「真実の聖域」と呼ばれる、タイ版サグラダファミリア『サンクチュアリー・オブ・トゥルース』

タイの高級リゾートパタヤにある巨大な木造建築物。1981年に着工され、サグラダファミリアのように今もなお補修を繰り返しながら建設が続いていて、完成時期は2025年や2050年ともいわれています。 この建物はタイの実業家の私費により、カンボジア・中国・インド・タイの仏教とヒンドゥー教の観念を基にし、タイに古くから伝わる木造高層建築の技術を継承するために建てられているそうです。

サンクチュアリー・オブ・トゥルース(Sanctuary of Truth)

出典:pattayashore.com

タイ語で「プラサーサッチャターム(?????????????)」といわれる「サンクチュアリー・オブ・トゥルース(Sanctuary of Truth)」は「真実の聖域」の意味を持つとおり、素晴らしい彫刻技術が建物を覆っています。
高さも先端まで105m あり、面積は13ヘクタール程もあります。実際にここに行くとその大きさに圧倒されます。

サンクチュアリー・オブ・トゥルース(Sanctuary of Truth)

出典:flickr.com

細部に及ぶ無数の素晴らしい彫刻や美しい彫像がどの場所からも観る事ができます。そして、この海沿いの場所と木造建築という要素は、まさしく建立の意図する、東洋哲学の根本でもある「自然との共存」の思想をこの「真実の聖域」にて表現しているようにも思われます。

サンクチュアリー・オブ・トゥルース(Sanctuary of Truth)

出典:1ds.com

内部はどうなっているのかという期待とともに入ってみると(ヘルメット着用)、所狭しと彫られた装飾や像の数の多さと見事さに圧倒されます。ちょっとした小さな彫刻までも手を抜いていない素晴らしい技術です。高い天井壁にもおびただしい彫刻がなされ、教会の礼拝堂のような荘厳な気持ちにさせられます。

サンクチュアリー・オブ・トゥルース(Sanctuary of Truth)

出典:500px.com

この建物からパタヤの海を眺める風景もなかなか芸術的です。この海からの潮風と南国タイの直射日光が建物の劣化に拍車をかけているのだろうと思います。でもそのおかげで、比較的新しいこの建物の外観に重みをもたせ風格のあるものにしています。

サンクチュアリー・オブ・トゥルース(Sanctuary of Truth)

出典:flickr.com

この建物の近くには彫刻の作業をしている場所があり、そこでは若い職人さんが多く女性の姿も多かったのが印象的です。若い人たちがこの技術を継承していくんですね。まだまだ制作物がたくさんあり、彫刻作業が続きそうなので、完成もやはりまだまだですね。

サンクチュアリー・オブ・トゥルース(Sanctuary of Truth)

出典:500px.com

「サンクチュアリー・オブ・トゥルース」の敷地内では、象や馬車に乗って敷地内をまわったり、タイ舞踊のショーも観る事ができます。また、レストランもあるので散策で疲れたらちょっとした休憩も可能。
ちなみに象乗りは400バーツ、馬車は200バーツで、入場料とセットになったチケットもあります。

サンクチュアリー・オブ・トゥルース(Sanctuary of Truth)

出典:500px.com

タイのパタヤと言えば世界中から観光客がやって来る人気のリゾートのひとつ。そこに建てられた「サンクチュアリー・オブ・トゥルース(真実の聖域)」は必見の観光名所。
釘を使っていないといいながら釘が打ってあったりもしますが、これだけ素晴らしい、そして巨大な建物をこの環境下で、今後も保持していくには必要な補修方法なんでしょうね。入場料も500バーツとタイにしては高いかなと思いますが、一見の価値ありです。

サンクチュアリー・オブ・トゥルース(Sanctuary of Truth)への行き方

日本(成田または羽田空港)からタイ・バンコク(スワンナプーム空港)まで直行便で約7時間。
空港からパタヤへエアポートパタヤバス(ナクルア・北パタヤ下車)やベルトラベルサービスのバス(北パタヤバスターミナル下車)で約2時間。
北パタヤからサンクチュアリー・オブ・トゥルースへソンテウやモーターサイで約10分。

wondertrip編集部

Writer:

wondertrip編集部です。世界の絶景や秘境、一度は見てみたい国、触れてみたい文化など綺麗な写真とともにお届けします。

この記事のカテゴリ

アジア
タイ王国

関連記事を見る

アジアの記事を見る

戦国時代のハイスペック男子「宇喜多秀家」が八丈島で迎えた最期
世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
中国最大の国際都市・上海の成り立ちと歴史的スポット6選
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握
一生に一度は行ってみたい!昔に栄えた古の街並みがそのまま残る「旧市街」16選
【韓国釜山2泊3日の旅】本当は教えたくない!?韓国リピーターがおすすめする定番から穴場、最新スポットまで
【バリ島観光】「癒やしの楽園」バリ島の悠久の歴史がわかる観光スポット15選
美術館からオリンピックの跡まで。韓国・ソウル観光で見られる近代建築・歴史スポット