランス植民地時代に開発された
  • 花が咲き乱れる美しいスアンフォン湖
  • 交通の便が良いダラット
  • 貴族たちが利用した高級リゾート地だった
  • 皇帝バオダイが愛した町
  • ダラットの中で一番にぎやかな市場
  • 皇帝の別荘があった
  • 当時のフランス総督の邸宅が残る
  • かわいらしい駅舎
  • 美しいベトナムの避暑地

「ベトナム観光で行きたい!花が咲き乱れる美しい湖がある高原リゾート「ダラット」の魅力」の続きを読む

【台湾】海が見たくなったら「基隆」へ行こう!グルメ・絶景スポットガイド

【台湾】海が見たくなったら「基隆」へ行こう!グルメ・絶景スポットガイド

台湾旅行といえば「台北」や「台南」をイメージする方も多いかもしれませんが、台北の右上にある港町「基隆」は今イチオシの観光地です。台湾人も頻繁に訪れる隠れた観光スポット「基隆」の観光情報をご紹介します。台湾観光の絶対行くべきスポット決定版はこちらから。...

観光ガイド概要

  • 台北から日帰りで行ける海の町「基隆」
  • 「中正公園」にはユニークなオブジェたくさん
  • 綺麗でダイナミックな海が一望できる「望幽谷」
  • 大人も子どもも楽しめる「和平島公園」
  • 新鮮で美味しい海鮮グルメが格安で食べられる「八斗子観光漁港」
  • 「基隆廟口夜市」には他にはない魅力たっぷり!
  • 台北~基隆への行き方
  • 海が見たくなったら行きたい町・基隆

「【台湾】海が見たくなったら「基隆」へ行こう!グルメ・絶景スポットガイド」の続きを読む

「西門紅樓」にはメイド・イン・台湾のグッズがたくさん!行き方・観光情報まとめ

「西門紅樓」にはメイド・イン・台湾のグッズがたくさん!行き方・観光情報まとめ

台北の西門町にある「西門紅樓」は、赤レンガ造りのお洒落な洋館。歴史的なギャラリーとしてだけではなく、台湾若手デザイナーたちが集まるクリエイティブなスポットでもあるんです。今回はそんな「西門紅樓」の観光情報・アクセス方法をご紹介します。 こちらもおすすめ。台湾観光の絶対行くべきスポット決定版はこちらから。...

観光ガイド概要

  • 若者も大人も楽しめる町「西門」
  • 「西門紅樓」は赤レンガのお洒落な建物
  • 設計者は日本人!100年の歴史があります
  • みどころは「16工房」
  • 北広場は楽しいイベント空間
  • 西門紅樓へのアクセス・西門出口1から徒歩1分!
  • 台湾のクリエイティブが集まるスポット「西門紅樓」

「「西門紅樓」にはメイド・イン・台湾のグッズがたくさん!行き方・観光情報まとめ」の続きを読む

絶景!台湾の自然が生み出した聖地「阿里山」の観光情報ガイド

絶景!台湾の自然が生み出した聖地「阿里山」の観光情報ガイド

台湾の中心から少し南に位置する「阿里山」は熱帯・暖帯・温帯の植物とタイワンヒノキが多く自生する国家風景区です。台北や高雄から鉄道やバスで気軽に行くことの出来るため、国内外から観光客の集まる人気の観光スポットとなっています。今回は阿里山への行き方や観光情報をまとめました。 台湾旅行をご検討の方は、台湾観光の絶対行くべきスポット決定版もどうぞ。...

観光ガイド概要

  • 実は山の名前ではない『阿里山』
  • 日本とも深いつながりがあります
  • 台湾屈指の日の出スポット・阿里山
  • パワースポットとしても有名です
  • 阿里山国家森林遊楽区はハイキングにおすすめ!
  • お土産におすすめ!阿里山の美味しいお茶
  • 台北から阿里山までの行き方
  • 金曜・土曜は台北からのバスも
  • 台北から日帰りもOK!自然が楽しめる「阿里山」

「絶景!台湾の自然が生み出した聖地「阿里山」の観光情報ガイド」の続きを読む

歴史物語の最高傑作『史記』!その魅力と作者・司馬遷の生きざま

歴史物語の最高傑作『史記』!その魅力と作者・司馬遷の生きざま

いまから2000年以上も前に、中国の一役人である司馬遷(しばせん)が書き上げた『史記』は史上最高の歴史物語といわれています。また「完璧」「怒髪天を衝く」「燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんや」「四面楚歌」「鳴かず飛ばず」「臥薪嘗胆」「満を持す」などのことばも、『史記』の記述に由来します。ここではそんな『史記』の魅力と、作者・司馬遷の生涯に迫ります。...

観光ガイド概要

  • 司馬遷ってどんな人?『史記』ってなに?
  • 司馬遷ってどんな人?
  • 『史記』ってなに?
  • 『史記』を読んでみよう!廉頗・藺相如(列伝)その1
  • 「完璧」の語源は藺相如のことばから
  • 「怒髪天を衝く」
  • 『史記』を読んでみよう!廉頗・藺相如(列伝)その2
  • 趙と秦の和睦会談
  • 「刎頸の交わり」となった二人
  • 『史記』を読んでみよう!陳勝・呉広(世家)
  • 「燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんや」
  • 「王侯将相いずくんぞ種あらんや」
  • 『史記』を読んでみよう!項羽と劉邦(本紀)その1
  • 項羽と劉邦の性格のちがい
  • 項羽の大勝と非道、劉邦の「法三章」
  • 『史記』を読んでみよう!項羽と劉邦(本紀)その2
  • 「鴻門の会」前半
  • 「鴻門の会」後半
  • 『史記』を読んでみよう!項羽と劉邦(本紀)その3
  • 「四面楚歌」
  • 「虞や虞やなんじを奈何せん」
  • 司馬遷の生い立ち
  • 司馬遷の生まれ育った韓城市
  • 伝説上の皇帝ゆかりの地や、孔子の生まれ故郷を旅する
  • 司馬遷が『史記』を書いた理由と、とつぜんの不幸
  • 司馬遷が『史記』を書いたワケ
  • 李陵の禍
  • 司馬遷のすさまじい生きざま、そして『史記』が完成した
  • 恥辱を昇華させて完成した『史記』
  • そして『史記』は歴史書の最高傑作となる
  • 『史記』を旅しよう

「歴史物語の最高傑作『史記』!その魅力と作者・司馬遷の生きざま」の続きを読む

『水滸伝』の舞台となっている北宋時代をざっくり知る

『水滸伝』の舞台となっている北宋時代をざっくり知る

中国の読み物の代表は?と聞かれたら、『三国志』『西遊記』『水滸伝(すいこでん)』の3つ挙げる人が多いのではないでしょうか。いずれも小説やコミック、ゲーム、TVドラマなど、様々な形で愛され続けている、不動の人気を誇る傑作活劇です。特に『水滸伝』は近年人気が増しているようで、2011年に中国で巨額の制作費を投じたテレビドラマが放送され、大いに話題となりました。この物語の舞台は今から約1000年ほど前の...

観光ガイド概要

  • 悪政を正す英傑たちの熱き物語
  • 愉快痛快!『水滸伝』とは?
  • 作者不明?謎に包まれた長編小説
  • ”水滸”とは?「水のほとりの物語」
  • 天命に導かれし108人の英傑たち
  • <水滸伝・あらすじ1>百八の魔星と蹴鞠の達人
  • <水滸伝・あらすじ2>激闘の梁山泊・百八星は天に帰す
  • 史実?虚構?宋江は実在した?
  • なぜ荒れた?北宋王朝の政治とは
  • 北宋時代の幕開け
  • 文治主義と中国統一
  • 軍事力の低下と北方民族の勢力
  • 財政難と王安石の改革
  • 徽宗時代と北宋王朝の末期
  • 新法・旧法の争い
  • 8代皇帝徽宗
  • 金の建国と北宋の終わり
  • 芸術家としてなら超一流!徽宗皇帝が残したもの
  • 『水滸伝』の魅力を語る
  • 庶民に愛された長編小説
  • 『三国志』との違いは?
  • 108人で誰が最強?最も人気のある好漢は?
  • 不動の人気!『水滸伝』を読むならこれだ!
  • なぜ今、『水滸伝』なのか?

