フィリピン最後の秘境エメラルド色に輝く『エル二ド』

気軽に行ける海外旅行先としてフィリピンは、昔から人気の観光地ですがあまり知られていない秘境があります。それが今回ご紹介する「エル二ド」。澄み切ったエメラルドグリーン色の海は、神々しいまでの美しさを誇り"フィリピン最後の秘境"と呼ばれています。今回は、そんなフィリピンの「エル二ド」をご紹介いたします。

01
フィリピンは、島の数だけ様々な魅力を持っているリゾート国のひとつ。
とくに人気のスポットといえば”セブ島”があげられるでしょう。
セブ島は、白いビーチとターコイズブルーの海が広がる極上のリゾートだが、実は今もっともホットなリゾートといえば「エル二ド」。

03

photo by trekearth

多くの島々に彩られたフィリピンの中でも抜群の美しさを誇るエル二ド諸島は、パラワン諸島北部の南シナ海に浮かんでいます。

03
スペイン語でエル二ドという名前は、”ウミツバメの巣”という意味があります。
17世紀にここを訪れたスペイン人が、あまりの神々しい美しさに手を触れることをためらい、飛び交うウミツバメからその名をつけ、立ち去ったのだとか。

04

photo by worldinsidepictures

沖に浮かぶ約50の無人島は、そのほとんどが大理石の島になっている。
澄み切ったエメラルド色のラグーンには誰もが感動せずにはいられないはず。

06

05

photo by audleytravel

エル二ドで人気のアクティビティといえば”カヤック”。
エメラルドグリーンに輝く海をカヤックで冒険する体験は、一生忘れられない想い出になるはず。

08
エル二ドのベストシーズンは、乾季である3月~5月。
ウミの青さが格別に美しく見えるはず!!最後の楽園エル二ド、ぜひ行ってみたいですね!

エル二ド(El Nido)への行き方

日本から飛行機で約6時間(乗り継ぎ1回)
エル二ドのリオ空港から各島のリゾートまでボートで約30~50分。

wondertrip編集部

Writer:

wondertrip編集部です。世界の絶景や秘境、一度は見てみたい国、触れてみたい文化など綺麗な写真とともにお届けします。

この記事のカテゴリ

アジア
フィリピン

関連記事を見る

アジアの記事を見る

戦国時代のハイスペック男子「宇喜多秀家」が八丈島で迎えた最期
世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
中国最大の国際都市・上海の成り立ちと歴史的スポット6選
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握
一生に一度は行ってみたい!昔に栄えた古の街並みがそのまま残る「旧市街」16選
【韓国釜山2泊3日の旅】本当は教えたくない!?韓国リピーターがおすすめする定番から穴場、最新スポットまで
【バリ島観光】「癒やしの楽園」バリ島の悠久の歴史がわかる観光スポット15選
美術館からオリンピックの跡まで。韓国・ソウル観光で見られる近代建築・歴史スポット