20世紀最大の発見とも称される『兵馬俑』

中国の小さな村で井戸を掘ろうとした農民が見つけたものは、世界を驚かせる歴史的大発見でした。ここではそんな、秦の始皇帝陵に寄り添うように造られた「兵馬俑」についてご紹介します。

兵馬俑(Terracotta Army)

theplanetd.com

兵馬俑は中国の西安から東に30キロ離れた臨潼県にある、秦の始皇帝陵の副葬坑。総面積は2万平方メートルを超え、総計8,000点にのぼるとみられる陶製の兵馬が、地下に配置されています。

兵馬俑(Terracotta Army)

fotosycreaciones.com

1974年、この地に住む農民が偶然見つけた陶器の破片が、この世紀の発掘のはじまりでした。2000年以上誰の目にも触れずに地下に存在していたことから、発見当時は「20世紀最大の発見」と世界中が驚きました。

兵馬俑(Terracotta Army)

pinterest.com

兵馬俑坑の西、約1.5kmには秦始皇帝陵があります。約2200年前に中国統一を果たした秦始皇帝は、70万人もの囚人を動員し、36年もの歳月をかけて陵墓の造営をしたと伝えられています。この兵馬俑たちは死後も始皇帝を守るために、敵国のある東を向いて、気の遠くなるような年月ずっとここに佇んでいたのです。

兵馬俑(Terracotta Army)

fotosycreaciones.com

「俑」とは、殉死者の代わりに埋葬した人の形をしたものこと。ここに並んでいる俑はほぼ等身大で、表情、髪形、衣服のどれひとつとして同じ形のものはないというから驚きです。

兵馬俑(Terracotta Army)

fineartamerica.com

当時は鮮やかな色彩で彩られていたと考えられています。俑に施された金銀製の装身具も非常に精巧なもので、当時の始皇帝の威光がいかほどであったかを伺い知ることができます。

兵馬俑(Terracotta Army)

flickr.com

まだ全ての発掘が終わっておらず、また『史記』に地下宮殿のようと記された始皇帝の地下陵も多くの謎に包まれたまま。この大迫力の兵馬俑は、悠久の時を超えて甦った巨大史跡のまだほんの一端に過ぎないのです。

兵馬俑(Terracotta Army)

jetsetter.com

今も発掘、研究作業が続けられている始皇帝を守る名もなき兵の隊列。その圧巻の迫力は、ぜひ一度自分の目で見る価値ありです。

兵馬俑(Terracotta Army)への行き方

日本からは、成田他国内主要空港から直行便が出ている西安へ。
秦始皇帝陵と兵馬俑坑博物館へは西安の中心から車で約1時間。兵馬俑坑博物館へは西安駅からバスでも行けます(所要時間は約1時間、兵馬俑駅下車徒歩約5分)。

wondertrip編集部

Writer:

wondertrip編集部です。世界の絶景や秘境、一度は見てみたい国、触れてみたい文化など綺麗な写真とともにお届けします。

この記事のカテゴリ

アジア
中国

関連記事を見る

アジアの記事を見る

秀吉に「武士の鑑」と称賛された清水宗治の切腹!毛利家が惜しんだその忠義の人生
自転車で一周して決めた!台湾観光スポットランキングBEST15
戦国時代のハイスペック男子「宇喜多秀家」が八丈島で迎えた最期
世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
中国最大の国際都市・上海の成り立ちと歴史的スポット6選
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握
一生に一度は行ってみたい!昔に栄えた古の街並みがそのまま残る「旧市街」16選
【韓国釜山2泊3日の旅】本当は教えたくない!?韓国リピーターがおすすめする定番から穴場、最新スポットまで