「『水滸伝』の舞台となっている北宋時代をざっくり知る」の続きを読む

韓国旅行なら「梨泰院(イテウォン)」は外せない!行き方、料金や営業時間は?

韓国旅行なら「梨泰院(イテウォン)」は外せない!行き方、料金や営業時間は?

日本からの海外旅行で定番国に挙げられることも多いおとなりの国・韓国。グルメにファッション、美容とさまざまな注目ポイントがあるこの国は飛行機で約2時間で行くことができ、週末や短い休みに日帰りで気軽に行けるのも良いところです。今回はそんな海外旅行の定番国・韓国から首都ソウルにある街「梨泰院(イテウォン)」について見てみましょう。...

観光ガイド概要

  • タワーや電気街で有名な龍山区
  • 米軍基地のある町・梨泰院
  • 街のランドマーク「ハミルトンホテル」
  • レザーの店で手作り製品を手に入れよう
  • 国際色豊かな店でグルメを楽しもう
  • 芸術鑑賞も楽しもう「Leeum」
  • エレガントな雰囲気の「梨泰院クラウンホテル」
  • ちょっと変わったソウルを楽しんでみよう

「韓国旅行なら「梨泰院(イテウォン)」は外せない!行き方、料金や営業時間は?」の続きを読む

ベトナムの神秘的な観光スポット「ミーソン聖域」へ行こう。行き方、料金や営業時間は?

ベトナムの神秘的な観光スポット「ミーソン聖域」へ行こう。行き方、料金や営業時間は?

ミーソン遺跡はベトナム中部のジャングルの中にあります。ミーソン遺跡は2世紀頃から15世紀にかけて中部一帯に築かれたチャンパ王国の遺跡。1999年に世界遺産に登録されたミーソン遺跡を紹介します。...

観光ガイド概要

  • 山奥にあるミーソン遺跡
  • ユネスコ世界遺産に登録されている
  • 東南アジアを代表する建築物の数々
  • 朽ちかけた赤道色の伽藍
  • 欧米とも交易があったチャンパ王国
  • 発掘作業は続けられている
  • ヒンズー教だけではなかった
  • 争いに巻き込まれた遺跡
  • 遺跡が瓦礫と化してしまった
  • チャム族の文化に触れることができる
  • 四方を山で囲まれた遺跡

おすすめ観光スポット

ミーソン聖域(外部サイト)
住所:Duy Phú, Duy Xuyên, Quảng Nam

「ベトナムの神秘的な観光スポット「ミーソン聖域」へ行こう。行き方、料金や営業時間は?」の続きを読む

クロワッサンの旗印?アジアとヨーロッパにまたがるオスマン帝国の歴史

クロワッサンの旗印?アジアとヨーロッパにまたがるオスマン帝国の歴史

クロワッサンを食べたことはありますか。フランス語で「三日月」という意味ですが、このパンの由来がオスマン帝国にあることは、きっと御存じないでしょうね。オスマン帝国の国旗は、三日月と星。ではなぜ、オスマン帝国の象徴である三日月が、があの有名なパンの名前になったのでしょうか。オスマン帝国の全盛期には、かつての東ローマ帝国をしのぐほどの領土があったのですよ。それに、科学技術もヨーロッパより進んでいたのです...

観光ガイド概要

  • オスマン帝国のルーツはアジアから来た遊牧民
  • 1299年がオスマン帝国建国の年とされています
  • スレイマン・シャーの伝説とアナトリア
  • オスマン帝国の国旗が三日月と星になった理由
  • オスマン帝国の始祖オスマン・ベイが見た夢
  • はじめてビザンツ帝国に勝利した記念日
  • オスマン1世とその後継者たちはバルカン半島に進出
  • 「緑のブルサ」攻略の最中にオスマン1世は戦死
  • ビザンツ帝国の後継者争いに介入
  • アジアとヨーロッパにまたがる帝国の基礎ができました
  • ビザンツ帝国第二の都市アドリアノープルの陥落
  • オスマン帝国の首都がエディルネになりました
  • 雷帝と呼ばれたバヤズィト1世は十字軍を蹴散らしました
  • バルカン半島の戦いでブルガリア王国を滅ぼしました
  • ハンガリー王ジギスムントによるニコポリス十字軍
  • オスマン帝国が一時的に断絶しました
  • アンカラの戦いで雷帝は敗北しました
  • 復活したオスマン帝国は中央集権国家に向かいました
  • ついに宿願であったコンスタンティノープルを獲得
  • メフメト2世のときにスルタンの絶対君主制が完成
  • コンスタンティノープルがイスタンブールになりました
  • 大帝スレイマン1世のヨーロッパ支配の夢
  • 第一次ウィーン包囲が行われました
  • トランシルバニア遠征のときに大帝は病死しました
  • オスマン帝国は官僚国家になりました
  • 「オスマンル」がオスマン帝国を支配しました
  • 大宰相カラ・ムスタファによる第二次ウィーン包囲
  • 第一次世界大戦でオスマン帝国は崩壊しました
  • 「チューリップ時代」から崩壊の危機へ
  • 1918年ついにオスマン帝国は崩壊しました
  • 吸血鬼ドラキュラもクロワッサンもオスマン帝国の「遺産」?

「クロワッサンの旗印?アジアとヨーロッパにまたがるオスマン帝国の歴史」の続きを読む

【台湾観光】台湾の世界遺産は?穴場は?台湾旅行であなたが行くべき絶景スポット16選

【台湾観光】台湾の世界遺産は?穴場は?台湾旅行であなたが行くべき絶景スポット16選

日本から近い、人気の観光地「台湾」。ジブリの舞台を思わせる九扮、B級グルメの士林夜市(シーリンイエシー)など数多くの観光スポットがあり、多くのリピーターをひきつけていますね。この記事では、絶対外せない絶景スポットを中心とした観光の見どころや、台湾の観光基礎ガイドを掲載しています。ぜひ参考にしてくださいね。...

観光ガイド概要

  • 台湾観光の前に知っておこう!
  • 台湾に世界遺産はあるの?
  • 台湾観光にビザは必要?
  • 台湾観光、おすすめの日数は?
  • 台湾観光、どのお店も朝が遅い?
  • 台湾観光の季節ごとの気温は?服装は?
  • 台湾観光のおすすめ時期は?
  • 台湾で日本語や英語は通じる?
  • 台湾の治安はどう?女子旅でも大丈夫?
  • 台湾の歴史は?
  • 台湾で行きたい「絶景」の観光スポットはここ!
  • 台湾で最も大きな湖"日月潭(リーユエタン)"
  • 千と千尋の神隠しのモデルとなった"九扮(キュウフン)"
  • 台湾版富士山"玉山(ギョクザン)"
  • 台湾一のパワースポット"太魯閣(タロコ)"
  • 台湾最大の乾物街"迪化街(ディーホワチェ)"
  • 台湾名物ナイトマーケット"士林夜市(シーリンイエシー)"
  • 台湾一の温泉街"陽明山(ヤンミンサン)"
  • 運河に輝くイルミネーションが美しい・愛河
  • アーチ状の橋が目を惹く三仙台
  • 不思議な海岸「老梅石槽」/台湾
  • ウユニ湖を彷彿させる高美湿地
  • 高さ509.2mの台北101
  • 一度は見たい 阿里山のご来光
  • 海がダイナミックに打ち付ける清水断崖
  • オレンジ色の金針花畑が咲く六十石山
  • 高雄屈指のパワースポット・蓮池潭
  • 今すぐ台湾に行こう!

