森に呑み込まれた神秘の寺院『ベンメリア遺跡』

修復、保全がなされてきたアンコールワットとは対照的に、その朽ちていく物悲しさが強い魅力を放っている寺院、それがベンメリアです。ここではそんな、カンボジアのベンメリア遺跡についてご紹介します。

ベンメリア(Beng Mealea)

photo by southeastasia-trip

カンボジアのシェムリアップから東へ車を走らせること約1時間半。森の中に現れる巨大寺院がこのベンメリアです。世界遺産に登録されているアンコール遺跡群のひとつで、遺跡群の象徴的な存在であるアンコールワットからは約40kmほど離れた場所にあります。

ベンメリア(Beng Mealea)

photo by tripadvisor.com

造営の時期は明らかにはされていませんが、アンコールワット建造前の11世紀末-12世紀初頭という説が有力。その後造られるアンコールワットのための試作だったとも考えられており、「東のアンコールワット」とも呼ばれています。

ベンメリア(Beng Mealea)

photo by dsphotographic.com

アンコールワットと対照的なのは、寺院が全く修復されずに自然に朽ちるままに放置されている点。自然による風化や、内戦による破壊を経て、密林に呑み込まれるように崩れ果てた姿が印象的です。

ベンメリア(Beng Mealea)

photo by victortravelblog.com

崩れた壁の上を歩いたり、巨大な瓦礫の山を乗り越えたり、寺院を見てまわるのはちょっとした探検です。

ベンメリア(Beng Mealea)

photo by asutabi

樹木が生い茂り、昼間でも太陽の光が届きづらいためほの暗いベンメリア。苔むした砂岩は忘れ去られた年月を物語り、それがいっそうベンメリアの物悲しさを際立たせます。

ベンメリア(Beng Mealea)

photo by tripologist.com

この遺跡は「天空の城ラピュタ」のモデルのひとつとしても有名です。自然の力の前に成す術無く呑み込まれて行く荒廃した人造物。ベンメリアからは悲しくも美しいインスピレーションを受け取ることができます。

ベンメリア(Beng Mealea)

photo by travelandleisure.com

近年、周辺の地雷撤去が済んだことで観光客が数多く訪れるようになったベンメリア。アンコールワットとはまた違った魅力をもつので、ぜひセットで訪れたいスポットです(必ず動きやすい服装と靴で!)。

ベンメリア(Beng Mealea)への行き方


大きな地図で見る

最寄りの街はシェムリアップ。日本からの直行便はないため、ベトナム(ハノイもしくはホーチミン)やバンコクでの乗り換えが必要です。例えばベトナムからであれば、約1時間のフライトでシェムリアップへ入ることができます。ベンメリアへの公共交通機関はないため、シェムリアップの街でツアーに申し込むか、運転手やガイド付きのバンを借りて向かいましょう。レンタルバイクでも片道約2時間で行くことができます。

wondertrip編集部

Writer:

wondertrip編集部です。世界の絶景や秘境、一度は見てみたい国、触れてみたい文化など綺麗な写真とともにお届けします。

この記事のカテゴリ

アジア
カンボジア

関連記事を見る

アジアの記事を見る

秀吉に「武士の鑑」と称賛された清水宗治の切腹!毛利家が惜しんだその忠義の人生
自転車で一周して決めた!台湾観光スポットランキングBEST15
戦国時代のハイスペック男子「宇喜多秀家」が八丈島で迎えた最期
世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
中国最大の国際都市・上海の成り立ちと歴史的スポット6選
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握
一生に一度は行ってみたい!昔に栄えた古の街並みがそのまま残る「旧市街」16選
【韓国釜山2泊3日の旅】本当は教えたくない!?韓国リピーターがおすすめする定番から穴場、最新スポットまで