【旅行体験記】夕焼けを見るために並ぶバーでの思い出の時inインドネシア、バリ島

wondertripでは特集「旅行体験談」の連載を始めました。それぞれの機会や理由で旅にでる日本人たちの、旅行体験記をお楽しみください。本日は、インドネシア、バリ島に渡航した、まみさんから、お話を伺いました。

連載一覧はこちらから

聞き手:wondertrip編集部 katsuya

旅にいくときの荷物がとても少ないことから、旅上手を自称。

旅行体験記の提供者:まみさん

東京都内在住会社員、女性。新婚旅行でバリ島に行ってきたとのこと。情報番組等でリゾート地の特集を見るのが大好きで永年の理想の旅行が実現したとのこと。

今回の旅程

こんにちは。
今回は、インドネシアバリ島に新婚旅行で行ってこられたという事でまずは旅程から教えて頂けますか。
6日間の旅程でバリ島に行ってきました。

1日目 成田空港より出国、夜現地到着、ホテルへ移動(ジンバラン地区)

2日目 部屋付きのプールでひと泳ぎ、海辺を散歩、街中で4時間のスパ体験(ホットストーン、フェイシャルなど)、レストランで食事

3日目 マイクロバスを1日レンタルし、観光・ショッピング。
ウブド地区へ移動、テガラランのライステラスを観光、スミニャック地区へ移動、手作り石鹸やアタ製品などを購入。
ウルワツ寺院へ移動、ケチャダンスを鑑賞

4日目 1ヶ所目のホテルをチェックアウト後、海でカヌー体験、2ヶ所目のホテルに移動

ロック・バーで夕日を見ながら食事

5日目 ホテル内のプールとショッピング、ロック・バーでフライト時間までお酒を楽しむ、空港に移動し出国

6日目 成田空港到着







夕焼けを見るためのバーへ向かって

今回の旅行で印象的だったスポットなどがありましたらお願いできますか。
特に印象的だったのは、帰国前に立ち寄った「アヤナリゾート」ホテル内にあるロック・バーですね。
「夕焼けを見るためには並ばなければならない」という話を聞き、早めに行ったのですが、その日は特に並ぶことなく席に案内されました。

夕日が沈む様子を見られてロマンチックでしたが、夕日がまぶしく、少し暑かったです。
(店員さんに頼めばパラソルを借りることができました)個人的には、夕方よりも夜の方が雰囲気が良くて好きでした。
音楽はクラブのような感じでしたが、うるさ過ぎる事もなく、居心地が良かったです。
カクテルもオリジナルのものがあったり、飲みやすいものが多かったです。

「夕焼けを見るためには並ばなければならない」バーですか。
いいですね。
いい思い出になりましたよね。
次のページでは『ヴィラタイプのホテルで歓迎を受けて』を掲載!
次のページを読む >>