おすすめ観光スポット

日月潭(外部サイト)
住所:台湾南投県魚池郷

九扮(外部サイト)
住所:台湾新北市瑞芳区

玉山(外部サイト)
住所:台湾南投県嘉義県高雄市

太魯閣国立公園(外部サイト)
住所:台湾花蓮県秀林郷富世村291号

迪化街(外部サイト)
住所:Section 1, Dihua St, Datong District, Taipei City, Taiwan 103

士林夜市(外部サイト)
住所:台湾台北市士林区

陽明山国家公園(外部サイト)
住所:112, Taiwan, Taipei City, Beitou District

愛河(外部サイト)
住所:高雄市前金区中正四路

三仙台(外部サイト)
住所:961, Taiwan, Taitung County, Chenggong Township

老梅綠石槽(外部サイト)
住所:253, Taiwan, New Taipei City, Shimen District

高美湿地(外部サイト)
住所:Gaomei Wetlands, Taiwan

台北101(外部サイト)
住所:台北市信義区市府路45号

阿里山國家風景區(外部サイト)
住所:嘉義県番路郷觸口村車埕

清水断崖(外部サイト)
住所:花蓮県秀林郷蘇花公路

六十石山風景区(外部サイト)
住所: 983, Taiwan, Hualien County, Fuli Township

蓮池潭(外部サイト)
住所:高雄市左營區翠華路1435號

「【台湾観光】台湾の世界遺産は?穴場は?台湾旅行であなたが行くべき絶景スポット16選」の続きを読む

優雅に”大人”のパン朝食を。フランス発のフレッシュチーズ新発売

優雅に”大人”のパン朝食を。フランス発のフレッシュチーズ新発売

世界中で愛されているフランス・ベル社のチーズ「ブルサン」が2017年3月1日(水)から大人向けの上質な朝食用チーズ「ブルサン プレーン」の販売を発表しました。 販売場所はスーパーマーケット、チーズ専門店、輸入食品スーパー、百貨店など。発売に合わせて焼きたてクロワッサンやフランス直輸入のオリーブオイルなどを販売しているカフェ「カフェ ル・コルドン・ブルー」とタイアップを行い、4月14日(金)か...

観光ガイド概要

  • ブルサンって有名?
  • 需要は右肩上がり!?朝食には「パンとチーズ」
  • ブルサンを使った朝食レシピ
  • カフェ「カフェ ル・コルドン・ブルー」
  • プレーン以外にも注目!~ガーリック&ハーブ
  • プレーン以外にも注目!~ペッパー
  • プレーン以外にも注目!~クランベリー
  • 朝食パンのパートナーをちょっと贅沢に…

「優雅に”大人”のパン朝食を。フランス発のフレッシュチーズ新発売」の続きを読む

飛鳥時代の外交官・小野妹子はすごい人

飛鳥時代の外交官・小野妹子はすごい人

聖徳太子が、当時の中国だった「隋」の国に「日が出る国の天子より日が没っする国の天子へ」という隋の国の皇帝「煬帝(ようだい、ようてい)」を激怒させたという有名な手紙を「遣隋使(けんずいし)」として持って行ったのが「小野妹子(おののいもこ)」です。彼はどういう人だったのでしょうか? 当時の外交官の条件として「美男子」であることが重要視されていたという話からイケメンだった可能性が高いですね。 ...

観光ガイド概要

  • 小野妹子とはどんな人?
  • 小野妹子は男性? 女性?
  • 小野氏の家系
  • 小野妹子の出自は謎ばかり
  • 推古天皇の時代
  • 推古天皇誕生
  • 皇太子・聖徳太子
  • 聖徳太子が隋を意識します
  • 小野妹子との出逢い
  • 遣隋使
  • 遣隋使出航!
  • 聖徳太子の手紙
  • 皇帝はなぜ怒ったか?
  • 小野妹子の大事件
  • 事件は闇の中?
  • 隋からの正式な返書
  • そして妹子はどうなった?
  • 小野妹子のその後
  • 妹子と華道池坊
  • 妹子の子・孫
  • 妹子の子孫
  • 小野篁は平安時代の変わり者
  • 小野篁の不思議な伝説
  • 武士化する子孫
  • 小野妹子はすごい

「飛鳥時代の外交官・小野妹子はすごい人」の続きを読む

シンガポール初の世界遺産!150年の歴史を誇るシンガポール植物園の歴史はこんな感じ

シンガポール初の世界遺産!150年の歴史を誇るシンガポール植物園の歴史はこんな感じ

現在、植物園関連の世界遺産は、イギリス・ロンドンのキュー植物園並びにイタリア・パドヴァの植物園の2ヶ所が登録されています。2015年に、シンガポール植物園が加わり、3つの植物園が登録されることになりました。世界遺産に登録されるほどの植物園ってどんなんだろうって気になりませんか?今回は、シンガポール植物園の歴史に少しだけ触れてみたいと思います。...

観光ガイド概要

  • 歴史の長い植物園
  • シンガポール植物園の始まり
  • 本格始動を始めるシンガポール植物園
  • シンガポール植物園でゴムの木が栽培された経緯
  • 太平洋戦争下の日本軍による占領
  • 現在のシンガポール植物園
  • シンガポール初の世界遺産の植物公園に出かけてみませんか?

「シンガポール初の世界遺産!150年の歴史を誇るシンガポール植物園の歴史はこんな感じ」の続きを読む

愛新覚羅溥儀のまわりを見れば、日本史と中国史がわかる

愛新覚羅溥儀のまわりを見れば、日本史と中国史がわかる

日本史と中国史のはざまで大きく揺れ動いた人物がいます。愛新覚羅溥儀――「あいしんかくらふぎ」と読みます。清朝最後の皇帝としてわずか2歳で即位、6歳で退位。〈辛亥革命〉やたびかさなる戦争、内戦。日本の傀儡国家たる〈満州国〉の皇帝に27歳で即位。最後には一北京市民として亡くなります。皇帝という身分の重荷を背負い続け、不可思議な人生を送った、大国・中国のラストエンペラー・溥儀。生まれてから亡くなるまで、...

観光ガイド概要

  • わずか2歳での皇帝即位――〈宣統帝〉時代
  • 清王朝はカオス状態!
  • 第12代皇帝〈宣統帝〉――西太后の指名によって
  • 辛亥革命――〈中華民国〉の誕生、最初の退位
  • 最初の退位――清朝が倒れたそのとき
  • 革命政治家〈袁世凱〉――「皇帝」の座についた男
  • 溥儀、少年時代のプライベート
  • 心を交わした帝師・レジナルド・ジョンストン
  • 最初の2人の妻・正妻〈婉容〉、側室〈文繡〉
  • クーデター、ついに紫禁城の外へ
  • 溥儀、日本の〈租界〉へ
  • 大日本帝国軍、満州担当部隊〈関東軍〉
  • 〈満州事変〉――ついに〈満州国〉建国へ
  • 〈張作霖爆殺事件〉そして〈満州事変〉へ
  • 暗躍する清王朝最後の皇女〈川島芳子〉
  • 満州国皇帝〈康徳帝〉、誕生
  • 〈満州国〉建国の理由って?
  • 孤独な溥儀と新たな2人の妻
  • 戦後〈中華人民共和国〉の中で
  • 文化大革命の荒波
  • 模範囚としての日々、そして
  • 愛新覚羅溥儀、一北京市民としての最期
  • 5人目の妻・李淑賢との日々、そして病……
  • 最後に食べたかった「チキンラーメン」
  • 歴史の激動、苛烈な運命を生きぬいた皇帝

「愛新覚羅溥儀のまわりを見れば、日本史と中国史がわかる」の続きを読む

清朝西太后の離宮として知られる名園「頤和園」の歴史ってどんなんだろう?

清朝西太后の離宮として知られる名園「頤和園」の歴史ってどんなんだろう?

