【旅行体験記】ブッダガヤでの感動の「バターティ」との出会いinインド

wondertripでは特集「旅行体験談」の連載を始めました。それぞれの機会や理由で旅にでる日本人たちの、旅行体験記をお楽しみください。本日は、 インドのブッダガヤに渡航したgenさんから、お話を伺いました。

連載一覧はこちらから


聞き手:wondertrip編集部 katsuya

旅にいくときの荷物がとても少ないことから、旅上手を自称。


旅行体験記の提供者:genさん

関西在住フリーター、女性、インド旅行好き。インドはアジアの中でもっとも刺激が強く、物価も激安でアジアの良さを存分味わえるとのこと。

今回の旅程

こんにちは。
今回は、インドのブッダガヤに旅行に行かれたという事でまずは旅程から教えて頂けますか。
13日間の旅程でインドに旅行に行ってきました。

1日目 関西国際空港より出発

2日目 デリーのインディラガンディー空港に到着後観光。
メイン・バザール、パハール・ガンジ観光

3日目 ホテルをチェックアウトし、ブッダガヤに向けて寝台列車で出発し就寝

4日目 早朝ガヤー駅に到着。
乗合オートリクシャーでブッダガヤへ

5~9日目 ブッダガヤ観光。
毎日マハーボディ寺院の法要に参加。
他はスジャータ村、お寺巡り、日本寺の中にある図書室等を巡る

10~11日目 デリーへ寝台列車で出発、ラール・キラーへ観光

12~13日目 デリーのインディラガンディー空港より出発、関西国際空港到着

仏陀が悟りを開いた「マハーボディ寺院」で参拝に参加して

今回の旅行で特に印象的だったスポットなどを教えて頂けますか。

今回の旅行で特に印象的だった場所は、ブッダガヤで一番の観光スポットである「マハーボディ寺院」です。
この「マハーボディ寺院」は、あの仏陀が悟りを開いた場所と言われていて、敷地内には仏陀が悟りを開いた時、根元に座って瞑想をしたといわれている菩提樹の木が残っています。
ただこの木はその当時の木ではなく、元の菩提樹の木から落ちた種から生まれた二代目だと言われています。
本当かどうかは定かではありませんが…。

木のまわりにはお寺の本堂と広場が作られています。
私が行った時はチベット仏教の大きな法要が行われていて、沢山のチベット人僧侶が広場に集まってお経をあげていました。
広場全体が僧侶の赤い袈裟の色に溢れていて、お寺の境内にも沢山のチベット人達が、老若男女関係なく大勢参拝に来ていました。

若い人は普通の服装が多かったですが、年配の方々ほど民族衣装を着ている人が多く、またその種類も様々でした。
チベット文化圏は広く、中国内のみならずインド、ネパールにも広がっていて、少数民族の方々も沢山いらっしゃるようでした。
インドのブッダガヤは、チベットの人達が多いのでも有名ですよね。
様々な少数民族の人達も一緒に大勢参拝に来られていたのですね。
崇高な雰囲気のする大規模な参拝の光景ですね。

katsuya

Writer:

かつて仕事の都合で東京←→京都を年100回往復していました。京都の西七条に家を借り、なんと結婚相手も京都で見つけました。「地元民ではないけど、だからこそわかる京都」の魅力をお伝えします。

この記事のカテゴリ

アジア
インド
旅行体験記

関連記事を見る

アジアの記事を見る

【香港の歴史】4億年前から21世紀まで~できる限り調べてみました!
韓国の世界遺産を全部解説!一覧でわかる韓国の歴史
インドネシアの世界遺産一覧。世界最多の島嶼をもつ国の不思議な遺産の数々
”光り輝く島”との名を持つ「スリランカ」の世界遺産を全てご紹介
乱世の奸雄と呼ばれた「曹操孟徳」(曹操/そうそう)とは?
日本から飛行機で4時間に位置する群島国家、フィリピンの世界遺産を6件すべてご紹介
タイをよく知る筆者が教える、プーケットの観光完璧ガイド
バンコク観光の予算は?モデルコースや観光スポットは?タイに詳しい筆者が教える観光ガイド
年中パラダイス!常夏の国・シンガポール留学の魅力
今流行りのフィリピン留学。実際のところどうなの?
インド観光なら次はここ!「バンガロール」で見たい絶景10選
奇跡を起こさない聖人――東洋道徳の祖〈孔子〉の歴史