【旅行体験記】中国とポルトガルの2つの文化が交錯する興味深い街、マカオ

wondertripでは特集「旅行体験談」の連載を始めました。それぞれの機会や理由で旅にでる日本人たちの、旅行体験記をお楽しみください。本日は、 マカオに渡航したうめさんから、お話を伺いました。

連載一覧はこちらから

聞き手:wondertrip編集部 katsuya

旅にいくときの荷物がとても少ないことから、旅上手を自称。

旅行体験記の提供者:うめさん

東京都内在住、30代女性。出張や趣味の旅行を含めて年6回くらい海外へ。今回はヨーロッパと中国文化が混じり合うエネルギッシュな街、マカオの思い出を語るとのこと。

 

 

今回の旅程

こんにちは。
今回はマカオに行かれたという事で、まずは旅程から教えて頂けますか。
1日目 成田空から香港国際空港へ、香港空港からマカオ島に直通のフェリーを使用して移動 ※香港国際空港では入国審査を受けずにそのままフェリーに、マカオ港に到着。
パビレッジで夕食

2日目 マカオ半島に出向き、世界遺産を巡る旅へ。
コタイ地区に戻り、バー38で軽い食事。
ホテルでカジノ

3日目 エッグタルトで有名なローズストーズベーカリーへ。
マカオ半島に出向いてショッピング

18時台 タイパビレッジのポルトガルレストランで夕食

21時台 ホテルのカジノを楽しむ

4日目 マカオからフェリーで香港国際空港に。
香港国際空港から成田空港へ

まさに他にはない独特な雰囲気のマカオの街並

まさに他にはない独特な雰囲気のマカオの街並
特に印象が深かったのがマカオ独特の街並みです。
ポルトガル領であったことに由来する数々の世界遺産はもちろんのこと、そのような美しい建造物の向こうに見える中国人の生活スタイルがとても印象的でした。

地元の人々の暮らしは狭いアパートや平屋に家具が詰め込まれ、外から食事風景までもが覗かれてしまうような家の造り。
中国的な色合いの護符や名札が掲げられ、言葉を選ばずに言ってしまうと、西欧的な洗練とはかけはなれたような造りになっています。

 







マカオの街並はポルトガル領だった面と今は中国の特別行政区になっている両面を持っている不思議な魅力の街ですよね。
そうですね。
その横にはポルトガル様式の淡い色調を基礎とした美しい建造物やレストランが存在しており、とても複雑な文化の融合を感じましたね。

街のスーパーマーケットを見ても、ポルトガル人を対象にした西欧的なスーパーではワインやおしゃれな缶詰、オリーブやサーディンの瓶詰、ハーゲンダッツのアイスクリーム等が売られており、少し高めの値段設定でした。
一方で伝統的な中国人向けのスーパーマーケットでは頭をカットした鳥や大きな魚が丸ごと売られており、「大丈夫か?」と不安になるくらい値段も安かったりと、見るだけでとても興味深く楽しかったです

ホテルにも様々なタイプが

まさに2つの文化が入り混じっている不思議な場所ですね。

宿泊はどのような所にされたのですか。

次のページを読む >>