乾隆帝と西太合が造った、中国に現存する最大規模の庭園です。この壮大で美しい庭園がどうやって造られていったのかって気になりませんか?今回は、中国王朝の権力の象徴ともいえる巨大な皇族の庭園「頤和園」の歴史に少しだけ触れてみたいと思います。...

観光ガイド概要

  • 頤和園とは?
  • 頤和園の始まり
  • 清漪園から頤和園へ
  • 荒廃と再建を繰り返す頤和園
  • 頤和園の再建が清朝を傾かせた
  • 頤和園の正殿と長廊
  • 中国の皇帝たちが、自らの権力の象徴として雅なものと造り上げていった頤和園に訪れてみませんか?

「清朝西太后の離宮として知られる名園「頤和園」の歴史ってどんなんだろう?」の続きを読む

歴史漫画キングダムの前の話。「春秋時代」の歴史を簡単にチェック!

歴史漫画キングダムの前の話。「春秋時代」の歴史を簡単にチェック!

今から2500年以上も昔、紀元前の中国大陸は戦乱の時代でした。大陸には多くの国が存在していて、食うか食われるかの激しい争いを繰り返していました。その時代を人は「春秋時代」と呼びます。今人気の歴史漫画『キングダム』の舞台となる戦国時代へと続く、戦乱の幕開けの時代。戦いは数百年に渡って続けられていきました。いったいなぜ?その謎を紐解くべく、前王朝の崩壊から戦国時代に至るまでの諸国の動きにスポットをあて...

観光ガイド概要

  • 神話と伝説の時代と聖王・暴君の誕生
  • 神話・伝説の時代の帝
  • 夏王朝と世襲統治
  • 殷王朝と暴政の果て
  • 周王朝の没落と東周の誕生
  • 春秋時代の幕開け
  • 東周と諸侯の台頭
  • 諸子百家と民衆
  • 鄭と周の対立
  • 覇者の時代
  • 斉・楚の争い
  • 晋・楚の争い
  • 秦と晋
  • 春秋末期から戦国時代へ
  • 晋の滅亡と三晋の誕生
  • 呉越の争い
  • 春秋の五覇
  • 戦国七雄
  • 歴史をもっと身近に

「歴史漫画キングダムの前の話。「春秋時代」の歴史を簡単にチェック!」の続きを読む

地元民が伝授!松島観光のモデルコースと春夏秋冬の見どころ

地元民が伝授!松島観光のモデルコースと春夏秋冬の見どころ

日本三景の一つである松島。湾には、260余りの小さな島々が浮かんでいて、それぞれに美しい形を織りなし、年を通じて訪れる観光客がこの素晴らしい日本三景の情緒を楽しんでいます。その趣と歴史のあるこの街の光景は、まるでタイムスリップしたかのようです。素晴らしい景色を堪能しながら、食文化、温泉も楽しめる松島の旅へ。きっと大満足の日本の旅を満喫できるはず。 【決定版】地元民が教える、仙台の観光ガイドはこち...

観光ガイド概要

  • 松島と言えば遊覧船!遊覧船を徹底攻略しよう
  • 遊覧船の乗り方や時間、料金
  • 遊覧船の楽しみ方
  • 松島観光のモデルコースはこう!
  • 1泊2日の場合
  • 日帰りの場合
  • 松島観光、季節ごとの見どころは?
  • 松島観光「春」の桜の見どころといえば「松公園展望台」
  • 松島観光「夏」の見どころといえば、「松島流灯会 海の盆」
  • 松島観光「秋」の紅葉の見どころといえば「円通院」
  • 松島観光「冬」の見どころといえば「雪景色」
  • 松島観光で食べたいおすすめランチはこれ!
  • 寿司幸
  • さんとり茶屋
  • ホテル大観荘 潮騒
  • 松島観光のおすすめホテル・温泉旅館はここ!
  • 松島小松館 好風亭
  • ホテル壮観
  • ホテル絶景館
  • プチホテルびすとろアバロン
  • 松島佐勘 松庵
  • 松島でノスタルジックな旅を

「地元民が伝授!松島観光のモデルコースと春夏秋冬の見どころ」の続きを読む

インド初のイスラーム様式建築「クトゥブ・ミナールと複合建築群」

インド初のイスラーム様式建築「クトゥブ・ミナールと複合建築群」

世界文化遺産である「クトゥブ・ミナールと複合建築群」は、インド観光において定番の観光地の一つです。一番のみどころであるミナレットは、今でもインドで最も高い石造の塔で、当時のイスラーム建築のレベルの高さ、美しさを現在の私たちに教えてくれます。今回は、そんな「クトゥブ・ミナールと複合建築群」の観光情報や歴史、みどころを紹介していきたいと思います。...

観光ガイド概要

  • アクセスは?
  • クトゥブ・ミナールとは
  • インド初のイスラーム様式建築
  • 世界最高のミナレット
  • コーランの装飾
  • 幾度も崩れ、修復されてきた
  • イスラムとヒンドゥーの様式が混在するクワットゥル・アルイスラーム・モスク
  • 1600年間錆びない、チャンドラヴァルマンの鉄柱
  • アイバクの後継者、イレトゥミシュの廟
  • 未完成に終わった、アラーイーの塔
  • イスラームの力を高々と示す「勝利の塔」

「インド初のイスラーム様式建築「クトゥブ・ミナールと複合建築群」」の続きを読む

なぜ起きた?古代史上最大の内乱「壬申の乱」とは?

なぜ起きた?古代史上最大の内乱「壬申の乱」とは?

「壬申の乱」。この歴史の一幕を知らない方も意外に多いのではないでしょうか。古代史上最大の内乱と言われており、叔父と甥による天皇の座を巡る皇位継承争いです。そして、この争いは畿内全域の民衆を巻き込んだ壮大な内乱となりました。なぜ、この内乱が起きてしまったのでしょうか?歴史の流れと主要人物について詳しく見ていきましょう。...

観光ガイド概要

  • 壬申の乱とは
  • 壬申の乱はなぜ起きたのか?
  • 発端者 天智天皇(てんじてんのう)
  • 次期天皇最有力候補 大海人皇子(おおあまのおうじ)
  • 太政大臣 大友皇子(おおとものおうじ)
  • いざ壬申の乱へ
  • 大海人皇子 吉野での決起!
  • 大海人皇子 吉野から行宮へ
  • いざ、決戦へ
  • 壬申の乱 その後
  • 天武天皇となった大海人皇子
  • 弘文天皇となった大友皇子
  • 壬申の乱のゆかりの地
  • 宮滝遺跡(みやたきいせき)
  • 浄見原神社(きよみはらじんじゃ)
  • 不破関跡
  • 弘文天皇御陵候補地・自害峯の三本杉
  • 弘文天皇陵(こうぶんてんのうりょう)
  • 天武天皇陵(てんむてんのうりょう)
  • 天皇の座を巡る争い「壬申の乱」!

「なぜ起きた?古代史上最大の内乱「壬申の乱」とは?」の続きを読む

観光の前に知りたい!こんなにふかい台湾の歴史

観光の前に知りたい!こんなにふかい台湾の歴史

羽田空港から4時間でいける人気の観光地、台湾。公用語は北京語ですが、いちばん使われるのは福建省の人々と近い言葉で、また客家(はっか)語や、10以上の先住民の言葉も話されています。そして台湾は中国の一部なのかひとつの国なのか、よくわからないところです。いったいなぜこうなったのでしょう?そこで今回は台湾の歴史をひも解いてみます。じつは台湾には16世紀まで文字がなかったのです。 参考:台湾観光の絶対行...

