夜景と美食を堪能できるシンガポールの7つのレストラン

世界でも有数の夜景スポットシンガポール。マリーナエリアの輝く高層ビル群の夜景から、シンガポール側沿いのロマンチックな夜景まで、多民族国家ならではの様々な料理をいただきながら楽しめる場所を紹介します。

ワン・アルティチュード(西洋&アジア料理レストラン)

ワン・アルティチュード

1-altitude.com

シンガポールで一番の眺望を誇るレストランと言っても過言ではないかもしれません。眼下に見えるのはマリーナ・ベイ・サンズ。眺望は360度という開放的な空間。まるで天空にいるかのような絶景が広がります。ワインが充実しており、お気に入りのグラスを傾けながら夜景を楽しむことができます。

レベル33(ブリュワリー)

レベル33

sg.asia-city.com

フィナンシャル・センター・タワー1の33階、地上156階からはマリーナ湾が一望できます。ライトアップされたマリーナ・ベイ・サンズ、エスプラネード・シアターなどが水面に反射されて輝く姿は圧巻です。ブリュワリーならではのビールの品ぞろえと様々なグリル料理が楽しめます。

トンカン(レストラン&バー)

トンカン

danielfooddiary.com

トンカンとは商人が貿易船相手に荷物を運ぶために使用した船のことです。そのトンカンを改装してできたのが、このレストランです。シンガポール側に浮かぶ2隻は、1隻がレストラン、1隻がバーとなっています。料理は西洋料理中心で、コースも楽しめます。

オルゴ(レストラン&バー)

オルゴ

job.inshokuten.com

エスプラネード・シアター・オン・ザ・ベイの中にあるレストランです。レストランからはマーライオンやラッフルズなどの高層ビル群を眺めることができます。ここのオススメは、個性豊かなカクテルです。日本人ミクソロジストもおり、フルーツやハーブなど、好みのカクテルを作ってくれます。

オクタパス(スペイン料理レストラン)

オクタパス

wearespaces.com

シンガポール側沿いのレストラン「オクタパス」でいただけるのは、イタリア出身シェフの作る本格的なタパスの数々です。屋内席とテラス席がありますが、テラス席は水面に程近く、さわやかな風と対岸の夜景を楽しむことができます。

ブリューワークス(ブリュワリー)

ブリューワークス

singapore-jp.com

おしゃれタウンクラーク・キーから歩いて5分の川沿いに、いつも込み合うテラス席のブリュワリーがあります。ここでは、世界のビールを楽しむことができ、店内の巨大タンクではオリジナルビールのほか、ドイツ、ベルギー、ニュージーランドなどのビールが醸造されています。日が暮れる頃から人が集まってくる人気店です。

ランタン(バー)

ランタン

travelbook.co.jp

気軽に絶景を楽しみたいならランタンがオススメです。スナックやカクテルはS$20から楽しめ、カバーチャージはなしという嬉しい価格設定です。景色はマリーナエリアのランドマークを一望することができ、オープンエアバーならではの開放的な空間が広がります。