千と千尋の神隠しの舞台になったノスタルジックで幻想的な街『九扮』

ノスタルジックでどこか懐かしい街並みの広がる九扮は、レトロな喫茶店や酒家(料理店)、土産物屋に民宿などがところ狭しと並ぶ観光名所です。 台湾へ旅行するからには必ず訪れたい、今や台湾を代表する観光地のひとつとしてすっかり定着している九扮。 今回は、そんな台湾の九扮についてご紹介します。



01

photo by best-wallpaper.net

九扮は、台湾北部の港町基隆市にほど近く、新北市瑞芳区の山あいに位置する町です。
19世紀の終わり頃始まった金の採掘をきっかけとして、町はじわじわと発展の熱を帯び始めましたが、日本統治時代に最盛期を迎えたのち1971年に金鉱が閉山されると、町は衰退の一途をたどりました。
町が再びよみがえったのは1989年、台湾の大ヒット映画「非情城市」のロケ地となったことで空前の九扮ブームが巻き起こり、今では世界中から多くの観光客が足を運ぶ名所となっています。

02

photo by tabipedia.net

スタジオジブリのアニメ「千と千尋の神隠し」の世界をそのまま再現したかのようなたたずまいを見せる九扮の街並みは、エキゾチックでとても魅力的。
アニメのモデル地ではないと公式に否定されていますが、異国の風に揺れる赤提灯はどこか心の琴線に触れるものがあります。

03

photo by tranews.com

九扮は言わずと知れたB級グルメの街でもあります。
九扮名物のひとつ「芋圓」は、里芋から作られたお団子の一種。
甘いシロップをかけてそのままいただくのが定番ですが、小豆やハトムギ、タロイモなどと一緒に食べることもあるそうです。

04

photo by pic.pimg.tw

魚のつみれ「魚丸」が入ったスープも見逃せないおいしさ。
さっぱりといただけるため何杯でもおかわりしたくなってしまいます。

05

photo by nanadeli.exblog.jp

おみやげにはぜひ黒糖ケーキを。
九扮名物として定着しているイメージもあるため、きっと喜ばれること間違いなし。
台湾といえばおなじみのパイナップルケーキも九扮では実に種類豊富。
試食させてくれるお店が多いため、自分の舌でお好みのものを選びましょう!

06

photo by wikimedia

海の近い九扮は、少し高台に上ればその青い海を臨むこともできます。
代天府の立派な屋根越しに眺める海の景色は美しさもひとしお。
朱色と青のコントラストがエキゾチックです。

07

photo by ameba.jp

しかしなんといっても九扮1番の見どころは夜景。
夜の闇に浮かぶいくつもの赤提灯と窓から漏れる灯りはどれだけ眺めていても飽きることがないでしょう。
食も景色も大満足な九扮、そのノスタルジックな空気をぜひ体感してください。

九扮(Jiufen)への行き方



日本から台北へは飛行機の直行便でおよそ4時間。
台北からは基隆客運というバス会社が九扮までの直行バスを運営しているため、それに乗れば約1時間半で九扮に到着です。

wondertrip編集部

Writer:

wondertrip編集部です。世界の絶景や秘境、一度は見てみたい国、触れてみたい文化など綺麗な写真とともにお届けします。

この記事のカテゴリ

アジア
台湾

アジアの記事を見る

清朝西太后の離宮として知られる名園「頤和園」の歴史ってどんなんだろう?
歴史漫画キングダムの前の話。「春秋時代」の歴史を簡単にチェック!
地元民が伝授!松島観光のモデルコースと春夏秋冬の見どころ
インド初のイスラーム様式建築「クトゥブ・ミナールと複合建築群」
なぜ起きた?古代史上最大の内乱「壬申の乱」とは?
観光の前に知りたい!こんなにふかい台湾の歴史
【インド】300年以上時を刻み続ける巨大な天文台「ジャンタル・マンタル」
【初心者向き】ざっくりわかる三国志と、中国旅行での観光スポット
イギリスの港町「サウサンプトン」観光で見ておきたい絶景7選
シンガポールのお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる10選
一生に一度はおとずれたい!絶景の秘境、九寨溝の歴史と見どころ
アジアのおすすめ旅行先はここ!絶景で決める観光スポット30選