観光ガイド概要

  • まずはおさらい、台湾ってどんなところ?
  • 台湾の地理
  • ますます深まっている日本と台湾の関係
  • 5万年以上つづいた台湾の先史時代
  • 台湾の歴史、はじめは島の成り立ちから
  • 台湾の先住民族はハワイとおなじ人々だった?
  • ポルトガルが「発見」し、オランダが支配する
  • ポルトガル人による「麗しい島」の発見
  • 「台湾」の語源とオランダ支配のはじまり
  • オランダ支配から鄭成功の時代へ
  • キリスト教と文字を伝え、スペインを追い払ったオランダ
  • オランダを追い払った日本人ハーフ、鄭成功
  • 清朝時代の台湾の200年
  • 鄭氏がほろび、清の「化外の地」とされる
  • 媽祖信仰、客家、少数民族という特徴がつくられる
  • 列強の台湾進出、そして日本支配の時代へ
  • 高雄や淡水にのこるイギリス進出の痕跡
  • そして日本も進出してくる
  • 日本統治時代の抗日運動と、急速な近代化
  • 台湾の人々の抵抗
  • 後藤新平のすすめた近代化
  • 近代化と戦争によって日本に同化していく台湾
  • 反感と感謝、日本統治へのふくざつな感情
  • 戦時下の台湾、そして中国がやってくる
  • 台湾人の不満と国民党の弾圧
  • 本省人の不満が爆発した二・二八事件
  • 蒋介石の恐怖政治と開発
  • そして現代の台湾は……
  • 1980年代から民主化がはじまる
  • いろんな時代に触れることのできる台湾の旅
  • 台湾の歴史といまを、見にいこう

「観光の前に知りたい!こんなにふかい台湾の歴史」の続きを読む

【インド】300年以上時を刻み続ける巨大な天文台「ジャンタル・マンタル」

【インド】300年以上時を刻み続ける巨大な天文台「ジャンタル・マンタル」

インド・ジャイプールにある「ジャンタル・マンタル」は、数あるインドの観光地の中でも人気のスポットになっています。マハラジャの居城であるシティ・パレスの近くにある天文台で、およそ300年前に作られました。今回は、「ジャンタル・マンタル」の歴史や見どころなど、観光情報をまとめてみました。...

観光ガイド概要

  • ジャイプールとは
  • ジャンタル・マンタルまでのアクセスは?
  • 2010年に世界遺産登録
  • マハラジャが作った天文台
  • 30基近くの計器が並ぶ
  • 5つあるジャンタルマンタルの中でも最大級
  • 「魔法の仕掛け」
  • 最も巨大な計器、サムラート・ヤントラ
  • 地面に掘られた半円球、ジャイ・プラカーシュ・ヤントラ
  • 12星座観測機、ラーシ・ヴァラヤ・ヤントラ
  • 300年の時を経て、今も現役の観測機器

おすすめ観光スポット

ジャイプール(外部サイト)
住所:Near City Palace, Tripolia Bazar, Jaipur, Rajasthan 302002, India

ハワー・マハル(外部サイト)
住所:Hawa Mahal Rd, Badi Choupad, J.D.A. Market, Pink City, Jaipur, Rajasthan 302002

ジャンタル・マンタル(外部サイト)
住所:130, Tripolia Bazar J.D.A. Market, Kanwar Nagar, Jaipur, Rajasthan 302002

「【インド】300年以上時を刻み続ける巨大な天文台「ジャンタル・マンタル」」の続きを読む

【初心者向き】ざっくりわかる三国志と、中国旅行での観光スポット

【初心者向き】ざっくりわかる三国志と、中国旅行での観光スポット

およそ1800年前の中国大陸。魏(ぎ)、蜀(しょく)、呉(ご)という三つの国がしのぎを削る戦乱の時代がありました。後漢王朝という巨大な国が傾き始めた頃から次の統一王朝が誕生するまでのおよそ100年間。大陸は大きく揺らぎ、多くの英傑が知力を尽くして大陸を駆け巡りました。その興亡の記録が『三国志』。戦国武将たちの活躍は後の世まで長きに渡って語り継がれ、現代でも、小説や漫画や映画、ロールプレイングゲーム...

観光ガイド概要

  • 三国志・人気の秘密
  • 三国志とは?
  • 『三国志』と『三国志演義』
  • 「桃園の誓い」は創作?
  • 三人の武将と三つの山場
  • 三国時代・前夜
  • 悪政の世と黄巾の乱
  • 暴君・董卓
  • 悲劇の武将・呂布
  • このころの曹操と劉備
  • 乱世の奸雄・曹操との戦い
  • 曹操、華北を平定する
  • 三顧の礼と天下三分の計
  • 長坂の戦い
  • 赤壁の戦い
  • 三国争覇~次の時代へ
  • 三国鼎立と争い再び
  • 劉備の死
  • 諸葛亮の想いと三国のゆくえ
  • 3人の英雄と三国志
  • 一度は訪れてみたい「赤壁」

「【初心者向き】ざっくりわかる三国志と、中国旅行での観光スポット」の続きを読む

イギリスの港町「サウサンプトン」観光で見ておきたい絶景7選

イギリスの港町「サウサンプトン」観光で見ておきたい絶景7選

イングランドの首都ロンドン・ウォータールー駅から電車で約1時間30分、南部の都市・サウサンプトンは11世紀頃から貿易港として栄えたヨーロッパきっての港町。1912年に沈没した豪華客船「タイタニック号」が出発したのはこの街の港であり、現在の街には当時を思い起こさせるスポットもあります。今回はそんなイングランド・サウサンプトンで訪れたいスポットを見てみましょう。...

観光ガイド概要

  • タイタニック展示が人気「シーシティ博物館」
  • 中世に築かれた街の象徴「バーゲート」
  • 中世の生活ぶりを知る「チューダーハウス」
  • 街の伝統的劇場「メイフラワー・シアター」
  • サウサンプトンFCのホーム「セント・メリーズ・スタジアム」
  • 歴代の名機が並ぶ「サウサンプトン航空博物館」
  • 世界的バンドもステージに立った「ジョイナーズ」
  • 歴史スポットやエンターテインメントを楽しむ

おすすめ観光スポット

シーシティ博物館(外部サイト)
住所:Havelock Road, Southampton SO14 7FY, England

バーゲート(外部サイト)
住所:Southampton S014 2YD, England

チューダーハウス(外部サイト)
住所:Bugle St, Southampton SO14 2AD

メイフラワー・シアター(外部サイト)
住所:26 Commercial Road, Southampton SO15 1GE, England

セント・メリーズ・スタジアム(外部サイト)
住所:Britannia Road, Southampton SO14 5FP

サウサンプトン航空博物館(外部サイト)
住所:Albert Rd S, Southampton SO14 3FR

ジョイナーズ(外部サイト)
住所:141 St Mary St, Southampton SO14 1NS

「イギリスの港町「サウサンプトン」観光で見ておきたい絶景7選」の続きを読む

シンガポールのお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる10選

シンガポールのお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる10選

シンガポールのお土産ならこれ!ということで、シンガポールで売られている数々の商品の中から、お土産にぴったりの商品を厳選してご紹介!シンガポールというと何を思い浮かべますか?マーライオンがあって、様々なルールが厳しく街が綺麗で、有名な高級ホテルあるよね?あとは…なんて、意外とシンガポールを知らない、ということは、お土産も何がいいのかさっぱり…ですよね!そんな方必見!これを見ればきっとぴったりのお土産...

観光ガイド概要

  • シンガポールってどんなところ?
  • 世界的に有名な紅茶ブランド「TWG」
  • シンガポールを代表する「Tiger Beer」
  • 甘酸っぱい!が病みつきになる「BENGAWAN SOLO」のタルト
  • 女性に絶大な人気!5000年もの歴史ある「Āyurveda」石鹸
  • シンガポールと言えばこれでしょ?「マーライオン」クッキー&チョコ
  • 東洋と西洋の融合文化「プラナカン」の食器
  • コレクター必見!シンガポール限定「スタバ」のマグカップ
  • シンガポール最高級ホテルの「カヤジャム」
  • シンガポール発!「JAMAL KAZURA AROMATICS」
  • 洒落っ気がない?でも人気!「カップヌードル」
  • さあ、ぴったりのお土産を探しに出かけよう!

