【旅行体験記】ネパール・カトマンズにて12年越しの聖地とトレッキングでの新たな出会いとは

wondertripでは特集「旅行体験談」の連載を始めました。それぞれの機会や理由で旅にでる日本人たちの、旅行体験記をお楽しみください。本日は、ネパールのカトマンズ・ルンビ二・ポカラ(ABCトレッキング)に渡航したおえいさんから、お話を伺いました。

連載一覧はこちらから

聞き手:wondertrip編集部 katsuya

旅にいくときの荷物がとても少ないことから、旅上手を自称。

旅行体験記の提供者:おえいさん

アラフォ―世代女性、海外旅行好き。主にアジアへの一人旅が多く、最長2か月の旅に行ったことも。最近は2週間程度が多いとのこと。大好きな国、ネパールの街歩きとトレッキングを紹介するとのこと。

こんにちは。
今回はネパールに行かれたということで、旅程から教えていただけますか。

今回の旅程

今回の旅程
19日間のネパールカトマンズ・ルンビ二・ポカラ(ABCトレッキング)の旅に行きました。

1日目 中部国際空港からタイまで

2日目 タイからネパールへトリヴヴァン空港に到着、街歩き、ネパール料理店へ

3日目 カトマンズ市内の街歩き。
ローカルバスに乗りタメルからカトマンズ市内のショッピングモールへ

4日目 飛行機でカトマンズからルンビ二へ

5日目 ルンビ二でお釈迦様の生まれた場所(公園)へ。
一日公園を巡る

6日目 ルンビ二からバスでイラワの町へ。
街歩き。
リキシャに乗ってインド国境へ

7日目 ローカルバスでポカラへ

8日~9日目 ポカラ市内観光と10日目以降のトレッキングについてガイドと打ち合わせ

10日~15日目 ABCトレッキング(アンナプルナ峰)

16日~17日目 ポカラ及び、ポカラからカトマンズ移動(国内線)

18日~19日目 カトマンズでお土産購入、中部国際空港へ帰国







世界遺産「パタン」で神様に出会う

今回は、ネパールに行ってこられたという事で特に印象に残っているスポットなどありますか。
今回の旅は12年ぶりのネパールでした。
記憶が12年前で止まっていたので、空港からタクシーでホテルへ行く道中の街の変わりように驚きました。
随分現代的になっていて、街にも車や人の往来が随分と増えていましたね。

旅行者が拠点とする「タメル」という地区も随分様変わりしており、以前記憶にあった道がなくて、街歩きの時に迷ってしまいましたが、相変わらずレンガ造りの細い路地とあちこちにある神様は存在していました。

12年ぶりに訪れられたのですよね。
それでも変わっていない場所があったという事ですよね。
聖なる神様は12年前と同じように迎えてくれたということですね。
次のページを読む >>