【旅行体験記】韓国、済州島からさらに「牛島」の透明な海に誘われて

wondertripでは特集「旅行体験談」の連載を始めました。それぞれの機会や理由で旅にでる日本人たちの、旅行体験記をお楽しみください。本日は、 韓国の済州島に渡航したハルさんから、お話を伺いました。

連載一覧はこちらから

聞き手:wondertrip編集部 katsuya

旅にいくときの荷物がとても少ないことから、旅上手を自称。

旅行体験記の提供者:ハルさん

女性、韓国にはまり、旅行を繰り返しているとのこと。昨年のシルバーウィークでの久しぶりの長期休暇で訪れた済州島について語るとのこと。

   

今回の旅程

こんにちは。
今回は、韓国の済州島を訪れられた時のことについてお話しいただくということで、まずは旅程から教えていただけますか。

6日間の旅程で行ってきました。
1日目 新千歳空港より仁川空港へ。
仁川空港から済州島へ飛行機で移動 2日目 バスに乗ってトルハルバン公園(トルハルバンという石で出来たおじさんの石像がたくさんある公園)へ。
タクシーで韓国の昔の暮らし体験館へ 3日目 ハンリム公園へ。
一つ隣のバス停のきれいな海を散策 4日目 フェリーに乗り、牛島(ウド)観光(自転車で観光、ゲストハウスの人に勧められ急きょ予定変更) 5日目 チムジルバンと、お土産探し。
(スーパーでマッコリや、済州島の有名なハルラボンというミカンを使ったお酒やチョコ類を購入) 済州空港から仁川空港へ。
近くのゲストハウスにて就寝 6日目 仁川空港から新千歳空港へ







「済州島」からさらに美しい島「牛島」へ

今回の旅行で印象的だったスポットなどがありましたら教えて頂けますか。

特に印象的だったのは、「牛島(ウド)」という小さな島です。
海外旅行が主流でなかったひと昔前は、海がキレイなため、新婚旅行は「済州島」と言われていて、たくさんの韓国人が訪れていたそうです。
その中でも、「牛島」は、海が透き通る青でとてもキレイでした。
小さな島ですので、自転車でも回ることができて「済州島」の本土からもフェリーで15分くらいで到着しますよ。

そんな島があるのですか。
「済州島」からも近いですね。
新婚旅行は「済州島」と言われていたというのもあまり知らないことでしたね。

次のページでは『ゲストハウスで国際交流』を掲載!
次のページを読む >>