おすすめ観光スポット

TWG Tea(外部サイト)
住所:Republic Plaza, 9 Raffles Place, #01-22, Singapore 048619

タイガービール(外部サイト)
住所:459 Jalan Ahmad Ibrahim, Singapore

ブンガワン・ソロ(外部サイト)
住所:Pineapple Tarts 19.80シンガポールドル

ムスタファ・センター(外部サイト)
住所:145 Syed Alwi Rd, Singapore

チャンギ国際空港(外部サイト)
住所:Airport Blvd, Singapore

プラナカン博物館(外部サイト)
住所:39 Armenian St,Singapore 179941

スターバックスコーヒー(外部サイト)
住所:230 Victoria Street #01-106 Singapore 188024

ラッフルズ・ホテル・ギフトショップ(外部サイト)
住所:328 North Bridge Road, Singapore, 188719

ジャマルカズラアロマティクス(外部サイト)
住所:728 North Bridge Rd, Singapore 198696

FairPrice Supermarkets(外部サイト)
住所:180 Kitchener Rd, Singapore 208539

「シンガポールのお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる10選」の続きを読む

一生に一度はおとずれたい!絶景の秘境、九寨溝の歴史と見どころ

一生に一度はおとずれたい!絶景の秘境、九寨溝の歴史と見どころ

中国の四川省北部の山中にある九寨溝(きゅうさいこう)。その神秘的な景観から、世界自然遺産に登録され、また近年では中国西部随一の観光スポットとしておおくの観光客がおとずれています。「こんな景色は見たことがない」「生きているうちに見れてよかった」と、満足度もたかい景勝地です。今回はこの九寨溝の成り立ちと見どころ、そしてそこに暮らすチベットの人々の歴史を紹介しましょう。...

観光ガイド概要

  • 九寨溝ってどんなところ?
  • 九寨溝ってなに?どこにあるの?
  • 九寨溝の見どころは?
  • 九寨溝の自然はどうやってつくられた?
  • かつて九寨溝は海の底だった
  • 透明度が高いのは炭酸カルシウムのおかげ
  • 九寨溝の歴史はチベットと中国のまざりあい
  • 九寨溝周辺のチベット部族、羌と氐
  • 古代中国の歴史に深くかかわった羌と氐
  • 中世・近代の九寨溝の歴史は……
  • チベット仏教がおこり、浸透していく
  • 中国の「内地」となった九寨溝
  • 現代になってやっと九寨溝が「発見」される
  • 中国のチベット支配と九寨溝の「発見」
  • 九寨溝の自然保護と観光地化
  • 世界でここだけ?トリプルスリーの栄冠をもつ九寨溝
  • 「世界自然遺産」と「生物圏保全区域」に登録される
  • 「グリーングローブ21」にも認定される
  • 九寨溝のおススメの見どころ
  • 撮影スポット「諾日朗瀑布」、九寨溝一絶の「五花海」
  • 広大な「長海」、あざやかな「五彩池」、盆栽のような「盆景灘」
  • 九寨溝に行くなら動植物や近くの見どころも堪能しよう
  • 九寨溝のめずらしい動植物
  • 黄龍や松州古城にも足をのばそう
  • 九寨溝へのアクセスと宿泊
  • 九寨溝へのアクセスは成都経由がおススメ
  • 九寨溝にはホテルがいっぱい
  • 九寨溝を観光するときに気をつけること
  • いちばん混雑するのは10月初め
  • 気になる高山病は……
  • 一生にいちどは九寨溝の絶景を見なくっちゃ!

「一生に一度はおとずれたい!絶景の秘境、九寨溝の歴史と見どころ」の続きを読む

アジアのおすすめ旅行先はここ!絶景で決める観光スポット30選

アジアのおすすめ旅行先はここ!絶景で決める観光スポット30選

昔に比べてアジアは、LCC(格安航空券)を利用すれば「格安」で「簡単」に行くことができるような時代になりました。 シンガポールや香港、上海のような大都会からインドネシア、フィリピンような自然豊かな絶景まで、アジアは様々な魅力を持った地域です。今回は、そんなアジアで一生に一度は行っておきたい20の絶景をご紹介いたします。...

観光ガイド概要

  • コムローイ祭り/タイ
  • ジョードプル/インド
  • 蘆笛岩/中国
  • 高美湿地/台湾
  • ホイアン旧市街/ベトナム
  • サマルカンド/ウズベキスタン
  • イジェン火山/インドネシア
  • コルディリェーラの棚田群/フィリピン
  • ポンガの滝/ベトナム
  • マリーナ・ベイ・サンズ/シンガポール
  • 桂林の漓江/中国
  • ボロブドゥル寺院遺跡群/インドネシア
  • 九寨溝/中国
  • 九扮/台湾
  • タクツァン僧院/ブータン
  • クーハーカルハット宮殿/タイ
  • レッドビーチ/中国
  • シーギリヤ・ロック/スリランカ
  • チャンド・バオリ/インド
  • エル二ド/フィリピン
  • 「老梅石槽」/台湾
  • 黄龍/中国
  • ワット・アルンの仏塔/タイ・バンコク
  • ハロン湾/ベトナム
  • クアンシーの滝/ラオス
  • キナバル山/マレーシア
  • 日月潭/台湾
  • カシュガル/新疆ウイグル自治区
  • 「玉山」/台湾
  • 「黄石寨風景区」/中国、武陵源
  • アジアの絶景を見に行こう

おすすめ観光スポット

ローイクラトン(外部サイト)
住所:タイ王国全土

メヘラーンガル砦(外部サイト)
住所:P.B No 165 , The Fort, Jodhpur, Rajasthan 342006, India

蘆笛岩(外部サイト)
住所:1 Ludi Rd, Xiufeng Qu, Guilin Shi, Guangxi Zhuangzuzizhiqu, China, 541000

高美湿地(外部サイト)
住所:台湾台中市清水区大甲渓

ホイアン旧市街(外部サイト)
住所:Back Dang Str., Hoian, Vietnam

サマルカンド(外部サイト)
住所:Samarkand, Uzbekistan

イジェン火山(外部サイト)
住所:East Java, Indonesia

コルディリェーラの棚田群(外部サイト)
住所:Nueva Vizcaya - Ifugao - Mountain Province Rd, Banaue, Ifugao, Philippines

ポンガの滝(外部サイト)
住所:Dalat, Lâm Đồng, Vietnam

マリーナ・ベイ・サンズ(外部サイト)
住所:10 Bayfront Avenue, Singapore 018956

桂林漓江(外部サイト)
住所:Guangxi Zhuang Autonomous Region, China

ボロブドゥール寺院遺跡群(外部サイト)
住所:Borobudur, Magelang, Central Java 56553

九寨溝(外部サイト)
住所:Jiuzhaigou, Aba, Sichuan, China, 623400

九扮(外部サイト)
住所:Ruifang District of New Taipei City, Taiwan

タクツァン僧院(外部サイト)
住所:Taktsang trail, Bhutan

カオ・サムローイ・ヨード国立公園(外部サイト)
住所:Ban Khao Deang, Khao Deang Sub District, Amphoe Kui Buri,Prachuap Kri Khan 77150

紅海灘風景区(外部サイト)
住所:Dawa, Panjin, Liaoning, China

シーギリヤ・ロック(外部サイト)
住所:Sigiriya, Sri Lanka

チャンド・バオリ(外部サイト)
住所:Chand Bawri, Step Well, Abhaneri, Rajasthan 303326, India

エル二ド(外部サイト)
住所:El Nido, Palawan Island, Philippines

老梅石槽(外部サイト)
住所:253, Taiwan, New Taipei City, Shimen District

黄龍風景区(外部サイト)
住所:Pingsong Rd, Songpan Xian, Aba Zangzuqiangzuzizhizhou, Sichuan Sheng, China

ワット・アルンの仏塔(外部サイト)
住所:34 Arunamarin Rd., WatArun, BangkokYai, Bangkok, 10600

ハロン湾(外部サイト)
住所:Bai Chay Ward, Ha Long, Quảng Ninh Province, Vietnam

クアンシーの滝(外部サイト)
住所:Luang Prabang 06000, Laos

キナバル自然公園(外部サイト)
住所:Kinabalu Park, Ranau, Sabah, Malaysia

日月潭(外部サイト)
住所: Yuchi Township, Nantou County, Taiwan

カシュガル(外部サイト)
住所:Xinjiang Uyghur Autonomous Region

玉山(外部サイト)
住所:Yushan, Xinyi Township, Nantou County, Taiwan 556

張家界国家森林公園(外部サイト)
住所:中国湖南省張家界市

「アジアのおすすめ旅行先はここ!絶景で決める観光スポット30選」の続きを読む

バリ島から40分!心の充電が必要なときに訪れたいリゾート「ロンボック島」

バリ島から40分!心の充電が必要なときに訪れたいリゾート「ロンボック島」

なんだか最近、心も体も充電したいなと思うことはありませんか?そんな時は、ちょこっと羽を伸ばしに旅に出かけてみるのもいいものです。面倒なことは一旦全部忘れて、リフレッシュしたい!そんなお疲れ気味のあなたにオススメしたいスポットが、インドネシアにある「ロンボック島」です。五感全てを使って美しい自然を堪能することで、心身ともに癒される旅になることでしょう。...

観光ガイド概要

  • 「ロンボック島」とは?
  • トレッキングに挑戦したい「リンジャニ山」
  • 清涼感たっぷり「セナル滝」
  • 生活に欠かせない「バリ牛」
  • ロンボック島のメインビーチ「スンギギビーチ」
  • 「ギリ・アイランド」までショートトリップ
  • 秘密にしておきたい「タンジュアンビーチ」
  • サーファーが集う「クタ集落」
  • 「ロンボック島」で体験できるアクティビティ
  • 「ロンボック島」までのアクセス
  • 五感で感じる「ロンボック島」の魅力

おすすめ観光スポット

ロンボック島(外部サイト)
住所:Lombok, Nusa Tenggara Barat, Indonesia

リンジャニ山(外部サイト)
住所:East Lombok Regency, Sembalun, Sembalun Lawang, Nusa Tenggara Bar 83656

セナル滝(外部サイト)
住所:Gunung Rinjani National Park, Senaru, Lombok 83354, Indonesia

スンギギビーチ(外部サイト)
住所:Senggigi Beach, Senggigi, Batu Layar, West Lombok Regency, West Nusa Tenggara 83355

ギリ・アイランド(外部サイト)
住所:Gili Indah, Pemenang, Gili Indah, Pemenang, Kabupaten Lombok Utara, Nusa Tenggara Bar. 83352

タンジュアンビーチ(外部サイト)
住所:Kuta, Pujut, Kabupaten Lombok Tengah, Nusa Tenggara Bar. 83573

クタ集落(外部サイト)
住所:Kuta, Pujut, Central Lombok Regency, Nusa Tenggara Bar 83573

「バリ島から40分!心の充電が必要なときに訪れたいリゾート「ロンボック島」」の続きを読む

インドネシア・バリ島の「ウルワツ寺院」で感じる自然の神秘!行き方や見どころは?

インドネシア・バリ島の「ウルワツ寺院」で感じる自然の神秘!行き方や見どころは?

インドネシアのバリ島は、世界でも有数のビーチリゾートとして知られています。五感を癒してくれる豊かな自然を求めて、世界中からたくさんの観光客が訪れます。リピーターが多いことからも分かる通り、ビーチ、グルメ、買い物、スパ、ヴィラ滞在と魅力が尽きることはありません。今回は、大海原に沈んでいく雄大で美しい夕日と、バリ舞踊を一度に鑑賞できるお得なスポット、「ウルワツ寺院」の魅力をたっぷりとご紹介します。...

観光ガイド概要

  • ウルワツ寺院とは?
  • サロンとスレンダンをレンタルしよう
  • 大迫力の水しぶき!
  • ガネーシャ像のある割れ門
  • 見逃せないケチャックダンス
  • ケチャックダンスのストーリーって?
  • 煌びやかな衣装に釘付け!
  • 火の粉が舞うクライマックス
  • アクセス方法
  • いたずら好きの猿たち
  • バリの魅力が凝縮された「ウルワツ寺院」

おすすめ観光スポット

ウルワツ寺院(外部サイト)
住所:20,000インドネシアルピア

「インドネシア・バリ島の「ウルワツ寺院」で感じる自然の神秘!行き方や見どころは?」の続きを読む

遂に世界へ!ラーメンのテーマパーク「ラーメンアリーナ」とは?

遂に世界へ!ラーメンのテーマパーク「ラーメンアリーナ」とは?

ラーメンを愛する皆様方への朗報! 2016年12月19日、中国上海市中心部の大型複合施設「上海大悦城ショッピングモール」内に、日本のラーメンのフードテーマパーク「ラーメンアリーナ」(中国語名「拉麺競技館」)の1号店がオープンしました。海外での常設展は初の取り組みで大きな注目が集まっています。 「日本のラーメンを食べたい。けどわざわざラーメンを食べるためだけに日本には行けない(帰れない)...

観光ガイド概要

  • 様々な味をもつ洗練された日本の『ラーメン』
  • 日本各地のラーメンパーク
  • ラーメンアリーナに出店しているラーメン店は?
  • ラーメンアリーナを手掛ける”KLab Food&Culture株式会社”
  • ラーメンアリーナの詳細
  • 極上の一杯を中国で

「遂に世界へ!ラーメンのテーマパーク「ラーメンアリーナ」とは?」の続きを読む

象のタクシーに宮殿の数々が映えるインド「ジャイプール観光」の見どころ

象のタクシーに宮殿の数々が映えるインド「ジャイプール観光」の見どころ

ジャイプールは、インド北西部のラジャスタン州という州の州都で、別名「ピンク・シティ」とも呼ばれています。ピンク・シティの由来は、赤砂岩でできた建築物が多く街全体が赤みがかって見えることであるとか、ヴィクトリア女王の息子がこの街を訪れた際に建物をピンクに塗装したことがきっかけであるなどいくつか諸説があります。歴史が深いので、多くの歴史的建造物が残っていて、見所の多い街です。今回は「ジャイプール」の見...

観光ガイド概要

  • ゴールデントライアングルの一つ、ジャイプール
  • ジャイプールの歴史
  • マハラジャの末裔が住む、シティ・パレス
  • 「風の宮殿」、ハワー・マハル
  • 当時の天文学に触れられる、ジャンタル・マンタル
  • 象のタクシーが有名!アンベール城
  • 絶景を一望できる、ジャイガル要塞
  • 「水の宮殿」ジャル・マハル
  • 市民の憩いの場、セントラルパーク
  • 宝石の街でもあるジャイプール
  • 赤砂岩でできた歴史深い街「ピンクシティ」

おすすめ観光スポット

ジャイプール(外部サイト)
住所:Jaipur, Rajasthan, India

シティ・パレス(外部サイト)
住所:Gangori Bazaar, J.D.A. Market, Pink City, Jaipur, Rajasthan 302007

ハワー・マハル(外部サイト)
住所:Hawa Mahal Rd, Badi Choupad, J.D.A. Market, Pink City, Jaipur, Rajasthan 302002

ジャンタル・マンタル(外部サイト)
住所:Sansad Marg, Connaught Place, New Delhi, Delhi 110001

アンベール城(外部サイト)
住所:amer fort, amer road, Devisinghpura, Jaipur, Rajasthan 302028

ジャイガル要塞(外部サイト)
住所:Above Amber Fort, Jaipur, Rajasthan 302001

ジャル・マハル(外部サイト)
住所:Amer Road, Jaipur, Rajasthan

セントラル・パーク(外部サイト)
住所:Prithviraj Rd, Rambagh, Jaipur, Rajasthan 302005

「象のタクシーに宮殿の数々が映えるインド「ジャイプール観光」の見どころ」の続きを読む

像のタクシーに乗っていこう♪鏡の間が美しすぎるインドの世界遺産「アンベール城」

像のタクシーに乗っていこう♪鏡の間が美しすぎるインドの世界遺産「アンベール城」

ゴールデントライアングルと呼ばれるインドの3都市の一つ、ジャイプールの郊外にある「アンベール城」は16世紀に建てられ、その後、増築を重ねて作り上げられた城塞です。2013年に世界遺産にも登録され、インドでの人気観光地の一つとなっています。今回はそんな「アンベール城」の見所を紹介していきたいと思います。...

観光ガイド概要

  • アンベール城とは?
  • 「ピンクシティ」とも呼ばれるジャイプール
  • 2013年に世界遺産に登録
  • 市内から車で30分
  • 名物の「象のタクシー」
  • 世界一美しい門「ガネーシャ門」
  • 壁一面鏡の装飾、勝利の間
  • 一般謁見の間
  • 近隣の見所スポットその1:ジャイガル要塞
  • 近隣の見所スポットその2:シティ・パレス
  • 堅牢でありながら芸術的な城塞

おすすめ観光スポット

アンベール城(外部サイト)
住所:Amer Jaipur Rajasthan ,India

ジャイプール(外部サイト)
住所:Jaipur, India

ラジャスタンの丘陵城塞群(外部サイト)
住所:Jaipur Rajasthan, India

ジャイガル要塞(外部サイト)
住所:Above Amber Fort, Jaipur, Rajasthan 302001 India

シティ・パレス(外部サイト)
住所:Jaleb Chowk, Near Jantar Mantar, Tripolia Bazar, Jaipur, Rajasthan 302002 India

「像のタクシーに乗っていこう♪鏡の間が美しすぎるインドの世界遺産「アンベール城」」の続きを読む

新たな語学留学のおすすめ国「マルタ」の魅力

新たな語学留学のおすすめ国「マルタ」の魅力

近年はフィリピンやインドなど多くの留学先から選択することができる時代になりました。その中でも一線を画くのがマルタだと言えます。マルタ留学は日本では、まだまだ知名度が高いとは言えませんが、ヨーロッパでは主流の留学先として認識されています。マルタは日本と同じく島国で、治安もとても良いため、バカンスを含めた語学留学をするヨーロピアンの方が多いのです。今回はそんなマルタ留学の魅力をご紹介したいと思います。...

観光ガイド概要

  • 実は50年ほど語学留学の歴史がある
  • 旅行地としても最適
  • ヨーロッパの中では物価が安い
  • 治安がとても良い
  • 街全体が世界遺産指定

「新たな語学留学のおすすめ国「マルタ」の魅力」の続きを読む

隠れた語学留学のおすすめ国「フィジー」で英語を学ぼう

隠れた語学留学のおすすめ国「フィジー」で英語を学ぼう

フィジー留学はフィリピン留学と並んで、安価に留学をすることができる土地として認知されていると思います。しかし、フィージー留学の魅力は費用面だけではないのです。毎年多くの日本人が留学している楽園フィジー留学の魅力をご紹介したいと思います。...

観光ガイド概要

  • 留学費用の安さ
  • 街でも英語が通じる
  • フレンドリーさ
  • スローライフを経験できる
  • 日本の喧噪を離れられるメリット

「隠れた語学留学のおすすめ国「フィジー」で英語を学ぼう」の続きを読む

韓国旅行ならここ!ソウル「オリンピック公園」へ行ってみよう

韓国旅行ならここ!ソウル「オリンピック公園」へ行ってみよう

あなたは韓国・ソウルへ行ったら何をしようと考えますか。焼き肉をはじめとしたグルメや古代の歴史的スポット、ショッピングなど多数あり、どのような旅をしてどこを回るか迷う人も多いでしょう。今回は韓国・ソウルの数あるスポットの中から「ソウル・オリンピック公園」について見ていきましょう。...

観光ガイド概要

  • オリンピック公園・公園がある場所について
  • 公園のシンボル「世界平和の門」
  • オリンピック記念の橋「オリンピック大橋」
  • 指定史跡になった歴史的スポット「夢村土城」
  • 古代の韓国を知る「漢城百済博物館」
  • K-POPの聖地「オリンピック体操競技場」
  • 花を見ながらの散策にも最適

おすすめ観光スポット

オリンピック公園(外部サイト)
住所:大韓民国ソウル特別市松坡区芳荑洞

オリンピック大橋(外部サイト)
住所:大韓民国ソウル特別市漢江

夢村土城(外部サイト)
住所:ソウル特別市松坡区芳荑洞 88-3

漢城百済博物館(外部サイト)
住所:ソウル特別市松坡区慰礼城大路71

オリンピック体操競技場(外部サイト)
住所:ソウル特別市松坡区オリンピック路 424

「韓国旅行ならここ!ソウル「オリンピック公園」へ行ってみよう」の続きを読む

知ったら聖地に行きたくなる!ブッダの生涯とおすすめ観光スポット

知ったら聖地に行きたくなる!ブッダの生涯とおすすめ観光スポット

仏教の開祖ガウタマ=シッダールタ(ブッダ、お釈迦様)はいまから2500年ほど前に、ネパールとインドの国境沿いで生まれました。彼が悟りをひらき、教えを伝え、そして亡くなった場所はいま、仏教の聖地としておおくの仏教徒や観光客がおとずれています。ブッダはどんな生涯をおくったのでしょうか?観光スポットとあわせてご紹介しましょう。...

観光ガイド概要

  • ブッダ生誕の地、ルンビニ
  • ガウタマ=シッダールタの誕生、「天上天下唯我独尊」
  • ルンビニ観光にはリクシャーや寺院宿泊もおススメです
  • ブッダ成長の地、カピラヴァストゥ
  • シッダールタのめぐまれた生活と身分社会
  • 「四門出遊」とシッダールタの出家
  • ブッダ悟りの地、ブッダガヤ
  • すべてを捨てて、苦しい修行生活へ
  • ブッダガヤは三蔵法師もめざした聖地
  • 初転法輪の地サールナート
  • 最初の説法をきいた5人の沙門と鹿
  • 五重塔はもともとブッダの塚だった?
  • はじめての拠点、マガダ国の都ラジギール
  • 仏教初の寺院ができた
  • 仏典結集、ナーランダー僧院
  • 「祇園精舎の鐘の声」サヘート=マヘート
  • コーサラ国にあらたな拠点がつくられた
  • 祇園精舎の由来はジェータ太子とスダッタの名前
  • ブッダ昇天の地サンカーシャと、最後の旅ヴァイシャリー
  • ブッダが天に昇って帰ってきた?
  • ヴァイシャリーの遊女からもてなしをうける
  • ブッダ入滅の地クシナガラ
  • 沙羅双樹のもとで涅槃に入ったブッダ
  • 涅槃堂、最後の説法地、荼毘塚
  • ブッダ亡きあとの仏教はどうなった?
  • 石窟寺院、大乗仏教と上座部仏教への分派
  • 仏像のひろまりと、インド仏教の衰退
  • 聖地や世界遺産、おでかけの際の注意点をまとめてみました
  • ブッダにまつわる聖地と世界遺産まとめ
  • リクシャーおじさんとの値段交渉も旅の楽しみ
  • ブッダの精神を感じる旅にでかけよう

「知ったら聖地に行きたくなる!ブッダの生涯とおすすめ観光スポット」の続きを読む

1 2 3 4 5 6 13